<   2016年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

三隅研次「鬼の棲む館」

 京橋にて。「映画監督 三隅研次」特集。69年、大映京都。
 何度目かの再見だが、何度見ても「製作意図」が読めない(笑)。
 まあ、単純に考えて、脚本・新藤兼人、撮影・宮川一夫の布陣からして、ミゾケン重厚映画の夢よもう一度、ということなのだろうが。しかしその役目が重厚な軽匠・三隅に務まるとも思えないが。
 また、面白いのかつまらないのかも、何度見ても一向に判別できない(笑)。ということは、つまらないということだと思うが、そこまでも断定できかねる(笑)アイマイさ、というか雑味。
 まあ、はっきり、つまらないともいえない、絶品さも垣間見れる。
 木立ちの合間を縫って、歩く高峰、アラタマの絶品映像も、宮川してやったりか、というと、そうも、言い切れんのだが(笑)。うーむ。
 日活、東宝とわたってきたアラタマが、まるで別人のような絶品さ。清楚系ビッチ?を水を得た魚のように、振り切って快演す。こんなアラタマ見たことない。アラタマって彼女の未開発な領域の可能性に呆然とする。
 川島は、若尾を女にして見せます、と大映「女は二度生まれる」で言ったが、アラタマも「女にして」ほしかった(笑)。
 通常の三隅映画、通常の大映なら、この役は、中村玉緒で決まりだろう。それ以外ない絶品のどストライク。
 しかし、玉緒はすでにカツシンの女房、新鮮味がほしいというか、カツシンと玉緒が夫婦役なら、楽屋落ち以外の何者でもない、というところか。
 しかし、そこで、なぜアラタマが、アラタマって召還されたのか。うーん。不思議だ。

e0178641_1745712.png39鬼の棲む館(76分・35mm・カラー) <フィルムセンターHPより>
1969(大映京都)(監)三隅研次(原)谷崎潤一郎(脚)新藤兼人(撮)宮川一夫(美)内藤昭(音)伊福部昭(出)勝新太郎、髙峰秀子、新珠三千代、佐藤慶、五味龍太郎、木村元、伊達岳志、黒木現、上原寛二、松田剛武、森内一夫、美山普八、馬場勝義
谷崎潤一郎の戯曲「無明と愛染」の翻案。南北朝時代、情人(新珠)と荒れ寺でただれた生活を送る盗賊(勝)のもとへ、妻(高峰)が訪れる。やがて高野山の上人(佐藤)も入り乱れて、嫉妬と誘惑の黒々とした人間絵巻が繰り広げられる。

 東宝時代のアラタマって、はっきりいってどうでもいい役を、どうでもいい平凡な演技でやり過ごす、という印象しかないのだが。そこそこ清楚、そこそこセクシー。はっきり言って、どうでもいい女優のひとりとしか、ぼくには、思われない。
 おそらく大映女優だったら、もっと光り輝く、ビッチな悪女とか、出来たに違いない。映画会社との相性からいったら、大映専属であるべきだった、と本作のアラタマを見て、アラタマって、そう思う。
 それとも単に、当時の専属女優が、他社作品に借り出されると、いつもと違う役柄で、新鮮に飛び跳ねることが出来るという通例なのだろうか。専属する会社の映画に出演するのは、下品な言葉で言うと、義理マンだが、浮気の新鮮さ、ということか知らん。
 しかしそうであっても、専属女優の他社出演を、もっと見たかった。
 日活お花畑アイドル・吉永小百合が、大映で若尾ばりのセクシー演技をするとか(笑)。

 さて。
 軽快に跳躍するごとくカツシンの今カノを演じるアラタマだが、打って変わって低迷演技の、カツシン元カノ・高峰秀子の、問題にならない凡演は、どうだろう。
 むしろ生彩を欠いたデコちゃん、というのも、はじめて見るような気がする。
 なじみの薄い大映、初顔合わせの三隅、宮川ともほとんど初仕事か。
 何年前か、高峰秀子のインタヴュー記事を読んだら、
「二度と共演したくない相手役」という話題になり、「言わなくても、誰だかわかるでしょう」という、それこそイヤミな、答えで、たいへん気になるのだが、インタヴュアーの義娘は、わかるかもしれんが、こちとらは、わからん(笑)。
 で、勝手に本作のカツシンあたりを想定しているわけだ。
 三隅に限ら座頭市あたりでは、自由闊達な演技のカツシンも、本作では、なんだか、しゃっちょこばった、棒演技。これは文芸映画、というところで、勝手が違ったか。
 俺も雷蔵みたいに、ゲージツ映画に出たいんじゃー、とごねて、しかし、勝手が違ったか。そういう連想。
 荒れ寺に、今カノ、元カノ同居という設定なら、義一脚本、川島演出、で、よかったんじゃね、と無理難題(笑)。

 佐藤慶演じる旅の僧が、若いころ、アラタマに欲情し、その夫を斬り殺した。これを反省?して、俗世間と縁を切り僧侶に、なった。その彼が旅の途中、偶然にもこの荒れ寺に一夜の宿を請い、アラタマと再会。アラタマのたくらみというか、姦計により関係を持ってしまった。聖が俗に負けたわけだが。
 しかし、もともと、この男は俗人だったし、俗そのものの役を演じ続けたサトケイには、この役は不適ではなかったか。言っても詮無いことながら、この役を真に演じきれるのは、雷蔵をおいて、ほかになかったのではないか。
 冒頭、いきなり殺される落ち武者に、五味龍太郎、伊達岳志
 美術は相変わらず絶品だが、「羅生門」「雨月物語」あたりに比べると、してやったり感というか、無駄にでしゃばっているように感じるのは、スガメか。

鬼の棲む館(昭和44年) - プレビュー / Devil's Temple(1969) - Preview


★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-03-23 17:46 | 三隅剣児女なみだ川と大魔剣 | Trackback | Comments(4)

千葉泰樹ベストテン渋谷上映記念

 渋谷シネマヴェーラにて、3/26~4/22の期間で、「成瀬になれなかった男 映画作家・千葉泰樹」というレトロスペクティヴあり。
 ということで、それを記念?して、ベストテンを選んでみる。
 といっても、100本以上の監督作があり、特に戦前作は70本。そのなかで見ることが出来て、見れたのはほんの数本のみ。
 ということで、戦前作70本は、涙をのんで見送る。

参照★千葉泰樹/日本映画データベース★から、以下をコピペ、カットして、候補作を絞る。
 したがって、もし万が一、データベースから漏れている作があったら、ごめんなさいだ。

76.1948.03.16 美しき豹  大映東京
77.1948.10.12 生きている画像  新東宝
85.1950.12.08 夜の緋牡丹  銀座プロ
86.1951.04.07 若い娘たち  東宝
91.1952.07.15 東京の恋人  東宝
92.1952.11.18 丘は花ざかり  東宝
98.1954.10.05 悪の愉しさ  東映東京
105.1956.07.05 鬼火  東宝
106.1956.09.11 好人物の夫婦  東宝
110.1957.10.29 下町  東宝
115.1959.04.28 狐と狸  東宝
117.1960.04.17 羽織の大将  東宝
121.1961.11.12 二人の息子  東宝
1126.1963.10.12 みれん  東京映画
127.1964.07.01 裸の重役  東宝
130.1966.10.01 沈丁花  東宝
131.1968.01.14 春らんまん  東宝

 この17本から、強引に7本をけずらざるを得ない。

76.1948.03.16 美しき豹  大映東京
77.1948.10.12 生きている画像  新東宝
85.1950.12.08 夜の緋牡丹  銀座プロ
98.1954.10.05 悪の愉しさ  東映東京
105.1956.07.05 鬼火  東宝
110.1957.10.29 下町  東宝
121.1961.11.12 二人の息子  東宝
127.1964.07.01 裸の重役  東宝
130.1966.10.01 沈丁花  東宝
131.1968.01.14 春らんまん  東宝

 以上、年代順、順位未確定。
 これがマイ千葉テン。
 もちろんこれはあくまで個人の感想に過ぎず、さらに日によっては、選択は変わるかも、というアイマイなものだ。
 前半は、女はワイルド、男は野放図という感じで、後半はホームドラマ系か。もちろん、それは東宝の要請によるものだろうが。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-03-20 23:52 | 千葉泰樹 ヤスキ節の愉しさ | Trackback | Comments(0)

快匠・千葉泰樹特集が渋谷で今月末から

 渋谷シネマヴェーラにて、3/26~4/22の期間で、「成瀬になれなかった男 映画作家・千葉泰樹」というレトロスペクティヴあり。
 近年だけに限っても、神保町シアター、京橋フィルムセンターでそれぞれ大特集があり、もちろん古くは神保町の前身の三百人劇場でも、あったように記憶する。
 なぜか、特集されやすい人気監督なのだ。それもそのはず、たいていの作品は、安心して見れる快作、大快作ばかり。
 今回の上映作品は全部見ているので、個人的にはがっかりだが、未見の方には、ぜひお通いくださいませ。

e0178641_1432766.jpg「成瀬になれなかった男 映画作家・千葉泰樹」 <渋谷シネマヴェーラHPより>
 旧満州生まれ。18歳で阪妻立花ユニヴァーサル聨合映画入社。その後河合映画に移り、1930年監督デビュー。日活、東宝、大映、松竹、新東宝、東映と多くの映画会社を渡り歩き、無声映画期から1960年代末まで140本もの映画作品を残した。成瀬巳喜男と並んで藤本眞澄プロデューサーの信頼は厚く、1956年に東宝の専属となって以後、二人は40本の作品を送り出した。藤本が1番バッターと例えたごとく、スタジオの量産体制を支えたハズレ無しのヒットメーカーであり、近年その巧みな演出への再評価の声は高まるばかり。 
 千葉が『めし』の監督を病気降板し、成瀬が代役としてメガホンをとりスランプを脱したのは有名な逸話。映画作家・成瀬に対し、何でもござれの職人監督と評される千葉泰樹だが、ガス代を巡る怪奇ホラー『鬼火』、貧乏描写も凄まじい『二人の息子』、ゲス男の独白映画『悪の愉しさ』、千葉版『浮雲』と言うべき『みれん』など、シリアスが行き過ぎて観る者の背筋を寒からしめる作品群を忘れてはなりません。本特集では、これらの黒い作品群から娯楽作まで25作品を上映。芸術家肌で大変な教養人であったという千葉泰樹の作家性とは何か?あなたの目で確かめてください。


 しかし、この特集タイトルはひどいな(笑)。
 確かにぼく自身も、このブログに、<成瀬巳喜男になれなかった男・千葉泰樹>とは、確かに、書きました(笑)。そういう認識の人は、ほかにもおるでしょう。
e0178641_144987.jpg しかし、特集上映という晴れがましい舞台で、それをタイトルに使う「神経」は、いかがなものかと(笑)。
 せめて「もうひとりの成瀬」とか、「ゴージャス成瀬」とか、「デコラティヴ成瀬」とか、言いようはあったろうに、って、まるで成瀬のシャドー扱いじゃないか(笑)。
 とにかく(ほぼ)全作品快作。
 当ブログでも、特集していますので、ご参考までに。
 なお、画像は、渋谷の分が見つけられなかったので、神保町と京橋の分を貼り付けました。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-03-18 01:45 | 千葉泰樹 ヤスキ節の愉しさ | Trackback | Comments(0)

中平康「誘惑」芦川いづみ左幸子中原早苗轟夕起子渡辺美佐子

 神保町にて。「恋する女優 芦川いづみ アンコール」特集。57年、日活。デジタル上映。
 なかなか面白い快作コメディ。下記のあおりを受けたら、見ざるをえんでしょ。

e0178641_042420.jpg2. 誘惑 <神保町シアターHPより>
S32('57)/日活/白黒/スタンダード/1時間34分
■監督:中平康■原作:伊藤整■脚本:大橋参吉■撮影:山崎善弘■音楽:黛敏郎■美術:松山崇■出演:左幸子、葉山良二、芦川いづみ、千田是也、中原早苗、轟夕起子、渡辺美佐子、安井昌二
芦川ファンから絶大な支持を得る恋愛コメディの傑作。銀座で画廊を営む杉本(千田)は、芸術家グループの若者達の中に、初恋の人と瓜二つ娘を見つけるが…。少ない出番ながら場をさらう芦川の鮮烈な登場を目撃せよ!*デジタル上映

 やはり、思ったとおり既見作ですが、まあ内容は、まったく覚えてないので、ノープロブレム、そういう問題か(笑)。ただ、張ったりめいたあおりは、いささかオーヴァー(笑)。
 銀座で洋装店主・千田是也は、店員・渡辺美佐子を見ながら、心の中で(化粧もせずに、なんて無愛想な女なんだ。売り上げか落ちているのは、この女のせいに違いない)と、つぶやく。
 美佐子は(まあ、あの人、あたしのこと、じっと見ている。あたしに気があるのかしら)と、どぎまぎ。
 まあ、そういう「内なる声」ナレを多用しつつも、千田是也・左幸子親子をめぐる、軽快喜劇。
 左幸子は、本人たる娘と、その亡き母の、一人二役。
 芦川いづみも、本人たる娘と、その亡き母の、一人二役。
e0178641_0412072.jpg芦川いづみは、相変わらず愛らしいが、ぼくには、左幸子のよさが、わからない。
 魚を思わせる人間離れ?した顔。
 がらがら声だが、大原麗子のような声のつやもない。
 番茶も出花で、若い娘らしいが、だからといって、出ずっぱりの主演映画を見ても、楽しくもなんともない。
 彼女の出番は、ぼくには何の感情も呼び起こさない。
 自分には何の興味もない生物を観察しているような無味乾燥。苦痛だとは思わないが、見ていること自体が、無意味。
 同じく渡辺美佐子。この時期日活では、助演女優として、大部ハバを利かしているのだが、おそらく新劇女優にしては、美人で、愛嬌がある、という理由で重宝にされているのだろうが、これまた何の感情も、呼び覚まさない(笑)。
 まあ、サセレシアさんにとっての、飯田蝶子や三好栄子みたいな存在(笑)とは、言いすぎですね、はい。

e0178641_0425191.png で、ぼくにとっての、興味外の、幸子、美佐子、それに中原早苗が、だいぶノシている映画で、芦川いづみ、轟夕起子のふたりだけが、イップクの清涼剤(笑)。
 なお、左幸子の芸術家仲間に、ちっとも青年らしさのない青年・天本英世。左幸子のパーティーに招かれる青年に、セリフなしの宍戸錠、二谷英明。エキストラ状態なのに、存在感(笑)。
 千田の旧友に、東郷青児、岡本太郎。Movie Walkerでは、それぞれ西郷赤児、山本次郎というツマラン役名で記載されているが、実際の映画では、東郷青児、岡本太郎。こちのほうが、よほどすっきり。
 東郷青児の演技は演技とはいえない素人モノだが、目がイッチャっている岡本太郎、変質者役などで、もっと映画に出てほしかった(笑)。
 なお、回想シーンで、二十代の青年を、ノーメイクで演じる千田の不気味さ(笑)。中原早苗が「裕ちゃんや慎ちゃん」というくらいなのだから、千田の青年時代は、いっそ特出で、裕次郎あたりにやらせれば、よかったのでは、ないか。
 寝ている芦川にキスする千田。ちょっとエグすぎだろ。まんま美女と野獣ではないか。
 昔のアイドル女優は、容赦なくひどいシチュを演じサセラレル、という一例で。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-03-17 19:19 | Trackback | Comments(2)

三隅研次「桜の代紋」若山富三郎

京橋にて。「映画監督 三隅研次」特集。73年、勝プロダクション、配給・東宝。
 明るく楽しい東宝が、低迷期。他社でヤクザ映画が当たっているなら、なりふり構わず企画を、パクる。
 かくて、勝プロで、実兄のワカトミが、製作・原作・主演の快作の一丁上がり。
 ワカトミの役名が奥村って、ワカトミ・カツシン兄弟の本名やないけ、われ(笑)。
 ちなみに本名は奥村勝(まさる)。弟・奥村利夫の芸名・勝は、兄の名前に由来するのだろうか。ああ、兄弟の父・杵屋勝東治からですかね。

 やりたい放題のこの映画の監督を任されたのは、兄弟ともにゆかりの三隅研次だ。
 勝オーナーやワカトミから、「先生、よろしゅう」と依頼された三隅、ビビルどころか、ワカトミのやりたい放題をアシスト。グッド。
 土曜の4時とはいえ、ほぼ満席に近いのはなぜ。こんな(現在から見たら)地味な映画なのに。
 終映で何人かが拍手。関係者か。
 それとも、ラストのワカトミ名セリフ「控訴でっか。しまへん。わし、警察官ですから」ゆえか。私も、思わずぐっと、来ました(笑)。

e0178641_19222496.jpg49桜の代紋(89分・35mm・カラー) <フィルムセンターHPより>
1973(勝プロ)(監)三隅研次(原・出)若山富三郎(脚)石松愛弘(撮)森田富士郎(美)下石坂成典(音)村井邦彦(出)松尾嘉代、関口宏、渡辺文雄、大滝秀治、小林昭二、大木実、石橋蓮司、真山知子、東三千
関西一の暴力団の犯罪をベテラン刑事(若山)が追及するが、関係者は次々と消され、家族にも魔手が伸びる…。大阪の街を鋭利に切り撮った森田富士郎など元大映京都のスタッフとともに、若山富三郎の持ち味と勝プロの自由度を存分に活かした実験的な映像表現に満ちた、三隅後年の代表作。

 上記解説どおり、映像ギミックの数々が、素晴らしい。
 特にロケーション撮影での、極端なクローズアップの連続。
 これはおそらく、時代劇監督として、特権的なまでに素晴らしい大映美術陣の手になる、セット撮影、三隅の場合は特に、抽象的なまでに研ぎ澄まされた、無駄の一切ないセットのその美しさ、そこでの完璧な美術ワークに慣れた三隅には、現代の繁華街は、雑味が多すぎた、ということだと思う。
 もちろん大映全盛期であっても、この現代の繁華街をオープンセットで、再現することは不可能。
 かくてロケーションと相成るわけだが、三隅の目からしては、全景丸々映しては、主役が埋没する、あるいは、やはり雑味が多すぎる。
 かくての、極端な俳優クローズアップ。
 さらに、俳優や情景を直接映さず、鏡、車のボディ、バーの鏡板のカウンターボード、水面などに反射した絵を多用。また、人々のあいだに挟まれた、極端に狭い中に俳優の顔の断片のみ見せる。
 これらが、効果的にハードボイルド感を高揚させている。

e0178641_19231277.jpg これらの映像ギミックが、おそらくのちの、勝新太郎監督「警視-k」などの原点なんだろうが、職人・三隅のそれが、あくまでドラマを効果的に進める映像テクであったのに対して、シロウト監督・カツシンのそれは、ドラマを破壊する、よく言えば映像至上主義、悪く言えばオナニー的垂れ流し、自分さえ快楽を得られれば、ドラマの崩壊などお構いなし、といったところだろうか。
 まあ、三隅の超絶職人技を、素人が、安直に真似てはいけません、という落ちで。
 
 ワカトミ先生、散々ぶん殴られるリンチで、吹っ飛ばされ。ぶっ飛ばされるのだが、その転ばされ方が威勢よすぎ(笑)。明らかに、元気のよい、威勢のいい横転ぶりアクションに微苦笑。
 大木実が「おおきに」というのは、笑った。
 ワカトミが、容疑者・石橋蓮司を、警察柔道場で、バンバンしごくのは、三池崇史「新宿黒社会 チャイナ・マフィア戦争」をも連想され、隅と池の親近性も。三池映画の常連に石橋蓮司、というのも納得で。
 男の役者は、刑事もヤクザも、みんないい。
 この時期の東宝ヤクザモノでの、不敵な顔の親分・大滝秀治もいい。あまりにクールすぎて、本家東映での活躍がないのが、惜しまれる。

昭和48年 桜の代紋 OPテーマ 作曲・村井邦彦


ドリフ全員集合ゲスト 若山富三郎


ドリフの全員集合ゲスト 田宮二郎 三船敏郎


どっきりカメラ安岡力也若山富三郎山城新伍ヤクザ最新配信NEXT)

 当ブログに貼り付けるのは、二度目だが(笑)。大木実も出ていることだし。

柳沢慎吾大爆笑トーク 「若山富三郎」

 爆笑。最初に出てくるワカトミの写真が、カツシンと区別つかず(笑)。

若山富三郎を激怒させた柳沢慎吾

 話芸の連鎖(笑)。監督の松尾昭典は、ワカトミのイッコ上という指摘が、ニコニコ動画であったが、大卒の松尾より、十代から芸能界入りしていたと思しいワカトミが、芸能界では格上。それが芸能界の倫理なのだ。

★映画監督 三隅研次 | 東京国立近代美術館フィルムセンター★
 クリックすると、Not Foundと表示されますが、その上の黒いメニューバーをクリックすれば、大丈夫。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-03-08 19:38 | 三隅剣児女なみだ川と大魔剣 | Trackback | Comments(0)

三隅研次「女系家族」京マチ若尾田宮雁治郎

 京橋にて。「映画監督 三隅研次」特集。63年、大映京都。
 もう何度目かの鑑賞か、相変わらず、グッド。
 充実した撮影・宮川、大映美術陣、演出三隅の、圧倒的素晴らしさ。
 そして、京マチ子、若尾文子、田宮二郎、中村鴈治郎の絶品。
 田宮も含めた、その美貌、その人間的ないやらしい面、欲望と小細工、圧倒的な演技合戦、素晴らしい。

e0178641_1814517.jpg17女系家族(111分・35mm・カラー) <フィルムセンターHPより>
1963(大映京都)(監)三隅研次(原)山崎豊子(脚)依田義賢(撮)宮川一夫(美)内藤昭(音)斎藤一郎(出)京マチ子、若尾文子、田宮二郎、中村鴈治郎、高田美和、鳳八千代、浪花千栄子、北林谷栄、高桐真、遠藤辰雄、深見泰三、浅野進治郎
原作小説は山崎豊子の得意とする「(大阪)船場もの」の1つで、急死した商店主の莫大な遺産をめぐり、3人の娘と親族、番頭そして愛人が私利私欲をさらけ出しながら相争う。京、若尾、田宮ら華のある俳優陣に芸達者なベテランを配した、撮影所スター映画の醍醐味が堪能できる一篇。


e0178641_18184744.jpg 脚本・依田義賢、撮影・宮川一夫とのカラミでいえば、アイソもコソもないミゾケン映画と比べて、何たる愛嬌フクフクな作りか。
 新人・若尾文子を、ミゾケンの依頼で、浪花千栄子宅に住み込ませて、所作を習わせた、かつての師弟関係、このふたりの「本宅伺い」対決に、わくわく(笑)。
 年齢設定は32才だが、それより若そうな若尾の、おさない顔立ちの妖艶さ。童顔で、妖艶なんて、若尾にしか、出来ない。
 ただ、まあ、全員悪党欲の塊の割には、次女・鳳八千代の婿だけが、なんだか誠実そうで、まあ、演じている無名役者が、そういう雰囲気をかもし出しているせいか、彼までが嫁を裏切っては尺が伸びるという判断か。
 ただ、こうまで人間の色と欲を描いて、ひとりだけ無傷というのは、画竜点睛を欠くといいますか。
 このメンツで、三隅で「細雪」なんてのも、見たかったなあ。さしずめ市川版で石坂浩二の役が、田宮か。

若尾文子 つえ姿で半世紀ぶりに映画館舞台あいさつ

いや、これヤバい(笑)。当ブログに載ったからには、速攻消される可能性も(笑)。
女系家族 昭和38年

 1時間04分あたり、田宮と京の高まりとともに、急に窓の外が明るくなる(夜が明けたというところか)、その急変ぶりに、清順との近親性が。
◎追記◎↑やはり、消されましたな(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★映画監督 三隅研次 | 東京国立近代美術館フィルムセンター★
 クリックすると、Not Foundと表示されますが、その上の黒いメニューバーをクリックすれば、大丈夫。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-03-06 18:19 | 三隅剣児女なみだ川と大魔剣 | Trackback | Comments(7)

三隅研次「酔いどれ博士」「とむらい師たち」

 京橋にて。「映画監督 三隅研次」特集。66、68年、大映京都。
 カツシン主演の、コメディ調の2本。
 アクション風味人情劇と、ブラックコメディ調。
 カツシンと三隅の性格を考え合わせると、前者が快調であり、後者が失速気味なのは、まあ、ご承知のとおりか。

e0178641_16462363.jpg29酔いどれ博士(82分・35mm・カラー) <フィルムセンターHPより>
1966(大映京都)(監)三隅研次(脚)新藤兼人(撮)森田富士郎(美)内藤昭(音)小杉太一郎(出)勝新太郎、江波杏子、小林哲子、小林幸子、林千鶴、東野英治郎、殿山泰司、ミヤコ蝶々、平泉征、千波丈太郎、藤岡琢也、浜村純、田武謙三、上田忠好
勝が無頼の無免許医師を生き生きと演じた人情アクション。医療によって貧しい民衆を助けるという『赤ひげ』(1965、黒澤明)的な物語だが、前科持ちで酒と博打が好きな元医師という勝らしい主人公に仕上がっている。本作の好評を受け、同じ年に続けて『続・酔いどれ博士』『酔いどれ波止場』(共に監督は井上昭)が作られた。


 平泉征、千波丈太郎、酒井修ら当時の若手が所属するチンピラグループの名前が、えびかに団。
 まあ、そういうおふざけネーミングに徹するかというと、大人の大映、大人のカツシン、大人の三隅ゆえ、そこまでは、はじけない。
 子役時代の小林幸子が、貧乏と病気と二段構えの不幸、その幸薄い少女を、少しずつ治していく人情話でもある。
 のちの演歌の女王も、子供の頃も、いかにも薄幸そうな表情で。彼女もカツシンや雷蔵のプログラムピクチャア映画の子役に限定されていて、不幸。
 たとえば「警察日記」や「野麦峠」タイプの映画に出ていたら、泣かせる子役として、注目を浴びたかも知れぬ。 
 ミヤコ蝶々やらの関西系とも相性よろしく、豪快カツシンの、人情、アクションモノとして、グッド。

e0178641_16465851.jpg36とむらい師たち(89分・35mm・カラー) <フィルムセンターHPより>
1968(大映京都)(監)三隅研次(原)野坂昭如(脚)藤本義一(撮)宮川一夫(美)内藤昭(音)鏑木創(出)勝新太郎、伊藤雄之助、藤村有弘、藤岡琢也、財津一郎、西岡慶子、多賀勝、酒井修、田武謙三、若宮忠三郎、遠藤辰雄、北村英三、伊達三郎
野坂昭如の同名小説を映画化。既成の葬儀会社に対する義憤から、国際葬儀協会(略して国葬)という組織を始めた男(勝)の破天荒な行動を描いたコメディ。男は大阪万博に対抗して葬儀博覧会の開催までするが、その先には予想外の破局が待っていた。現代風刺劇に取り組んだ、三隅の異色作。


 原作野坂、脚本義一の、二段構えも、そして、おそらく西岡慶子ら多数の関西喜劇陣投入(当時の彼らについて詳しくないが、そういう印象でした)と、三隅、カツシンは、水と油か、1たす1たす1が、3はおろか、2にもならず、というところか。
 まして、三隅、カツシンに加えて、撮影は重厚宮川だ。シュールかつブラックなコメディが成立する、メンツとは、到底思えぬ。清順か石井輝男か中川信夫あたりの得意技か知らん。
 しかし、ある種の映像派である三隅が、同じ映像主体の発想をする、清順、石井、中川との縁辺性を感じさせた、という発想もある。
e0178641_1647368.jpg 終映後、観客二人の会話を漏れ聞くと、「少し間延びしていて、寝てしまいました」と。
 いやぼくも、かなり、うつらうつらした(笑)。
 89分の映画で、あの三隅に、間延びした映画が、あったのだ!
 どんなプログラムピクチャアのジャンル映画でも、緊密な映画を作り続けた三隅にも、シマリのない映画もあったのね、という発見ですな(笑)。
 おそらく職人の三隅、伝統芸能のカツシンという、奇妙なユーモアを扱うには、もっとも不適な面々であったか。
 ただし、伊藤雄之助、藤村有弘らの、とぼけた味わいは、かなりのモノで。すばらしい。
 なお、万博の建設予定地での撮影、万博予告の看板と、万博イメージが強調され、ついには、万博に対抗する葬博と、アンチ万博の色濃い時代性も、珍味

「とむらい師たち」 Tomuraishi Tachi (1968年) 予告篇

 例によって、ホンペンでは、見たこともないフッテージがいくつか。
 特に、ラスト水爆後の廃墟をさまようカツシン、本編では、すすだらけではない、普通の顔。だって、投下後しばらく地中にいたのだから、爆風の煤などつきようがない、という設定だ。ということは、少なくとも2パターンで撮影したようで、そういう工夫が、垣間見える。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-03-06 16:49 | 三隅剣児女なみだ川と大魔剣 | Trackback | Comments(4)

綾瀬長沢たけしコマネチにんにく

 さる2月29日は、4年に一度のめぐり合わせであった。
e0178641_1155555.png 2月29日といえば、そう、ニンニクの日(笑)。
 まだあまり定着していないようだが(笑)、居酒屋でニンニク揚げを食いつつ、それを見たカウンターのお隣客が「今日は、ニンニクの日。TVでやってました。だから、あたしも食いました」と、話しかけてくる程度には、ニンニク、もとい認知されているようだ。
 この居酒屋には、かつお刺しがないので、そのあとスーパーで買って、普段ならしょうがだが、今日は、ニンニクで、食す。
 かつおには、しょうがもニンニクも、よく会う。なぜか、王道のわさびには「会わない」のは、どうしたわけだろう。

 今ピンポイントな界隈で話題の、さる手帳によれば、2月29日生まれには、マキノ雅弘、前田通子、原田芳雄、という、いかにも濃いメンバー。ニンニクをがつがつ食らうパワフルな面々そうで、面白いなあ。
e0178641_11563170.jpg さて、この日のひとり居酒屋のお供は、東スポ。
 東スポは、よほどのことがない限り、年2回しか買わない(笑)。
 たけしの日本映画大賞の発表号と、授賞式紹介号。2月29日は、後者。まあ、もっとも駅売店で目に入らなければ、買わない程度。
 その日は目に入ったので、たまたまですね。
 今回一面に大きくフィーチャーされた写真の小型圧縮版が、これだが。まあ、綾瀬主演賞、長沢助演賞、広瀬新人賞ということで、「海街diary」(新・今そこで感想駄文済み)3姉妹が登場。って、どこの映画賞でもすっかり、夏帆が無視されているのが、フビン。
 確かに、残り三姉妹ほど美人でなく、いわゆる劣化して、女優オーラが消えてはいるのだが。それなりにうまい脇役として、残っていくのではないかな。
 なお、この発表では、監督賞はたけしとのことだが、当日、急遽、たけしから「海街diary」是枝に変更。コマネチ効果か(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-03-02 12:00 | うわごと | Trackback | Comments(0)

滝沢英輔「無法一代」芦川いづみ

 神保町にて。「恋する女優 芦川いづみ アンコール」特集。60年、日活。
 正式タイトルは「廓」より 無法一代。「廓」は、原作小説タイトルだが、西口克己とは西河克己と酷似な名前だが、無関係なのか。
 うらぶれたカップル、三橋達也と新珠三千代が、くるわの町に流れてくる、という設定は、明らかに川島雄三「洲崎パラダイス 赤信号」(56年、日活)の、二番煎じか。三橋、新珠、いづみが、かぶっている。
 意外といっては失礼か、なかなか見せている。

e0178641_2273682.jpg13. 無法一代 <神保町シアターHPより>
S35('60)/日活/白黒/スタンダード/1時間42分
■監督:滝沢英輔■原作:西口克己『廓』■脚本:横山実■撮影:山崎善弘■音楽:佐藤勝■美術:松山崇■出演:三橋達也、新珠三千代、芦川いづみ、清水将夫、殿山泰司、沢村國太郎、利根はる恵、宇野重吉
『洲崎パラダイス 赤信号』の名コンビ、三橋と新珠が主演した色街もの。明治時代、京都・伏見中書島に流れ着いた男女(三橋・新珠)は、廓で小店を開き、やがて金の亡者となっていく…。悲劇的な遊女を演じる芦川の哀しみに満ちた表情が胸を打つ。*デジタル上映


e0178641_2241335.jpg うら悲しく、ただただ、流されていく「すざパラ」カップルと違い、本作の三橋新珠夫婦は、喰われるくらいなら、こっちが喰ってやろう、と貧しい女たちを女郎にして、くるわの主になっていく、向上心旺盛?カップル。
 その彼らに、喰われるのが、芦川いづみ。
 初見世で処女をむりやり奪われ、しかし馴れてくると、自ら客にしなだれかかる。やり切れんなあ、そういう役を、いづみが。
 同時に石原裕次郎相手のラヴコメで清純な乙女を演じつつ、こういうアダルトな役を、並行して演じるのだから、今のアイドル女優なら、まずは、考えられない。
 もっとも当時は、きわいセックスシーンは、まずは描写できないので、そういうキワキワのショットは最初からないものなので、どんなキワキワな役であっても、アイドル女優は、平然と演じることが出来るシステム。
 それは、いいんだか、悪いんだか。
 現代なら、娼婦の役は、たとえおざなりだろうと、そういうシーンも演じなければ、観客から、突っ込まれる。
 だからアイドル女優が、そういう役を演じることは、絶対に、ない。
 昔なら、そういうシーンは、はなからダメなので、芦川いづみなどのような清純派アイドル女優が、そういう娼婦・売笑婦役を演じることが、可能だ。
 どっちが、いいんだ。まあ、どっちも、ダメか。
e0178641_225293.jpg ぼくの隣に座った老齢カップル。70代と思しい。上映前、手塚家一族の話をさんざんしていたが(どこの手塚家だ)上映が始まり暗くなる前に、男が女の手を握ろうと、求めてくるが、女は、拒否。いや、注視していたわけではないが、すぐ隣だから自然と目に入るのよ(笑)。こいつ、若いときから、映画館が暗くなると、必ず彼女の手を握ってたんだろうなあ。ただし、今回、まだ明るいうちの手の動き、自然と眼に入っちゃいましたぜ(笑)。
 これは、夫婦モノではないな、とピンと来るのだが、この男のほうが上映中、ああアラタマだ、とか、ああ三橋達也、いい男だなあ、と「彼女」につぶやくのが、まる聞こえ。実際つぶやいた瞬間の三橋は、実に美男子。
 貧しい娼婦の芦川、病気で床に伏している際、「ああ、この着物、きれい過ぎる」。
 実際、貧しい娼婦が、こんな高価な華美な着物着ているのは、やはり、おかしい。
 言われなければ、特に意識にのぼらなんだ。
 老人のつぶやきは、名画座でも、宝だ。DVDでの副音声オーディオコメンタリーみたいなもんだ(笑)。
 そう、アイドル女優に、娼婦の役を押し付けるのも映画会社なら、その役に似つかわしくない華美な衣装をあてがうのも、また、同じ映画会社なのだ。
 まあ、映画会社も、女衒の一種か。
 現代の映画だけ作っていれば、そう予算もかからないのに、人は、なぜ、時代劇を作るか(本作の明治期も立派な時代劇)。いや、当時としては、華美な現代モノの映画より、簡素な時代劇のほうが、安上がりだったのか。どうなんだろう。
 映画全体としては、ほどほどのコクだが、まあスーパーではない。
 ただし、女郎・利根はる恵を足抜きさせる宍戸錠、その朝もやの川の小船など、絶品の映像。
 豊頬手術前の宍戸錠が、そこそこ二枚目で、悪い奴。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-03-02 02:29 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)

西河克己「春の夜の出来事」芦川いづみ

 神保町にて。「恋する女優 芦川いづみ アンコール」特集。55年、日活。
 下記解説を読んで、アタマに?マーク。若原雅夫と、芦川いづみが親子役?
 製作当時の基準からすれば、年の差はあるが、まだまだいづみの相手役としても通用する二枚目、確かに戦前からの二枚目だが、まだまだオーケーだろ若原。
 そういう先入観で、見に行ったら。なんと(笑)。

e0178641_1227171.jpg5. 春の夜の出来事 <神保町シアターHPより>
S30('55)/日活/白黒/スタンダード/1時間33分/
■監督:西河克己■原案:尾崎浩■脚本:河夢吉、中平康■撮影:姫田真佐久■音楽:黛敏郎■美術:西亥一郎■出演:若原雅夫、伊藤雄之助、芦川いづみ、三島耕、宮城千賀子、東山千栄子、夏川静江、左卜全
中平康が脚本を手掛けた軽妙洒脱な群像喜劇。ある財閥の当主(若原)と執事(伊藤)は、身分を隠して山間のリゾートホテルに休暇に出かけるが、それが娘(芦川)にバレてしまい…。ピーターパンの仮装を披露する芦川のキュートさは奇跡!*デジタル上映


e0178641_12275330.jpg 二枚目・若原雅夫は、ハゲヅラをかぶり、大ぶりのスーツの下に、いわゆるアンコというか、肉襦袢というか、とにかく、でっぷりした中年体型となる、予想外の老け役。
 相方となる執事・伊藤雄之助も、ごま塩のカツラで、伊藤的には意味不明な(笑)老け作り。もともと老け顔なのだから、メイクの必要あったのか(笑)。
 端正な二枚目の若原に、意味不明な老け役とは。おそらく現実離れした、ほのぼのコメディを目指したのだろうが。

 財閥の何代目かの社長・若原は、系列企業の菓子メーカーの懸賞にこっそり応募。菓子の空き箱を使っての工作で、なんと懸賞2位。
 その工作した飛行機を無心に操る若原。それを財閥のボンボンの幼児性と見るか、天真爛漫さと受け取るか。
 懸賞のごほうびは、これまた系列企業のホテルご招待。
 かくて、自分の部下たるホテル支配人たちを偽るため、若原は貧乏人に身をやつし、執事・伊藤を、金持ちの社長に擬して、お忍び旅・・・・って、ハリウッド映画で何度も見た、いわゆる身分逆転コメディを、目指した、と思しいが・・・・。

 なお懸賞1位は、リアル貧乏人の三島耕、日活のホントウの一時期、二枚目として扱われ、確か鈴木清順の監督デヴュー作でも主演しているが、まったく大成できなかった。
 この三島や伊藤が、ホテルでは金持ち扱い、いっぽうの若原はホテル側が身分相応と判断した屋根裏部屋に宿泊。
 金持ちが貧乏人の「何にもない自由」?に、憧れ?、貧乏人が金持ちの享楽を疑似体験する。ハリウッドお得意の格差逆転コメディだが、あまり工夫もなく、最初は面白いが、だんだん凡庸に。まあ、凡作。
 金持ち令嬢・芦川いづみは、そうとは知らず貧乏青年・三島と恋仲に。
 まあ、ありがちな展開。芦川ではなくても、誰でもいい若手女優が、やっていい役で、芦川である必然性はまるでなく。
 当時は助監督か、共同脚本の中平康が、監督すればもっとましになったのかもしれないが。まあ、西河克己なりの凡作ですかね。あるいは松竹で木下か。
 なお黛敏郎が「黛敏郎と称する男」を演じている。似ていることをいいことに、どうやら有名人を詐称して、高級ホテルに泊まる男らしい。ところが、ホテルに本物の黛敏郎夫妻からの予約が入ったことから、雲隠れ。
 黛は、シロウトとしてはシロウトなりに、ちゃら男を好演。しかし、そういうエピソードであるなら、最後は、本物の黛敏郎&桂木洋子夫妻と、ニセ黛とを、交差、ないし擦れ違いすべき。画竜点睛を欠いた。
 桂木洋子は、当時の日活映画で主演もしていたのだから、そういうしゃれっ気が、ハリウッドとの差なんだよなあ。木下なら絶対出したよね。
 って、単に桂木洋子を見たかっただけか(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-03-01 12:47 | Trackback | Comments(0)