東京都議選*小池百合子の戦略ミスで化けの皮が剥げてきた(笑)やはり小池の政治的厚化粧は正しかった(笑)

賞味期限キレたか小池百合子(笑)。

e0178641_2039551.jpg都議選「自民に投票」32% 都民ファースト17% 本社世論調査
2017/5/1 2:00日本経済新聞 電子版

 日本経済新聞社とテレビ東京の世論調査で、東京都に住む人に7月2日投開票の都議選でどの政党に投票しようと思うか聞いたところ、自民党が32%で最も多かった。小池百合子知事が実質的に率いる地域政党「都民ファーストの会」が17%で続いている。ただ「まだ決めていない」と「いえない・わからない」が合わせて3割以上あり、なお流動的な要素は多い。
 東京都に住んでいるかを質問し、東京都在住だと確認が取れた152人…(以上引用終わり)

 そりゃそうだよなあ。
 本来は豊洲問題サクサクっと解決して、庶民の喝さいを浴びるべきなのを遅延して悪化させ、あまつさえ都議選の争点化して自民党都議会に揺さぶりって、遅いっうんだよ
 森友問題も豊洲問題も、相対的に言えば、はっきり言って、どうでもいいコマい話。サクサクっと解決して、それで終わりになるべき話。
 小池も都民ファーストの会も、さくさく動かないから、賞味期限キレました。

 そしてここにきて森友問題ならぬ森愛問題が発覚(笑)。
 元民進党の森愛が離党して都民ファーストに合流。
e0178641_2041193.jpg

e0178641_2042346.jpg

 そもそも支持率60パーの安倍政権を末期とは、ノーみそあるのか民進党。自分の党の支持率が消費税以下だから、ネズミのように離党したんだろ。
 こんな左翼が小池と、議員の座を守りたいために、合流。
 そもそも先の都知事選で小池を支持した緑のものを身につけましょう勝手連は、大部分共産党だという。共産党、元民進党ら左翼おまけに公明党も自民党から引っぺがし、もう何でもありだな小池百合子(笑)。
 さすが小沢一郎ゆずりの(笑)剛腕だけある(笑)。
 もはや師匠の小沢も越えたか(笑)。

 ちなみにこのたびの、いわゆる朝鮮動乱は、南北朝鮮、中国の問題。アメリカ、とりわけ日本は何の関係もありまへんがな。たまたま極めて近い隣国として巻き込まれているだけ。サイコパスなストーカー国家に、この百年余り日本は巻き込まれ型被害者になってるの。
 安倍政権も日本ももういい加減うんざりしているの。
 それをあたかも安倍政権が外交努力しなかったからこうなった、などと意味不明の妄想は、典型的左翼脳のたわごとじゃないの。
 こんなのが小池の同志よ。どうしようもありまへんがな。

#13_報道特注(右)【※警告!拡散してください 】北朝鮮危機! 山口敬之が緊急解説SP! 4発同時発射されたら3発は着弾!三沢基地に核ミサイルの可能性!サリンは水で無毒化!

#14報道特注【北朝鮮危機オモテとウラSP前半】山口敬之テレビでは言えない解説 !北がオーストラリアも核ミサイルの標的に!毒饅頭の手口とは?

報道特注【北朝鮮危機オモテとウラ後半】山口敬之が明かす朝鮮総連と沖縄と小池都知事が関係!?辻元創設ピースボートと万景峰号のつながりとは?


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

# by mukashinoeiga | 2017-05-01 20:45 | うわごと | Trackback | Comments(1)

山本薩夫「ゴミだらけの森友学園」(超暫定版)

架空映画の配役ごっこ(笑)。暫定(笑)。
e0178641_18433420.jpg
森友学園
籠池理事長 西村晃
籠池夫人・ 清川玉枝
籠池息子

安倍政権界隈
安倍昭恵・ 和泉雅子(現在)
安倍晋三・ 石原裕次郎(晩年)
菅官房長官 中村伸郎 

民進党界隈e0178641_18211892.jpg
謝蓮舫・・ チャン・ツィイー(目吊り上がり系)
ノダメ幹事長 上島竜平
辻元清美・ 中山千夏
山尾志桜里 椿鬼奴
小西博之・ 砂塚秀夫
鳩山由紀夫 トニー谷(髭なし)
菅直人・・ 田中康夫

共産党
志位党首・ 東野英心

維新の会
足立康史・ 横山やすし
松井府知事 西川きよし
橋下徹・・ 菅野完

社民党
福島瑞穂・ 横山道代
落選党首・ 有島一郎

海外
トランプ・ ジョージ・ケネディ
プーチン・ 成田三樹夫
メルケル・ 千石規子(丹下キヨ子に変更)
習近平・・ 三波伸介(柳永二郎に変更)
王毅・・・ 戸塚睦夫
江沢民・・ 伊東四朗
金日成・・ 池田大作(中村鴈治郎に変更)e0178641_1822377.jpg
金正日・・ 高木ブー
金正恩・・ なべおさみ
金正男・・ 三波伸介
バククネ・ 若水ヤエ子

東京都界隈 
小池都知事 中村玉緒
石原慎太郎 谷啓
猪瀬元都知事 高木均
舛添前都知事 江幡高志

マスコミ
朝日新聞記者 菅原文太 菅貫太郎 須賀不二夫 菅直人 ペ・ヨンジュン
毎日新聞記者 渡辺文雄 小松方正 佐藤慶 吉沢京夫 桜井啓子 イ・ビョンホン
東京新聞記者 足立正生 重信房子 今井健二 川谷拓三 ソン・ガンホ 
読売新聞記者 遠藤辰雄 天津敏 チャン・グンソク
産経新聞記者 戸浦六宏 南道郎 川地民夫 高木クネ(羞恥ブレイか)

パヨク界隈
菅野完・・ 橋下徹 
シンスゴ・ 中山千夏(一人二役)(久本雅美も可)
香山リカ・ 芹明香
佐高信・・ 織田政雄

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

# by mukashinoeiga | 2017-04-29 21:28 | 架空映画妄想キャスティング | Trackback | Comments(4)

鈴木清太郎(清順)「浮草の宿」二谷英明山岡久乃春日八郎木室郁子安部徹小沢昭一高品格深江章喜

らしさとらしくなさの混載。神保町にて「女優は踊る―素敵なダンスのある映画」特集。56年、日活。再見。でも、ほとんど忘れている(笑)。
 清順らしいカッとんだショットが、当時の水準的な描写の中に、時折顔を出す。とはいえ、その水準的な描写もまた、鮮烈だとは、ひいき目か(笑)。
 冒頭山岡久乃が愛人二谷英明を失って、バーカウンターに酔いどれて突っ伏す。
 店の、ではなく、映画の照明が暗転して回想の二谷の顔が漆黒から浮かび上がる。安いデジタルではなく35ミリフィルムのクオリティーで見たかった。

 なお、一番笑ったのは…

e0178641_1613922.jpg3. 浮草の宿 (神保町シアターHPより)
S31('56)/日活/白黒/スタンダード/1時間14分
■監督:鈴木清太郎(清順)■脚本:山崎巌■撮影:中尾利太郎■音楽:江口夜詩■美術:佐谷晃能■出演:二谷英明、山岡久乃、春日八郎、木室郁子、安部徹、小沢昭一、高品格、深江章喜
横浜の港町を舞台にした二谷初主演作で、春日八郎の同名ヒット曲に因んだ歌謡映画。踊子達が酒場で所狭しとカンカンを踊るシーンは、異国情緒を漂わせるモダンな演出が光る。山岡の宝塚仕込みの華麗な身のこなしにもご注目あれ!*デジタル上映

…二谷英明がホテルに帰ってくる。ドアの鍵を回すと開いていて電気が点いている。
 かつての弟分・小沢昭一が訪ねてきたのか、と二谷は小沢に語り続けるが、小沢の気配は、ない。
 従来の映画作法なら、ここで殺し屋が出てくるところだが、その気配は、肩透かし。
 ふと窓を見ると、外に山岡久乃が立っている。招き入れる。
 次のショットでは、殺し屋の宮崎準が二谷の部屋のドア前に佇む、いったん間合いを外し、廊下突き当りの窓でタバコを吸いつつ、窓外を見る。
 見下ろした眼下に、流しの春日八郎がギターつま弾きつつ唄っているさまが俯瞰で捉えられている。
 殺し屋の背後の壁には3階の表示
 3階の部屋で、窓外の歩道に立つ山岡久乃を迎え入れることは不可能だから、鈴木清順「暗黒の旅券」(感想駄文済み)で岡田真澄E・H・エリック兄弟二人一役をやったように、二部屋一役?を、やったのか、と(笑)。さすが一見無駄とも思える工夫の清順だ。

 このほかで、目についたのは二谷が対立する安部徹の子分たちに拉致されて、はしけ船に連れ込まれ、対岸に上陸し、倉庫街を延々連れまわされる一連のシークエンスを通常の映画的時間軸に沿って処理している。これでは当たり前すぎると、のちに歌舞いて行くのか。
 春日八郎がやたら歌いまくるのが、のちの清順流オペレッタの数々に、つながる。
 上映が終わりロビーに出ると、清順組助監督と思しい二人が、
「小道具(のアップ)から(キャメラを)引いたり、(キャメラを小道具に)寄ったりするのを一番嫌ってたのに(本作では、やっている)」
 と、なかなか興奮していました。要するに清順トライアル&エラーの時代。って清順いつでもそうか(笑)。

e0178641_16143119.jpg 本作肝心?の山岡久乃は、恐らくそのキャリア唯一のヒロイン役。神保町ご推奨のダンスシーンはさほど多くなく、いかんせんヒロイン女優としては、顔立ち、演技とも華が全くなく見ていて楽しくない。白木マリや筑波久子当たりの代役かと。
 その代わり妙に顔立ちが清順好みの和泉雅子似の第二ヒロイン木室郁子がかわいい。
 器械体操やっていたの、と橋の欄干で自在に歩き回る。清順組助監督の座談会で、下に何の保護具も置かずびっくりした、というがほんとに器械体操をやっていて、それを活用したのだろう。清順演出も相まってなかなか愛らしいシーンになった。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

# by mukashinoeiga | 2017-04-27 16:21 | 清順の光と影すべって狂ってる | Trackback | Comments(2)

えっ!究極ドン引き!ダブスタ!ヒドすぎ!今発売中サンデー毎日中野翠コラム

ひどさもひどし中野翠。
 ただいま発売中のサンデー毎日を、たまたまコンビニで立ち読みしていたら(左翼系新聞の系列に資金提供するわけにはいかないので)中野翠「満月雑記帖」というコラム(昔は毎週立ち読みしていましたが、今回は数か月ぶり)。
e0178641_1255344.jpg ついでに笑いどころは、ネットではなぜか表紙のキムタク画像は影絵状態(笑)。さすがサヨク誌、まるで北朝鮮みたい(笑)。
 見開き2ページのこのコラム、前半は千葉県松戸市のベトナム人少女殺害犯のロリコン野郎への批判。ま、これは当然ですわな。
 ところで後半は、ウディ・アレンの最新作のおススメ映画評。
 えっえっ。ウディ・アレンって、ミア・ファローと結婚していた時の韓国人養女と年の差再婚した究極のロリコン野郎じゃなかったけ(笑)。
 えっなにこのダブルスタンダードは(笑)。
 何もわざわざ同じ週の見開きコラムで、同時に話題にしなくても。
 さすが変態記事で鳴らした毎日新聞系列だけある。
 そもそも中野翠は、新作は試写でロハで見つつ、旧作邦画を愛好して、旧作邦画への著作、言及も多いながら、旧作邦画は絶対に名画座では見ない、ということをさも自慢げに「宣言」している、われら名画座ファンとは相いれない存在(笑)である。
 過去に何かあったのか(笑)。まさか名画座で痴漢されたとか。中野翠に痴漢するとか、よほどの異常者だから、そういうことがトラウマになるのはいたしかたがないが。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

# by mukashinoeiga | 2017-04-26 01:27 | うわごと | Trackback | Comments(0)

エルンスト・ルビッチ「淑女超特急」

典型的ルビッチ流艶笑喜劇の一席。
 渋谷にて「ルビッチ・タッチⅡ」特集。41年、Ernst Lubitsch Productions Inc.=Sol Lesser Productions、配給ユナイテッドアーチスト。

e0178641_1839647.jpg『淑女超特急 That Uncertain Feeling(83分)』 (渋谷シネマヴェーラHPより)
公開:1941年 監督:エルンスト・ルビッチ
出演:マール・オベロン、メルヴィン・ダグラス、バージェス・メレディス、オリーヴ・ブレイクニー、ハリー・ダヴェンポート、シグ・ルーマン、イヴ・アーデン、リチャード・カール
原因不明のしゃっくりに悩まされ精神科医を訪ねたジルに、夫婦生活に原因ありとの診断が。夫に不満があるジルは、病院で知り合ったピアニストに惹かれ…。小津の『淑女は何を忘れたか』に影響を与えた『当世女大学』のルビッチ自身によるリメイク作。*デジタル上映

 原題のThat Uncertain Feeling、内容に合わせて超訳すれば「女心は秋の空」かな。現代風に申さば「不定愁訴」というところかしらん。
 いずれも秋の字があることが日本語の妙味?だがさておき、同時に極めて楽天的なアメリカンコメディゆえ秋の字は似合わん。
 かくて苦心の超訳が「淑女超特急」
 暴走爆走する女心コメディ。これを当時の日本の配給は、当時の最新流行語、未来の日本には夢の超特急が実現するんだ、という希望ワードに託したわけだ。のちにその新幹線は「のぞみ」と命名されたわけだが。

 いろいろ紆余曲折があって、だが曲折(その曲折こそがルビッチの真骨頂であるわけで)抜きでいえば、お金持ちの夫を持つ有閑マダムが、夫との退屈な日常を持て余し、若いピアニストと、ズコバコズコバコしつつも、結局元サヤの夫婦に戻るという。
 結局寛容な、おおらかな広い器で、アメリカだったら射殺してもおかしくない淫乱浮気妻を許しちゃう。ここら辺のところがどうも日本人の潔癖さ?に合わないのか、ぼくの見た回はそれなりに席が埋まっているのに、場内クスリともせず。
 金持ち喧嘩せずで、間男にバコバコされた浮気妻を、これまたバコバコし返して、取り戻す。ここら辺が陽気で明るいアメリカンコメディたるゆえんだが、潔癖で陰にこもった(笑)われら日本人感覚では、いささかヘヴィーというところかな。

 しかも間男となる若い男が、現代の日本人感覚でいえば、だれでもドン引きするような超変人、というかはっきり言って、単にアブない変質者。こういう輩に恋したり、さらに自宅に招き入れるなんて、日本人の感性では、問題外だろう。ここら辺が渋谷でさえも観客ドン引きの理由かも。
 こういう変質者が受け入れられるのも、スクリューボールコメディの闊達さだが、現在の日本ではドン引きか。
e0178641_1840769.jpg ちなみに、この間男を演じたのは、若き日のバージェス・メレディス!
 ぼくなんぞはおじいちゃんの彼を見慣れているので、最後のクレジットを見るまで気が付かなかった(笑)。
 結局若さが売りの主演男女優よりも、味のある脇役のほうが俳優として長生きということか。
 最も本作のメレディスは、全く若い男感がないので、そこも今の観客ドン引きの一因かな。
 ちなみにぼくが一番ウケたのは、主人公メルヴィン・ダグラスの取引先が寝具会社のユニバーサルとユナイテッドだという楽屋落ちで。しょうもない。言うまでもないが退屈で熟睡する映画の会社というギャグですな。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

# by mukashinoeiga | 2017-04-24 18:42 | ルビルビルビッチ淑女超特急 | Trackback | Comments(0)