<   2016年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ロバート・アルトマン「わが心のジミー・ディーン」

アメリカの森崎東(笑)アルトマンにしては、心地よくないなあ。82年、アメリカ。
 京橋にて「UCLA映画テレビアーカイブ 復元映画コレクション」特集。
e0178641_985298.jpg 本作のキモ1 アルトマンほどの知名度の高いヴェテラン監督が、スーパー16mmで撮影している、というのが、まず驚き。
 三池などVシネ系若手がスーパー16mmで、というのは、わかるのだが、アメリカの有名監督が、という。まあ、これも実験精神ということでしょうか。
 やはり画質は35に比べて悪いのだが、だからといってスーパー16である「理由」が、よくわからない仕様で。

 本作のキモ2。やはり舞台劇の映画化、というのが、まるわかり。セリフの多さ、場面転換のなさ、その舞台劇的臭みが、やはり映画との相性の悪さを露呈する。
 もともとアルトマン映画は、舞台的臭みのある監督なので、特に本作は、うーん、こいつは、きつい(笑)。
 もちろん舞台的臭みのある傑作映画も、多いわけなのだが。

11 わが心のジミー・ディーン(109分・35mm・カラー) (フィルムセンターHPより)
COME BACK TO THE 5 & DIME, JIMMY DEAN, JIMMY DEAN
1982(サンドキャッスル・ファイブ・プロ=ヴァイアコム・エンタープライズ)(監)ロバート・アルトマン(原・脚)エド・グラジック(撮)ピエール・ミニョー(美)デヴィッド・グロップマン(出)サンディ・デニス、シェール、カレン・ブラック、スーディ・ボンド、キャシー・ベイツ、マータ・ヘフリン
35mm restored print courtesy of the UCLA Film & Television Archive. Restoration funding provided by The Film Foundation and the Hollywood Foreign Press Association.
アルトマンがブロードウェイで演出した舞台劇を、スーパー16mmカメラを用いて同じキャストで映画化。『ジャイアンツ』(1955)の撮影時にテキサスでJ・ディーンのファンクラブを結成した面々が、溜り場だった雑貨店に20年ぶりに集まった。リーダーのモナ(デニス)、ステラ(ベイツ)、シシー(シェール)、エドナ(ヘフリン)の4名に、見慣れぬ女性(ブラック)も登場し、それぞれの人生が暴かれていく。店の鏡を用いて過去と現在を往還しながら、人間の内面をひりひりと焙り出すアルトマン演出の妙味。日本劇場未公開。


e0178641_9142689.jpg 意外と豪華な役者陣なのだが、なぜか地味(笑)。ジミー・ディーンをめぐる映画なのに、地味(笑)。
 アルトマンもやはりゲイか(笑)。というのも、女優ばかり出てくる映画(「男」は一人だけ)なのに、性的バイアスが、まるでない(笑)。
 アイドル俳優に「発情」している(していた)女の、生々しさが、ない。
 なんだろなあ。
 舞台劇的映画の欠点の一つは、映画的生々しさを欠いている、ということだと思うが、その典型で。
 唯一笑ったのは、元男性が、性転換手術を経て女性に、なった。その「使用後」女性に、カレン・ブラック。
 カレン・ブラックって、もともと表情が固まっていて、なおかつ顔てらてら、しわとかもなくて、男顔で、整形感満載の女優さんなので、こりゃあナイスキャスト。

 いかに舞台劇と映画の相性が悪いか、それがはっきりわかる。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-11-27 09:15 | 旧作外国映画感想文 | Trackback | Comments(0)

川頭義郎「あねといもうと」岩下志麻倍賞千恵子

きわめて「面白い」。65年、松竹大船。
e0178641_338218.jpg 阿佐ヶ谷にて「宮崎祐治・著→キネマ旬報誌・刊→より 東京映画地図2」特集。
 川頭義郎といえば、もちろん木下恵介の弟子筋にあたるわけだが、むしろ本作には、小津や成瀬を、感じる。
 なんでかなー、と考える。
 木下恵介といえば、数多くのヒット作をものして、松竹の名を高らしめ、しかし、今現在さほど、評価は、高くない。
 いや、それなりにリスペクトされてはいるが、小津や成瀬ほどではない。
 おセンチすぎる、とかお花畑過ぎる、ということもあるかもしれないが、ずぶずぶのメロドラマ作家でありながら、恋愛系メロドラマに弱い、恋愛系ホームドラマがなっていない、要するに男女間の葛藤メロドラマがほとんどない、という、木下固有の特殊事情のせいか、と思われる。
 男女間の成り行きに、なぜか(笑)関心がいかない、いうのは、メロドラマ作家としては、かなり致命的かと、思われる。
 その木下の弟子の川頭が、本作のような恋愛系ホームドラマを撮る際に、参照するのは木下ではなく、小津や、なかんずく成瀬であるというのも、道理で、本作は、かなり成瀬ティストを感じてしまった。

e0178641_3385540.jpgあねといもうと (ラピュタ阿佐ヶ谷HPより)
1965年(S40)/松竹大船/カラー/90分
■監督:川頭義郎/原作:佐多稲子/脚本:楠田芳子/撮影:荒野諒一/美術:梅田千代夫/音楽:木下忠司
■出演:岩下志麻、倍賞千恵子、中村晃子、久我美子、早川保、山村聰、轟夕起子、大辻伺郎、北林谷栄
田園調布の父子家庭の物語。長女・岩下志麻、次女・倍賞千恵子、三女・中村晃子という適齢期の三人と、娘たちの結婚問題に揺れる父。ここに亡き長男の嫁も加わって、それぞれの姉妹の新たな出発が描かれる。


 感想駄文済みの成瀬「おかあさん」が、ありえないくらいのエピソードてんこ盛りのジェットコースタームーヴィーであった。本作の、サクサク進む展開の速さに、それを感じる。そういう意味で、この映画の「流れる」速度は、成瀬並みで、くいくい展開していく快感がある。
 メロドラマでありながら、師匠の木下の、粘着性から、脱しているような。女々しいねばねば感がない、爽快さがある。
 まあ、木下的女々しいねばねばさも、好きなのではあるけれど(笑)。成瀬的、小津的な、さっぱり系?メロも、好きなんだよなあ。

 田園調布に住まう、中の上クラスの「部長さん」山村總、その娘たち、長女・岩下、次女・倍賞、三女・中村。
 父親の思惑、この家を維持していくに足る、それなりの収入の男に娘を嫁がせたい、と思うのに、倍賞は同僚の安サラリーマン早川保に惚れて、岩下も安月給の小学校教師・大辻司郎(ロンパリ気味の、老成したいかつい顔ながら、誠実な青年を好演)に思いを寄せ、思うようにならない。
 これに「事故で亡くなった長男の嫁」(きわめて成瀬的な設定)久我美子が加わると、義父・山村總の久我への親切が、山村が長男の嫁・ハラセツに懸想していた成瀬「山の音」も想起され、なにやら妖しい。
 まあ、健全な松竹メロだから、その懸念は、全く杞憂なのだが。しかし精力的な「四十八歳の抵抗」親父・山村總なので、全く油断ならない(笑)。
 三女・中村晃子のみ、恋愛エピソードがないのは、この手の四姉妹物としては瑕瑾だが、そのエピソードも入れると、とても90分には、収まらない。
 しかも彼女には、亡兄の未亡人・久我を、なにげに、ねちねちいびる小姑的役割があるので、存在感はオーケー。

 この時代の、松竹メロは、つまらない作品が数多くうんざりすることしばしばなのだが、チョット小津、割りと成瀬を意識した本作は、なかなかに合格点。
 と、相変わらずの上から目線で、どーもすいません。三平です。

 ちなみに、上記引用の、きわめて微温的ポスターも、味わい深い。
 もっともキャリアが長い久我美子が和装で座布団付き正座。もっとも正統的。
 倍賞千恵子は、横座りで、崩している。
 中村晃子は、倍賞の陰に隠れて見えないが、アグラまで行かないにしても、足を伸ばして崩している。
 岩下志麻のみ、立っていて、他の三姉妹と比べ、ヒロイン性を示す。
 でも本当は、まだ姐さんキャラ以前なので、本作では、他の女優さんに比べて、存在感は、ないんだけれども。
 凡庸なポスターながら、味わいは深い(笑)。 

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-11-25 03:39 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(4)

アーサー・ペン「ミッキー・ワン」藤原釜足も

時代と寝た映画だが、もはや寝過ごした、というべき。65年、コロンビア・ピクチャーズ。ウォーレン・ベイティ主演。
e0178641_4325457.jpg 京橋にて「UCLA映画テレビアーカイブ 復元映画コレクション」特集。
 カットんだ演出、つながらない編集、映像重視の、不条理ドラマ。当時世界的にはやりました、いわゆるひとつのヌーヴェルヴァーグ。
 現在(いま)では、ほとんどの作品が失笑気味と感じる、といっては、言いすぎか、その一つ。
 当時のナウでヤングな映画監督が世界中で試みて、伝統破壊も、お約束に流れたもの多数。
 ぼくが認めるのは(何気に上から目線)ゴダールと清順と、二三のもので。あとは、そのパロディとしての、モンティパイソンか。
 いわゆるひとつの松竹ヌーヴェルヴァーグについては、惨敗と見るべきか、おおむね健闘とみるべきか、まあ気分次第ですね。

10 ミッキー・ワン(93分・35mm・白黒) (フィルムセンターHPより)
MICKEY ONE
1965(フロリン=タチラ=コロンビア)(監)アーサー・ペン(脚)アラン・サーガル(撮)ギスラン・クロケ(美)ジョージ・ジェンキンズ(音)エディー・ソーター(出)ウォーレン・ベイティ、アレクサンドラ・ステュワート、ハード・ハットフィールド、藤原釜足、フランチョット・トーン、テディ・ハート、ジェフ・コリー
35mm preservation print courtesy of the UCLA Film & Television Archive.
A・ペンが『奇跡の人』(1962)の成功後に、脚本から俳優、製作、編集まで完全な自由を確保し、古典的な話法を否定して撮った実験作。シカゴの街を舞台に、W・ベイティ演じる主人公の不安や妄想が、G・クロケの硬質なキャメラで描かれる。黒澤組の藤原釜足がシュールな芸術家役で出演。デトロイトの人気者のスタンダップ・コメディアン(ベイティ)が、ボスや周囲の人々に脅威を感じてシカゴへ逃亡。新生活で出会ったジェニー(ステュワート)と恋に落ち、再びナイトクラブに立つが…。日本劇場未公開。

 ベイティは、ヴォードヴィリアン。キャバレーなどでジョークを飛ばし、オルガンで冗談音楽をこなす、のだが、まずベイティが連発するアメリカンジョークが、面白くない。いや、意味はちゃんと分かるのだが、それ、金をとって、笑いが取れるの、というものばかり。
 日本人の、というより日本語カルチャーのぼくには、笑えない。まさにベイティ=米帝=ベタな、ギャグで、日本語でいう駄洒落は、違うカルチャーの人には、生理的に理解できないのは、仕方が、ないことで。そのアメリカ版ゆえ、ピンと来ないのは、致し方ない。ローカルギャグの限界。

e0178641_4333279.jpg で、甘いマスクのイケメン、ベイティが、いろんな危機に不条理にも陥る、その悪夢振りなのだが、その彼につかの間の癒し?を与えるのが、ピエロ的前衛芸術?家の、藤原釜足。
 セリフを一切しゃべらず、いつもニコニコの、ピエロ的パフォーマー。見た目は老人なのに、純粋無垢な少年的トリックスタア。
 釜足のシークエンスだけ、なぜかフツーの編集、というのが、なんだか俗情との結託めいて、アーサー・ペン、お里が知れるよ(笑)。
 撮りようによっては、フェリーニ的祝祭空間になりうるものを、芸がない、と申すべきか。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-11-23 04:39 | 旧作外国映画感想文 | Trackback | Comments(2)

山本邦彦「喜劇 新宿広場」

どうしたらかくもツマラン映画になるのか、うーん。69年、東宝。阿佐ヶ谷にて「宮崎祐治・著→キネマ旬報誌・刊→より 東京映画地図2」特集。
 とにかく東宝がダメダメの時期に、何かいい題材はないか、そうだ近頃話題は新宿フーテン族と、新宿でもオールナイトで熱い東映仁侠映画だ、この二つを混ぜ混ぜして、一丁上がりだぜい、というところか。
 企画に詰まった東宝のプロデューサーが、一夜新宿の夜を歩いて、新宿広場のフーテン族や、うちの小屋に比べて東映さんの終夜興行は人気ケタ違いだなあ、とばかりに、でっち上げたと、思しい。
 しかしそういう新風俗に、ロートルの柳沢類寿とは、どうなんだ(笑)。

e0178641_2025239.jpg喜劇 新宿広場 (ラピュタ阿佐ヶ谷HPより)
1969年(S44)/東宝/カラー/92分
■監督:山本邦彦/脚本:柳沢類寿、椿澄夫/撮影:黒田徳三/美術:小川一男/音楽:真鍋理一郎
■出演:藤田まこと、三田佳子、黒沢年男、東山敬司、森光子、松山英太郎、伴淳三郎、柏木由紀子、春川ますみ、西村晃
長年の包丁修業から舞い戻った昔気質の元やくざ・藤田まことが、新宿を根城にする若者たちと奇妙な交流を繰り広げる──。西口広場、フーテン、ベトナム脱走兵……、散りばめられた当時の若者文化風俗も楽しい一篇。

<引用ポスターでは、まるでバンジュン主演みたい…・それとも、これは限りなくバンジュン似の藤田まことか>
 どこが楽しいのか、さっぱりな一篇。当時の若者文化風俗も、まるで嘘くさい。黒沢年男や、松山英太郎の、どこが、当時の若者なのか(笑)。
 たぶんお上品な東宝気質とは水と油のフーテンであり、任侠であり。深窓のお嬢様が、恐る恐る新宿探訪するテイで、見ていて、あまりに、痛々しい(笑)。
 まず、主演の藤田まことが、ちっとも笑えず。現代から取り残された昔気質のやくざを演じるのだが、どうみても、現代的なチンピラにしか見えず、完全なミスキャスト。
 若者パートと完全に乖離したバンジュンの笑芸も古色蒼然で笑えず。
 そのバンジュンが、ベトナム脱走兵詐欺のE・H・エリックを、散々に扱うのを見ていると、なんだか当時の日本人の、アメリカ人を下に見てバカにして留飲を下げてるようで、なんだか不快感。でも結局はバンジュンもエリックに騙されて、金を巻き上げられるんですけどね。

 三田佳子がツボを振る。東映女優なのに、サマにならない(笑)。
 森光子もツボを振る。サイコロがこぼれる。
「映画だと、うまくいくのにね」
 うん、東映映画では、ね。としか言いようもない。おそまつ。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
 
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-11-19 20:26 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(4)

「映画流れ者」について

 当ブログの関連掲示板、
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

が、いまいちナンノタメにあるのか、まったく開店休業状態。
 そこで、このたび、当ブログのメモ帳代わりと、してみました。

★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

 (^^♪お暇なら、来てよね、ワタシ、さびしいわー(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-11-15 23:41 | 業務連絡 | Trackback | Comments(2)

森崎東「喜劇 特出しヒモ天国」芹明香

芹明香絶好調! 75年、東映。渋谷にて「芹明香は芹明香である」特集。
 個人的には森崎東は、苦手で。なんだかその個性と相性が合わないらしく、いつもそこそこしか、面白くない。
 本作も、作品的には、ビミョーだが、何より芹明香が大フィーチャーされ、芹明香ならではの、というか芹明香にしか演じられない役を、涼しい顔で、演じてしまう。

 若い娘なのに、顔がすすけたホームレス。
 なおかつアル中。
 初めてのストリップ中に、意図しない放尿の果て、舞台から滑り落ち、そのまま床で爆睡。
 こんなキャラを演じてサマになる女優は、貴重過ぎて、当時ですら芹明香の一択か。
 現在では、無名女優にしか、いないだろうか。
 つまり、この役は、限りなく芹明香ありきの企画なのだろうか。

e0178641_2156537.jpg喜劇 特出しヒモ天国(Movie Walker HPより)
社会の底辺で生きるストリッパーと彼女たちのヒモとのつながりを描いたセックス喜劇。脚本は「青春トルコ日記 処女すべり」の山本英明と松本功、監督は「街の灯」の森崎東、撮影は「日本仁侠道 激突篇」の古谷伸がそれぞれ担当。
京都、ストリップ劇場・A級京都。舞台で踊っているのは看板娘のジーン・谷である。そのショウをポーと見つめているセールスマンの昭平、変装した大西刑事。ショーが終るや大西は舞台にかけ上り、踊り子全員を逮捕した。仰天した社長の亀井は、身代りに昭平を口車に乗せ臨時の支配人に仕立て警察に送り込む。三日後、昭平は釈放されたが会社をクビになったため、そのまま支配人役を引き受けることにした。
山城新伍 池玲子 芹明香 カルーセル麻紀 絵沢萠子 森崎由紀 藤原釜足 川谷拓三 下絛アトム 川地民夫

 しかし、とはいえ、これが神代だったら、もっと映画は輝いたはずで、森崎東映画としてはそれなりに面白いものの、うーん、いまいち。
 芹明香らが野坂昭如「男と女の間には」を歌うのは、明らかに神代映画の影響か。

 というのも、本作の主演・山城新伍が、かなりヘン(笑)。
 普段はチャラいキャラで、アドリブ連発の彼の、演技が固い硬い。2枚目半の役なのに、演技が、彼にしてはスクエア過ぎ、なんだかアドリブ一切なしの印象で。
 宴会映画ともいわれる森崎映画で、これは、なんだかイメージ違う。
 それに宴会映画というなら、ストリップ小屋の隣の寺の住職・殿山泰司も、何らか絡むべきではないか。全く殿山が絡まない、少なくとも「トナリなんだから、顔パスで入っていく」などの、ありがちなくすぐりは、あるべきでは。
 さらにいえば、老人ヒモがさまざまに弄られ、羞恥プレイまがいの演技なのだが、これを演じるのがヴェテラン藤原釜足
 うーん、なんだか、見ていて、痛々しい。痛々しさが狙いなら、別に構わないが、単純なコメディとしては、これはヤバいだろ(笑)。
 藤原釜足が演じれば演じるほど、見ている側が、いたたまれないという。
 うーん、なんだか、森崎宴会映画としては、ランニングタイムの短さゆえか、東映ゆえか、未完成で。

 森崎宴会映画としては、不満。
 しかし、繰り返すが,芹明香は、唯一無二の絶品。
 松竹の監督が東映に出張り、東映の山城と池を主演に、しかし実質は、東映生まれ、日活育ちの芹明香を大フィーチャー。でも、その1タス1タス1タスが3に、とどまったというところか。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-11-13 21:57 | 神代辰巳猥歌 揺れた俗情 | Trackback | Comments(0)

芹明香は芹明香である

 なんだか久しぶりに芹明香特集に、渋谷シネマヴェーラに行ったら、最初の休憩タイムには、いつもの陰気な男性アナウンスが流れた。
e0178641_1531333.jpg ところが、二度目の休憩には、女性のアナウンス。これは、初めてなので、ややびっくり。ところが、この女声アナウンスが、いつもの男声アナウンス同様、こもったような陰気なしゃべり方。
 このアナウンスを聞いていると、とてもエンタメ施設のアナウンスとは思えない、どんより感。
 シネマヴェーラの従業員は、みんな、陰気な方々なのか。
 なにも、明るくハッピーにアナウンスしろとは言わない、阿佐ヶ谷の生声アナウンスみたいに、ふつーに、陰気でない、陰にこもった声でない、アナウンスが、なぜ、できない(笑)。
謎の闇に包まれたシネマヴェーラなのか。うーん。

e0178641_1534844.jpg ところで、今回の芹明香特集では、なんと本人のトークショーがあって、ぼくは行けなかったが、いくつかのブログなどで、その様子がかかれている。

★芹明香:ファン騒然“消えた”ロマンポルノ女優 渋谷に現る!-サンデー毎日★

★芹明香さん降臨!「マル秘色情めす市場」@シネマヴェーラ渋谷★

 写真で拝見すると全くの別人だが、生で見ると、面影があるのかもしれない。
 こういうトークショーは、その内容が、居合わせたものだけに共有されがちだが、映像も含め、一般に公開してほしい。
 劇場のページから、ユーチューブなどに飛べると、うれしい。
 誰が見ても、唯一無二の女優なので、これを機に、復活してほしいなあ。 



★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-11-09 15:05 | 神代辰巳猥歌 揺れた俗情 | Trackback | Comments(4)

韓国:泥沼国家の混迷迷走不可解

 その歴史の大部分を西朝鮮(笑)の属国として過ごし、時々大日本帝国、時々米帝の属国として国をやりくりし、半万年(笑)の歴史の中で、一度も独立国であったためしがない朝鮮が、またぞろといっていいのか、政治経済軍事ともに、もろもろ泥沼化してきたようで。
 ちなみに、朝鮮は、歴史の大部分を西朝鮮(笑)の属国として過ごし、時々ソ連、というわけで。
e0178641_444066.jpg ちなみに、翁長県政の沖縄は、朝鮮化していますな。

★早読み 深読み 朝鮮半島/朴槿恵の下野か、戒厳令か★

 こんな漫画みたいな国が、隣国になければ、まあ程度の低い「バナナ共和国」コメディーとして、そこそこは楽しめたのだろうが、この南の迷走に乗じて、北もやけっぱちの暴挙に出るやも知れず、あいにく隣の国なので、どんなとばっちり、ミサイル核爆弾の流れ弾が飛んでくるかもしれず、例によって日本海を横断して難民が押し寄せて来るやも知れず。いかなるシチュ的にも、うっとうしい民族による、うっとうしい、嫌がらせじみた事態しか、想像がつかぬ。
 例によって(というのが、かの国には多すぎる)自ら難民として日本に渡って来ても、そして上陸の際に日本人に危害を加えても、強制連行されたニダ、と喚き散らす。
e0178641_45236.jpg この辺のキビについては、感想駄文済みの大島渚「帰って来たヨッパライ」および小栗康平「伽倻子のために」に、垣間見えるわけだが。
 そうして、そういう事態になるや、待ってましたとばかりに、民進党、社民党、共産党、朝日毎日東京などの中共御用メディア、左翼リベラルお花畑連中が、サカった猫のように、ここを先途と、売国するのだろう。
 ああ、これが単なる妄想であってほしいのだが(笑)。


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-11-01 04:06 | うわごと | Trackback | Comments(0)