タグ:小川真由美 ( 2 ) タグの人気記事

石井輝男「実録三億円事件 時効成立」小川真由美岡田裕介金子信雄絵沢萠子田中邦衛

手探り実験作だが野心作にはなれなかった。
 渋谷にて「甦る映画魂 The Legend of石井輝男 十三回忌追悼」特集。75年、東映。
 そもそもの企画の発想は何だろう。時効成立間近とマスコミに大々的に取り上げられ、コイツはいけるという、当時はまだ映画会社にあった、東映なりのジャーナリスティックな(笑)カンなのだろうか。
e0178641_5334490.jpg その企画トークの中で、誰かが犯人のモンタージュ写真を見て、「こいつ社長の息子に似てね?」という冗談から実現化に走り出した、と邪推するが(笑)。
 その冗談に、社長(「ワハハ、面白い、いけっ」)も社長の息子(「え、マジすかっ」)もノリ、つまりそれが東映の当時の勢いというものだろう。いまは、その社長の息子が、社長になり、当時の勢いは全く消え、ヒット作も一年に一本あるかどうかのお寒い会社に。
 しかし監督を誰にするかが、悩みどころ。当時勢いがあった深作や中島が、おそらくベストだが、主演が社長の息子、しかも草食系では、若手としては「勘弁してくださいよ」というところか。これがもし社長の息子が渡瀬恒彦タイプなら若手も乗ったのだろうが。
 しかし今風に言えば草食タイプにしか見えない(今の社長業もまさしくそう)岡田裕介が、本作では肉食系に華麗な転身、演技賞モノの快演なのは、素晴らしい。

実録三億円事件 時効成立(35mm)(89分)公開:1975年 (渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:石井輝男
出演:小川真由美、岡田裕介、金子信雄、田中邦衛、絵沢萠子、滝沢双、田島義文、近藤宏、河合絃司、相馬剛三、山田光一
会社の金を横領して競馬につぎ込み首になった西原と情婦の孝子は借金に追われ…。現実に時効が迫るなか、独自に「三億円事件」の真相を追った作品。製作陣による綿密な取材、捜査本部の協力、実際の事件現場でのロケなど、フィクションながら実録ものの様相を呈して話題となった。c東映

 かくて、かねてより実録(笑)犯罪ものに定評のある(笑)テリー石井に監督決定。まあ個人的にはテリー吉田主演で見たかった気がしないでもない。
 しかし、本作の厄介な点は、時効が成立してしまったので、犯人像が全くの未知数というところ(笑)。
 サラリーマン会社の東宝や、お公家さん会社の松竹には全く手も足も出ない領域(笑)。はったりの東映でしかできない企画だ。現実から極端に逸脱してはならないし、しかしその現実は存在しない。これは勢いで突っ走る若手は頭を抱えっ放しの企画だろう。来る注文を「はいはい、いいよいいよ」と淡々とこなすヴェテランにしか、受けられない(笑)。

 と、ここまで映画の内容にほとんど触れずに(笑)長々と書いてきたわけだが。
 そもそも架空の犯人像に養犬業をもってきたのが、あっと驚く。個人的な印象だが、犬のブリーダーというのは、職業人口は圧倒的に少ないはずなのに、なぜか凶悪犯罪発生率は高い気がする。いや、これはあくまで個人的印象で、何の根拠もありませんけど。
 そのブリーダー岡田が、妻・小川真由美や、元お嬢様の小川の知り合い・有閑マダムの絵沢萠子とガンガンセックス。いっけん草食系の岡田裕介が、肉食系に見事転身、やはり時代の勢い、東映の勢い、テリー石井の趣味だろうか。恐ろしや(笑)。
 この女優の趣味の悪さ(笑)も東映で。
 さて犯罪の内容だが。どうしても現実の事件の細部を引きずらなければいけないので、犯人はバイクの雨覆いカヴァーを引きずらざるを得ない。こんな泥臭い犯罪、この一件だけで、東宝なら却下だろう。
 まあミステリとしてはたいしたことはない。いっそ脚本か監督で鈴木則文、もっとぶっ飛んだ「SF」にしても、よかったかもね(笑)。
e0178641_5341755.jpg なお執拗な鬼刑事・金子信雄はグッド。容疑者をガン見しながらの尾行、相手にバレバレなのは、いかにも石井趣味。他の映画でもいくつか見た記憶が。
 ただし、小川真由美が男の金子の尾行から逃げる目的で銭湯に入る石井趣味はいただけない(笑)。おばさんエキストラたちのやっすいヌードに、毎度のことながらげんなり。石井的にはサーヴィスショットのつもりかもしれんが、それサーヴィスじゃないから(笑)。



予告


【1975年12月10日】 三億円事件時効 名刑事・平塚八兵衛も無念

 なに、この、いまのワイドショーや再現ドラマの祖型というべき、もはやニュースとも言えない自称ニュースは。 
【1975年3月26日】 名刑事・平塚八兵衛退職 3億円事件時効直前の決断
警視庁捜査1課一筋で、帝銀事件や吉展ちゃん誘拐殺人事件など数々の難事件を解決してきた名刑事・平塚八兵衛さんが1975年3月、退職した。3億円事件捜査主任として、公訴時効が成立する9カ月前。犯人逮捕へ執念を燃やしたが、手がかりがないため、自身の退職で事件への関心を高めようと期待しての決断だった。
 
結局、こういうドジ犯罪でも、斬新な手法な犯罪は、ルーティンワークの日本の警察には、対処できないというね。
106 【ドラマ】『刑事一代 ~平塚八兵衛の昭和事件史~』 第1部


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-07-30 05:35 | テリー石井 恐怖奇形番外地帯 | Trackback | Comments(2)

今井正「海軍特別年少兵」

 三原橋にて。「生誕百年 今井正監督特集・第一部」特集。72年、東宝。
 14歳の少年たちが、日本全国から応募し、横須賀海軍基地に集められる。特別年少兵として訓練を受け、やがて、戦地に赴く。熱血・地井武男曹長指導の一斑は、硫黄島守備をにない、全滅していく。
 硫黄島を制圧したアメリカ兵は、彼らの遺体を見て、「まだ、子供じゃないか。ジャップは、こんな子供を兵隊にするなんて、なんて野蛮な奴らなんだ」という。
 それに対して、海軍特別年少兵の学科(座学)で英語を習っていた、主人公は、英語で「俺たちは子供じゃない。海軍特別年少兵だ!」とさけび、米兵に飛び掛り、射殺される。
 今も、世界中のあらゆる地域で、内戦を、あるいは対アメリカ戦を、あるいは対イスラエル戦を、あるいは対ロシア戦を、あるいは対中国戦を、十代半ばの少年たちが、戦っている。その先駆けともいうべき、子供たち。
(ぼくの乏しい記憶によれば)たしか海軍特別年少兵出身の脚本家、鈴木尚之が、同年の今井正「あゝ声なき友」(今回の同時上映)同様脚本を書き、「海軍特年兵会」(同窓会みたいなものか)が特別協力して、映画は作られた。

  映画は、横須賀での厳しい訓練を中心に描かれる。班の誰かが、学科で、実技で、劣った点を取ったり、失策をしたりすると、その班全体が、校庭何週かだったり、食事抜きだったり、全体責任を取らされる。いつもドジを踏む、間抜けな子がいる一斑はいつも、全体責任で、罰を受ける。
「あ~あ、何で俺はこんな班に入っちまったんだ」なんて、非難が、一身に、そのどじっ子に向けられる。
 連帯責任なんていう、おためごかしな<精神的管理主義>の、犠牲者は、やがて、その対応能力を超えて、<自死>を選ばざるを得ない。逃げ場のない残酷なシステム。
 ところでこのどじっ子少年の<スキのありすぎる顔>が、どう見ても、現役の某俳優にそっくり。俳優名の「中村まなぶ」も、むむむむ。
あとでネットで調べてみると、まさしく中村梅雀氏の、本名で。まさに「雀百まで」同じ顔。子役ながら、名演でありました。この子役演技と比べるのもおろか、父親役・加藤武氏の「駄演」ぶりも相変わらずで。
 「駄演」といえば、本作で、なんせ軍隊モノですから、男や少年やら、ヤロウばかりのなかで、ゆいいつの<紅一点><若い女>が、当然予想通りといえど、やはり、小川真由美というのも、ガックシ(笑)。「駄演」の上に、華がない、やはり左翼は、女を見る目が無いなあ(笑)。

 そして、本作で描かれる硫黄島の激戦。
 大部分の日本兵が死に、壊滅状態の兵たちが、大人の兵も年少兵も含めて、最後の敵陣攻撃。夜の闇の中、大声で勝どき吶喊の声を上げて、夜目にも目立つ白い鉢巻巻いて、敵陣に突っ込む。
 深夜の、弱小のゲリラ戦の最低の要諦は、敵に悟られずに、音も立てずに、敵の裏をカクことだろうが!
 むろん、第二次世界大戦中の、正規の日本軍の辞書に、<敵の裏をかくゲリラ戦>の、概念はなかったのかもしれないが。これでは、殺して貰うための突撃ではないか。戦術も戦略もあったものではない。
 <卑怯な戦争はするな>という、帝国日本軍の、馬鹿馬鹿しいまでの教えが、日本以外の世界中の国の<どんな卑怯卑劣な手を使っても、勝ちは勝ち>に、負けてしまうのも、むべなるかな。
 けっきょく、<近代戦>にも、昔ながらの<正々堂々の勝負>を持ち込んでしまった、大日本帝国軍の、負け戦。
 それは、時を経て、今の自衛隊にも、正々堂々?引き継がれ、もはやゲリラ戦「のみ」しかない地域に、PKO「活動」をしにいっても、<攻撃されてから、やっと初めて応戦できる><しかし、それは、最小限の自衛的応戦である><他国友軍・自国NGOが攻撃されても、自衛隊は応戦できない>という、タテマエ主義に毒されたものになっている。
 こういうタテマエ主義、マニュアル主義に「毒された」日本軍が、人口20万の南京市で、30万から40万の中国人を「虐殺」し、しかもその直後、南京市の人口は逆に増えているという「離れ業」を演じうるとは、もはや「曲芸」の世界ではないか。
◎追記◎いつもは、連帯責任を取らせる、地井武男教官が、演習で、「陛下が与えたもうた拝剣」(帝国日本軍では恩賜のタバコも武器も、全て陛下の与えたもうたものであり、それを粗末に紛失することは、陛下を軽んじる行為とみなされる)を、紛失した中村まなぶ少年兵、その同僚年少兵たちを、なんと、「連帯責任」を取らせず、帰宿させ、中村少年とふたりで、夜の暗闇の野っ原を、紛失銃剣を探して、捜索。しかし、懐中電灯はひとつしかないので、ふたりでの夜の捜索は無意味、と中村年少兵を、ひとりで、帰宿させる。追い詰められた彼をひとりで寄宿させることが、中村少年の自死に結びつく。この辺は、脚本上の作為とも思うが、うーん、ありがちなことだよなあ。
 「麒麟の翼・劇場版新参者」でも、教師・劇団ひとりの生徒に対する、判断ミスの温情が、悲劇を招く。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村★
[PR]

by mukashinoeiga | 2012-03-04 01:14 | 今井正 青い左傾山脈 | Trackback | Comments(0)