<   2017年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

山本薩夫「ゴミだらけの森友学園」(超暫定版)

架空映画の配役ごっこ(笑)。暫定(笑)。
e0178641_18433420.jpg
森友学園
籠池理事長 西村晃
籠池夫人・ 清川玉枝
籠池息子

安倍政権界隈
安倍昭恵・ 和泉雅子(現在)
安倍晋三・ 石原裕次郎(晩年)
菅官房長官 中村伸郎 

民進党界隈e0178641_18211892.jpg
謝蓮舫・・ チャン・ツィイー(目吊り上がり系)
ノダメ幹事長 上島竜平
辻元清美・ 中山千夏
山尾志桜里 椿鬼奴
小西博之・ 砂塚秀夫
鳩山由紀夫 トニー谷(髭なし)
菅直人・・ 田中康夫

共産党
志位党首・ 東野英心

維新の会
足立康史・ 横山やすし
松井府知事 西川きよし
橋下徹・・ 菅野完

社民党
福島瑞穂・ 横山道代
落選党首・ 有島一郎

海外
トランプ・ ジョージ・ケネディ
プーチン・ 成田三樹夫
メルケル・ 千石規子(丹下キヨ子に変更)
習近平・・ 三波伸介(柳永二郎に変更)
王毅・・・ 戸塚睦夫
江沢民・・ 伊東四朗
金日成・・ 池田大作(中村鴈治郎に変更)e0178641_1822377.jpg
金正日・・ 高木ブー
金正恩・・ なべおさみ
金正男・・ 三波伸介
バククネ・ 若水ヤエ子

東京都界隈 
小池都知事 中村玉緒
石原慎太郎 谷啓
猪瀬元都知事 高木均
舛添前都知事 江幡高志

マスコミ
朝日新聞記者 菅原文太 菅貫太郎 須賀不二夫 菅直人 ペ・ヨンジュン
毎日新聞記者 渡辺文雄 小松方正 佐藤慶 吉沢京夫 桜井啓子 イ・ビョンホン
東京新聞記者 足立正生 重信房子 今井健二 川谷拓三 ソン・ガンホ 
読売新聞記者 遠藤辰雄 天津敏 チャン・グンソク
産経新聞記者 戸浦六宏 南道郎 川地民夫 高木クネ(羞恥ブレイか)

パヨク界隈
菅野完・・ 橋下徹 
シンスゴ・ 中山千夏(一人二役)(久本雅美も可)
香山リカ・ 芹明香
佐高信・・ 織田政雄

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-04-29 21:28 | 架空映画妄想キャスティング | Trackback | Comments(4)

鈴木清太郎(清順)「浮草の宿」二谷英明山岡久乃春日八郎木室郁子安部徹小沢昭一高品格深江章喜

らしさとらしくなさの混載。神保町にて「女優は踊る―素敵なダンスのある映画」特集。56年、日活。再見。でも、ほとんど忘れている(笑)。
 清順らしいカッとんだショットが、当時の水準的な描写の中に、時折顔を出す。とはいえ、その水準的な描写もまた、鮮烈だとは、ひいき目か(笑)。
 冒頭山岡久乃が愛人二谷英明を失って、バーカウンターに酔いどれて突っ伏す。
 店の、ではなく、映画の照明が暗転して回想の二谷の顔が漆黒から浮かび上がる。安いデジタルではなく35ミリフィルムのクオリティーで見たかった。

 なお、一番笑ったのは…

e0178641_1613922.jpg3. 浮草の宿 (神保町シアターHPより)
S31('56)/日活/白黒/スタンダード/1時間14分
■監督:鈴木清太郎(清順)■脚本:山崎巌■撮影:中尾利太郎■音楽:江口夜詩■美術:佐谷晃能■出演:二谷英明、山岡久乃、春日八郎、木室郁子、安部徹、小沢昭一、高品格、深江章喜
横浜の港町を舞台にした二谷初主演作で、春日八郎の同名ヒット曲に因んだ歌謡映画。踊子達が酒場で所狭しとカンカンを踊るシーンは、異国情緒を漂わせるモダンな演出が光る。山岡の宝塚仕込みの華麗な身のこなしにもご注目あれ!*デジタル上映

…二谷英明がホテルに帰ってくる。ドアの鍵を回すと開いていて電気が点いている。
 かつての弟分・小沢昭一が訪ねてきたのか、と二谷は小沢に語り続けるが、小沢の気配は、ない。
 従来の映画作法なら、ここで殺し屋が出てくるところだが、その気配は、肩透かし。
 ふと窓を見ると、外に山岡久乃が立っている。招き入れる。
 次のショットでは、殺し屋の宮崎準が二谷の部屋のドア前に佇む、いったん間合いを外し、廊下突き当りの窓でタバコを吸いつつ、窓外を見る。
 見下ろした眼下に、流しの春日八郎がギターつま弾きつつ唄っているさまが俯瞰で捉えられている。
 殺し屋の背後の壁には3階の表示
 3階の部屋で、窓外の歩道に立つ山岡久乃を迎え入れることは不可能だから、鈴木清順「暗黒の旅券」(感想駄文済み)で岡田真澄E・H・エリック兄弟二人一役をやったように、二部屋一役?を、やったのか、と(笑)。さすが一見無駄とも思える工夫の清順だ。

 このほかで、目についたのは二谷が対立する安部徹の子分たちに拉致されて、はしけ船に連れ込まれ、対岸に上陸し、倉庫街を延々連れまわされる一連のシークエンスを通常の映画的時間軸に沿って処理している。これでは当たり前すぎると、のちに歌舞いて行くのか。
 春日八郎がやたら歌いまくるのが、のちの清順流オペレッタの数々に、つながる。
 上映が終わりロビーに出ると、清順組助監督と思しい二人が、
「小道具(のアップ)から(キャメラを)引いたり、(キャメラを小道具に)寄ったりするのを一番嫌ってたのに(本作では、やっている)」
 と、なかなか興奮していました。要するに清順トライアル&エラーの時代。って清順いつでもそうか(笑)。

e0178641_16143119.jpg 本作肝心?の山岡久乃は、恐らくそのキャリア唯一のヒロイン役。神保町ご推奨のダンスシーンはさほど多くなく、いかんせんヒロイン女優としては、顔立ち、演技とも華が全くなく見ていて楽しくない。白木マリや筑波久子当たりの代役かと。
 その代わり妙に顔立ちが清順好みの和泉雅子似の第二ヒロイン木室郁子がかわいい。
 器械体操やっていたの、と橋の欄干で自在に歩き回る。清順組助監督の座談会で、下に何の保護具も置かずびっくりした、というがほんとに器械体操をやっていて、それを活用したのだろう。清順演出も相まってなかなか愛らしいシーンになった。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-04-27 16:21 | 清順の光と影すべって狂ってる | Trackback | Comments(2)

えっ!究極ドン引き!ダブスタ!ヒドすぎ!今発売中サンデー毎日中野翠コラム

ひどさもひどし中野翠。
 ただいま発売中のサンデー毎日を、たまたまコンビニで立ち読みしていたら(左翼系新聞の系列に資金提供するわけにはいかないので)中野翠「満月雑記帖」というコラム(昔は毎週立ち読みしていましたが、今回は数か月ぶり)。
e0178641_1255344.jpg ついでに笑いどころは、ネットではなぜか表紙のキムタク画像は影絵状態(笑)。さすがサヨク誌、まるで北朝鮮みたい(笑)。
 見開き2ページのこのコラム、前半は千葉県松戸市のベトナム人少女殺害犯のロリコン野郎への批判。ま、これは当然ですわな。
 ところで後半は、ウディ・アレンの最新作のおススメ映画評。
 えっえっ。ウディ・アレンって、ミア・ファローと結婚していた時の韓国人養女と年の差再婚した究極のロリコン野郎じゃなかったけ(笑)。
 えっなにこのダブルスタンダードは(笑)。
 何もわざわざ同じ週の見開きコラムで、同時に話題にしなくても。
 さすが変態記事で鳴らした毎日新聞系列だけある。
 そもそも中野翠は、新作は試写でロハで見つつ、旧作邦画を愛好して、旧作邦画への著作、言及も多いながら、旧作邦画は絶対に名画座では見ない、ということをさも自慢げに「宣言」している、われら名画座ファンとは相いれない存在(笑)である。
 過去に何かあったのか(笑)。まさか名画座で痴漢されたとか。中野翠に痴漢するとか、よほどの異常者だから、そういうことがトラウマになるのはいたしかたがないが。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-04-26 01:27 | うわごと | Trackback | Comments(0)

エルンスト・ルビッチ「淑女超特急」

典型的ルビッチ流艶笑喜劇の一席。
 渋谷にて「ルビッチ・タッチⅡ」特集。41年、Ernst Lubitsch Productions Inc.=Sol Lesser Productions、配給ユナイテッドアーチスト。

e0178641_1839647.jpg『淑女超特急 That Uncertain Feeling(83分)』 (渋谷シネマヴェーラHPより)
公開:1941年 監督:エルンスト・ルビッチ
出演:マール・オベロン、メルヴィン・ダグラス、バージェス・メレディス、オリーヴ・ブレイクニー、ハリー・ダヴェンポート、シグ・ルーマン、イヴ・アーデン、リチャード・カール
原因不明のしゃっくりに悩まされ精神科医を訪ねたジルに、夫婦生活に原因ありとの診断が。夫に不満があるジルは、病院で知り合ったピアニストに惹かれ…。小津の『淑女は何を忘れたか』に影響を与えた『当世女大学』のルビッチ自身によるリメイク作。*デジタル上映

 原題のThat Uncertain Feeling、内容に合わせて超訳すれば「女心は秋の空」かな。現代風に申さば「不定愁訴」というところかしらん。
 いずれも秋の字があることが日本語の妙味?だがさておき、同時に極めて楽天的なアメリカンコメディゆえ秋の字は似合わん。
 かくて苦心の超訳が「淑女超特急」
 暴走爆走する女心コメディ。これを当時の日本の配給は、当時の最新流行語、未来の日本には夢の超特急が実現するんだ、という希望ワードに託したわけだ。のちにその新幹線は「のぞみ」と命名されたわけだが。

 いろいろ紆余曲折があって、だが曲折(その曲折こそがルビッチの真骨頂であるわけで)抜きでいえば、お金持ちの夫を持つ有閑マダムが、夫との退屈な日常を持て余し、若いピアニストと、ズコバコズコバコしつつも、結局元サヤの夫婦に戻るという。
 結局寛容な、おおらかな広い器で、アメリカだったら射殺してもおかしくない淫乱浮気妻を許しちゃう。ここら辺のところがどうも日本人の潔癖さ?に合わないのか、ぼくの見た回はそれなりに席が埋まっているのに、場内クスリともせず。
 金持ち喧嘩せずで、間男にバコバコされた浮気妻を、これまたバコバコし返して、取り戻す。ここら辺が陽気で明るいアメリカンコメディたるゆえんだが、潔癖で陰にこもった(笑)われら日本人感覚では、いささかヘヴィーというところかな。

 しかも間男となる若い男が、現代の日本人感覚でいえば、だれでもドン引きするような超変人、というかはっきり言って、単にアブない変質者。こういう輩に恋したり、さらに自宅に招き入れるなんて、日本人の感性では、問題外だろう。ここら辺が渋谷でさえも観客ドン引きの理由かも。
 こういう変質者が受け入れられるのも、スクリューボールコメディの闊達さだが、現在の日本ではドン引きか。
e0178641_1840769.jpg ちなみに、この間男を演じたのは、若き日のバージェス・メレディス!
 ぼくなんぞはおじいちゃんの彼を見慣れているので、最後のクレジットを見るまで気が付かなかった(笑)。
 結局若さが売りの主演男女優よりも、味のある脇役のほうが俳優として長生きということか。
 最も本作のメレディスは、全く若い男感がないので、そこも今の観客ドン引きの一因かな。
 ちなみにぼくが一番ウケたのは、主人公メルヴィン・ダグラスの取引先が寝具会社のユニバーサルとユナイテッドだという楽屋落ちで。しょうもない。言うまでもないが退屈で熟睡する映画の会社というギャグですな。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-04-24 18:42 | ルビルビルビッチ淑女超特急 | Trackback | Comments(0)

エルンスト・ルビッチ特集を新設

初の外国監督のカテゴリと、なります。
 いま渋谷シネマヴェーラにて、

e0178641_936276.jpgルビッチ・タッチⅡ 2017/04/22 ~ 2017/05/19 (渋谷シネマヴェーラHPより)
エルンスト・ルビッチ Ernst Lubitsch(1892-1947)
ベルリンの洋服屋の息子として生まれる。16歳で高校を中退して舞台俳優となり、その後映画俳優へと転身。1914年に『シャボン玉嬢』で監督デビューし、多くの短編映画で腕を磨いた後、長編映画に進出。『牡蠣の王女』などの傑作コメディの他、ポーラ・ネグリ、エミール・ヤニングスとの黄金トリオによる史劇大作を監督。これがアメリカで大ヒットし、1922年にメアリー・ピックフォードの招きで渡米。
ワーナー・ブラザーズ、パラマウント、MGMなどの製作会社で多くの傑作を送り出した後、1941年に独立。『あのアーミアン毛皮の貴婦人』の撮影に入って9日目だった1947年11月30日、心臓発作で帰らぬ人となった。
ビリー・ワイルダーが師と仰ぎ、フランソワ・トリュフォーがオマージュを捧げ、小津安二郎が影響を受けた作風は洒脱と洗練の極み。映画史に燦然と輝く傑作の数々は、今なお観る物を魅了せずにはいない。

 と、特集が始まったばかり。半数は見ていて、どれだけ通えるかは、休みの日の朝の気分次第ですが(笑)。とりあえずカテゴリタイトルの「淑女超特急」は、見てきました(笑)。
 さすが名前Lubitschにbitchが隠れているルビッチだけに、みだらでふしだらな女たちが、出て来る艶笑コメディでした。エロリスト・ルビッチ!ブラボー!

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-04-24 09:38 | ルビルビルビッチ淑女超特急 | Trackback | Comments(0)

民進党いわく「支持率落ちた!日本死ね!」

もはや泡沫民進党の支持率が各種世論調査で6~7パー。
 一度は政権党だったものを、落ちも落ちたり。
 消費税以下。もはや民進党には本体価格はないのね(笑)。
 日本より中韓ファーストの民進党の皆さん「支持率落ちた!日本死ね!」と言ったとか言わないとか(笑)。

e0178641_14472232.jpg さて、

複合商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」のオープニングイベントに出席した安倍首相と東京都の小池百合子知事  Photo By 共同

悪ノリ安倍首相 銀座の商業施設オープンイベントで“忖度発言”   (「スポニチアネックス」HPより)
 安倍晋三首相が17日、東京・銀座に完成した複合商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」のオープニングイベントであいさつし、地元の山口県産品をPRしようと忖度(そんたく)を要求する一幕があった。施設で扱う各地の名産を紹介する一方で「(あいさつの)原稿には残念ながら山口県の物産がない。忖度してほしい」と述べた。
 国会では学校法人「森友学園」への土地の格安払い下げを巡り、官僚が首相の意向を忖度したのではないかと野党の追及を受けたばかり。安倍内閣の閣僚から失言が相次ぐ中、テーマは違い、冗談交じりとはいえ、首相の“忖度発言”には、森友学園問題の解明へ誠実さが足りないと野党が批判する可能性もある。
 催しには、小池百合子東京都知事も出席した。首相は「銀座と言えば、デュエット曲の“銀座の恋の物語”だ。小池さんと一緒に歌ってもいい」と表明。日本が観光競争力ランキングで4位になったことを強調した上で、「満足してはいけない。“2位じゃ駄目なのか”ということでは下がってしまう」と述べるなど、完全な“悪ノリ”状態だった。(以上引用終わり)

 いやア単なる複合商業施設のオープン祝辞のジョークを左翼は反発するねえ。
 ネットで左翼系ツイッターのまとめサイトを見たら、不謹慎だとか傲慢だとか罵倒の嵐。
 左翼は冗談なんか理解できないのか。
 冗談にもかみつく左翼の恐怖政治感覚。左翼コワイねー(笑)。
 そういえば岡田とか蓮舫とか志位とか左翼政治家は、まず言わないよね冗談。
 下手に冗談でも自虐ギャグ言っても、左翼連中には通じなくて粛清されちゃうからねー。
 左翼コワイよー(笑)。
 そもそも(笑)(←なぜこれが(笑)なのかは検索すべし)おおよその商品名たいていのキャンペーンのネーミングはダジャレからきている。銀座6丁目だから「GINZA SIX(ギンザ シックス)」。略称が「G SIX」。G7に毎回出席の安倍首相がジョークの一つも言わなくてどうする(笑)。

銀座の新観光名所へ 20日開業の「G SIX」記念式典
2017/04/17 に公開
森ビル(東京)などは17日、20日に開業する複合商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」(東京都中央区銀座6丁目)のオープニングセレモニーを開き、安倍晋三首相や東京都の小池百合子知事らも出席した。商業面積は銀座地区では最大で、新たな観光スポットを目指す。

安倍総理と小池知事が銀座で・・・「忖度して」批判の声(17/04/18)

<地元森友>「忖度スピーチ」問題はまだ終わっていませんけど

東京・銀座に241店舗が構える大型施設誕生=旗艦店集結、観世能楽堂も

銀座最大の商業施設公開 「GINZA SIX」20日開業へ

エリア最大規模 GINZA SIXの内部は

安倍総理・強い!しかも面白い!山尾志桜里がムキー!盛り上がって参りましたぁ!2017年4月19日衆議院法務委員会。

 蓮舫も山尾も声が汚い(笑)。聞いていて楽しくない。内容も小さなことからコツコツとテロ資金を集めていることを無視している。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-04-19 14:48 | うわごと | Trackback | Comments(0)

鈴木清順追悼が4月~7月まで4か月も!どんとしんく、ふぃーるザ清順!

わが最愛映画監督の追悼上映が池袋と神保町で時間差開催!
e0178641_20555023.jpg しかも日活と三社すり合わせをした模様。どうやら一本も重複していないようだ。
 数作個人的に好みでない(笑)映画もあるが、全作きわめてクレイジーに歪んで、クレイジーにカットんで、クレイジーに面白くて、クレイジーに素晴らしい。
 清順未体験者は、ゼヒゼヒ名画座に通うべし!
 というのも、清順はシネスコの画面すべてに情報と情緒を埋め込む。
 シネスコ画面の右上隅にも左上隅にも右下隅にも左下隅にも画面中央右側にも左側にも情報と情緒を埋め込む。
 デジタルデバイスの小さな画面では、追いきれない情報量であり、情緒量なのだ。
 その快を追い求めるべし。
 ブルース・リーも言っている。
 どんとしんく、ふぃーる。


e0178641_20541972.jpg◎池袋新文芸坐
4/23(日)~5/8(月)
追悼 鈴木清順 清順美学・その胎動期から開花まで
4/23(日)
関東無宿(1963/93分)
11:50/15:25/19:00
刺青一代(1965/87分)
10:10/13:45/17:20/20:55
24(月)
俺たちの血が許さない(1964/97分)
11:40/15:20/19:00
河内カルメン(1966/89分)
10:00/13:40/17:20/21:00
25(火)
裸女と拳銃(1957/88分)
12:00/15:30/19:00
暗黒の旅券(1959/89分)
10:20/13:50/17:20/20:50
26(水)
青い乳房(1958/90分)
9:45/12:55/16:05/19:15
すべてが狂ってる(1960/72分)
11:30/14:40/17:50/21:00
27(木)
「13号待避線」より その護送車を狙え(1960/79分)
12:10/15:35/19:00
俺に賭けた奴ら(1962/90分)
10:25/13:50/17:15/20:40
28(金)
らぶれたあ(1958/40分)
11:30/14:10/16:50/19:30
「恐怖劇場アンバランス」木乃伊の恋(1973/45分/BD)
「日曜恐怖シリーズ」穴の牙(1979/45分/16mm)※『木乃伊の恋』と『穴の牙』は続けて上映
9:45/12:25/15:05/17:45/20:25
以下 レイトショー(夜のみ)1本立て
4/29(土・祝)4/30(日)・5/1(月)
ツィゴイネルワイゼン(1980/144分)
2(火)3(水・祝)・4(木・祝)
陽炎座(1981/139分)
6(土)7(日)8(月)
夢二

e0178641_20565690.jpg◎神保町シアター
《速報》特集企画「追悼企画 映画監督・鈴木清順の世界」開催決定!
2017年6月10日(土)~7月6日(木)
主に日活作品を中心に、デビュー作『港の乾杯 勝利をわが手に』から遺作『オペレッタ狸御殿』まで全20作品を上映いたします。ご期待ください。

【映画監督・鈴木清順の世界】
6/10土~6/16金①
『港の乾杯 勝利をわが手に』1956年
『暗黒街の美女』1958年
『踏みはずした春』1958年
『影なき声』1958年
『密航0ライン』1960年
6/17土~6/23金②
『散弾銃の男』1961年
『百万弗を叩き出せ』1961年
『探偵事務所23 くたばれ悪党ども』1963年
『野獣の青春』1963年
『悪太郎』1963年
6/24土~6/30金③
『花と怒涛』1964年
『肉体の門』1964年
『春婦傳』1965年
『悪太郎伝 悪い星の下でも』1965年
『東京流れ者』1966年
7/1土~7/6木④
『けんかえれじい』1966年
『殺しの烙印』1967年
『悲愁物語』1977年
『ピストルオペラ』2001年
『オペレッタ狸御殿』2005年

Seijun Suzuki: The Chaos of Cool

 Chaos of Coolは、それなりに清順を表していると思うが、いまいち言いえて妙感が足りないなあ(笑)。

Seijun Suzuki

このクリップは意図的にだと思うがあえて?清順的ベストショットを外し、ベターショットで構成している。クレバーなのか盆暗なのか。
 清順デモの写真に写っているのはハスミンか(笑)。

鈴木清順監督"浪漫三部作"予告編
Deep Seijun - Soundtrack of Suzuki Seijun's Taisho trilogy(鈴木清順 大正三部作 サントラ)

2013/05/07 に公開
ツィゴイネルワイゼン/Zigeunerweisen
1.ツィゴイネルワイゼン 00:00
2.骨のテーマ 05:27
3.数え歌 06:23
4.春の唄 07:01
5.狐の穴の中 08:03
6.中砂の唄 10:34

陽炎座/Kagero-za
7.陽炎座のテーマ 13:19
8.三度目の偶然 15:10
9.葬列 16:50
10.夜ン堀リ 20:36
11.和田のテーマ 21:24
12.麗人の唄 22:04
13.背中合わせの松崎と品子 23:20
14.陽炎座のワルツ 25:29
夢二/Yumeji
15.カフェ宵待草28:02
16.十五夜の晩に(しょっぱいな節) 30:10
夢二の秘密
17.蘭灯 作詞/竹久夢二 作曲/本居長世 30:43
18.別れし宵 作詞/竹久夢二 作曲/本居長世 31:42
19.なみだ 作詞/竹久夢二 作曲/山田耕筰 33:02
夢二
20.宵待草 作詞/竹久夢二 作曲/多忠亮 34:26

Tatsuya Nakadai on SANJURO

このシリーズもセンスあるなあ。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-04-17 20:57 | 清順の光と影すべって狂ってる | Trackback | Comments(1)

隠れ大快作「豚と金魚」で爆笑せよ!

こんなに面白いのにこの6年再映されなかった、あのウワサの快作が再びラピュタ阿佐ヶ谷にて上映される!
 わたくしメだけでなくなご壱さんもお邪魔ビンラディンさんも絶賛する、この隠れた大快作にゼヒゼヒ駆けつけてちょーだいっ!

e0178641_08249.jpg豚と金魚 (ラピュタ阿佐ヶ谷HPより)5月14日(日) ~20日(土)
1962年(S37)/東宝/カラー/92分
■監督:川崎徹広/原作:梅崎春生/脚本:松木ひろし/撮影:小泉福造/美術:河東安英/音楽:中村八大
■出演:藤木孝、若林映子、上原謙、飯田蝶子、草笛光子、沢村貞子、北あけみ、若水ヤエ子、トニー谷
売れない小説家とその奥さん、画家志望の青年、子だくさん夫婦が住む東京近郊の下宿屋を舞台に、立ち退き問題でゆれる市井風俗をスケッチしたコメディ篇。溌剌とした魅力あふれる若いふたり、藤木孝&若林映子の恋の行方も見逃せない。

e0178641_794228.jpg 過日選んだベスト・オブ傑作・快作の森ほんとうの傑作はなんだ(本選)では、なんちゃってで暫定ベストワン
 過去の感想駄文でも(以下抜粋)、

 傑作というわけではないが、見ていて、とても楽しい、明るくて、ほのぼのとする映画。絶対の映画ではないが、ぼく的には、絶対のオススメ(笑)
e0178641_2116205.jpg お楽しみその1。ヒロイン・若林映子が、大半のシーンで、バスト上部を露出している(笑)。明るく健康的なお色気の楽しさ(笑)。いや、これ、バカにしちゃ、いけませんぞ(笑)。
 この当時の、1960年代初期の、東宝メジャー映画で、当時の日本(および世界でも)の一般映画で、東宝専属女優が、こんなに胸チラを、しかも、1シーンのみならず、かなりエンエンと胸の谷間を見せるのは、異例中の異例なんだから。

 お楽しみその2。脚本が松木ひろし。松木ひろしといえば、のちの「おひかえあそばせ」「雑居時代」「気になる嫁さん」「水もれ甲介」など、日本テレビでの<石立鉄男コメディ・シリーズ>で、絶対のコメディドラマを主導したシナリオ・ライター。本作でも、のちのクドカン、三谷幸喜など及びもつかぬ、コメディ・センスを披露。いや、監督の演出がナニなので、若干損しているが、細かいギャグの台詞とか、トニー谷のラーメン屋で、いつもはラーメン50円なのに、意地を張って150円のスペシャル・ラーメンを注文する飯田蝶子、その<150円のスペシャル・ラーメン>にも、大爆笑。これが、スペシャルって(笑)。
 お楽しみその4。その梅崎春生自身が、モデルだろう、三流小説家に、上原謙。実は、本作は、この当時としては、珍しい、実質・上原謙の主演作。この上原の、コミカル演技が、またまた、いいんだよね。

 お楽しみその5。上原謙の隣家・飯田蝶子おばあちゃんの家に下宿する、画家の卵にして、歌も歌うノーテンキなんでも屋に、好青年・藤木孝。もちろん、当時の人気歌手なのだが、そのC調青年ぶりが、ああ、いいなあ。明るい、軽い、いい加減、楽しい。

 お楽しみその6。ひっじょーに、味わい深い、悪役に、ニヒルでコミカルな、絶品気持ち悪さの、絶品おかしい、トニー谷。全盛期より素晴らしい、楽しい<やなヤツ>。ああ、素晴らしい。
なお、多摩川ベリでのオールロケ。その、いまでは失われた風景の数々を、ていねいにロケ。好ましい。
 そして、川べりで、自転車の若林映子、ふいの大風に、スカートまるめくり、白いパンツ丸見え、このアクシデントの素晴らしさ(笑)。奇跡のワンショット(笑)。(以上引用終わり)

 かつての阿佐ヶ谷上映でも場内大爆笑でした。なお恐らく家で一人で見たと思しい某おにぎり系ブログの方は「ちっとも笑えない」とヌカシテいますが、こんなノリノリ映画を家で一人で見ちゃダメダメ(笑)。
 なおこの特集他にも傑作快作佳作もありますので、通うべし(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-04-16 17:40 | 傑作・快作の森 | Trackback | Comments(0)

ベスト・オブ珍品・怪作の谷ほんとうの怪作はなんだ

ベスト・オブ傑作・快作の森をこの前選んだが、今度は当ブログの特集(カテゴリ)珍品・怪作の谷からベストテンを選んでみよう。
 とは言っても、傑作・快作の森は99作あったが、珍品・怪作の谷は22作しかない。
 なまなかな低調作は単なる駄作凡作なのであり、よっぽどのクレイジーでない限り珍品・怪作は出来ない。
 つまり傑作・快作を作るより珍品・怪作を作る方が難しいということか(笑)。
 なおお断りしておくと、これは、わたくしメの、2009年~2017年3月までの、ごくごく個人的な、珍品・怪作で、いわゆるオールタイム的なものではございません。
 だから実はたいしたリストではないんですが(笑)。
 まずは候補作を。逆鑑賞順です。

佐藤純弥「ゴルゴ13」高倉健
[ 2016-07 -14 04:14 ]
堀内真直「海流」
[ 2016-06 -05 02:54 ]
佐伯清「砂漠を渡る太陽」鶴田高倉雄之助
[ 2016-05 -25 01:30 ]
舛田利雄「暁の挑戦」橋本忍脚本
[ 2015-12 -06 09:30 ]
豊田四郎「せきれいの曲」
[ 2015-04 -26 12:33 ]
佐々木康「踊る龍宮城」
[ 2015-03 -24 09:28 ]
中村登「わが闘争」
[ 2014-09 -01 19:22 ]
西河克己「白鳥」
[ 2014-07 -25 02:23 ]l
番匠義彰「浮気のすすめ 女の裏窓」超珍作!
[ 2014-06 -23 21:43 ]
谷口千吉「霧笛」「夜の終り」
[ 2013-12 -05 09:29 ]
西河克己「エデンの海」~「幻の湖」を超えた怪作!
[ 2012-12 -04 00:32 ]
G・プレイクストン「頓珍漢スパイ騒動」:日本ロケ斎藤達雄ら日本俳優出演アメリカ映画
[ 2012-08 -27 01:12 ]
阿部毅「性生活の知恵 第二部」
[ 2011-09 -25 03:01 ]
中島貞夫「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」
[ 2011-09 -21 21:06 ]
山村總「沙羅の花の峠」
[ 2011-03 -31 23:35 ]l
石井輝男「異常性愛記録 ハレンチ」
[ 2010-08 -31 22:11 ]
羽仁進「午前中の時間割り」
[ 2010-07 -26 00:19 ]
鈴木則文「聖獣学園」
[ 2010-05 -22 00:53 ]
斎藤光正「斜陽のおもかげ」
[ 2009-11 -14 01:27 ]
木下恵介「結婚」
[ 2009-11 -12 22:48 ]
島津保次郎「お小夜恋姿」
[ 2009-10 -08 00:54 ]
川島雄三「昨日と明日の間」
[ 2009-07 -12 21:27 ]

 ここから減らしていきます。

佐藤純弥「ゴルゴ13」高倉健★
堀内真直「海流」★
佐伯清「砂漠を渡る太陽」鶴田高倉雄之助★
舛田利雄「暁の挑戦」橋本忍脚本★
中村登「わが闘争」★
西河克己「白鳥」
番匠義彰「浮気のすすめ 女の裏窓」超珍作!
谷口千吉「霧笛」「夜の終り」★
西河克己「エデンの海」~「幻の湖」を超えた怪作!
G・プレイクストン「頓珍漢スパイ騒動」:日本ロケ斎藤達雄ら日本俳優出演アメリカ映画★
中島貞夫「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」★
山村總「沙羅の花の峠」
石井輝男「異常性愛記録 ハレンチ」
羽仁進「午前中の時間割り」★
斎藤光正「斜陽のおもかげ」
木下恵介「結婚」
島津保次郎「お小夜恋姿」
川島雄三「昨日と明日の間」

e0178641_732662.jpg うーん減らせない(笑)。
 考えてみれば、珍品・怪作というのは唯一無二の存在感ゆえに突出してしまった異形の作品であり、その優劣?を競う?ことなど全く二律背反なふるまいなのでしょう。反省。
 ちなみに上記★印をつけた作品は、在日を含む外国人出演、当時の沖縄を含む海外ロケ、なんちゃって海外舞台の映画。
 日本の映画屋さんが、ひいては日本人がいかに外国に弱いか例証みたいなもんだな(笑)。
 そこで思い出したが小栗康平「伽倻子のために」★は、珍品・怪作の谷に、加えていなかった。
 捨てがたい静謐さもあったが故だろうが、反省(笑)。
 日本映画の中でも、もっとも静謐な一本でしょう。でも映画のテーマが、静謐とはもっとも無縁の在日(笑)。珍品怪作のゆえんでしょうかね(笑)。
 西河克己「エデンの海」★は、日本を舞台にしているのに西洋幻想ゆえのタイトルですかね(笑)。
 また羽仁進「午前中の時間割り」★は、今突然、本当に今更ながら気づいたが、「午前中の時間割り」の「午前中」とは思春期の直喩だったのね(笑)。ではわたくしなど、まあまだ深夜とまでいかないまでも、報道ステーションかイレブンピーエム的なところといったところ(笑)。
 ちなみに最近の報ステが停滞しているらしいのは、下品低劣な久米宏、その後釜で名前が出てこない(笑)同じく下賤なオヤジの、ああやっと思い出した古館か、そういう下品なオヤジ枠の「時間割り」にさわやかなアナウンサーが不用意に出てきた失敗ではないのかな。

 ちなみにこの中からあえてベスト?怪作を選べば・・・うーん、選べない(笑)。
 さらにちなみに、ここで複数作に出ているのは、この後年選びに選んで駄作ばかりに出ているお似合いカップル健さんと小百合ちゃんでしょうか。
 こうなったら日本のアラン・スミシーは誰だ、というのも選びたくもなりました(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-04-16 11:13 | 珍品・怪作の谷 | Trackback | Comments(0)

爆笑!面白い!報道特注(右)辻元清美石原慎太郎小池百合子

いやア面白いなあ!大爆笑!
報道特注(右)【偏向報道の真相&生田よしかつ決意表明SP】有本香 足立康史 和田政宗がメディアの真の姿を解き明かす そして堪忍袋の緒が切れた!生田よしかつが小池都知事に…


#11_報道特注(右)【辻元疑惑追及SP 後編】深い闇!関西生コンと衝撃の関係 野田中央公園のウラ 足立康史 和田政宗 SPゲスト有本香


e0178641_1032287.jpg 小池百合子の都知事選で、応援の先頭に立ったという、例のグリーン部隊(小池カラーのグリーンを一点つけましょう、という)が、実は共産党主導という噂は、本当なのか(笑)。
 どうやら小池百合子は、自民党党籍を残しつつ、共産党と共闘しようという、野中や河野洋平並みに軸足を移しつつあるらしい。
 ちなみに、石原慎太郎は、約60年の長きにわたり、一貫してマスコミの第一線の注目を浴びてきた人で、こんな人はほかにいない驚異的人物だろう。他にいるとしたら、昭和天皇・現天皇の一家くらいか。

銀座三越前にて、足立さんの演説( *´︶`*)(^_-)。

【有本香が絶賛!】維新の会 足立康史

【『民主党の大臣が来たから官僚辞めた』】足立康史 日本若者協議会のイベントでも民進党批判


e0178641_10324559.jpg★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-04-12 10:34 | うわごと | Trackback | Comments(0)