人気ブログランキング |

田中重雄「東京おにぎり娘」

 阿佐ヶ谷にて。「昭和の銀幕に輝くヒロイン51・若尾文子」モーニング特集。61年・大映東京。
 ふふふん、と鼻で笑って見に行ったら、これは傑作でした。恐れ入りました。
 昔かたぎすぎて、客がさっぱり来ない頑固親父の洋服屋・中村雁治郎の娘・若尾文子を中心とした、繊細なホームドラマ。やっぱり大映プログラム・ピクチャアは侮れない。
 若尾文子、川口浩、ジェリー藤尾、川崎敬三、伊藤雄之助、八波むとし、それに雁治郎、藤間紫、沢村貞子、村田千栄子の、思惑が、一人一人少しずつ、ずれている。それを目線の交差するメロドラマとして、きっかりまとめ上げている。ぼくが見た、田中重雄の最高傑作。
 この時期の若尾文子、悶える若奥様を演じてよし、嫁入り前の清楚な娘を演じてよし、濃厚な女くささを維持しつつ、しかし嫁入り前の清楚も忘れない、という絶妙さ。まさしく、化け物のごとき女、いや、女優そのものだ。
 彼女に拮抗するのが、大阪弁の江戸っ子!中村雁治郎。もう座っているだけでよい。赤鉛筆と競馬新聞を手に新橋駅前をうろついているだけでもよい。茫然自失して座っているだけでもよい。娘を嫁にやる父親として、呆然としている様は、一連の小津映画の笠智衆など、問題にならない呆然さ。実の娘・中村玉緒を、問題児勝新の嫁にやるとき、荒れ狂ったとされるが、その経験を生かして?呆然たる父親を演じて、それだけで笑わせる。ううむ、たいしたものだ。とてつもない量の涙も流す大サーヴィス。
 美しいニュープリントの、いかにも大映な、超絶に美しい映像で捕らえられる、当時の新橋、新宿のロケーション撮影の、ため息が出るような美。リアル昭和30年代の新橋駅裏を、楚々とした和服姿で歩く、憂いを含んだ若尾文子。洋服屋の娘なのに、こんなにも和服が似合う、あでやかな若尾。奇跡の一語しか思い浮かばない。でも、あまり見とれていると、若尾のナイトを気取るジェリー藤尾に、酔っ払いの守田学並みに、ドつきまわされるかもしれない。気をつけなくっちゃ。この時期最高潮の演技と美貌の若尾、雁治郎、その一挙手一投足を、見ているだけで、目の快楽だ。なんという映画的快楽か。
 若尾の妹役としては、これ以上ないくらいの適役、叶順子も、出てるでよ。
 なお、「不信のとき」で、静岡でおにぎり屋、回転資金があと300万足りない、という若尾ぼったくりの件。今回見ても、そりゃフシギ感あり。
●追記●阿佐ヶ谷で年末年始休映をはさんで、1/9(土)まで上映中。
シネ納め、シネ初めにぴったりの映画だと思う。いや、ぼくの見方はあてになりませんけどね。まあ、唯一の欠点は、年末年始の休みが長すぎて、シネ納めシネ初めにはふさわしくない点かなあ。

◎追記◎昨日今日、急激にアクセスアップ。おそらくTVでやったのでしょう(2014年11月)。ということで、おまけ。
 二つの好対照な感想ブログをご紹介。どちらも本作には高評価ながら、
★【映画】東京おにぎり娘 - いくらおにぎりブログ★は、本作を、通常のラヴコメから逸脱したダークな側面があるという。
 いっぽう★昔懐かし邦画巡礼:東京おにぎり娘 - livedoor Blog(ブログ)★は、その「ダークな側面」を、了解可能なものとして、評価。
 つまり通常のラヴコメというのは、最初の人物紹介の時点で、結末が丸わかり、というのがパターンであり、美点なのたが。
 つまり、本作においては、幼なじみの若尾と川口が、冒頭においては反発しあうものの、その反発描写が、かえってふたりのイチャイチャ振りを補強しつつ、ラストにふたりはゴールインするのだろうなあ、という観客の「期待」が、あるわけです。
 その観客の期待、ラヴコメの定型を外してしまうため、いくらおにぎりさんは、ダークだといい、その裏切りは予想の範囲内だということで、のろさんは評価。
 男のいくらさん、女ののろさんの、それぞれの性の違いによる評価か。あややが好きなのろさんの評価ゆえか、一本の映画を見ての、好対照な意見が、面白い。
 まあ、シニカルなぼくとしては、若尾、川口、叶、川崎の大映若手スタアを配した、お気楽娯楽ラヴコメとしては、カップリングとしては、これが唯一の「正答」かとも、思うが、それはあまりに不純すぎるか(笑)。
 川口に失恋し、ヨヨヨと乱れる、というよりは、怒髪天をつく若尾。酔い乱れる、そういうあややも見れるのだから、こちらのほうが正解かと。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2009-12-27 22:49 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/11855602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード