タグ:加山雄三 ( 2 ) タグの人気記事

川島雄三「箱根山」加山雄三星由里子藤原釜足北あけみ佐野周二東山千栄子

らしくない大快作だ。62年、東宝。
 阿佐ヶ谷にて「芳醇:東宝文芸映画へのいざない」特集。5/20(土)まで上映中。
 昔見たときは、さわやか好青年加山雄三の主演のせいか、川島らしくないお子様映画で、笑いの少ない、まあ川島としては凡作の部類かな、と。
 ところが今回再見して、やはりらしくないという印象は変わらないながら、評価は180度!変わって、なんと大快作となってしまった(笑)。

e0178641_2348491.jpg箱根山ニュープリント (ラピュタ阿佐ヶ谷HPより)
1962年(S37)/東宝/白黒/105分
■監督・脚本:川島雄三/原作:獅子文六/脚本:井手俊郎/撮影:西垣六郎/美術:浜上兵衛/音楽:池野成
■出演:加山雄三、星由里子、藤原釜足、北あけみ、佐野周二、東山千栄子、三宅邦子、東野英治郎
観光開発が進む高度成長期の箱根。駆けひきと思惑が乱れ飛ぶなか、二軒の老舗旅館は対立し、煽りをくらった若い男女の恋路もなんだか前途多難──。「若大将」シリーズの名コンビが、ロミオとジュリエット風の恋人たちを好演している。

e0178641_20593647.jpg 旅館主人・佐野周二が、地形の模型を使って、とうとうと箱根の古代史を、泊り客の映画監督・藤木悠に語っている。通常の川島映画なら、映画監督などあちゃらかにハイハイ聞き流す感じ?
 ところが本作の藤木悠は、まじめに佐野の講義を聞き、適切なレスポンス。
 まさに日本映画、および東宝映画としては、らしくないインテリ同士の応酬。もちろんあたしゃ戯作者でゲス、という川島としても、らしくないのだ。
 そして圧巻は部屋の電気を消して、カーテンも閉めて、漆黒の闇の中、地形模型にペンライト当てて、「この初日が最初にあたる地点に古代人は住処を作ったんだ」というショットに演出と撮影の本気を見た。
 見る前は加山とホシユリの青春ものだから、カラーだと思っていたが、なんと白黒。しかし上記ショットは白黒撮影の極美。カラーでは、シマリない絵になって、その緊張美はウシなわれたろう。
 アイドル映画にも筋を通す。
 そういえば、本作の冒頭は、政治家役人、対立する二大交通系大企業、報道関係者の人いきれでむんむんする会議場。いわばなんちゃってヤマサツ映画の趣。これも白黒でなくては、味は出ん。
 そして劇伴が、なんだかサスペンス調。喜劇にも明朗青春ものにも合わないもの。
 川島がヤマサツ風にと、頼んだのかもしれない。もっともこの劇伴、本作にも合ってないんだけど(笑)。 
 二大交通系企業の対立、そしてその縮小版としての二大老舗旅館の対立、ヤマサツが撮っても面白そうだ。もっとも原作者の前身を考えれば(笑)、ヤマサツひきうけんだろうと、東宝が忖度して、川島にお鉢が廻ってきたのかもしれぬ(笑)。

 思えば加山はこの地域一番の秀才だし、その上司番頭・藤原釜足も、開発企業社長・東野英治郎も独自の人生哲学を持っている。
 ちゃらちゃら女子高生みたいなホシユリも、向学心。
 だからこの映画は、いつもの東宝喜劇にあらず。それを察したか言われたのか、森繁も有島一郎も藤木悠も、あちゃらか一切なし。
 これは市井のインテリ、準インテリ?が出てくる、川島らしくない異色作で、そして面白い。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-05-17 23:49 | 傑作・快作の森 | Trackback | Comments(4)

千葉泰樹「バンコックの夜 NIGHT IN BANGKOK」

 京橋にて。「映画監督 千葉泰樹Yasuki Chiba Retrospective」特集。66年、東宝=台湾省電影製片廠=国泰機構有限公司。
 きわめて格調ある、端正とさえ言える、メロドラマの佳作。厚みあるゴージャスな映像。
 脚本グッド、撮影グッド、加山雄三はじめ出演陣もグッド。まるでメロドラマの教科書というべき。

 
バンコックの夜 NIGHT IN BANGKOK(105分・35mm・カラー) <フィルムセンターHPより>
「香港3部作」の成功を受け、東宝は台湾の女優・張美瑤(チャン・メイヤオ)を合作映画のヒロインとしてオファー。犯罪劇のからんだメロドラマ『香港の白い薔薇』(1965、福田純監督)に続き、張は本作でも富豪の令嬢として登場、異国情緒たっぷりのラブロマンス作品である。
1966(東宝=台湾省電影製片廠=国泰機構有限公司)(監)千葉泰樹(脚)笠原良三(撮)完倉泰一(美)育野重一(音)山本直純(出)加山雄三、張美瑤、星由里子、越路吹雪、藤木悠、馬驥、プリム・プラパポーン、志村喬、東郷晴子、上原謙、田崎潤

 メロドラマとは、常に、必ず「観光映画」でもある、というセオリーを、忠実になぞるように、東京、京都、奈良、台北、バンコックと、ケータイがない時代、恋人たちは偶然の出会いと別れを繰り返す。
 遠距離恋愛?というべきか、その地理的隔絶が心理的すれ違いを代行する。
 会いたい。恋する人に逢いたい。しかし、相手は、遠く遠隔の地の、いずこにか、いる。メロドラマとは、そのすれ違いと、偶然の出会いの、あわいの不連続に、ある。
 そう、心理的すれ違いを模倣するかのように、距離的すれ違いが必要なのであり、メロドラマとは、どうしても遠距離恋愛にならざるをえない?
 そして、この映画の映像的美しさ。
 カラー・シネスコ画面のニュープリの美しさ。ただごとではない。撮影監督はぼくには、まったく未詳の人だが、素晴らしい。
 後年の、同じ東宝の撮影監督・木村大作は、なんだか現代では自他共に認める巨匠を詐称しているようだが、常に観光絵葉書じみた凡庸な絵ヅラしか撮らない木村に比べ、なんという豊穣な絵をとるのか、このキャメラマンは。

 現代では、死滅した回転レストラン。
(しばらく前、かつて人気を誇った回転レストランが日本国内では死滅し、つまり設備劣化ゆえに回転できなくなり、ただの高層階展望食堂に成り果てたものを、また再び客席を回転させようという試みがある、という新聞記事を読んだ記憶がある。その後どうなったのかは知らない)
 その回転レストランでの、星由里子と張美瑤のテーブル。星が張に加山雄三を譲るという会話。
 そこにボーイが「時間です」。いっしゅん、観客であるぼくは「?」となるが、
 星は、可動部の客席から、中央の不動部分のピアノに向かい、現れた歌手越路吹雪のピアノ伴奏者となる。なんというセンス。
 この辺の呼吸、また回転レストランを生かした、ゆれる、ゆるやかな移動映像は、なんとも素晴らしい。ゆるゆるゆれ続けるデ・パルマというべきか。
 睡眠薬を飲んでふらふら車を運転する自殺行の張美瑤は、まるでヒッチコックそのもの。音楽もヒッチタッチで。

 加山雄三は、(映画の)かなり早い段階で張美瑤にプロポーズ&初キス。
 ああ、こんなに早くちゃ映画はハッピーエンドには、ならないな。それは、瞬時に、わかる。
 それは、日本とアジアの観光映画(でも、ある)微温的メロドラマの、お約束。
 クライマックスは「ローマの休日」を引用して、グッド。
 ヒロインのメイド、タイ人メイド少女に手をふる加山。ナイスな演出。

 そして加山雄三は、タイに蔓延する出血熱(イマドキ流行りのエボラかどうかは、わからない)の撲滅に邁進する青年医師でもある。この辺の趣向は、感想駄文済みの千葉泰樹「白い壁畫」の、マラリア撲滅を誓う青年医師・月形龍之介に、通じるものが、ある。この自作過去作へのつながりこそ、千葉の思い入れか。
 加山の亡父の旧友(星由里子の父)にワンシーンのみ登場の上原謙。「君の親父というのは、本当にいいヤツだった」と、加山の亡父をべた褒めするのにも、爆笑するが、上原の、亡父絶賛を聞く、加山の微妙な表情に、さらに爆笑。
 なんとやり過ごしていいのか、目はうつろに、泳いでいて、表情は、固まっているという(笑)。
 この加山演技と、千葉演出の楽しさ。

 その亡父の墓に、加山と張美瑤が墓参り。雑草がぼうぼうの墓。
 普通、久しぶりの墓参であっても、たいていの映画は、なぜかきれいな墓周り。というのが、ありがちだが、このリアル感は脚本のゆえか。
 タイ人ボクサーの試合描写も、キレがいいし、第二ヒロイン・星由里子の、加山拒絶もリアルだ。
 そしてスクリーンで見てこその、美映像。すばらしい。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
★所蔵映画フィルム検索システム★のタイトル検索で、詳細なスタッフ・キャスト一覧あり。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-12-26 09:49 | 千葉泰樹 ヤスキ節の愉しさ | Trackback | Comments(2)