<   2013年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

森永健次郎「美しき抵抗」

 阿佐ヶ谷にて。「蔵出し!日活レアもの祭」特集。60年、日活。
 59分の中編ながら、いや、だからこそ、なかなかタイトな快作。10/5(土)まで上映中。
 しかも、吉永小百合史上絶美の美少女ぶりが、目に楽しい。
いや、ホント、この時期の小百合はいつも超かわいいが、本作のような絶対的愛らしさは、見たことがない(笑)。ホントウの美少女は、モノクロ映画でこそ、映える。
 北沢彪・高野由美夫妻の娘たち、長女・香月美奈子、次女・沢阿由美、三女・吉永小百合の、三姉妹モノ。
 三姉妹モノ、四姉妹モノでは、誰か一人二人をメインにして、ほかはおざなりというのもありがち。特に日活では、四姉妹ものの三女・吉永がメインというのは、割とありがち。
 ところが本作、比較的時間が短いにもかかわらず、三人をほぼ均等に描き、さらに両親にも時間を割き、短いのに、いやだからこそ、凝縮した見ごたえたっぷりのホームドラマ。普通より30分短い分、だらけたシーンは絶無で、楽しい。
 香月美奈子いつもどおりたいへん愛らしく、吉永小百合愛くるしすぎる。ただ、間に挟まった沢阿由美のみ、かわいいが、主役オーラゼロ。
 吉永のカウンター・パートナー(笑)は当然のことながらクラスメイト・浜田光曠 (のち光夫)、沢阿由美のは、絵に描いた好青年の大学生・沢本忠雄。香月のは、これちょっと華のない梅野泰靖。ホームドラマだけではなく、娘たちの青春も、短い時間のなかで、充実。
 香月が両親に、デートしてきた梅野を大いにくさす。すると、インサートショットで、下宿にいる梅野が、香月のデートでの言動をニヤニヤ思い出し笑い。ナイス。
 深夜、両親たちの会話を、布団の中で寝ていながら漏れ聞いた長女、次女、感動して涙を流し抱き合う。
 ここに三女・吉永の描写がないのが惜しい。ほんの一瞬、末っ子だけがぐっすり熟睡しているショットの数秒がほしかった。
その前に、熟睡する吉永に、母が人形を添い寝させるシーンがあるだけに。残念。
 その人形は「反戦啓蒙、農村の近代化啓蒙」をテーマにする人形劇に使用する、吉永、浜田ら高校生の演劇サークルが使用するもの。さすが吉永、すずめ百まで左翼忘れずか(笑)。
 なお吉永は主題歌も劇中歌も歌わず。かわりに浜田と、クラスメイト女子が歌う。このころは、主題歌、歌わせろ、と文句をつけなかったのね(笑)。

★日本映画データベース/美しき抵抗★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-30 00:03 | 傑作・快作の森 | Trackback | Comments(0)

若杉光夫「警察日記 ブタ箱は満員」

 阿佐ヶ谷にて。「蔵出し!日活レアもの祭」特集。61年、日活。
 久松静児「警察日記」55年は、日活初期の秀作として有名だが(しかし現在の目で見れば水準作)、その企画の、後追い。
 しかし久松作品に、比べるまでもない、いささかカチャカチャした軽品。
 署長・嵯峨善兵、次長・大町文夫(なかなか味のある人で、映画であまり見かけないのが不思議)、巡査に沢本忠雄(若手の主役)米倉斉加年、大森義夫 (このひとも大町どうようTVドラマで人気の人か)らの、山形の山村での、警察活動と、村人が描かれる。
 沢本の幼なじみに、吉永小百合。超かわいい美少女なのは、いつもどうり。
 集団就職で、近くの町の紡績工場へ。しかし、募集要項とは大違いの悲惨な労働実態で、逃げ帰る。しかし、父ちゃん(あまり見せ場のない宇野重吉)は大酒のみで、かあちゃんは借金返済のため、家から離れて、旅館でただ働き。ということで、女衒・佐々木すみ江にだまされて、東京の赤線だか白線だかに、身売りされかける。
 沢本巡査、それを救えるか、というメイン・エピソードともいえないぬるいエピソードが、いくつも。
 鉄道鉄橋を歩く自殺未遂男に、武藤章生。日活アクションの脇役だが、こんなに出番の多いのは、はじめて見た。

 なお市川崑「映画女優」の感想駄文で、山本薩夫「ああ野麦峠」で、最初吉永にオファー、しかし吉永は「自分が歌う主題歌がない映画」だからという理由で断った、という聞きかじりのエピソードを紹介したが、昨日の朝日新聞別刷りの熊井啓「忍ぶ川」特集によれば、
 「忍ぶ川」主演オファーは、最初は吉永に。
 しかし吉永は(マネージャー格だった吉永父の意向も含む)、
1 モノクロをカラーに変更すること
2 自分が歌う主題歌をつける
3 初夜のシーンをカット
 という条件を出したという。結局、のちに栗原小巻主演で作られた「忍ぶ川」の美点を、全部ひっくり返すアホ要求であることがわかる。

 吉永小百合、かわいいだけじゃ駄目なのよ、というエピソードだ。
 そんなお花畑な吉永は、今現在も、反戦などをちゃらちゃら主張する、お花畑っぷり。
 アイドルも、左翼諸君も、きれいごとしか目に入らない、すべての選択基準はお花畑の現実回避、という点で共通するのかしら。
 吉永は女優としても、父親の手を離れていても、ちゃらちゃらした作品選択で駄作凡作に出続けている(最新作「北のカナリア」は未見)。
 熊井啓が、もちろん誰が見ても栗原小巻はベストの選択ではあるが、吉永と同年一日違いの誕生日の栗原を起用したのは、まあ、ちょっとは、吉永へのイヤミもあるんじゃないかな(笑)。

★日本映画データベース/警察日記 ブタ箱は満員★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-29 09:44 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)

谷口千吉「やま猫作戦」

 阿佐ヶ谷にて。「漢★佐藤允!BANG!BANG!BANG!」特集。62年、東宝。
 谷口千吉としてはそこそこ面白いが、でもやっぱり凡匠・谷口千吉なりの面白さ。
 岡本喜八「独立愚連隊」シリーズ第3作とのこと。
 新人少尉?夏木陽介、伊吹徹の二名が、中国戦線の最前線基地に、新任。部隊長・中丸忠雄と、同期だが遊軍(勝手にいろいろなところに出没している独立?軍人)佐藤允と出会う。
 適当にドンパチがありまして、敵ゲリラ(こちらも非正規軍の色合い強し)隊長・田崎潤、副長・堺左千夫ら(日本軍協力者を装いもする)と、戦う。
 こういう映画だと、佐藤允の粋さが、引き立つ。
 しかし、この映画、見ている間終始、軽いイラツキを覚えるのは、新人とクレジットされ、佐藤允、夏木陽介と三枚看板で主役を張る、伊吹徹。
 この伊吹が、演技はそこそこうまいのに、全然主役の華がない。演技も顔も、見ていて、何のかんがいも湧かない。
 なんと言ったらいいか、演技も顔も雰囲気も、味も素っ気もない。
 一言、二言で消える脇役ならともかく、主役として延々と、画面をうろちょろするのは、見ているこちらは苦痛ですらある。
 何でしたっけ、 「スターウォーズ」の不人気新キャラとして、一時話題となったジャージャー何たらと、顔も似ているような(笑)。
 見ているだけで、むかむかしてくるタイプ(笑)。いや、主役として、ね。
 続けて見た福田純「血とダイヤモンド」(感想駄文あり)の、準主役でデヴューした石立鉄男の、天性の愛嬌、役者としての華やかさ、と比べるもないぼんくらぶりだ。
 その点、夏木、佐藤、そして田崎、堺など、長年スクリーンで活躍している俳優は、さすがに、見ていて楽しい華がある。

 メチャクチャ色っぽい顔の芸者・水野久美と、清純クーニャン・星由里子が、文字通り花を添え、そちらで伊吹徹のお口直し(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-29 08:18 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

消費税増税

 消費税増税を、しないと、「決められない政治」そのものだ、とマスゴミは言うのだが。
 逆でしょう。
 昨年のデフレ志向(維持)の時代の、暗黒民主党政権時に、自民党・公明党を巻き込んで決められた、消費税増税を、そのまま通すのは、既定路線の維持、逆に、すでに決められている既定路線をひっくり返すことこそ、「決められない政治」の逆なのではないか。
 また、消費税増税を支持するマスゴミが、自らの新聞などの軽減税率を求めるという、夜郎自大。
 増税を認めないというなら、せめて自らの軽減税率を、というのなら、まだわかるが?増税支持、自分たちは軽くしてね、というのは、ホントウにお下劣お下品ですよね。

【アーカイブ】上念・倉山・浅野、緊急警告!ふたたび消費税増税を・・・・


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-25 21:20 | うわごと | Trackback | Comments(0)

清水宏映画ベスト<オールタイム編>

 では、いったん作った、戦前版、戦後版を、統合してみよう。

1 按摩と女(戦前1位)
2 簪かんざし(戦前2位)
3 霧の音(戦後1位)
4 恋も忘れて(戦前5位)
5 家庭日記(戦前6位)
6 大仏さまと子供たち(戦後2位)
7 歌女おぼえ書(戦前7位)
8 母のおもかげ(戦後3位)
9 踊子(戦後5位)
10 母情(戦後4位)
次 有りがたうさん(戦前3位)花形選手(戦前4位)

 もちろん個人的かつあまりに恣意的なものであり、数時間後にさえ、順、作品は、変わってしまうだろう。
 その程度のものであるが、いまの気分は、こうだ。
 まあ、映画なんてしょせん嗜好品なのであり、科学的絶対基準など、ないもので(言い訳がましいな)。
 しかし、清水映画を特徴付ける華麗なメロドラマ、社会派コドモ映画のうち、前者が、より好きなものとしては、こんなところか。

最優秀主演女優 桑野通子(恋も忘れて 家庭日記 恋愛修学旅行 恋愛豪華版 彼と彼女と少年達 他多数)
最優秀主演男優 上原謙(霧の音 家庭日記 歌女おぼえ書 有りがたうさん 恋愛豪華版 彼と彼女と少年達 他多数)

 清水映画最強のふたりに。もちろん、いまだ見ることがかなわない「恋愛修学旅行」「恋愛豪華版」「彼と彼女と少年達」他への、期待も含めて。

最優秀助演女優 吉川満子(銀河 金環食 東京の英雄 金色夜叉 風の中の子供 家庭日記 他多数)

 このひとと、絶品な葛城文子は、戦前松竹が誇る鉄壁の母親・オバサン女優。そのコミカル版が飯田蝶子と岡村文子。
 
最優秀助演男優 佐分利信(按摩と女 女醫の記錄 金色夜叉 家庭日記)

 どうしても佐分利信の名前を残したくて。事実「家庭日記」「女醫の記録」以外は、助演だし。なら、なぜ、<戦前編>で主演扱い(笑)。それはサブリンの場合、助演でも、主演並みの圧倒的存在感があるから(笑)。ようは、好きだってことよ(笑)。

特  別  賞 日守新一 斎藤達雄 大山健二 坂本武

 清水、小津だけじゃなく、どんな作品でも大活躍の戦前松竹コミカル・ボーイズたちに。まあ、坂本武はおじさんだが。これに河村黎吉を加えれば、どんなに鈍な脚本・演出でも、必ず楽しめる(笑)。

★日本映画データベース/清水宏★
★日本映画データベース/出演者別・清水宏★
★日本映画データベース/吉川満子★
★日本映画データベース/葛城文子★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-24 09:02 | しぃみず学園清水宏おぼえ書 | Trackback | Comments(0)

ああ、左翼久米宏の論理はめちゃくちゃなり

 以下は、2ちゃんから、拾った駄文。
>【東京五輪】 久米宏が反対を表明 「反対の最後のひとりの日本人になっても、反対は続けていく」★4
14日放送のTBSラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」で、久米宏が2020年の東京オリンピック開催に異を唱えた。
>「東京がというか、日本は、オリンピックを招致するよりも他にやることがあるだろう、今」と語る久米は、(以下略)

 逆にお聞きしたいものだ。
 イスタンブールは、マドリードは、「オリンピックを招致するよりも他にやることがある」モンダイが(一切)ないんですか、と。
 イスタンブールや、マドリードが、そういう問題が(一切)ないのに、東京が、この2都市を差し置いて、オリンピック開催するのは、確かに、センエツかつモンダイですね、久米さん。ボンクラ心情左翼な久米さんが言っているのは、そういうことですよ。
 東京も、イスタンブールも、マドリードも、問題ありまくりですよ。
 でも、久米さんたち心情左翼の論理にこだわっていたら、「オリンピックを招致するよりも他にやることがある」モンダイが(一切)ない国が、この現世にひとつでも、存在するんですか。あったら、教えてくださいよ、久米さん、左翼諸君。
 たぶん、世界中を鉦や太鼓で探し回ったって、そんな国は、ひとつもないでしょ。
 おそらく久米さんたち左翼諸君は、そんな現世ではありえないユートピアを基準にして、「現在の日本」を、規定、あるいは罰しようとしているんですね。
 もう、完全な、ネヴァーエンディング・ストーリーですよ。

> 開催地が決まる前日、7日の同番組では、「オリンピックに反対しているわけじゃないんですよ。
オリンピック結構だと思ってるんですけど」と前置きをしながら、(以下略)

「反対の最後のひとりの日本人になっても、反対は続けていく」とまで言うなら、こんなお下品お下劣な言い訳はしないでいただきたいと思いますね。

 かつて「一国平和主義」というものが、日本の主流でした。おそらく、いまもそうです。
 久米さんたち左翼諸君は、今でも「一国理想主義」です。
 日本だけが、「理想」を貫いていれば、他国は「残らず」それを評価してくれるんだ、日本は「平和」なままなんだ、と。
 久米さんたち左翼諸君には、「オリンピックを招致するよりも他にやることがない」国を、一国だけでもいいから、ご指摘していただきたいものです。
 そんな国があれば、今すぐでも、ぼくたちは「東京開催を辞退」すべきでしょう。
 え、まさか「北朝鮮」?(笑)

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-21 21:43 | うわごと | Trackback | Comments(0)

福田純「血とダイヤモンド」宝田明水野久美石立鉄男はデヴュー作

 阿佐ヶ谷にて。「漢★佐藤允!BANG!BANG!BANG!」特集。64年、東宝。
e0178641_2111272.jpg なかなか、いやいや、かなり小気味いいサスペンス快作。多少の甘さはあるのだが、いや、ここまでやってくれれば、プログラム・ピクチャア快作としては、御の字。すばらしい
 本特集では、同じ福田純の「吼えろ脱獄囚」「暗黒街全滅作戦」 (感想駄文済み)も堪能いたしました。福田純に、改めてカツモクです。
 神戸税関から、輸入ダイヤモンドを強奪。田崎潤を組長とするチームAの鼻先から、佐藤允リーダーのチームBがダイヤをかっさらう。
 ところが仲間(珍優砂塚秀夫がまぢめに演じている)のドジから、佐藤允は被弾して、負傷。
 かくてチームBは、暗闇の廃工場に逃げ込み、足止め状態、仲間割れを繰り返す。
 そう、まるでクェンティン・タランティーノ出世作「レザホアドッグス」を先取りしたような、ワンナイト・クライム・サスペンス
 白黒シネスコサイズで展開される、ほぼ夜の暗闇のなかのサスペンス。グッド。
<以下、完全ネタバレ>
 チームBが仲間割れをしている間、
1 田崎潤、子分伊藤久哉らは、チームBの居所を探して、ダイヤ奪還をもくろみ、夜の町を駆け巡る。
2 三国人の闇故売屋・遠藤辰雄は、佐藤允から強奪ダイヤを買い取ろうと暗躍。
  佐藤に提示したダイヤ購入額2500万を、トラヴルを理由に2000万、ついには1800万と、ディスカウントするけちん坊。
3 喫茶店ウェイトレスを偽装しつつ、ダイヤ強奪の発端を作った悪女・水野久美は、佐藤允からの連絡を待つ。
4 外資系のタイタニック保険(いかにも怪しげなネーミングだ)日本支社白人マネージャーは、保険をかけているダイヤが盗まれたので、どんな手を使ってでも、ダイヤを回収しようと暗躍。
 白人マネージャーは宝田にダイヤを回収してくれたら7000万を支払うという。 
5 タイタニック保険の委託を受けて、これまた怪しげな町場の興信所をひとりで経営する私立探偵・宝田明は、独自の嗅覚で、水野久美を張り込む。
 夫の浮気調査を妻から依頼された宝田は、浮気しているダンナに「奥さんに浮気の事実を隠すから、金をよこせ」と、夫から口止め料、妻から調査費と、二重取りをもくろむような、ちんけな小悪党だ。
 宝田は、佐藤を裏切ってダイヤ奪還で手を握ってくれるなら、水野久美に4000万、オレの取り分は1000万でいいと、水野にもちかける。差額2000万はばっくれる気だ。
6 佐藤允の負傷、銃弾処理を、「ナントカしろ」といわれた佐藤の弟分・石立鉄男が、砂塚とともに、女子高生・中川ゆきを誘拐、ゆきの父・町場の外科医である志村喬を脅迫、父娘ともに拉致して、佐藤允の銃弾摘出手術を強制する。
 その志村は、寄る年波で、メスを握る手が震える状態。果たして佐藤允の銃弾摘出は、できるのか。
 ちなみに、住み込みの婦長・中北千枝子が、警察の問い合わせに「先生はまだお帰りになっていません。よく屋台のおでん屋で呑んでいるんですよ」の、サスペンスを「中断/断絶/無効化」しつつ、逆説的に、よりサスペンスを延命させるかのような、のんびりとした電話対応がグッド。
7 兵庫県警、夏木陽介、その上司内田朝雄らは、市内に潜伏しているだろうBチームの捜査にやっき。次々檄を飛ばす。
 と、大勢の奴らが、夜の神戸の町を右往左往する。ワンナイト・サスペンス
 多少の甘さを含みつつ、グッド。
 チームBの、佐藤允、藤木悠、砂塚秀夫、グッド。ことに、本作がデヴュー作という石立鉄男が、少年の甘さを残したチンピラを柄に合って好演。すばらしい。本当にいい。
 水野久美も、圧倒的美女ルックスで、悪女を好演。素晴らしい。
 ただ、そこにいるだけ(笑)で、胡散臭さマックスの遠藤辰雄、例によってぬたぬたとしたこもったしゃべり方で、グッド。でも、簡単に、殺されすぎだろ(笑)。
 この遠藤辰雄が簡単に殺されないよう、老獪さゆえの万全の準備をして、なおかつ、殺されてしまうという、厚みのある話であって、ほしかった。そこらへんが弱いのだが、脚本・小川英・間藤守之、ここまでやれば、グッド。
 うーん、福田純、快調さくさく、他の映画も見てみたい。

★日本映画データベース/血とダイヤモンド★
★日本映画データベース/福田純★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-19 23:07 | 傑作・快作の森 | Trackback | Comments(2)

<清順の光と影 すべって狂ってる>追加

 あらたに、上記タイトルで、当ブログの特集カテゴリ(右端の柱にあり)に追加しました。
中身はまだまだ少ないですが、これから充実していく予定。
 というのも、今秋、都内名画座では、
◎9/28~10/25 神保町シアター
祝 卒寿 鈴木清順90歳 日活撮影所「鈴木組」のゴヒイキ20本
◎9/22~11/23 ラピュタ阿佐ヶ谷
蔵出し!日活レアもの祭
 と、期せずして日活大フィーチャー。
 その前の9月現在は、神保町と渋谷シネマヴェーラで、ともに洋画特集と、かぶっている。話し合いでかぶらないようにできないのか、それとも相乗効果狙いか。うーん、わからん。
 神保町の清順特集は全作見ているのだが、今回改めて再見し、当ブログの清順関連を充実させたいと思っていたところ、なんと、ラピュタの日活レアモノ特集は、4本を除いて未見、これは通わねば(笑)。
 特に初期吉永小百合の「警察日記 ブタ箱は満員」「美しき抵抗」「青い芽の素顔」、あるいは由利徹の「006は浮気の番号」、初代おいちゃん森川信も出演の「喜劇 女もつらいわ」などパクリもの、清順映画の続編「探偵事務所23 銭と女に弱い男」日活版「網走番外地」(ぜんぜん別物らしい)などなど、超レアモノばかり。
 これは入ってほしい。以後、東宝、松竹、東映、大映、新東宝!などのレアモノ特集もぜひ期待したいところだから。
 というわけで、秋の都内名画座は、日活特集に、通いたい(笑)。
 ああ、これでまた、この秋も、旅行できないのね(泣)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-17 23:09 | 業務連絡 | Trackback | Comments(0)

清水宏映画ベスト<戦後編>

 ということで戦後編清水映画ベストなのだが、まず、その前に日本映画データベースの清水宏映画リストを見ていたら、木暮実千代、佐分利信主演の快作「暁の合唱」が、今回上映されていなかったことを発見。過去に見ており、上映プリントはあるはずだ。
 では、今回の特集上映は、すべての残存作品を吐き出しているわけでは、ないのだな!
 うーん。対象になっていたら、ベストテンのぼく的選考には、必ず絡んできたはずであり、残念かつ納得がいかない。(ということで、戦前版次点に追加)
 戦後映画でも、今回上映されなかった映画に「明日は日本晴れ」「娘十八嘘つき時代」(以上えんらく社)「都会の横顔」(東宝)「第二の接吻」(滝村プロ、配給東宝)などがあり、独立プロ系が多いが、東宝なんて、少なくともネガくらいは残っているのではないか。
 特に佐分利信、折原啓子主演の「娘十八嘘つき時代」なんて、激しく見たいぞ(笑)。「都会の横顔」なども、超豪華メンバー。

 「見れん」映画に対する「未練」は激しくつのりつつ、とりあえずは、見れた映画で、
戦後編清水宏ベスト
1 霧の音
2 大仏さまと子供たち
3 母のおもかげ
4 母情
5 踊子
6 もぐら横丁
7 小原庄助さん
8 桃の花の咲く下で
9 その後の蜂の巣の子供達
10 母の旅路

 特に6位までの絶品さは、素晴らしい。といって、7位以下も、大変楽しい。

最優秀主演女優 島崎雪子(もぐら横丁 しいのみ学園)
        京マチ子(踊子)

 ごく普通には香川京子(しいのみ学園)なんでしょうが(笑)。質素なまじめ映画より、華やかな清水映画こそが、見たい。

最優秀主演男優 上原謙(霧の音)
        大河内伝次郎(小原庄助さん)

 ともに素晴らしすぎる。戦前松竹から一貫継続しての二枚目上原と、戦前時代劇とは違う飄々とした面を見せた大河内。
 こうしてみると、戦後清水映画におけるサブリンの不在が悲しい。だからよけい「娘十八嘘つき時代」なのだよ(笑)。

最優秀助演女優 淡島千景(母のおもかげ 踊子)
        浪花千栄子(霧の音 人情馬鹿 何故彼女等はそうなったか)
最優秀助演男優 日守新一(桃の花の咲く下で もぐら横丁)
特 別 賞   清川虹子(母情 小原庄助さん)

 「桃の花の咲く下で」での、反則すれすれのヒモリンの楽しさよ。
 「小原庄助さん」での珍助演、その翌年の「母情」堂々の主演、まさか清川虹子が天晴れヒロイン、素晴らしい。

リベラルな人ほど本当は性格が悪いで賞 清水宏

 戦前は「有りがたうさん」「恋も忘れて」で、在日朝鮮・中国人への、暖かいまなざしを魅せた、本当に数少ない映画作家、戦後は戦災孤児を自らおおぜい面倒を見て、さらにもっと子供たちに愛情を、と数々の子供映画を監督制作。
 こういうリベラルな人が、実は助監督に対する暴力的暴君であり、先輩同僚区別なしに、有力監督たちを、撮影所幹部にあることないこと告げ口して追い出した、という。一党独裁、粛清(笑)。まさに左翼の本性そのものを体現した人だったのね(笑)。

では、そのうち、戦前・戦後統合版ベストを。

★日本映画データベース/清水宏★
★日本映画データベース/出演者別・清水宏★
★日本映画データベース/暁の合唱★
★日本映画データベース/娘十八嘘つき時代★
 日本映画情報システムのあらすじ紹介によれば「素人のど自慢に応募して上京するあんまさん」。これ絶対ヒモリンだろう(笑)。さらに激しく見たくなったではないか!

★日本映画データベース/明日は日本晴れ★
★日本映画データベース/★都会の横顔
★日本映画データベース/第二の接吻★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-17 07:06 | しぃみず学園清水宏おぼえ書 | Trackback | Comments(0)

桜田淳子の謎(笑)

 そもそもは、桜田淳子主演★小谷承靖「愛の嵐の中で」★の感想駄文に貼り付けた、桜田淳子の、歌番組ユーチューブで、いまさらながらの発見。
 それは、★桜田淳子こそ最強「アイドル表情」か(笑)★に繰り返され、結果、自分のブログ記事のなかでも、現在一番リピートする記事になっている。暇があると、いや暇がなくても(笑)繰り返し貼り付けたユーチューブ映像を見ている(笑)。
 もはや、ぼくは、立派な、桜田淳子ジャンキーだ(笑)。
 なぜかというと。
 まず「愛の嵐の中で」でも感じたことだが、表情が多彩。演技上の表情も多彩だが、歌っているときの表情も多彩にして快。
 アイドル表情の多彩さは、あまりにすごすぎて、かつてのアメリカ映画のタイトル、プロフェッショナル・ヴァージンのひそみに倣って、プロフェッショナル・アイドルと呼びたいくらいだ。もちろん、ヴァージンやアイドルという語に、プロフェッショナルを接頭語とするのは、本来は、言語矛盾なのだが、それくらい、多彩なのだ。
 特に自曲でない、他人の曲、自分とはかけ離れた大人の曲、演歌などを、を、無理やり歌うときの目の表情、恥じらい、ドキドキ感の表現の豊かさは、半端ない。自然でありつつ過剰な、絶妙の愛らしさ。
 よく、アイドルが演技をすると、表情は、せいぜい二つか三つくらいのパターンしかない、なんていわれるでしょ。
ところが桜田淳子の表情は(笑)。その多彩さ。繰り返すが、自然にして過剰。
 それに輪をかけてすごいのは(笑)、桜田淳子、以下のクリップで、見てもらうとわかるのだが、顔が、ショットによって、まったく違う(笑)。
 まず、レコードジャケットの写真と歌う顔が、別人レヴェル。
 スチールでは安定した、活発な美少女。でも、歌うときは、別人。
 歌うときは、顔の筋肉が、人より活発で、それで表情、顔相まで変わってしまうのだろうか。
 同じ曲を別々のタイミングで歌うものが編集されていて、絶妙の編集なのだが、これが同一人物か、と思うほど、顔が、違う。
 あるときは超小顔(たとえば紅白「はじめての出来事」)、その別ヴァージョンでは、超顔でかい(笑)。この顔のでかさ小ささは、ホントウに別人だ。
 あるときは、子供顔、またあるときは、美少女顔や、ドンくさい大人顔、かわいい大人顔。
 あるときは上野樹里そっくり、あるとはうつみみどりそっくり、あるときは榊原郁恵、そしてセーラー服での超美少女な静止画像や、残念な水着姿の静止画像まで。表情もくるくる変わるが、顔もくるくる変わる。
 もちろんローティーンからハイティーン、二十代と、成長期なのだから、多少顔が変わるのは、不思議ではない。
 そして女優さんも、朝と夜では、正確には、顔相は、変わるらしい。それを気にするのは、撮影監督だけとしても。
 だが、たとえば「花の中三トリオ」同期の山口百恵、森昌子は、ほとんど顔が変わらなかった印象がある。いつも安定していて、少しずつ成熟していくというような。
最近のサンミュージック相沢会長葬儀の写真でもそうだが、確かに太りやすい体質なのだとは思うが、ここまで変化するとは。作品によって体重を変えるデニーロ・アプローチが出来うる(笑)女優さんとして、世が世なら、名女優になっていたかも(笑)。

 同一人物なのに、この多彩な変貌。ヘンな新興宗教(新興宗教というのは、常にヘンな印象を周囲に与える)に、引っかかったために、社会的に抹殺されてしまったが、この桜田淳子という、女優としても逸材が、途中で消えてしまったのはつくづく惜しまれる。

桜田淳子 マイセレクション jama

桜田淳子 オープニングメドレー・コレクション(1974.04~1977.06)

桜田淳子 オープニングメドレー・コレクション(1977.08~1980.05)

◎追記◎うわくちびるの、超薄さ、厚ぼったさも、くるくる変わるよね。

◎再追記◎ああ、いたちごっこの素晴らしさよ(笑)。
夜のヒットスタジオ オープニング 桜田淳子

夜ヒットオープニングメドレー 桜田淳子②

夜ヒットオープニングメドレー 桜田淳子 ③


桜田淳子 はじめての出来事MIX

 実際の紅白歌唱では、声のトーンも、レコード/CD歌唱と違い、やや太く、変わっているのがわかる。
★初めての出来事 桜田淳子★
 これ、歌ってるの、ホントウに桜田淳子? いくらなんでも変わりすぎやろ(笑)。
◎再追記◎特に他人の曲の場合、時に顔面崩壊気味?になっても歌い上げる歌手・桜田淳子だが、歌わないときの<女優顔>の美しさが、以下の映像でわかる。
 しかしユーチューブに桜田淳子をアップしている人たちって、他の歌手をアップしている方たちに比べ、編集がプロっぽい。きれい。組織力?か(笑)。
はじめての出来事 桜田淳子 (高音質) PhotoMovie 【HD】

◎桜田淳子関連◎
★市川崑「病院坂の首縊りの家」★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-15 16:33 | 桜田淳子:変貌するアイドル | Trackback(1) | Comments(0)