人気ブログランキング |

増村保造「パンドラの匣」

 川島版、木下版、成瀬版、清順版に続いて、ますますムラムラな「パンドラの匣」を妄想する。
 その登場人物を一覧すれば、

●ひばりの同室患者
ひばり    20歳男子。結核としては軽いほう、ちゃんと養生すれば半年後退院予定。
越後獅子  なにやら大物らしい、年配患者
つくし    まじめな妻子持ち・・・・しかし後にマア坊にラヴレター 
かっぽれ  美男子にして激情家のアンちゃん 何かと感激、興奮、泣いたり怒ったり
固パン    助手たちに人気の学生 
●助手・他
マア坊    18歳の看護婦。くるくる変わる気分屋。ひばりは、いいように振り回される。
竹さん    20台半ばの看護婦。美人で気立てのよい働きもの。実はひばりに・・・・
くじゃく   やたらと厚化粧ゆえこのあだ名の助手
キントト   他に助手として、うるめ、ハイチャイ、となかい、こおろぎ、カクラン、など    
場  長   この健康道場を独自の治療法で運営する院長
ひばり友   ひばりの文通相手。道場にひばりを見舞う好青年
ひばり父
ひばり母
越後~娘  越後獅子を頻繁に見舞いに来る
隣室患者  ひばりたちと、対抗する、にぎやかし集団

 で、増村版キャスティングは、
●ひばりの同室患者
ひばり    川口浩      
越後獅子  井伏鱒二    
つくし     船越英二   
かっぽれ  三島由紀夫    
固パン    大江健三郎       
●助手・他
マア坊    野添ひとみ     
竹さん    若尾文子    
くじゃく    江波杏子    
キントト    目黒幸子          
場  長    高松英郎   
ひばり友   安部公房    
ひばり父   伊東光一  
ひばり母   岸輝子  
越後~娘   小川真由美      
隣室患者   伊丹一三 
        安部譲二 丸山明宏 森田必勝 (子役)      

【当時のゴシップ】今度の大映、増村保造監督の新作は、なかなかの話題作「パンドラの匣」(仮題)だ。 なんといっても「からっ風野郎」のやくざ役に続き、人気作家の三島由紀夫が、執筆多忙のなか、ふただび演技に挑む。今回は三島先生も、生前親交があり、一目置いている太宰治原作だけに力が入るわけだ。
 増村監督も、「今度の役は、二枚目の義侠心あふれる青年の役だからね、なにしろ君にぴったりの役柄だよ」とおだてれば、たちまち出演オーケーの三島先生だ。苦しむのは、人気作家の原稿待ちに列を成す出版社の編集者たちばかり。人気作家のご道楽に泣く泣くの有様だという。
 さて、難航したのは三島先生の役を導く、なにやら大物風の人物、通称越後獅子だ。
 生半可の役者を持ってきても三島先生を指導は出来ない、とばかりさすがの俊英・増村監督も悩みに悩んだ。ここはいっそ、とやけくそで、生前の太宰と因縁浅からぬ、文壇の大御所・井伏鱒二大先生の出演依頼をダメ元でしてみたら、なんと意外にあっさりオーケーの返事。かえって、増村監督も出演依頼に同行した三島先生も、この大御所をどう”演技指導”したらよいのか、混乱しているともっぱらのうわさ。
 なぜ、井伏巨匠が映画などに出演する気になったのか、目下文壇雀の最大の関心事とかで、寄ると触るとこの話題に持ちきりの由。
 それに比べれば、人気者のインテリ学生役に出演オーケーの大江健三郎君の事情ははっきり判明している。この役が「アメリカ進駐軍に異様なコンプレックスを持つインテリ学生」の役と言うことで、監督に内緒で、冗談半分の三島先生の「君も出ないか」という出演依頼に即断でオーケーして、かえって三島先生をあわてさせたという。いまさら冗談でした、とは生真面目な大江先生には言い出しかねた。増村監督も大江君の小説を「偽大学生」で映画化している手前、いや、それは、と言い出せなかった、という。当ゴシップ子も苦衷察するに余りあるわけだ。
 推測するに、万事目立ちたがりの大江先生、義理の兄弟で昨今売出し中の伊丹一三君同様、芸能界デビューを夢見ているものらしい。伊丹君も「演技指導はぼくが引き受けた。付きっ切りで大江を一人前の演技者にしてみせますよ」と自信満々。何しろ将来はご父君の伊丹万作監督同様、いやそれ以上の映画監督になることを目標に夢見ている青年俳優なのだ。三島、大江の演技合戦を期待したい。
 というわけで、文士劇ならぬ、文士映画となりそうなこの映画、先生方の演技が多少固くても、若尾文子くん、野添ひとみら大映映画の名花たちも出演する。話題の一助に如何。(着た切り雀)

 【当時のゴシップ】では、安部公房についてはまったく触れられてはいないが、当時無名のせいか、あとから急きょ決まったからなのか。もちろん安部譲二、森田必勝はまったくの無名なので、クレジットもされていない。しかしこれが縁になったのか、安部がモデルの三島小説が、後に大映で映画化されることになる。田宮二郎「複雑な彼氏」だ。
 まあ、阿部公房が、好青年の役を演じることにはまったく無理があるのだが、川口、若尾のごく自然な映画演技のなかで、神経症的小芝居が浮いているのは当然のことだ。三島演技については「空っ風野郎」から<数段向上している>、というほかはない。重鎮井伏鱒二は・・・・そもそも原作では結構せりふが多い役なのに、映画では、うむ、とか、ああ、とか、いかん、とか、言葉が少ない・・・・重鎮な・・・・演技ともいえない演技で・・・・。
 そういう文士連中の、ガチャガチャ演技の中で、さすが、大映演技陣は、ちゃんと自分の芝居を保っている。特に、若尾は例によって絶品。
 なお【当時のゴシップ】では、太宰と三島に親交があった、と書いているが、最近石原慎太郎のエッセイに、
 (大意)<三島は太宰の会合にわざわざ出かけて、太宰に言ったという。「あなたの会に僕が今日来たのは、あなたが好きなためじゃない、ということをいいたいためだ」。すると太宰は「ふふふ、わざわざ会いに来るというのは、本当はぼくのことが好きなんじゃないか」>(本当に記憶に頼った大意)。
 ふたりの自意識過剰男の応酬は、読んでいるだけで面白い。したがって、なぜ三島が太宰原作の映画に出たかは不明だが、「今度の役は、二枚目の義侠心あふれる青年の役だからね、なにしろ君にぴったりの役柄だよ」に、敏感に反応したゆえだろう。三島のフシギなコンプレックスは、いつ見ても、ほほえましい。異様だけどね。
 で、大江チェンチェイの演技だが、増村はじめスタッフが頭を抱えているようすが目に浮かぶ。声が、明らかに伊丹十三の吹き替えだからだ。吹き替えざるを得ない、激マズ演技だったのだろう。これが本当のチェンジリング、取り替えっ声、か。
 映画は、川口、若尾、野添の、いつもの増村映画の快感と、へたへたの文士劇の、フシギな、あわいともいえないあわいが、まあ、珍で。なおタイトルは 「悶える病い」と、変更されている。


◎こんなのも、あります(笑)◎
★鈴木清順「パンドラの匣」★
★成瀬巳喜男「パンドラの匣」★
★木下恵介「パンドラの匣」★
★川島雄三「パンドラの匣」★
◎本当の映画化作品◎
★吉村廉「看護婦の日記」★

by mukashinoeiga | 2009-12-27 00:50 | 架空映画妄想キャスティング | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/11850665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード