タグ:金子信雄 ( 2 ) タグの人気記事

石井輝男「実録三億円事件 時効成立」小川真由美岡田裕介金子信雄絵沢萠子田中邦衛

手探り実験作だが野心作にはなれなかった。
 渋谷にて「甦る映画魂 The Legend of石井輝男 十三回忌追悼」特集。75年、東映。
 そもそもの企画の発想は何だろう。時効成立間近とマスコミに大々的に取り上げられ、コイツはいけるという、当時はまだ映画会社にあった、東映なりのジャーナリスティックな(笑)カンなのだろうか。
e0178641_5334490.jpg その企画トークの中で、誰かが犯人のモンタージュ写真を見て、「こいつ社長の息子に似てね?」という冗談から実現化に走り出した、と邪推するが(笑)。
 その冗談に、社長(「ワハハ、面白い、いけっ」)も社長の息子(「え、マジすかっ」)もノリ、つまりそれが東映の当時の勢いというものだろう。いまは、その社長の息子が、社長になり、当時の勢いは全く消え、ヒット作も一年に一本あるかどうかのお寒い会社に。
 しかし監督を誰にするかが、悩みどころ。当時勢いがあった深作や中島が、おそらくベストだが、主演が社長の息子、しかも草食系では、若手としては「勘弁してくださいよ」というところか。これがもし社長の息子が渡瀬恒彦タイプなら若手も乗ったのだろうが。
 しかし今風に言えば草食タイプにしか見えない(今の社長業もまさしくそう)岡田裕介が、本作では肉食系に華麗な転身、演技賞モノの快演なのは、素晴らしい。

実録三億円事件 時効成立(35mm)(89分)公開:1975年 (渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:石井輝男
出演:小川真由美、岡田裕介、金子信雄、田中邦衛、絵沢萠子、滝沢双、田島義文、近藤宏、河合絃司、相馬剛三、山田光一
会社の金を横領して競馬につぎ込み首になった西原と情婦の孝子は借金に追われ…。現実に時効が迫るなか、独自に「三億円事件」の真相を追った作品。製作陣による綿密な取材、捜査本部の協力、実際の事件現場でのロケなど、フィクションながら実録ものの様相を呈して話題となった。c東映

 かくて、かねてより実録(笑)犯罪ものに定評のある(笑)テリー石井に監督決定。まあ個人的にはテリー吉田主演で見たかった気がしないでもない。
 しかし、本作の厄介な点は、時効が成立してしまったので、犯人像が全くの未知数というところ(笑)。
 サラリーマン会社の東宝や、お公家さん会社の松竹には全く手も足も出ない領域(笑)。はったりの東映でしかできない企画だ。現実から極端に逸脱してはならないし、しかしその現実は存在しない。これは勢いで突っ走る若手は頭を抱えっ放しの企画だろう。来る注文を「はいはい、いいよいいよ」と淡々とこなすヴェテランにしか、受けられない(笑)。

 と、ここまで映画の内容にほとんど触れずに(笑)長々と書いてきたわけだが。
 そもそも架空の犯人像に養犬業をもってきたのが、あっと驚く。個人的な印象だが、犬のブリーダーというのは、職業人口は圧倒的に少ないはずなのに、なぜか凶悪犯罪発生率は高い気がする。いや、これはあくまで個人的印象で、何の根拠もありませんけど。
 そのブリーダー岡田が、妻・小川真由美や、元お嬢様の小川の知り合い・有閑マダムの絵沢萠子とガンガンセックス。いっけん草食系の岡田裕介が、肉食系に見事転身、やはり時代の勢い、東映の勢い、テリー石井の趣味だろうか。恐ろしや(笑)。
 この女優の趣味の悪さ(笑)も東映で。
 さて犯罪の内容だが。どうしても現実の事件の細部を引きずらなければいけないので、犯人はバイクの雨覆いカヴァーを引きずらざるを得ない。こんな泥臭い犯罪、この一件だけで、東宝なら却下だろう。
 まあミステリとしてはたいしたことはない。いっそ脚本か監督で鈴木則文、もっとぶっ飛んだ「SF」にしても、よかったかもね(笑)。
e0178641_5341755.jpg なお執拗な鬼刑事・金子信雄はグッド。容疑者をガン見しながらの尾行、相手にバレバレなのは、いかにも石井趣味。他の映画でもいくつか見た記憶が。
 ただし、小川真由美が男の金子の尾行から逃げる目的で銭湯に入る石井趣味はいただけない(笑)。おばさんエキストラたちのやっすいヌードに、毎度のことながらげんなり。石井的にはサーヴィスショットのつもりかもしれんが、それサーヴィスじゃないから(笑)。



予告


【1975年12月10日】 三億円事件時効 名刑事・平塚八兵衛も無念

 なに、この、いまのワイドショーや再現ドラマの祖型というべき、もはやニュースとも言えない自称ニュースは。 
【1975年3月26日】 名刑事・平塚八兵衛退職 3億円事件時効直前の決断
警視庁捜査1課一筋で、帝銀事件や吉展ちゃん誘拐殺人事件など数々の難事件を解決してきた名刑事・平塚八兵衛さんが1975年3月、退職した。3億円事件捜査主任として、公訴時効が成立する9カ月前。犯人逮捕へ執念を燃やしたが、手がかりがないため、自身の退職で事件への関心を高めようと期待しての決断だった。
 
結局、こういうドジ犯罪でも、斬新な手法な犯罪は、ルーティンワークの日本の警察には、対処できないというね。
106 【ドラマ】『刑事一代 ~平塚八兵衛の昭和事件史~』 第1部


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-07-30 05:35 | テリー石井 恐怖奇形番外地帯 | Trackback | Comments(2)

滝沢英輔「祈るひと」芦川いづみ月丘夢路宇野重吉香月美奈子

 神保町にて。「恋する女優 芦川いづみ アンコール」特集。59年、日活。デジタル上映。
e0178641_12391891.jpg 若い娘が、自分の両親への葛藤、将来や結婚モンダイに悩む、というありふれた物語なのだが、芦川いづみという独特の存在感を持つ女優が演じると、なんだか特別な味わいある映画になってしまう。
 まさしく、いづみマジック?
 これが吉永小百合あたりなら、なんだか元気娘がわいわい青春を謳歌しちゃうという、ありがちな感触になるのだが。
 そして、いづみの見合い相手が、小高雄二(笑)。超自己チュー男をガラにあって快演。
 見る映画は常に自分が好きな西部劇にいづみを誘い、明日の昼、ここでまた会おう、というや返事も聞かずに去っていったり、二三回あっただけなのに、「もうそろそろ結婚してもいい時期だ」といったり。
 あまりに堂に入った俺様発言連発で、彼がしゃべるたびに、場内に小笑いが。

e0178641_12402854.png9. 祈るひと <神保町シアターHPより>
S34('59)/日活/白黒/シネスコ/1時間37分
■監督:滝沢英輔■原作:田宮虎彦■脚本:三木克巳■撮影:横山実■音楽:佐藤勝■美術:松山崇■出演:芦川いづみ、月丘夢路、宇野重吉、小高雄二、香月美奈子、金子信雄、下元勉、信欣三、東恵美子、内藤武敏
愛情の薄い家庭で育ち、温かい結婚生活に憧れる暁子(芦川)。ある日、偶然にも家族の秘密を知ってしまい…。哀しい運命と向き合い、自立して生きる道を模索するヒロインの凛々しい姿を描いた女性映画の佳作。*デジタル上映


 本作タイトルは「祈るひと」なのだが、この映画の芦川いづみは、回想するひとなのだ。
 常に物思いにふけり、過去の場面を回想し、回想し、回想する。これほど回想シーンの多い、いわゆる「現在の時制」の少ない映画も、珍しい。
 現代の映画ファンなら、しっちゃかめっちゃかな時制の往還には、慣れっこだろうが、本作当時の観客の映画リテラシーでは、どうなのだろうか(と、マルきりの上から目線だが)。
 少なくとも、当時のアイドル的女優主演の青春モノで、かくもストレートに筋が運ばない映画とは、高度するぎるレトリックであり、あまり評判も呼ばず、こんにち、この特集でも、レアもの扱いになっているのは、やむをえない。
 そういううじうじ?悩む娘に、芦川いづみは、まさに適任で。これが吉永小百合では、柄に合わない(笑)。しつこいな(笑)。
 ちなみに最近作の吉永映画が、ことごとく凡打の山を築くのは、50、60、70になっても、頭の中は10代のまま、というぶりっ子ぶりに起因するのでは、ないか知らん。

 いづみが大嫌いな自己チュー男と、いづみの意志をなんら考慮に入れない、一方的なデートを重ねるのは、金子信雄が「俺は、あんなオトコ、すかんね」と、言ったからだという。
 どうやら金子は、母・月丘夢路の愛人らしい。母は、父・下元勉を裏切って、ずうっーと、金子と付き合っていたらしい。父が不機嫌で、いづみに「お前も、母さんの子だからな」と、つらく当たり、自分の子ども扱いをにしなかったのも、そういう事情らしい。と、いづみは、思っている。
 自分が嫌いな金子が、小高を嫌うんだから、それほど悪い人じゃないんじゃないか(笑)、という論理。
 でも、やっぱりいやだから、きっぱり小高を断り、でも、自分が女に振られるわけはない、と自分に絶対の自信の自己チュー男は、何でオレを振るんだ、おかしいぞ君は、といづみに、まとわりつくのね(笑)。

 きっぱり自己チュー男を振ったいづみは、やはり肌が合わない母にも、きっぱり決別宣言。
 親子であっても、相性の合わない場合は、あるのだ。今では、それは珍しくもなく、幼いわが子を虐待する若い親が絶えないのも、そういう点に起因するのかも、知れない。
 こうまで、ストレートに母親に当たる(しかし、いづみはけっして激高するでなく、淡々と)若い娘というのは、当時としては、やはり抵抗があったのかもしれない。
 そして、普通の明朗青春ものであれば、小高を振って、高校以来のなじみのクラスメイト、好青年の沢本忠雄と、ハッピーエンドになるのであろうが、いちおう?文芸映画なので、そういうハッピーエンドは、なし。
 小高とデートする芦川を、未練がましく見つめる沢本、という微妙な終わり方。
 たいへん味わい深い余韻だが、プログラムピクチャアの日活娯楽映画としては、人気が出なかったのも、やむをえない。
 芦川のクラスメイトに清水まゆみ、新人とクレジット。
 芦川の幼なじみに、高田敏江、香月美奈子。
 ウィキペデァによれば、<日本初のピンク映画『肉体の市場』に主演した事から、「ピンク女優・第一号」とも呼ばれた[3]。1962年から1972年の間だけで600を超える映画に出演>の、香取環が、本名・久木登紀子で、やはり芦川の同級生役とのこと。女子高生役としては、やはり地味かな。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-02-17 12:41 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)