タグ:左翼お花畑 ( 86 ) タグの人気記事

目から鱗!韓国の反日の理由が一発でわかる!

 なぜ韓国が年がら年中ストーカーのように、日本にまとわりつき、悪口をはやし立てているのか、その病理が一発でわかるブログを、見つけた。
 すっきりすっきり韓国の粘着の理由が、わかる。
 以下長文なので一部抜粋する。

韓国のアイデンティティ
韓半島は、三国時代と、これを統一した新羅と高麗を経て、長い期間仏教の地だったし、その期間は儒教時代よりも長いのに、今は文化財がたくさん消滅し、残っているのは朝鮮後期のものだけである。
何故このようになったのだろうか?
シン・チェホ(申采浩)1880 - 1936によると、こうである。
「後にできた王朝が前の王朝を憎んだ。高麗ができると新羅の歴史を抹殺し、李氏朝鮮ができると高麗の歴史を抹殺した。このようにして、今まで過去をずっと抹殺し続けてきたので、歴史的文化財が貧弱になったのである」

韓半島では、国ができたとき、前にあった国を継承したり発展したりするよりも、その逆のこと、つまり破壊を介して正統性を認めてもらおうとする
絶え間ない破壊行為を通じたネガディブな方法だけが、歴代の韓半島の国々がアイデンティティを確立する手段だったのだ。
そのため、韓国人のアイデンティティを一つの単語でまとめるとするなら、まさに「憎悪」である。

e0178641_10571121.jpg韓半島では、新しい王朝が開かれると、改革を叫びまくったが、その実像は、単に王族の姓が変わっただけで、新しい独裁体制が樹立されただけだったのだ。
姓が変わっただけの支配集団に統制されるだけなので、歴史的発展というものはなかった。
それでも王朝の正統性とアイデンティティは立てなければならないので、前に存在していた政治集団に対するネガディブキャンペーンと破壊を、滅亡するその日までずっと続け、暗黒の戦いを繰り広げて、お互いがお互いの後頭部を殴りながら、憎しみを育てていったのである。
中国を中心とした中華世界は、近代に至るまで常にこのパターンを無限ループしていて、少数の名君がいたとしても、パターンは継続されていた。
新しい王朝が発生したら、受け継いで発展させるのではなくて、「リセット」をしたのだ。

日本から独立した後、韓国が日本に絶え間ない憎しみを燃やし、365日反日扇動をするのは、韓国の邪悪な歴史的伝統に沿った極めて当然の行動である。
文化財を破壊するイスラム原理主義者たちが、自分たちの行動を悪だと認識できるだろうか?それと同じである。

今の韓国人は、自分たちが素晴らしい名分を実現していて、自分たちは正当だと勘違いをしているが、実際には、韓半島にあった歴代王朝がしていたことを再現しているに過ぎない。
近代教育とメディアを通じて、大衆までそれに加わったので、邪悪がさらに濃くなったというのに、邪悪な大衆はやはり逆の解釈をしている。

そういった過去の朝鮮半島の歴史とは異なり、日本は今も存在している国であり、韓国より強く、韓国がどうすることもできない国で、さらに友好国で、韓日基本条約後も援助を通じて韓国の成長を支援してくれたというのに、それでも日本に憎悪を燃やしている。
こんな外道な韓国に、一体どんな真実性があるだろう?


憎しみがアイデンティティの韓国を、短期間だとしても満足させる唯一の道は、日本の滅亡である。
反日がアイデンティティの韓国の希望は、まさに日本の滅亡なのである。
だから韓国は憎悪の実現のため左傾化しているものであり、さらに日本の左翼や共産党と手を握って親中外交をするのも、日本の滅亡を希望しているからである。
これは極めて韓国的な行動なのである。

韓国は民族社会主義と非常に相性が良い。
米国と日本の影響力がなくなったら、韓国がどうなるのか知りたいなら、北朝鮮を見ればよい。

引用ソース「無明」というブログの人
http://blog.naver.com/zero53/220893483327

 この韓国人ブログを、翻訳紹介したみずきさんという方の解説も、味わい深い。こちらも一部抜粋して引用する。

*この説明、ものすごく分かりやすいですね。
韓国は今も必死で「易姓革命」をしているということです。
その価値観の源泉は中国ですね。

もちろん古今東西似たようなこと、つまり「正統性を確保するために前の時代を否定する」というような価値観はあります。どの時代のどの場所にもあります。日本も何度も何度もやりました。明治期に入って江戸時代が暗黒時代だったように語られるようになったりね。でもたいがいは「ある程度」で止まります。

私が思うに、日本で一番最後に(最初で最後かも?)真に「易姓革命」をやったのは古代天皇家だと思います。そのために古事記を作り日本書紀を作ったのでしょう。日本の古代史を形成し、日本国の正統性が天皇にあるということを描いたんです。我々の歴史はそこから始まったんです。そしてそれは、見方によっては嘘なんだけど、見方によっては紛れもない真実です。
それ以前の歴史がわかりづらくなったという側面もありますが、はるか昔のことなので、それ以上にそれ以後の大きな歴史の書き替えがなくなったのが大きい。
(余談ですが私、邪馬台国の場所が分からなくなった原因は、この最後の易姓革命にあるし、だから卑弥呼は天皇の祖先じゃないんだろうなぁと思ってたりします。あくまでも「私は」そう思うということね。)
日本は天皇陛下をいただくことによって「易姓革命」をやめることができたし、華夷秩序から抜け出すこともできたし、施政者が変わるたびに前の時代を完全否定する必要がなくなったんだろうなと思うんです。
日本において、「時の権力者」は「錦の御旗」を得るだけで良いということになったんです。それは今も変わってません。今だって、内閣総理大臣を任命するのは天皇陛下です。平安時代とかは貴族社会だったので、時の権力者たる藤原家の「錦の御旗」の手に入れ方は、娘を入内させてその子供の後見人になるというものでしたが、その後どんどん形式化が進行していきました。
昔はこの重要性が分かりませんでした。形式だけやん、と。
日本は破壊や書き替えの易姓革命をしなくていい知恵を、はるか大昔に手に入れたんです。

で、韓国。
韓国は「ある程度」がない。
韓国は、徹底的にやりつくし、「今の王朝」が「前の王朝」のすべてを完全に否定しないと、今の王朝の正統性が確保されないという思想がある。
大きな枠としては「日帝時代の否定」があり、小さなものとしては「前大統領の否定」がある。「その政策や文化が良いものかどうか」よりも「その政策や文化を創ったのは誰か、その政策や文化に正統性はあるか」を基準にして考える。正統性を「錦の御旗」で手に入れることのできないあの国は、破壊や書き替えによって正統性を確保しようとするんです。

永久に混乱と分裂を繰り返すしかない意識構造が、あの国の思想文化のなかに溶け込んでいるということです。
(以上引用終わり、【韓国の反応】みずきの女子知韓宣言(´∀`*)より)(文中の文字変色は、引用者である当ブログによる)

 韓国の歴史なき歴史的病理が、すっきり腑に落ちました。
 韓国の良く言う「日本よ、歴史を直視せよ」というのは、「歴史(前王朝)の痕跡を破壊せよ」ということだったんですね。日本人が「歴史を直視せよ」と言われれば、「歴史に学んで未来を考える」ことなんですが、韓国人は完全に逆で、言ってみれば「歴史を葬り去り、学ぶな」ということだったんですね。道理で、かの蛮族とは、話がかみ合わないわけだ
 だから朝日新聞や左翼のように、韓国の意見をよーく聞いて、やさしく優しく接していれば、いずれ「誤解」は解けるんだよ、あるいはかつての自民党親韓派議員たちのように、めんどくさいし、ある程度キックバックがあるから、ここは一応謝っちゃっとけ、なんてのが、まるきり解決にならない、ということの理由でしょうね。
 韓国の反日は、韓国か日本のどちらかが、壊滅的に根絶やしになるまで、解決はしないのだ、と。
 なら、われわれ日本人は、朝日や毎日東京などマスゴミを除いて、どちらの壊滅を望むべきかは、明らかなんですが。
 なお、易姓革命ついでにいえば、秀吉の明遠征、大日本帝国の満州建国は、失敗した易姓革命な訳で、決して侵略とか植民地支配などというものではないことは、ちらっと、指摘しておきたいと思います(笑)。
 そういう「時代遅れ」のミニ易姓革命の韓国を、日本より数十年進んだ民主主義国、と絶賛する左翼リベラル諸君のお花畑の、はちみつ(反=緻密)な脳内は、とんだお笑い種で。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-01-15 10:57 | うわごと | Trackback | Comments(1)

日本が問われる「韓国の見捨て方」だってさ(笑)

 今日日曜午前中のTV政治番組を、見るともなく流し見していたら、ニュース番組なのに年末に事前収録した、いわゆるおせち番組のようで、今最大の政治的話題(笑)は、しかとされている模様。

e0178641_11432250.jpg時事通信 1/6(金) 11:19配信
 菅義偉官房長官は6日午前の記者会見で、韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を
象徴する少女像が設置されたことに関し、
(1)長嶺安政駐韓大使、森本康敬釜山総領事の一時帰国
(2)在釜山総領事館職員の釜山市関連行事への参加見合わせ
(3)日韓通貨スワップ(交換)協議の中断
(4)日韓ハイレベル経済協議の延期
―の対抗措置を当面取ることを明らかにした。(以上引用終わり) 

【産経新聞コラム・産経抄】韓非子のいう国が滅ぶ兆候…韓国は大丈夫か[1/7]
中国・戦国時代の法家思想の大成者、韓非子は国が滅ぶ兆候の一つに、こんな例を挙げる。「無礼な態度で隣の大国を侮り、貪欲のへそ曲がりで外交もまずいという場合」。国民感情が実定法に優越する「国民情緒法」が横行する韓国は、隣国日本は法治国家だということを忘れていたようである。▼堪忍袋の緒が切れたということだろう。菅義偉官房長官は6日、韓国・釜山の日本総領事館前に昨年末、慰安婦を象徴する像が設置されたことに対し、慰安婦問題を最終的かつ不可逆的に解決する日韓合意と、国際法に照らして「極めて問題だ」と強調し、対抗措置を発表した。▼駐韓日本大使と駐釜山総領事の一時帰国や、韓国側が求める通貨交換(スワップ)協定協議の中断など、弱腰といわれてきた日本外交としてはかなり強烈な中身である。新たな慰安婦像設置に、安倍晋三首相が激怒していたことも後押しとなった。 ▼外務省幹部は「韓国側は『そこまでやるのか』と驚いていた」と語る。一方の韓国外務省は6日、「非常に遺憾だ」とコメントを出したが、像設置を事実上、黙認していたのだからそれをいう資格はない。自国民の情緒は偏重しても、日本人にも感情があるという当たり前のことは理解していなかったらしい。▼米国のバイデン副大統領も早速、日韓合意を支持し、着実な履行を強く期待する旨を表明し、日本側に立つことを明らかにした。既に貪欲に10億円を受け取っている韓国は、外交的にも追い詰められた。▼問題は、像設置の背景に、親北朝鮮勢力の暗躍が指摘されることだ。にもかかわらず、北が暴発しかねない今、像の撤去一つできない韓国は大丈夫なのか。韓非子のいう「亡徴(ぼうちょう)」を見るようで恐ろしい。 (以上引用終わり) 

 今回の新展開の前に書かれた、鈴置高史氏の考察が興味深い。

日経ビジネスONLINE 早読み 深読み 朝鮮半島(鈴置高史)
2017年、日本が問われる「韓国の見捨て方」2017年1月1日(日)
 2017年の日韓関係を占えば「凶」だ。韓国で反米・反日政権が誕生する可能性が高いからだ。ただ、「韓国の見捨て方」次第では「中吉」に持って行けるかもしれない。
反米・反日の加速は「凶」だが、「中吉」への努力惜しむな


 日本はどう動くか。「トランプの米国」が韓国を見捨てるのを食い止めるのは難しい。結局、「韓国の見捨て方」の中で「日本にとって最も有利な形」へと誘導することになろう。まず、国際関係の激変を利用して、北朝鮮から拉致被害者を取り返す必要がある。
 もし日本に戦略家がいるなら、朝鮮半島全体の法的な中立化を目指すに違いない。放っておけば、米国から離れた韓国が中国に引き寄せられるのは確実だ。経済的な依存と軍事上の位置、そして長らく中国大陸の王朝に冊封していた歴史からである。
 米国から離れた韓国の港湾は中国海軍の根拠地となり、日本の安全を脅かすことになる。北朝鮮の港を含め朝鮮半島にはどこの国の軍艦も出入りできないようにするなど、歯止めが必要だ。
 もちろん「法的な中立化」が長続きするかは分からない。朝鮮半島の内部は常に不安定だ。そこに住む人々は周辺大国の力を借りて身内の敵に勝とうとしてきた。「法的な中立化」は一時しのぎの「中吉」に終わるかもしれない。ただ、半島全体が完全に中国化する「凶」よりはまだましなのだ。(以上抜粋引用終わり)

 いっぽう日本の左翼の皆さんは、相変わらず韓国についても民主主義についても、脳内お花畑満開で(笑)。

古谷経衡氏 韓国のデモに日本の左が追い付くには数十年必要│NEWSポストセブン
http://www.news-postseven.com/archives/20170108_479732.html
 街全体がうねるかのような光景だった。ソウル中心部・光化門広場で開かれた朴槿恵大統領退陣デモ。日本ではワイドショーの格好のネタとして面白おかしく報じられたが、古谷経衡氏は現場から異なった印象を持ったという。
「これこそが日本の見習うべき民主主義の姿である」と、反朴デモに参加した日本のリベラルが言う。路上で政治的見解を述べるのに「○○死ね」だのという言葉を必要としない韓国のデモに日本の左が追い付くには、あと数十年の歳月を要するだろう。
 「見習う」よりずっと手前の、低レベルの境地に日本のリベラルはある。「また半島の哀れな人々が噴き上がっている」と、韓国に一度も行きやしないのに「韓国経済は崩壊する」だのと知った口をきく日本の保守派が嘲笑する。うらぶれた年金生活者を二百人集めて「愛国集会」を開催するのが精一杯の日本の保守派に韓国人を蔑む資格などない。 (以上抜粋引用終わり)

 韓国のアレは、もちろん民主主義とは、何の関係もない(笑)。
 むしろ韓国は、正常な民主主義国家ではないので、いわゆる通常の民主主義国家ではごく当たり前に行われている、正常な政権交代が、一切出来ない、非・民主主義国家なのだ。
 非・民主主義国家を、理想的?な民主主義国家と、誤読する左翼お花畑は、どこまで行っても、蜂蜜な頭の持ち主か。
 常に前政権を前王朝のように、追い落とし、すべてその存在をなかったかのように全否定するのは、中国やその支配下にあった朝鮮特有の、民族的?祝アである。
 いま宿痾を変換しようとしたら、馬鹿変換で祝アなどと出てしまうのも、皮肉ですな。
 特定アジア、中国、南北朝鮮は、常に前王朝、前政権を完全否定して、歴史から抹殺してしまう。いわゆる通常の民主主義国家ではごく当たり前に行われている、正常な政権交代が、出来ない韓国は、どう見ても易姓革命の劣化版にしか見えない(笑)。
 まあ、左翼お花畑諸君は、易姓革命の革命という言葉に、パブロフの犬のように過剰反応(笑)して、左翼の明るい未来みたく思うのかも、知れないねー。
 
 日米中の、間をうろうろして、どこに事大するか、腐心する今の韓国は、李朝末期の、日露中の間をうろうろして、どこに事大するか、迷走していたころにそっくり。
 半島という、地政学的現実が、常に廊下国家、通路国家に過ぎないという立ち位置を、とうとう自覚できない、そういう意味では同情すべき存在なのに、なぜか、常に上から目線で、対外対応する、不可思議民族。
 こちらに被害が及ばない限りは、微苦笑とともに見ているだけでいい、コメディ国家なんだけど、不愉快な不利益とともに、粘着してくるからねー。
 困ったもんだよ。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-01-08 11:44 | うわごと | Trackback | Comments(0)

ひどさもひどし民進党

民進党本部仕事納め蓮舫代表あいさつ 2016年12月28日


e0178641_17425036.jpg いちいち蓮舫の物言いは、気に障ることの連続で、この動画でも、そう。
 被災地視察の日程に、本人は、ちくりとユーモラスに言及したつもりだろうが、内内のうちわ話ならともかく、こうして民進党が動画を公式に配信しているわだから、あくまでも内向きの話をできるわけではない。
 そのうえで、被災地に対する「本音」を平然と出すとは。
 これが安倍総理が言ったなら、蓮舫は、青筋立てて、キリキリ批判するレヴェル。
 テロが多発しているのに、そういう自覚はあるのに、一国平和主義が通用すると思っているのかこのバカ女は。
 さらにぼくが気になったのは、後半さらりと「働かさせ改革」。
 いや、これ自民党がいったら、蓮舫は、「国民を働かさせる改革なんですか、自分は働かないんですか」、とこれまたきりきり青筋立てて、追及するだろう。

民進党・蓮舫が被災者を睨みつけ批判殺到… 糸魚川火災で


 これだけではどういう事情なのか全くわからず、写真一枚持ってきて、勝手に作り上げただけ、という気もしないではないが。
 しかしそうであっても、もしこれが自民党関係者の写真だったら、蓮舫これまたきりきり青筋立てて、追及するだろう。
 しかもこの写真は、別の動画によると、蓮舫が自身のフェイスブックに挙げたものという。うーん、このセンスが、この自信が、凄い。
 
民進党・蓮舫が元日から大失態… 「私は中国人です」と認めてしまう

 うん、チョット中身が薄い動画だなあ。

 一方、ノダメは、

民進党の野田幹事長は党の仕事始めで、党の現状について「背水の陣ではなく、すでに水中に沈んでいる」と厳しい認識を示したうえで、
党勢の回復に向けて結束を呼びかけました。
野田氏は「政権を失ってから厳しい4年間が続き、われわれは、もう背水の陣ではなく、すでに水中に沈んでいる。
そこからどうやって浮き上がり、岩肌に爪を立てて、よじ登っていくかという覚悟が問われる年だ。
力を結集し、もう1回、『2大政党の一翼を民進党が担っている』と言われる時代を作っていこうではないか」と述べ、結束を呼びかけました。(以上引用終わり)

 まあ、これまた本人としては、センスある話し方をしているつもりなんだろうけど。
 しかし、村会議員程度なら、笑って許されるレヴェルだろうけど、かりにも国会議員だよ。
 転職して、顔が似ている上島竜平に弟子入りでもして、ひな壇芸人にでもなったらいいんじゃないの。それにもともとドジョウは、水にも泥にも沈んでいるんだよ。


そこまで言って委員会NP  2016年 25


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-01-04 17:43 | うわごと | Trackback | Comments(0)

パク・クネ韓国と民進党は、なぜ失敗し続けるのか理由

 パク・クネと、彼女を弾劾する韓国国民は、全く正反対の立場にいるが、実は近親憎悪というか、同族嫌悪というべきで、実態は同じである。
 日本の民進党も、所属する議員たちの主張はてんでんばらばらで、まとまりがなく、常に失敗を繰り返している。
 しーるずや、沖縄の反日左翼も、鳥越もご同様で。

渡辺真知子 / 迷い道

 クネクネのテーマソング(笑)。何年か前に反日、反安倍ソングとして引用したときは、ピンとこなかった「いかさま占いはつづく」という歌詞が、今になっては、利いてきました(笑)。

e0178641_0233523.jpge0178641_62325.jpg 結果オーライという言葉がある。
 動機が多少いい加減でも、途中に多少の不正があっても、結果が良ければ、いいじゃないか、と。おそらく安倍自民党は、それを目指している。
 まあ能力に欠けるか、日本の政治体制にかなりの不備(憲法9条をはじめとして)があるので、打つ手が極めて限られるとか、時の運に難があり、結果は限定されているか、紆余曲折や試行錯誤があるが、
少なくとも安倍晋三には「政治は結果を出してなんぼ」という、発想が、あるだろう。
 これを結果オーライ主義というとすると、その反対語は何か、というと、動機オーライ主義という。

 動機オーライ主義とは、動機が純粋で、動機が正義に由来するものであれば、途中に多少の不正があろうとも、結果を出せなくても、オーケー、というものだ。
 むしろ、結果を出せないのは、動機がより純粋で、より正義であることの証明になるくらいだとも、思っていよう。
 だって、純粋な動機を全うしたら、この汚濁に満ちた現生の社会で、純粋な動機に見合った、純粋な結果が、出せますか(笑)。
 だって動機が百パーセント純粋なら、百パーセント純粋な現実を達成できますか。

 左翼リベラルな方々が、脳内お花畑と揶揄されるのは、百パーセント現実ではありえない、現実化できない脳内妄想を、まず頭の中に描き、しかしそれはまず百パーセント現実化は出来ず、ゆえに途中経過はぐちゃぐちゃになり、しかも結果は満足できるものでは、ない。
 現実の政治というのは、妥協に妥協を重ねたものであり、純粋な動機に見合う果実は、ほとんど得られない。
 TPPは、日本に不利な対米追従ものだと、国内の農家はいい、トランプはアメリカに不利な日本を利するものだ、という。
 パク・クネは、即退陣せよ、というが、ふつうは、弾劾の先頭に立つ重要人物がいて、そいつが次期大統領になる、と宣言すべきだろう。
 次期大統領有力候補がいないのに、現大統領の退陣を要求する、韓国国民も、大概なもので、まさに結果はどうなったっていいという、動機オーライ主義そのもの。
 聞けば、韓国の大統領が任期一年を残して退陣すれば、次期大統領の任期はそれを引き継ぎ一年のみの、消化試合だという。そして、二期目はありえないから、一年のみの任期で、おそらく混乱は続き、何の結果も出せないだろう、と。
 そんな半端仕事、だれも引き受けまい。むしろ能力があると思っている自称有力候補ほど、やりたがらないだろう。

 常に、後先考えずに、失敗してしまう。
 北はなんちゃって共産主義、南はなんちゃって民主主義、一つの民族国家が、分断された結果、2ウェイで国家を運営して、どちらも失敗している。
 分断されたのも、日本や米ソなど他人のせいにしているが、常に対立に走る自国民の性癖のゆえであろうね。
 そうして、南では、通常の民主主義国家なら、どこでも通常に行われている、通常の政権交代が、絶対にできない。
 常に前政権の大統領が、国外逃亡、銃殺、自殺、裁判で有罪に、なっている。
 パク・クネも、退任後の選択肢は、非常に、限られているよね(笑)。
 自業自得でもあるのだが、韓国の政権交代というのが、現代の通常の民主主義国家の政権交代ではなくて、あれは単なる易姓革命だから、ということだろう。
 易姓革命だから、前政権(前王朝)の関係者は、徹底的に排除される運命にある。
 西朝鮮、北朝鮮、南朝鮮は、ことごとく現代に、生きている政治体制ではなく、清朝、李朝の後継ゾンビ国家として、生きている。
 つまり前前前世紀の遺物国家三国が、東アジアで唯一、というか一応近代的な統治体制となった日本(及び台湾と香港)を、異物として憎むのも、当たり前だのクラッカーなのですね。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-12-07 06:02 | うわごと | Trackback | Comments(0)

韓国:泥沼国家の混迷迷走不可解

 その歴史の大部分を西朝鮮(笑)の属国として過ごし、時々大日本帝国、時々米帝の属国として国をやりくりし、半万年(笑)の歴史の中で、一度も独立国であったためしがない朝鮮が、またぞろといっていいのか、政治経済軍事ともに、もろもろ泥沼化してきたようで。
 ちなみに、朝鮮は、歴史の大部分を西朝鮮(笑)の属国として過ごし、時々ソ連、というわけで。
e0178641_444066.jpg ちなみに、翁長県政の沖縄は、朝鮮化していますな。

★早読み 深読み 朝鮮半島/朴槿恵の下野か、戒厳令か★

 こんな漫画みたいな国が、隣国になければ、まあ程度の低い「バナナ共和国」コメディーとして、そこそこは楽しめたのだろうが、この南の迷走に乗じて、北もやけっぱちの暴挙に出るやも知れず、あいにく隣の国なので、どんなとばっちり、ミサイル核爆弾の流れ弾が飛んでくるかもしれず、例によって日本海を横断して難民が押し寄せて来るやも知れず。いかなるシチュ的にも、うっとうしい民族による、うっとうしい、嫌がらせじみた事態しか、想像がつかぬ。
 例によって(というのが、かの国には多すぎる)自ら難民として日本に渡って来ても、そして上陸の際に日本人に危害を加えても、強制連行されたニダ、と喚き散らす。
e0178641_45236.jpg この辺のキビについては、感想駄文済みの大島渚「帰って来たヨッパライ」および小栗康平「伽倻子のために」に、垣間見えるわけだが。
 そうして、そういう事態になるや、待ってましたとばかりに、民進党、社民党、共産党、朝日毎日東京などの中共御用メディア、左翼リベラルお花畑連中が、サカった猫のように、ここを先途と、売国するのだろう。
 ああ、これが単なる妄想であってほしいのだが(笑)。


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-11-01 04:06 | うわごと | Trackback | Comments(0)

狐女VS狸女わかったぞ自民党民進党の違い(笑)

 次の動画をユーチューブで見ていて、とつぜん、ひらめいた(笑)。

山尾志桜里(民進党)が開始1分で出したグラフに国会炎上!安倍晋三にフルボッコ論破されファビョる!最新面白国会中継2016


e0178641_1372385.jpg 民進党の、山尾志桜里、レンホー、辻元清美は、いずれもキツネ顔。声も、割と耳障りなキイキイ声(個人の感想です)。
 一方、自民党の、高市早苗、稲田朋美、扇千景、小池百合子、舛添の元嫁は、そうじて狸顔。声ものほほん系(個人の感想です)。
 いやー、きれいに別れましたなあ(笑)(個人の感想です)。ま、マルタマという名前に反したキツネ顔の丸川珠代、ってのも、いますが(笑)。
 狐女と狸女、どっちが好みか、と言ったら、ぼくは、狸かなあ(個人の感想です)。
 ちなみに10/20付け夕刊フジの新潟知事選記事にあった、蓮舫写真はひどかった。顔面崩壊のひょっとこ顔。夕刊フジの悪意を感じるが、さすがにネット検索したら、この写真見つからず。
 おお、そうか、キツネ顔VSタヌキ顔は、ひょっとこVSおかめでも、あったか。
 女で、ひょっとこ顔は、さっつい(笑)(個人の感想です)。

↓こういう「うわさ」なども次々出てきますなあ。

蓮舫の母親は日本人ではなかった!両方とも中国人と判明キタ━(°∀°)━!

e0178641_1391939.jpg


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-10-21 01:39 | うわごと | Trackback | Comments(0)

レンホー問題:傑作かつ不快な映像

 自分に甘く、他人に厳しいレンホー。
 攻めには強いが、守りには弱いレンホー。
 爆笑しつつ、攻めのレンホーも、守りのレンホーも、まったく不愉快きわまる。

もしも蓮舫議員の二重国籍問題を蓮舫議員が追及したとしたら(笑)-ブーメランの女王はガソリーヌでなく私よ!


e0178641_23481011.jpg しかし、民主党=民進党は、ルーピー、小沢、管直人、まあ野だめは笑えるので許すが、岡田、レンホー、と、人を不快にするようなキャラが、なぜ続出するのか。
 ここはひとつ、香山リカ嬢を含めて(笑)精神科医の皆さんに、診断してほしいところだ。 

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-09-29 23:48 | うわごと | Trackback | Comments(0)

蓮舫のあだ名は舛添3号で決まり(笑)

 実はいじられやすいキャラだったのか、ネットでは、レンホーのあだ名が、氾濫している(笑)。
e0178641_23215479.jpg いわく、言いわけ番長、嘘つき番長、脱法ハーフ、のらりクラリオンガール、ええい、めんどくさい。
 このさい、鳥越さんをあいだに挟んで舛添3号では、どうだ(笑)。
 舛添1号は、都知事をやめさせられ、舛添2号は、都知事の後釜を狙い、落選。
 舛添3号は、その落選したセクハラ男・鳥越を応援した、と。どうです、見事に、つながっているじゃあありませんか。

 誰か、あるいはどこか、「第一回輝け!ゲスの極み大賞2016」なんて、作らないかな。ノミネートされる人数には事欠かないし、多士済々じゃないのかな(笑)。
 大会メインテーマ、および当日の演奏、第一回プレゼンターは、もちろん、あのゲスの極み、乙女。か。
 予想される男子金メダルは、舛添1号で、女子金メダルは、レンホーか。
 うーん。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-09-23 23:22 | うわごと | Trackback | Comments(0)

佐藤太「太陽の蓋」なぜ話題にならない?

 イッコ前の「蓮舫の闇:民進党は、二度死ぬか?」記事で言及した、佐藤太「太陽の蓋」が、気になる。
 7月下旬に、ユーロスペースで、単館ロードショー。テーマから考えれば、そして予告から拝察すれば、もっと多くの映画館で公開されてしかるべき、規模もそれなりの「大作」かと、思われる。
 しかし上映館のユーロスペースも、場所をラブホ街の一角に変えてから、落ち目だなあ(笑)。昔は、もっと話題になっていたのに。

 しかし、なぜに、「忌避」されたか。
 同時期公開の、庵野秀明・樋口真嗣「シン・ゴジラ」(ティストが、結構、似ている)に、競り負けたか。いやいや、菅直人政権の人々を、主人公にしたから、こりゃー受けないわ、と「営業的」に、忌避されたのか。謎だ。

e0178641_17533175.jpg 菅直人役に、三田村邦彦は、ないだろう。
 陳哲郎こと福山哲郎役に、イケメン神尾佑は、ないだろう、ということか。
 自称映画好き(笑)の、ぼくも、知らなかった。記憶の底を探れば、何かの新聞記事を読んだ記憶がある、という程度。
 もはや、福島は、遠くになりけり、ということか。





【動画】映画『太陽の蓋』予告編

東日本大震災を題材にしたドキュメンタリードラマ。東日本大震災とそれによる福島第一原子力発電所事故が発生した2011年3月11日からの5日間を、首相官邸内で対応に当たった者たちと東京・福島の人々を対比させて映す。監督は、テレビドラマ「マジすか学園」シリーズなどの佐藤太。『死んだらゲームをすればいい』などの北村有起哉、『マリアの乳房』などの大西信満、『ディアーディアー』などの中村ゆり、三田村邦彦、菅田俊らが結集する。あの未曽有の危機の中、何が起きていたのかに注目。
作品情報:http://www.cinematoday.jp/movie/T0020870
公式サイト:http://taiyounofuta.com
(C)「太陽の蓋」プロジェクト / Tachibana Tamiyoshi

 こんなスピンオフまで作る、予算はそれなりに潤沢だったはず、なのだが、そういう映画が、単館なんて????
映画『太陽の蓋』スピンオフ第1話 報道の行方

 結局マスゴミ諸君は、「報道しない自由」を満喫しているということでしょ(笑)。

映画『太陽の蓋』スピンオフ第2話 僕たちがいた町

 いっつも思うことだが、そんなに原発が危険と思うなら、地元で反対運動なんかしていないで、さっさと逃げ出せよ、という。地元に居座って、危険だ危険だ、って、何なんだ、と。普天間基地も危険なら、さっさと、逃げ出せよ、と。原発反対運動を、原発の前に集まって、デモするなんて、原発の安全性を認めているのかって(笑)。

映画『太陽の蓋』スピンオフ第3話 最悪のシナリオ

 原発が危険だからって、海外に逃げ出す、というが、その海外のほとんどにも原発があるんだぜ。日本以外の原発は、安全だというのか。
 馬鹿な女流歌人が、福島原発が怖くて、沖縄に逃げたが、その沖縄の隣には、中韓の原発があり、中韓の原発は、日本の原発より安全安心なのか(笑)そう、思っているんでしょうねー。黄砂なんかもバンバン飛んでくるのに。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-09-20 17:54 | 新・今そこにある映画2 | Trackback | Comments(2)

蓮舫の闇:民進党は、二度死ぬか?

 民進党代表戦が、終わった。
e0178641_1143239.jpg 「嘘つき番長」が予想通り勝ち、咬ませ犬の「言うだけ番長」「泣き虫番長」が、予定通り、負けた。何の面白みも、ない。
 そもそも「番長」なんて、政界のみだろう。死語が堂々通用するのは、旧弊たる政治の世界だけだ。
 レンホー新代表が、幹事長に「野だめ」やら「野ブタ」を、指名(プロデュース)。かつて「マニュフェストに書かれていないことは、やらないんです」といいつつ、書いていない消費税を上げた張本人だ。
 二重国籍だの二重嘘つきだの、二番がいいだの、民進党は二の字がお好きなようだから、やはり二度死ぬのだろうか。
 その場限りの、テキトーな言いっぱなし=結果的に嘘つきのレンホーだが、「私は、野田元総理と同じ、バリバリの保守」発言には仰天した(笑)。
 ある意見では、昔っから「保守」は「反動」とセットな言葉で、左翼的言説が日本を完全支配していた時代(長かった)には、嘲笑の対象だった。
 それが「保守」が、良い意味合いを持ちだした今日、軽薄なレンホーが時代の波に乗って、さして保守でもないのに、自分を保守とカテゴライズする、常に時代の気分に乗りつつ、対応する、軽佻浮薄さ。エートスに合った、ええトスしますなあ(笑)。
 もっとも「九条死守」のレンホーこそ、真の保守派、と、本人は、そう、思っているのだろう。
 九条死守、戦後レジーム墨守、しかしそれらのそもそもの担保元であるアメリカには、沖縄の基地問題で反米。
 
 しかし、蓮舫で、もっとも問題にすべきは、祖母の存在だろう。
 以下は、「アゴラ 言論プラットフォーム」からの、部分引用。

石井孝明「蓮舫問題、謎の「家系」「生活」の説明も必要」2016年09月17日 11:28
 蓮舫氏の回りは、彼女本人も含めて「よく分からないこと」が多すぎる。私は彼女を自己愛から、場面によってカメレオンのように姿を変える「境界性人格」と指摘した。(「国家意識のない蓮舫代表は危険だ」)しかし、もしかしたら、隠すことがあるから、姿を場面によって変えるのかもしれない。

 蓮舫氏の家系にも、不思議さがある。
 彼女の祖母の陳杏村は、台湾出身で日本に留学した後、日中戦争中の上海で英米のタバコの販売の代理店になり、その後に日本海軍に戦闘機2機を献納。戦後は漢奸(日本軍の協力者)として裁判にかけられたが助かった。

 戦後は日本と台湾のバナナ貿易で財を成したが、彼女の祖母と父は1966年に、自民党議員に賄賂を送ったのではないかと、国会で追及されている。また彼女はヤフーニュースのインタビューで、「父親は台湾に遺産がなかった」「父親の国籍は分からない」と、不思議な発言をしている。

 日本は日中戦争(1937−45)当時、軍需物資を英米から禁輸された。また中国は当時から現在まで、レアメタルのタングステンの生産国だ。日本海軍は直接、物資を調達できないので、児玉誉士夫(1911−1984)という政商に、上海を拠点に、中国政府、他国と密貿易をさせた。資金源は当時、中国で流通していた阿片やヘロインなどの麻薬からの収益だった。当時の中国で阿片吸引は好ましいものとされなかったが、タバコのように吸われ、小売りされていた。当時はタバコと同じように、中国式のキセル(煙管)で吸われていた。日本は植民地の台湾で阿片吸引の習慣を撲滅。統一後の中国政府も厳しく取り締まって1950年代にその風習は消えた。

 今の戦闘機の最新鋭F35は1機210億円だが、当時は数億円程度の感覚だ。そうであっても、当時の台湾人が日本軍に戦闘機を献納した例は聞いたことがない。軍と陳氏の関係の深さがうかがえる。国民党政権の秘密警察が暗躍し、戦中から戦後まで数万人が殺害された漢奸の摘発を生き残ったのも謎だ。

 児玉機関の運営では、海軍と児玉に中国で商売できるほどの人脈があるわけがなく、中国人を間に挟んだだろう。情報が少なすぎるが、彼女の祖母は日本軍協力者で、もしかしたら、かなり危ないビジネスをしていたのではないかというのが、筆者の推測だ。児玉は戦後、自民党の政治家のスポンサーになった。陳という女性は日本側の記録にはないようだが、こうした情報は当然隠される。上記報道では国民党の地下組織に関係し、これを理由に漢奸裁判を生き残ったという。これは二重スパイということかもしれない。

 また台湾の法人税率、相続税率は、アジアで最も重税とされる日本より低いはずだ。父親が日本で税務処理するとは考えづらい。台湾の富豪は、さらに税率の低い香港で脱税する例が伝えられる。また蓮舫によれば、彼女の一家は台北円山大飯店で過ごしたという。同地の最高級ホテルで、かなり豊かな一家と分かる。父親の財産が台湾でないとは、税務処理の細工があるのだろうか。(以上引用終わり)

 民主党政権時代、レンホーは大臣になっており、それ以前に国会議員として、資産を「公開」している。しかし、その資産は「日本人としての資産」であり、実は「台湾籍のほう」に、公にはしていない資産を隠しているのでは、ないか、それが「二重国籍」の真の理由では、ないのか。
 戦前に戦闘機を二機献納するほどの「政商」であり、戦後は自民党議員にわいろを贈る、そういう祖母の孫が、レンホーなのだ。
 常識的に考えて、国会議員としてはあるまじき、隠し財産があるはずだ、と考えるべきだろう。
 安倍晋三を「A級戦犯の孫」と揶揄する左翼民進党の党首に、「軍と結託した悪徳政商の孫」が、就任するという落ち。
 家系(家計)を考えると「バリバリの保守」というのも、案外自虐的なギャグ的真実なのかも。
 キャンギャル出身の、初の政党党首。自民党でいえば、三原じゅん子の立ち位置か。三原じゅん子が自民党総裁になるなんて、あまり想像できまへんやろ。所詮レンホーなんて、そんなものなのに。
 それが公党の党首。さすが層が薄い民進党だわ。
 そして、まだまだ知られてはいない「闇」があるはずの、レンホー。うーん。

そこまで言って委員会NP 2016年9月18日 160918 あの元首相も緊急参戦!民進党が委員会を占拠!?

そこまで言って委員会NP 9月18日 160918
あの元首相も緊急参戦!民進党が委員会を占拠!?ニッポンをどうする?大激論SP!!蓮舫新代表の”二重国籍”問題&原発再稼働&配偶者控除&皇室&共産党との共闘・・・

 しかし菅直人の、さわやかな笑顔には、腹立つなあ(笑)。
 鳥越以上に、甘いマスク、甘い声で人気を取ってきた、能無し野郎だったんだよねー。女性有権者は、管の「見た目」で、イチコロだったんだろう、というのが、まるわかり。

映画『太陽の蓋』劇場予告編

 本来話題になるべきテーマの映画なのに、まったく話題になっていない(笑)。自称(笑)映画好きのぼくも、今回の上記言って委員会で言及されているのを見て、初めて知った。
 しかし菅直人役が三田村邦彦なんて、かっこよすぎ。もっと吉本の芸人でいいのはいなかったのか。雨上がりの蛍原じゃないほう(笑)では、若すぎるか。
 しかし上映館のユーロスペースも、場所をラブホ街の一角に変えてから、落ち目だなあ(笑)。昔は、もっと話題になっていたのに。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-09-20 11:04 | うわごと | Trackback | Comments(2)