タグ:三國連太郎 ( 2 ) タグの人気記事

加藤泰「風と女と旅鴉」中村錦之助三國連太郎丘さとみ長谷川裕見子

意欲作か失敗作か、たいへん「面白い」。
 京橋にて「京橋映画小劇場No.35 アンコール特集」。
 終映後、常連らしき老人がバカでかい声で「つまらん。話もしっくりしないし。監督がいかんのかな」
 知り合いが「でも監督は加藤泰ですよ」
 加藤泰だって失敗作はあるだろう? あるかしら。
 本作は見方によって、意欲作か失敗作か、意見が分かれるだろう。
 そもそもすべての加藤泰意欲的作品が、そうかもしれん(笑)。
 だって加藤泰、東映定食映画の関節を全部外しているんだもの。
 食材は全部、東映定番定食の食材だけ、それを全部使いきって、でも加藤泰、東映定食だけは作らないぞ、という(笑)。

e0178641_1125175.jpg2風と女と旅鴉(90分・35mm・白黒) (フィルムセンターHPより)
→「生誕100年 映画監督 加藤泰」より
1958(東映京都)(監)加藤泰(脚)成沢昌茂(撮)坪井誠(美)井川德道(音)木下忠司(出)中村錦之助、三國連太郎、丘さとみ、長谷川裕見子、進藤英太郎、薄田研二、加藤嘉、殿山泰司、上田吉二郎、河野秋武、星十郎
加藤泰が自らの作風を確立させた代表作。加藤が愛する「まともな世間から弾き出された奴。卑怯な奴。ずるい奴。そのくせ何処か底の抜けた気の良い奴。」が、化粧をせずに素顔をさらし、同時録音で周囲の音と混じりながら言葉を発しロー・ポジションのキャメラで活き活きと写し出される。物語の下敷きとなったのはニコラス・レイ監督の『追われる男』(1955)。
←この分割ポスターも東映定食番組にしては、モダンかな。

 同時録音で周囲の音と混じりながら言葉を発し だからしばしばセリフが聞き取れにくいのは、仕方がないのか
 ロー・ポジションのキャメラ 発情の錦ちゃんが地面に寝ころび、丘さとみのお尻を下から見るショット。必然性のあるヌードならぬ必然性のあるローボジを、このころはまだ模索していたのね(笑)。

 冒頭山道をひとり歩く旅人が、錦ちゃんじゃなくて連太郎、と最初から関節外し。そもそも連太郎、最初から最後まで妙なひょこひょこ歩き。これこそがリアル旅人の効率的歩行法だという発想なのだろう。
 錦ちゃんも、いわゆる清く正しく美しく強い東映時代劇ヒーローの真逆な小者(笑)。
 千両箱をセコくガメようとするし、好きでもない長谷川裕見子に気まぐれでキスし、丘さとみには発情しまくりだし、いろいろダダこねまくるし、拗ねまくるし、ほんとに小者(笑)。
 加藤泰も、チャンバラ映画なのに、クライマックスまでチャンバラほとんどなし。
 しかも連太郎、肝心のクライマックスで、いきなり銃撃され、ずーっと、座りっぱなし。まったく役に立っていない(笑)。アンチクライマックスの極み(笑)。これ、バディムーヴィーとしても変則か反則でしょう。
 なお冒頭でも錦ちゃんいきなり銃撃され大怪我。
 通俗娯楽映画の鉄則、ヒーローになぜか弾は当たらない、はずなのに、本作では主人公ふたりとも被弾で、大怪我と死亡。
 これでは東映おなじみ路線のミイちゃんハアちゃんファンの支持は、エラレマイ。

 なにやら連太郎といいフンイキだった長谷川裕見子が、いきなりのキス一発で、錦ちゃんにメロメロって。そうとう経験を積んでるはずなのに。で、これを見てしまった連太郎も、アマリに不自然に固まりすぎ(笑)。アツすぎる連太郎と、アツすぎる加藤泰のコラボの故か。
 錦ちゃんの丘さとみ目線も東映純愛路線から外れた、思春期発情少年のエロ丸出しだし。で長谷川裕見子とも丘さとみとも、ハッピーエンドならず、かといって一人旅立つ旅人との、別れの愁嘆場もなく。
 あらゆる東映定番を外しまくって、映画は終わるのでした。チャンチャン。

e0178641_11253240.jpg そしてモンダイなのは、やはり薄田研二か。
 ふだん憎々しい悪家老など、東映悪役陣のラスボスを演じることのおおい薄田が珍しく善人の町のまとめ役。とはいっても、錦ちゃんを息子同然に思い、見守りたい連太郎の弱みに付け込んで、町に甚大な被害を与えつつある進藤英太郎一味に、たった一人で立ち向かわせようという「真昼の決闘」状態の、理不尽さ。そんな過剰な義務などまったくないのに図々しく連太郎に押し付け、なおかつ連太郎には絶対の信頼を寄せつつ、錦ちゃんを悪しざまにいう。
 まさに分割して統治の典型か。ある意味進藤英太郎より冷酷な悪役で、薄田研二どんぴしゃりの適役だ。


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-07-19 11:25 | 加藤泰突撃せよ炎のごとく | Trackback | Comments(4)

関川秀雄「東京アンタッチャブル 脱走」

 阿佐ヶ谷にて。「OIZUMI 東映現代劇の潮流」特集。63年、東映東京。
 八王子署の留置場が、明日からコンクリート製の新館となる。脱走できるのは、木造留置場の今夜だけ、とタンテツ、大村文武、世志凡太ら5人が、木造の屋根を簡単に破って、脱走。
 三国、健さんの刑事コンビが、彼らを追う。再見だが、楽しめる。
 なお、駅前ロータリーなど八王子でのロケが楽しめる八王子映画。日暮里もあるでよ。

e0178641_1304337.png東京アンタッチャブル 脱走 1963年(S38)/東映東京/白黒/89分 <ラピュタ阿佐ヶ谷HPより>
■監督:関川秀雄/原作・脚本:長谷川公之/撮影:高梨昇/美術:下沢敬吾/音楽:鏑木創
■出演:三國連太郎、高倉健、三田佳子、丹波哲郎、大村文武、小川守、世志凡太、岡本四郎、八代万智子、沢彰謙、浦里はるみ、河野秋武
“警視庁物語シリーズ”でもおなじみ、長谷川公之の原作を映画化。留置場破りの脱走犯を追う執念の二刑事と、必死に逃げまくる五人の凶悪犯の、息づまる三日間を迫真のカメラで描きだしたサスペンスアクション。©東映


e0178641_1311815.jpg ちょっと前なら、タンテツは、三国の役回りであった。タンテツも、タンテツ映画デヴュー作鈴木英夫「殺人容疑者」からして逃亡犯の役だったし、何度か逃亡犯を演じているはず。
 三国の幼い息子は、以前銀行強盗から逃走中のタンテツのオートバイにはねられ、意識不明の重態。その幼いムスコをたびたび病院に見舞う若い婦警・三田佳子に、三国妄想「ムスコのおかーさんになっくれたらなー」。
 実母をなくしている息子も、「こんなきれいなおかーさんがほしーなー」。
 いやいや、三田の結婚対象は、どう見ても、若くてさわやかな健さんでしょー。再見のせいか(笑)落ちを当ててしまうのでした(笑)。三田を鮮やかに健さんに「奪われて」、親子ともども微苦笑。
 こういうほのぼのシーンは、いいのだが、サスペンス的には、いささかしまりがない。地味な俳優を太量投入した犯罪モノというよりは、スタア映画のしまりのなさが出た形で。

e0178641_13233.jpg なお、本作では、タンテツを助ける?因業親父(淫靡な妻・浦里はるみを、タンテツに寝取られてしまう)を演じる沢彰謙。
 東映の専属脇役で、東映映画を見ると、かなりの割合で顔を出す。本特集でも、かなりの頻度で登場。
 あのごつい顔で、主に品性劣悪な因業親父を演じている、印象的な役者だ。
 それぞれ感想駄文済み村山新治「孤独の賭け」では、佐久間良子の叔父(大原麗子の父)、関川秀雄「ダニ」では、冒頭むなしい熱弁を降る暴力団組長。深作欣二「ジャコ萬と鉄」では、山形勲の右腕。小沢茂弘「裏切者は地獄だぜ」では、柳永二郎&丹波哲郎の、因業親父。
 正式な読み方は知らないが(ネット検索では、サワタマキとあるが、それはちゃうやろ(笑))、OLD日本映画通のあいだでは、東映のショーケンで、通っているとか、いないとか。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2015-09-09 13:05 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)