<   2013年 12月 ( 22 )   > この月の画像一覧

島耕二「都会という港」

 阿佐ヶ谷にて。「千客万来にっぽん暖簾物語」特集。58年、大映東京。
 ナイス。まあ、そこそこ凡庸なコメディから出発しているのだが、お邪魔ビンラディンさん言うところの、大映そこそこコメディの素晴らしさ。
 大坂の船場の綿布問屋の長女・山本富士子の、老舗再建を描きつつ、その瓜二つの妹(山本富士子当然の二役)の、駆け落ち問題も、扱う。
 大輪の花のように華やか、かつゴージャスな美貌、そして天然コメディエンヌの生まれ持った、愛くるしいおかしみ、山本富士子の絶品。山本富士子が歩く大阪の街、その背後に「富士フイルム」のネオンサインさえ、ほほえましい(ただし、本作は絶美な大映アグファカラー)。
 有り勝ちなドラマを軽々と展開、その楽しさ。そして、ある意味予想の範囲内とはいえ、<驚きの結末>が、ドラマの<オンナ前>を、さらにアップ。そのオドロキを体現する興信所の探偵・菅原謙二も、図々しさゼッコーチョー。いいなあ。
 山本富士子の「ちんまりとした父」小川虎之助も、いつもながら楽しい。出てくるだけで、ニコニコ。
 のちのTVドラマで、近衛十四郎の相方として爆発的人気のコメディ演技とは真逆の、<暗い二枚目>時代の品川隆二。まるで監督島耕二の役者時代の木村荘十二「純情の都」 (感想駄文済み)で、自身が演じた色悪を髣髴とさせ、面白い。

 島耕二演出もゼッコーチョー。
1 山本妹の家出を菅原謙二に語る、山本姉と虎之助父の回想シーンが、世界回想シーン史上?でも、一二を争う?POPさ。タランティーノなんてメじゃないってーの。しかも、本当は山本姉の回想なハズなのに、父・虎之助に主に語らせる、という、どこまでもの、トリッキーぶり。
2 菅原の、ちんけな雑居ビルのちんけな興信所事務所、山本妹のアパートなど、別の島耕二大映映画でも特徴的だった、ほの暗いシーン、時には人物も真っ黒、顔も表情もわからないような暗さ、その演出の確かさ、華やかさ。
 そう、真っ黒なシーンでも、島演出、華やかなのだ。大映美術陣の重厚かつ華やかな美術、アグファフィルムの重厚かつ華やかな艶めいた発色。真っ黒な暗色のシーンでも、格段な華やかさは演出できるのだ。素晴らしい。
 アグファカラーのすばらしさは、小津だけじゃないぞ。大映、なかんずく島耕二のすばらしさは、どうだ。
(といいつつ、ご本家ドイツ映画のアグファカラーをほとんど見ていないのが、残念)
 ちなみにこの興信所事務所の雰囲気、何とはなしに「純情の都」の、チバサチのオフィスと、なんとなく似ているのが、にやり。

★都会という港 | Movie Walker★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-12-30 23:52 | 島耕二と行くメロドラ航路 | Trackback | Comments(3)

安倍靖国参拝、爆笑オバマ夫婦

1/3【年末SP討論】年忘れキャスター討論会[桜H25/12/27]


2/3【年末SP討論】年忘れキャスター討論会[桜H25/12/27]


3/3【年末SP討論】年忘れキャスター討論会[桜H25/12/27]


◎おまけ◎日本の週刊誌では、安倍夫妻の不仲説が格好のネタだが、こちらの夫婦も、面白い(笑)。安倍参拝を非難している場合じゃないよね(笑)。

★オバマ夫婦★

★オバマ夫婦★

★オバマ夫婦★

★オバマ夫婦★

★オバマ夫婦★

★オバマ夫婦★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-12-30 22:52 | うわごと | Trackback | Comments(0)

本間千代子:東映少女アイドルという稀有な存在

 感想駄文済みの「君たちがいて僕がいた」以来気になっているのが、アイドル女優・歌手の本間千代子。
e0178641_2021352.jpg ユーチューブでは、そのレコード歌手音声もいくつかあるのだが、ダンゼン映画の映像のほうの彼女が、素晴らしい。
 今回、彼女の子役時代のものを見つけたので、改めてフィーチャーしたい。

本間 千代子(ほんま ちよこ、1945年1月29日 - )は、日本の歌手・女優。本名同じ。長野県上伊那郡伊那町(現・伊那市)生まれ、東京都杉並区育ち[1] 。夫は音楽プロデューサーのひのきしんじ。
 杉並区立高井戸第四小学校に通うようになってからは「みすず児童合唱団」で歌の勉強を続ける。先生はやがて姉の夫となる当時高校3年生であった冨田勲(後にシンセサイザーアーティストとして著名)であった。その後ポリドール児童合唱団に所属し、昭和26年(1951年)1月にはNHKから『けんけん小雉』『お菓子の汽車』が放送される(同合唱団には倍賞千恵子がいて、その後も友好を保つ)。
 当時雑誌の人気投票で吉永小百合を抜いて1位になることもあり[4]、ブロマイド売上げでも高位をキープしていた。(以上ウィキペディアから抜粋引用)

東映教育映画 六人姉妹 1959

★日本映画データベース/六人姉妹★
◎追記◎これのどこが「教育映画」なのだろうか(笑)。六人姉妹ということで、女子中学生向けの「家族(学校)での人間関係について考えよう」ということなのか?

17歳のこの胸に 本間千代子 西郷輝彦  鹿児島ロケ

 たいへん愛らしい本間千代子と西郷輝彦。
 ちなみに、貧しい時代には、フレッシュな大根を生齧り→この映像をアップした「現代人」は、大根ナマは想定外→現在は、大根サラダは女子に人気→時代は、めぐるのだ。
◎追記◎ぼくにとって大根サラダはあんなまずいもの、どこがいいのか、と(笑)。

西郷輝彦=十七歳のこの胸に=

★チャペルに続く白い道(西郷輝彦)(再:本間千代子編)


舟木一夫「君たちがいて僕がいた」 YouTube

 
映画「君たちがいて僕がいた」(東映/64)

 
★music39【おはようサタデー】personality 本間千代子★

教育映画 続 六人姉妹 1962

 たいへん楽しいが、本間千代子は、出ていない。アイドル女優として、忙しかったのだろうか。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-12-29 03:52 | 業務連絡 | Trackback | Comments(0)

韓国は出来の悪いコメディアンだ

以上2チャンで拾ったウワサ
◎ホントウかよ韓国軍
『国連の公式発表』で韓国軍は日本以外からも
・インド軍からトラックと装甲車
・ルワンダ軍からヘリコプター
・米軍から銃弾5000発
を借りているんですが。
貧しいルワンダからも、パクっていたのか(笑)。しかもヘリコプター?  足りない足りないと、オレオレ詐欺常習犯じゃないか韓国軍

◎2013/12/27 韓国政府は借金100兆円と発表してたのにIMFが
「嘘つけ、監査する」って言ってきて 急いで「本当は1500兆円」ですって発表したけど、
それでもIMFが「それも嘘だろ。監査する」
って言われてた監査の結果発表が、年末か年始に出るんだよ。
だから、韓国は日本に乞食しにくる気だったんでしょう。
なくなりましたけどね。
後、アメリカが韓国と仲良くして欲しいのは、そのIMF絡み。
韓国の主要銀行の7つの内の6つはアメリカが出資している銀行。
日本が韓国を見捨てたら、アメリカが助けるしかなくなるのです

◎よりによって韓国が日本の
武器輸出三原則の撤廃、
集団的自衛権の承認に繋がる
PKOでの小銃弾くれくれ。
案の定、韓国国民総火病でクネ政権gdgd。
その直後、毛の誕生日に靖国参拝。
中韓欧米露が遺憾の意を表するも
韓国以外は具体的な動きなし。
その翌日に普天間、辺野古移設の埋めたて
沖縄県知事が承認。米が最大限の賛辞。

このシナリオ誰が書いた?
器用すぎるだろうwww

◎・息をするように嘘をつく国
・恩を仇で返す国
・知れば知るほど嫌いになる国

今年1年でこれが知られてきたけど、最期にそれを最も象徴する出来事がおきましたなw
この3つが全部詰まったのが、銃弾提供事件。

◎毎度毎度、こっそり頭下げに来ておいて
助けてあげると
ふんぞり返ってコケにするから、
ハナから本当のコト言っただけだろ

◎32万円の弾だけでなく
Wカップの建設費300億も返せよ
韓国は、日韓ワールドカップや、88年韓国オリンピックのメインスタジアムも日本からの「借金」で建設したのに、なんら返済していないらしい(笑)。

 しかし、こんな「事件」ばっかり起こると、イロイロ2チャンなどうろつき、映画の感想駄文が、たまるいっぽう(笑)。

◎首相参拝でまた大騒ぎ、靖国神社には韓国人の英霊も
産経新聞 12月28日(土)12時30分配信

1970年代に韓国に語学留学した当時、大学周辺の行きつけの食堂の主人が日本統治時代、満州で日本軍(関東軍)の上等兵だったといい「日本が戦争に勝っていたら自分は今ごろは米国のカリフォルニア州あたりの知事になっていたかもしれない…」とよく冗談を言って笑っていた。

韓国は安倍晋三首相の靖国神社参拝にまた大騒ぎだが、靖国神社が話題になる度にこのエピソードを思い出す。
日本は韓国と戦争したわけではなく、逆に韓国人は日本人と一緒にアメリカや中国と戦ったというのが歴史的事実だ。
だから韓国はいわゆるA級戦犯など米中ソなど連合国による極東裁判には関係ない。
あの裁判は日本の朝鮮半島支配を裁いたものでもない。

日本が戦争に負けた後、韓国は日本と一緒だったという過去(協力?)の歴史を懸命に消そうと、すべてを日本による強制だったとする“強制史観”で国民を教育し、今やみんなそう思うようになった。

靖国神社には日本とともに戦ってくれた台湾の人や韓国人の英霊も多数、祭られている。
その中には戦犯として処刑された韓国人の霊も含まれている。
安倍首相は参拝に際し彼らにも感謝と慰霊の言葉を発すればもっとよかった。
今の韓国が何といおうとそれが日本としての誠意である。(黒田勝弘)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131228-00000529-san-kr

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-12-29 01:32 | うわごと | Trackback | Comments(0)

下井義一「マダムと押売り」

 ユーチューブにて。1959年、下井プロ。8ミリ。
 なかなか面白い。夫が制作監督し、その妻が主演、親戚のヒョーキンもののおじさん(ありがちや(笑))が助演という8ミリ自主制作映画。
 なぜか、当ブログの元URLに引っかかり、たまたま逆探したら、こんなのが引っかかりましたという。



 父が監督制作、母が主演、その子がポストプロダクション(これもなかなかよい)ああ、いいなあ。なんだか、とっても、あったかい。

>アップロード日: 2010/10/25   アクセス45,150
☆54年後、息子が撮ったコメディー作品「ごはんとたくあん」
http://www.youtube.com/watch?v=QY3VAX...
☆HP http://www.geocities.jp/cinemadon2004/
大掃除の時に偶然、押入れから出てきた今は亡き親父が50年ほど前に撮ったと思われる­謎のコメディ映画です。監督は親父 主演は母親 共演は親戚のおじさんです。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-12-27 23:42 | 傑作・快作の森 | Trackback | Comments(0)

どこまで下劣なバカなの朝日新聞

 安倍首相の靖国参拝に対応する、朝日新聞の社説がバカすぎる。
 全体もバカだが、特に最後の結論?が、もう知的障害レヴェル

■新たな追悼施設を
 安倍首相に問いたい。
 それならば、軍人だけでなく、空襲や原爆や地上戦に巻き込まれて亡くなった民間人を含む すべての死者をひとしく悼むための施設を、新たにつくってはどうか
 どんな宗教を持つ人も、外国からの賓客も、わだかまりなく参拝できる追悼施設だ。
 A級戦犯がまつられた靖国神社に対する政治家のこだわりが、すべての問題をこじらせていることは明白だ。 戦後70年を控えているというのに、いつまで同じことを繰り返すのか。
★(社説)首相と靖国神社―独りよがりの不毛な参拝:朝日新聞デジタル★

 すべての死者をひとしく悼むための施設を、新たにつくっても、戦争にまつわるすべての死者を、無差別無審査で、召還する施設なのでしょう。で、あるならば「いわゆるA級戦犯とされた者」も、また、含まれるのでは、ないですか。
 こんな「新たな施設」を作っても、中韓は、やっぱり、罵倒するのでは。
 屋上屋を架した施設を作って、しかし、「現状」と、なんら、変わりない。トコトントンマだな、朝日新聞。
 いや、むしろ左巻きお花畑な新たな施設を作って、しかし、現状はなんら変わりない、中韓暴れまくりのシチュエーションを いつまでも延命させるという、売国くされ左翼の理想郷を、リクリエートするということなのだろう。
 ひどいな、くされ左翼は。うーん。「いつまで同じことを繰り返すのか」というのは、お前らだろ。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-12-27 22:54 | うわごと | Trackback | Comments(2)

さすが売国奴毎日新聞

 靖国神社を、言うに事欠いてYasukuni war shrineとは、何事か。くされ左翼が。

★Japanese prime minister visits Yasukuni war shrine - 毎日新聞★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-12-27 00:45 | うわごと | Trackback | Comments(0)

カテゴリに「事件記者」追加

 ラピュタ阿佐ヶ谷が、2014年の1/11~3/9に「事件記者 BUN-YA SPIRITS」特集として、映画版全12作をレイトショー上映。
詳しくは、HPをごらんあれ。
 当方、全12作中6作は感想駄文済み。ま、うち1作は1行で済ませるズサンさですけど。で、これを期になるべく見て、コンプリートする予定。出来るのか(笑)。
 そのためカテゴリ(当ブログの右側柱の、中ほどあたりをごらんあれ)にも、追加。
 寄る年波で、このところ敬遠していたレイトだが、果たして見れるのか(笑)。対象作はいずれも50分前後の中篇だから、可能性は高い(笑)。
山椒は小粒でぴりりと辛い、中篇サスペンス。出来も期待しております。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-12-22 16:25 | 業務連絡 | Trackback | Comments(0)

渡辺裕介「カレーライス」

 阿佐ヶ谷にて。「千客万来にっぽん暖簾物語」特集。62年、東映東京。ニュープリントにて12/24(火)まで上映中。
 弱小出版社が倒産してしまい、その同僚社員だったカップルが「小さくても一国一城の主」を目指し、カレーライス屋を開く。
 軽快な物語に、二人の恋模様も絡む、お定まりといえばお定まりの展開だが、大空真弓、江原慎二郎のふたりも愛らしい、東映らしからぬ、軽快小品。
 ラスト、左ト全の登場に、心和む。なりはムサいが、まるで「福の神」。鈴木清順「素っ裸の年齢」では、左ト全の頭からホントウに後光がさしていた(笑)が、むろん東映も渡辺裕介も、そんな素っ頓狂はしないけれど。
 江原の幼なじみに、筑波久子が軽い助演。
 日本では主演女優には、大空真弓のような清純派が幅を利かし、彼女のように、派手な容姿で清純派が似合わない女優は、割を食う。もっと活躍してもいい女優だったのに、軽く扱われ、やがてアメリカに行ってしまう。

 なお本作、たいへん楽しい軽快品だが、次の2点で、ぼくはドン引き(笑)。
 冒頭、大空真弓らが大量の返品本を、バンバン乱雑に投げ出し、本の山を築く。こんなに乱雑すぎると、後の処理がかえってたいへんだと思うが、本を結束する荒縄も緩む、ご乱暴振り。本好きとしては、心が痛む(笑)。
 しかも、こんな乱暴な処理をしている出版社なのに、あとで大空真弓のかわいい嘘(半額行商のために「出庫」した本の冊数ごまかし)が、ばれる(笑)超優秀な在庫管理。社内にも返品本の山が乱雑で、崩れて雪崩を起こしたりもするのに、かくも精密な在庫管理は、まさに驚嘆に値する(笑)。
 ただし、その乱雑に扱われる本のヤマの中に、阿川弘之著「カレーライス」も含まれていて、大量に返品されている描写に、大笑い
 たぶん見ていない可能性が高い(笑)と思うが、阿川が本映画を見たとしたら、この原作本の扱いに怒髪天をついたのではないか(笑)。

 次におそらく場内全員が凍りついたであろう(笑)若水ヤエ子の発言。いや、彼女の演技の全体は、江原の下宿先の三十娘の、軽快コメディなのだが、現在の時点から見て、その発言、「言い過ぎ」(笑)というか、それを全肯定している「恋する乙女」状態の演技に、今、ついていける人は、一人もいまい、という。
この2点さえのぞけば、楽しい軽快品で。

★カレーライス | Movie Walker★ 

 
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-12-22 10:41 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(4)

丸林久信「御用聞き物語」(正・続)

 阿佐ヶ谷にて。「千客万来にっぽん暖簾物語」特集。57年、東宝。第1作は61分、続編は60分。
 同じ年に公開された中篇2本、おそらくいっぺんに撮影したものだろう。添え物2本を同時に撮って、経費を効率的にしようという算段か。なお、下記のMovie Walkerでは、同日公開になっているが、コピペのミスだろうか。
 正編では居酒屋の御用聞き・小林桂樹がメイン、クリーニング屋の御用聞き・中村メイ子がサブ。続編では、メイン・サブが逆になる、粋な構成だ。
 ◎追記◎もちろん、上記居酒屋は、酒屋のまちがい。日ごろ、酒屋より居酒屋をゴヒイキにしているがゆえの、ミス。とほほ。

 相変わらず、小林桂樹の安定感は、いつもどおり、ただならない。
 ほのぼの青春明朗労働ムーヴィーの、快を、ひとりで担保する。たぶん、まだはたち前の中村メイ子は、それなりにがんばっているが、<大人の役者としては大成しなかった子役出身>パターン。なんだか、<大人としての味>には、いたらず。
 なお、メイ子の父親役の坂本武、戦前松竹時代ののんしゃらんさ、天然ボケ振り、戦後でも、たとえば清水宏映画その他の闊達さの域に達していないのは、東宝の水には、合わなかったのだろうか。
 B型(推定)のんしゃらんの坂本は東宝の水に合わず、A型(推定)のんしゃらんの小林は東宝の水に合う、というところかしらん。
 のちにメイ子と結婚する神津善行が音楽担当。

 当時の御用聞きとは、玄関からではなく、勝手口から出入りし、注文を受けたり、注文間に合っていたり。
 また、別の店の品も、「ついでに頼んできてよ」と、請合う。それは一円の利益にもならないが、サーヴィスだ。まあ、今風に言えば、一種の「二級市民」扱いか。
 こういう個人商店の注文聞きも、やがて「主婦の店・ダイエー」をはじめとするスーパーが勃興して、駆逐されていくだろう。
 個人主義が発達してくると、それまで<自由に使える公共の使用人>として<便利>だったものが、<赤の他人>を家に入れる<不快感>に、取って代わられることになるだろう。
 夫が怪我をしたために、貧しい中北千枝子は、小学生の娘に、給食費も待ってもらい(「来月には払うから」)、「学校みんなで行く映画」の30円は、「後で、もっといいとこに連れて行くから」と、我慢を強要。小林桂樹は気の毒に思い、給食費はさすがに払えないが、映画代30円くらいは、と少女に、「貸す」(「後でお母さんに返してもらうから」)。
 大喜びの少女。
 また、呆けて小林を息子と間違えている御橋公老人には、息子としての芝居をして、応えてあげる。
 一文の利益にもならない、経済的には、むしろ付き合う時間もお金もマイナス、そういう<利潤追求とはまったく真逆な>非経済的行為。経営者としても労働者としても、まったく非効率。
 消費者としても、これらの非経済的行為が、だんだん重荷に感じてきて、やっぱりタダより高いものはないのだ、と思い至り、こういう<重い>行為は、だんだん排除されていくだろう。
 しょせんお金のやり取りの売買行為なんだから、もっとビジネスライクにやろうよ、という消費者供給者双方の合意納得の上で、かくて御用聞きという前近代的システムは、胡散霧消。
 小林桂樹・メイ子の御用聞き仲間・堺左千夫の結婚式。
 お寺での仏前結婚式が一番安いからという理由で選ばれたのだが、御用聞きという<非効率的>システムの従事者が、安いから、という<効率的>理由で選んだ仏前結婚式が、効率結婚式の権化・沢村宗之助和尚に、無慈悲にせかされるという皮肉かつ、暗示的展開。効率は、非効率に駆逐されるという現代的な、凡庸さ。
 ◎追記◎またまた誤記。「非効率は、効率に駆逐される」でしたね。

 中村メイ子は、あんまり親孝行な働き娘。だから、父親・坂本武は、安心して、仕事をサボるようになった。
 ここは、親孝行をやめて、もっと不良娘になった方が、かえって親のため、だから親孝行のため親不孝をなさい、とクリーニング職人の雇い人・佐田豊に、さとされ、孝行娘のメイ子は、不良になって夜遊び決行(笑)。
 うーん、ここら辺が時代だなあ(笑)。無理して無理して親不孝、だけどやっぱり無理しきれないって(笑)。
 桂樹にセマられ、あたふたと拒否する、って、メイ子のキャラに合わないのも、時代だなあ。
 セマる桂樹も、似合ってないけど。
 ここでも<非効率な親孝行>が<効率的?現代的な親不孝>に駆逐されていく比喩か。<プレイとしての親不孝>は、<リアルな親不孝>の先触れとして、試みられ、そして、やがて、拡大し、決定的に肥大化していくだろう。
 <前時代的>凡庸さが、<現代的>凡庸さに、駆逐されていく。

★御用聞き物語 | Movie Walker★

★続御用聞き物語 | Movie Walker★

 
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-12-21 01:48 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)