人気ブログランキング |

清水宏「女医の記録」

 京橋にて。「生誕百年 映画女優 田中絹代」大特集。41年、松竹大船。
 うねうねと曲がって細い山道を、大勢の男女が歩いていく。それを、小高い山から見下ろすように、ゆらゆらパンするカメラが、延々と写していく。この出だしからして、清水宏の楽しさ。
 まるで、清水お得意のピクニック場面のように楽しそうに歩きながらも、佐分利信は絹代や森川まさみに、文化果つる村の衛生的後進性を長々説明する。ここら辺のクールさが、いかにも異色、いかにも清水だ。
 今でいう女子医大のインターンたちが大勢、歩いて山のなかの無医村に向かっている。研修合宿をかねているのか、村民の集団検診をしたり、治療をしたり、衛生の啓蒙をしたり。その研修医のリーダー格(ないしは講師格)が絹代と、森川まさみ。森川まさみが、クレジットタイトルは二番目だし、実際でも大活躍。珍しい。
 彼女たちが案内人として頼りとするのは、村でただひとりのインテリ、分教場の青年訓導・佐分利信だ。
(◎追記◎訓導とは、自分にはなじみのある言葉でついそのままスルーしてしまったが、小学校教師の意味で)
 この青年は、子供たちに授業を施すだけでなく、村民のあらゆる要望にこたえる、赤ん坊の名付け親から、村民の生活全般の相談役まで。子供であろうと大人であろうと村に重篤な病人が出れば、授業を抜け出してでも、駆けつける。また子供たちは、幼い弟妹の子守をしなければならない。分教場にも何人もの子が赤ん坊を連れてくる、その赤ん坊のおしめを代えてやるのも、教師佐分利の仕事だ。都会では、先進国の仲間入りをしている日本も、山奥ではまだまだ後進国の影を引きずっている、そんな時代。病気を治すのに医者は呼ばず、祈祷師を呼ぶのだ。
 朴訥で誠実で穏やかな、余所者なのに閉鎖的な村の中心にいるような、近代的知性を持つ青年。しかしあまりに頑迷な老人には、つい怒鳴り声を上げてしまう。老成しているわけではないのだ。百有余年の日本映画史あまたいる俳優たちのなかで、こういう人物を演じて、おそらく佐分利信の右に出るものはいないだろう。
 しかし淡々とした佐分利、淡々とした清水演出は、けっしてこの青年を「感動」を持っては描かない。普通なら、お涙頂戴のメロドラマになるだろう。絹代はサブリンに恋するだろう。普通の、戦前松竹メロなら、疑問の余地なく、そうくる。いや松竹に限らない、普通の娯楽映画なら絶対そうなるだろう。
 結局、絹代は、研修が終わるその日の夜に、この村に残ることを村人に告げる。翌日から、分教場の校庭でサブリンが子供たちに体操の授業をする横で、子供たちの子守の負担を軽減すべく、子供たちが<のんびり勉強できるよう>青空託児所を仕切る絹代の姿が描かれて、終。いや、やはり絹代は佐分利に同士的愛を抱いているのかもしれないが、その描写は、かすかで、至ってクール。ただ、目線のやり取りに、それを察するのみ。
 実際の清水宏本人は、河村黎吉が演じそうな、小悪でも、あるいは善良なオヤジでもあったらしい二面性の持ち主。が、その作品に流れる清水のごとき清浄さ?こそが、清水映画の真骨頂。
 ただし、近代的知性を啓蒙する、というのは、いささか理が勝った発想で、天然ののほほんさを旨とする清水映画としては、何かしらの味気なさもあるのは事実。まあ、近代におけるのほほんには、ある程度の知性の裏付けが必要っちゃ、必要ではあるのだが。反近代であるためには、まず、近代である、という前提が最低限必要なわけだし。
 何、寝言言ってるんだ、俺。ま、要は、きまじめが取り柄である絹代には、清水映画ののほほんさ、知性に裏付けされたノンシャランが似合わないということだ。元夫婦だった、主演スタアと監督にもかかわらず、映画的には相性はあまりよくない。ま、実際の相性もよくないから離婚したのだが。ここは天然のほほん愛嬌ある桑野通子とサブリンのベスト・カップルで見たかった、と。ま、絹代より、クワミチ好きの、言っても詮無い、戯れ言でしたね。

【映画】女医の記録 - 1941

◎追記◎たかぎさんツイッターの、
「女医の記録」クレジットに女子医大生?の頭に槇芙佐子の名があって槇芙佐子ファンとしては背後の女子医大生なるべく観てたんだけど特定しきれず。あの子かしら?という子はいたのだけど。本格デビューする前って結構アイドルでも顔変わったりするから。でも本筋に没頭してチェックは甘かったのは確か

だが、下記映像の1:09:22あたりが、そうではないか。
これ以外でも、二度にわたる村民レポート読み上げインターンも、それっぽい。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

by mukashinoeiga | 2009-11-12 22:49 | しぃみず学園清水宏おぼえ書 | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : https://mukasieiga.exblog.jp/tb/11568171
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 志葉楽(シバラク) at 2014-05-09 15:00
タイトル : ●.【映画】女医の記録 - 1941 .
●.【映画】女医の記録 - 1941 . ◆https://www.youtube.com/watch?v=-CUCkoyS5S0   ◆juan 戦争直前の映画かぁ。 日本語は今と変わらないね。   ◆1958meikyokuzuki 此方の古い映画、今朝先祖墓参後(9時頃から)に視聴させて頂きました。以前より、邦洋画問わず、往年の俳優御出演の映画には、大変興味を持っているのでありますが、昨今の役者さん達の映画(芸能界・プロスポーツ選手等も含む)には全然魅力を感じて居りま...... more
名前
URL
削除用パスワード