タグ:酒井和歌子 ( 3 ) タグの人気記事

出目昌伸「俺たちの荒野」黒沢年男酒井和歌子原知佐子赤座美代子清水元東山敬司

時代と寝た映画の面白さ?
 京橋にて「特集・逝ける映画人を偲んで 2015-2016」。69年、東宝。
 いや、昼の回夜の回ともがらっがら。猛烈な酷暑のなか他人様の追悼にでも出かけもしたら、下手したらわしらのほうがお陀仏じゃ、と老人連中も思ったと思しい(笑)。
 こういう法事は多少涼しくなった秋あたりがふさわしい。小津じゃあるまいに。まあ元お役人には、このあたりのキビは忖度できないか(笑)。

 さて、(以下、完全ネタバレあり)

e0178641_424041.jpg29俺たちの荒野(91分・35mm・カラー) (フィルムセンターHPより)
1969(東宝)(監)出目昌伸(音)真鍋理一郎 (原)中井正(脚)重森孝子(撮)中井朝一(美)竹中和雄(出)黒沢年男、東山敬司、酒井和歌子、原知佐子、赤座美代子、清水元、左卜全、草川直也、荒木保夫、佐田豊、横田米子、望月敦子、宮田芳子
米軍基地のある街を舞台に男女3人の青春の夢と挫折を瑞々しく描き、日本映画監督協会の新人奨励賞に輝いた出目昌伸の第2作。邦画斜陽期にようやく監督昇進を果たした出目は、藤本眞澄プロデューサーから打診された2作目の企画を蹴って、ひっそりと準備していた本作の脚本をぶつけ、役者をそのままスライドさせて実現にこぎつけた。(変色が追悼対象の方)

 ポスターの東山は似ても似つかないショットが採用されていて、悪意すら感じられる(笑)。

 日本映画監督協会新人奨励賞というものが、いかほどの権威を持つのか知らないが、いかにもさわやかな、かつモンダイ意識も少々ある青春映画を新人監督が撮りました、よしよしというところかしらん。たぶん、既成監督たちに牙をむいた新人は対象外か?
 主演トリオは、もともと暑苦しい黒沢年男が暑苦しさマックスの熱演、この酷暑にこの黒沢を見たら、確かにご老人熱中症になるわな(笑)。しかもフィルムセンター冷房ケチってるし(笑)。
 ヒロイン酒井和歌子は超かわいい。まさにアイドル女優の鏡。その彼女もセリフは声を張り上げる熱演。声を張り上げてもアイドル品質を維持。ほんまもんや。この役も相当暑苦しい役なのだが、それをサラリさわやかに演じてしまう。ほんまもんのアイドルや。
 東山敬司は、もー三浦友和クリソツな絵に画いた二枚目。友和が生き残って東山がなぜ生き残らなかったのか、男の身としては、ワカラナイ。単に時代のタイミングなのか。
 その男どおしが、少年のように、野っ原でじゃれ合うさまを延々と見せられるのも、もはや暑苦しすぎて閉口で(笑)。

 さてデメショー演出は、うまいのか。うまいことは、うまい。
 清順ファンとしては、アメリカ兵士相手の酒場での日米男女入り乱れての乱闘シーンに鈴木清順「東京流れ者」へのリスペクトを見るし、彼らの荒野の空がラストでは薄い黄色一色なのは、ともにリアル版清順ティストを妄想したりして。
 さらに男二人が網走番外地主題歌を歌ったり、やくざの仁義切ったり、いかに当時の若者に、あるいは東宝の新人監督に、東映映画が受け入れられたのか、わかりやすい。
 東宝若手が、当時の他社にあこがれの気持ちを持っているのは、よくわかる。いや、ひょっとして、この意図しない他社礼賛の結果が他社監督の支持も集めての、日本映画監督協会新人奨励賞(笑)。いや、ひょっとして、あり得るかも(笑)。

 東山敬司は、酒井和歌子にあこがれても、酒井が横たわって目をつぶっても、逃げてしまう。のちに黒沢にデキないんだ、つまり立たないんだ、とサウナの中でハダカ同士で告白する。これは童貞の逡巡か、二人の男が異常に仲が良いので、あるいは東山にはヘテロ志向が薄いのか。
 黒沢には腐れ縁の同棲相手・赤座美代子がいて、酒井和歌子を好きになった瞬間から、赤座が飽きてきて、疎ましい。
 同時に、処女酒井には立たない親友には、最初は赤座みたいなヴェテランに身をゆだね、練習してみたら、と赤座を貸してもいいという。
 ところが、いざ、それ(赤座X東山)が実現してみると、なぜか黒沢はブルー。同じ夜に黒沢は酒井とキスしている。チンピラたちに酒井を襲わせレイプさせようとした赤座に何の未練があるというのか。
 ここら辺の黒沢の心理が全く不明だ。単に深刻な青春の葛藤ブリたいだけか。東山への男の未練か。
 もしこの映画をルビルビルビッチが撮れば、二組のカップルの夫婦交換コメディとして、ハッピーエンドだろう。
 しかし残念ながら、日本の幼児的青春映画なので、はじめからバッドエンドは、約束されている。

 最後、男二人と女一人が子供のように無邪気に遊びまわるが、その中で男と女は二人だけでひそかに愛し合う。
 取り残された男は、親友とこころの恋人に同時に袖にされて、もう、死ぬしか、ない。
 ただ、それは悲劇にするためだけのお約束のように感じられるのが、このドラマの欠点だろう。


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-08-10 04:04 | 旧作外国映画感想文 | Trackback | Comments(2)

豊田四郎・市川崑「妻と女の間」

 渋谷にて。「デビュー50周年記念 女優・梶芽衣子」特集。76年、東宝。あと1回の上映。
 本作と、同時上映2本立ての斉藤貞郎「子どものころ戦争があった」81年・松竹、の2本は、期せずして?日本映画の一ジャンルを形成し、最近もその現代系として是枝裕和「海街diary」として結実した、いわゆる四姉妹モノの変形、ないし変奏として共通している。好きだなあ、四姉妹モノ。
 あるいはシネマヴェーラとしては、この共通点を承知した上で、この2本立てを組んだのか。だとすれば、シネマヴェーラの、このめったにない(笑)映画的聡明さを称揚せねばなるまい(笑)。
 共同監督・市川崑「細雪」(1983東宝)への、助走という意味も、あったのか。

e0178641_4122121.jpg『妻と女の間(35mm)』公開:1976年 <渋谷シネマヴェーラHPより>
監督:豊田四郎、市川崑
主演:三田佳子、大空真弓、酒井和歌子、仁科明子、梶芽衣子、田村高廣、篠田三郎、岡田裕介、荻島真一 、森本レオ
京都の老舗紙問屋の美しい四姉妹の人生を、豪華な女優陣と華麗な衣装で描く。梶芽衣子は、店を継いだ次女の夫の愛人という意外な役柄だが、去り際を心得た大人の女っぷりはやはりカッコいい! 当初の豊田四郎監督の体調不良でスケジュールが間に合わず、途中から市川崑監督が協力することになった珍しい一本。©1976東宝
(しかし、法事なのに、高杉早苗のぞく女優陣の和服華やか過ぎ(笑)。しかも色違い。ここら辺の俗情ふんぷん(笑)が、ドンなに文芸映画を装っても、しょせん四姉妹モノは、プログラムピクチャアの一枠になるんだ、という「出自」の問題で)
(しかも、さらに輪をかけ?ラストの、高杉葬儀では、この四姉妹全員が黒の喪服で、自分の妻を含め、ああ喪服の女っていいなあ、とにやつく田村で、この四姉妹「愛玩」映画の落ちが、つく。市川崑「ぼんち」でも、雷蔵がそんなこと言っていなかったか。おそらく自分の葬式でも喪服を着る妻なのに。)

 京都の老舗の女主に、高杉早苗。長女に三田佳子、次女に大空真弓、三女に酒井和歌子、四女に仁科明子、とはいえ仁科は、長女・三田の養女として、母娘関係にある。ここら辺はすでに亡くなっている彼女らの父親の「おいた」のせいなのか、映画では直接の説明はない。「海街diary」同様、姉妹も四人いると、四人目でツイストを利かせたくなる、というのが、作り手の人情か。
 
 さて、本作はトヨシロ作品として企画・制作され、しかしトヨシロの体調不良から、市川崑監督がリリーフしたという。
 トヨシロといえば、本作の数年前の、豊田四郎「恍惚の人」73年・東宝でも、撮影途上で体調悪化、こちらは主演のモリシゲ、デコちゃんが、協議しつつ作品に仕上げたという。主演のふたりが演出を代行したせいで、あの映画の「下司度」は、かなり、薄まった、と思う(笑)。
 この、トヨシロの撮影に対する執念は、なんだろう。具合が悪ければ隠居すればいいものを、それほど映画が撮りたかったのか、周囲が撮らせたがったのか、あるいは金を稼ぎたかったのか。

 とはいえ、冒頭の、篠田三郎が勤務するTV局に、彼を恋する仁科明子が訪ねてくるシーンの、セリフ尻を極端にはしょってカットしたり、TV撮影の機械盤の接写、すばやい編集は、まさに崑タッチ。
 以下いかにも、崑ライクな編集が散見するのだが、それは、
1 トヨシロ撮影シーンを、崑的に編集したのか、
2 そもそも市川崑が、撮影したものなのか、

 イマイチ不分明なのが、映画ファンとして、スリリング。
 ラストの母・高杉早苗(!)が娘たちに残した、キワキワの春画風長襦袢なんてエのは、明らかにトヨシロの趣味だろうが、さて、実際に撮影したのはトヨシロか、崑か。よく、ワカラナイ。
 むしろトヨシロは意外に早く退場し、大部分は、崑が、撮った、と、見たが、どうか。
 それで、トヨシロ趣味濃厚なエロいシーンは、軽く流し、かろうじて崑にも合う部分は、編集も含め、それなりに、凝った、というところかと、推察するが、まあ、ぼくの推察は、たいてい外れるんだよね(笑)。
 三田佳子のシーンの大部分は、ねちっこいトヨシロ趣味で、崑とも、思えないが。
 かの「恍惚の人」だって、トヨシロが最後まで撮っていれば、絶対にモリシゲの、嫁・高峰秀子への粘っこいエロ目線やセクハラの嵐は、入っていたはずなので、その粘っこさも含めての豊田四郎「恍惚の人」で、あったはずであり、現存の「淡白版」は、きわめて、非トヨシロな凡作では、あると、思う。
 京都の寺での亡父の法事に、庭先で竹箒を持つ原作者・瀬戸内晴美が一瞬写り込む、なんてエのは、明らかに、トヨシロ趣味ではない、崑タッチ。しかし、リリーフであるゆえに、すべては、中途半端。この欲求不満気味の不燃焼から、「細雪」を企画したのでは、と邪推するレヴェル。
 
 しかも後半、篠田三郎が生きるか死ぬかの事故にあい、今日明日が山場だという医師の判断。年下イケメンの篠田にぞっこんの三田佳子、その「娘」の仁科明子も、篠田に恋心。
 母娘ふたりが、ともに愛する篠田が重篤の危篤状態。
 ところが、次のシーンでは、この母娘は、キャッキャッと、多幸感あふれる躁状態。萩原真一青年が仁科にプロポーズの、この幸福感。篠田は、どうしたのだ。かなりしばらく映画からシカトされる、篠田の按配。これは、どう見ても、狙った、こととは、思えないのだが。
 助監督・撮影を含めたスタッフ交代ゆえの混乱か。

 本特集のメインである梶芽衣子は、一応主演女優陣の一角だが、次女大空の夫・田村高広の愛人という、脇役。目力の強い彼女に、耐え忍ぶ愛人の役、というのは、やはり違和感。なお、大空は肥え太って、一瞬絵沢萌子か、と思いましたぜ(笑)。
 絵沢、もとい、大空の夫に、軽い大阪男・田村高広が絶品。
 この大空・田村がコミカル担当、三田が篠田とともにメロドラマのヒロインのルックス、酒井が絶美の若妻メロドラマ、仁科が青春アイドルの役回りと、四姉妹の結構としては極端なまでにドラマチックで。
 この種のずぶずぶのメロドラマなら、ねちっこいトヨシロに、貫徹してもらいたかった、というところか。
 捨て固いシーンもありつつ、まあ凡作。個人的には、かつての青春アイドル・酒井を、もっといぢめ抜いてほしかったなあ(笑)。
 三田じゃあ、面の皮が厚すぎて(笑)どんなにいぢめても、いぢめがいがないというもので(笑)。
 なお、「妻と女の間」というタイトル、タイトルロールは、田村か(笑)。と、すれば、なかなか好演の田村も、トヨシロ常連のモリシゲに及ばず、というところか。出来うれば、モリマで見たかった(笑)というのも、詮無い話で。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2015-08-04 04:16 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)

神代辰巳「死角関係」

 渋谷にて。「神代辰巳の世界 没後20年メモリアル特集」。87年、東宝=日本テレビ。デジタル素材。
 冒頭、火曜サスペンスの、安っぽい番組ロゴがエンエンと。いかにも初期CGで作ってみました感が(笑)。
 お茶の間向け(当時も死語か)のTVドラマとは思えぬ、バッドティストなエンディングまで、ヒロイン酒井和歌子を、トコトン不幸のどん底に落とし込む、神代らの脚本、演出が、TVとしては、異常すぎる(笑)。
 以下、ネタバレあり。

『死角関係 隣人夫婦男女四人のからみ合い(デジタル)』1987年 <渋谷シネマヴェーラHPより>
監督:神代辰巳
主演:酒井和歌子、石橋蓮司、森本レオ、戸川純、穂積隆信、草野大悟、速水亮、高林由紀子、平野稔、柏木隆太、後藤加代、有田麻里(深沢英子)、井上倫宏、浦野隆男、三浦竜也、中川彩、米沢美和子、雛涼子、木村翠、小林正則、松谷聖、藤田雅史、石川直樹、荒田賢司、岡村龍吾、井上栄、青柳文太郎、那波一寿
連続殺人の犯人として夫が逮捕され動揺する妻の裕子は、隣人夫婦を頼るが…。石橋蓮司と酒井和歌子、森本レオと戸川純という怪しすぎる隣人夫婦が絡み合う。極限まで追い詰められ狂っていく裕子(酒井和歌子)の姿を長回しで追う神代! まさにテレビ放送コードぎりぎりレベル!!©東宝
(注)なお「隣人夫婦男女四人のからみ合い」というサブタイトルは、今回の素材には、なかった。冒頭の紹介ナレーションには、あったかも。
e0178641_1095535.jpg


死角関係 キー局NTV <テレビドラマデータベースHPより>
放送曜日・時間 火 21:02-22:51
放送期間 1987/04/28
演出 (監督:神代 辰巳)(助監督:油谷 誠至)(記録:高橋扶佐緒)
企画 小坂  敬 プロデューサ 田中  收(東宝)、清水 欣也(NTV)、(広報担当:東  良子(NTV))
脚本 丸内 敏治、神代 辰巳
音楽 大谷 和夫、(選曲:白井多美雄)(音楽協力:日本テレビ音楽)
主題歌 (テーマ曲:岩崎 宏美「夜のてのひら」(作詞:来生えつこ、作曲:筒美 京平、編曲:武部 聡志)(ビクターレコード))
出演 酒井和歌子、石橋 蓮司、森本 レオ、戸川  純、穂積 隆信、草野 大悟…
解説 変質的な連続殺人が発生。事件のあった日は必ず夫の帰宅が遅いことに気づく裕子。しかも、夫の仕事の受注簿のなかに、被害者の名前を発見。…
(注)この解説は、全然実態にそぐわないデタラメ。いかに一回放送しただけのTVドラマの紹介が難しいことか、その証左か。

 夫・石橋蓮司が、不倫相手の女優を殺害したかどで、逮捕。実は冤罪。
 殺人犯の家ということで、家の窓ガラスに、投石の嵐。幼い子供を殺したとか、凶悪犯ならともかく、こんなのあり?
 子供も学校でいじめられ、PTAの児童保護係りも解任される。
 あまりに卑怯卑劣な週刊誌女性記者コンビに、追い回される。

 ガンガン追い込まれ、泣き、叫び、精神肉体とも変調をきたすヒロインを、これでもか、と長回しの手持ちキャメラが追いつづける。東宝テレビの場で、かつての光り輝く東宝アイドル女優を、いぢめぬく、ほとんどSM責めの様相で。
 こりゃあ、東宝系監督には、おそれ多くて、手が出せないか(笑)。で、日活とざまの神代起用か。
 酒井和歌子も健闘で。
 取調べを受ける石橋も、草野大悟ら刑事にガンガン虐待される。ひどいな警察。

 ということで、酒井のがんばりで、ついに真犯人がわかるのだが、登場人物があまりに少ないので、しかも、いかにも虫も殺さないような、いつもの優しい声ゆえに、推理するまでもなく、真犯人は、最初から明らかなのではある(笑)。
 この真犯人逮捕のアシストをするのが、殺人課(正確には所轄の刑事、当時のTVドラマの、雑な警察認識で)草野大悟らではなくて、少年課の穂積隆信。ま、穂積が少年課刑事というのも、悪い冗談だが。

 やがて、石橋は釈放され、出迎えた酒井と、抱き合い、ハッピーエンド・・・・という定番を、覆し(笑)。
 石橋は、独りに、なりたい・・・・と、妻から遁走してしまう。酒井は、道に倒れて、夫の名前を泣き叫ぶ、という中島みゆき状態。殺されかけても、夫の無実を晴らした酒井の努力は、空転する。
 一ヵ月後、やっと連絡があった夫に会いに行くと、この一ヶ月間入院していて、すっかり健康(笑)。この一ヶ月、その前もずーっと、不安にさいなまれていた酒井の立場は(笑)。
 しかも、これからいっしょにやり直しましょう、と明るく微笑む酒井を前にして、前に錯乱状態の酒井を看護していた看護婦が、怪しい動き(笑)。
 すると、石橋、すまない、実はこのひとと・・・・これからの人生、このひととやり直すんだ、と。
 酒井和歌子、どん底のジェットコースター。
 その後、酒井は趣味を生かしてデザイナーとして、自立する女になる、という着地点で、まあまあ、ドラマは終わるのだが。

 ミステリ趣向が神代にはさらさらなく、不安解消の気晴らしに、中学生の息子と、本気モードでプロレスごっこの酒井、そのくんずほぐれつをしつこいほど追い回すキャメラこそ、TVドラマらしからぬ神代趣向。
 なお、ここまでまったく言及しなかったが、レオ妻・戸川純。その不逞な面構え、思わせぶりな言動は、まるで脱がない芹明香みたいだ。彼女と神代の、本格的コラボも、見てみたかった気もする。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2015-04-03 10:10 | 神代辰巳猥歌 揺れた俗情 | Trackback | Comments(0)