カテゴリ:しぃみず学園清水宏おぼえ書( 32 )

渋谷にて、清水宏特集

 「没後五十年メモリアル 孤高の天才・清水宏」と題された特集上映が、本日4月23日から5月20日にかけて東京・シネマヴェーラ渋谷で開催されます。
 個人的には、全作見ているので、とても悲しいのですが、未見の方には、絶対のオススメの特集です。

 当ブログの清水宏特集では、まず戦前版清水宏ベストを作り、戦後版清水宏ベストを作り(よろしければ、それぞれご参照あれ)最後に、オールタイム版清水宏ベストを、作りました。
 まあ、個人の、思い入れ、勝手な断定ですが、鑑賞の足しにでもしていただければ。
 ただし、これから漏れた諸作も、本当に美味しい清水宏なので、お見捨てなきよう(笑)。

清水宏映画ベスト<オールタイム編>
1 按摩と女(戦前1位)
2 簪かんざし(戦前2位)
3 霧の音(戦後1位)
4 恋も忘れて(戦前5位)
5 家庭日記(戦前6位)
6 大仏さまと子供たち(戦後2位)
7 歌女おぼえ書(戦前7位)
8 母のおもかげ(戦後3位)
9 踊子(戦後5位)
10 母情(戦後4位)
次 有りがたうさん(戦前3位)花形選手(戦前4位)

最優秀主演女優 桑野通子(恋も忘れて 家庭日記 恋愛修学旅行 恋愛豪華版 彼と彼女と少年達 他多数)
最優秀主演男優 上原謙(霧の音 家庭日記 歌女おぼえ書 有りがたうさん 恋愛豪華版 彼と彼女と少年達 他多数)

 清水映画最強のふたりに。もちろん、いまだ見ることがかなわない「恋愛修学旅行」「恋愛豪華版」「彼と彼女と少年達」他への、期待も含めて。

最優秀助演女優 吉川満子(銀河 金環食 東京の英雄 金色夜叉 風の中の子供 家庭日記 他多数)

 このひとと、絶品な葛城文子は、戦前松竹が誇る鉄壁の母親・オバサン女優。そのコミカル版が飯田蝶子と岡村文子。
 
最優秀助演男優 佐分利信(按摩と女 女醫の記錄 金色夜叉 家庭日記)

 どうしても佐分利信の名前を残したくて。事実「家庭日記」「女醫の記録」以外は、助演だし。なら、なぜ、<戦前編>で主演扱い(笑)。それはサブリンの場合、助演でも、主演並みの圧倒的存在感があるから(笑)。ようは、好きだってことよ(笑)。

特  別  賞 日守新一 斎藤達雄 大山健二 坂本武

 清水、小津だけじゃなく、どんな作品でも大活躍の戦前松竹コミカル・ボーイズたちに。まあ、坂本武はおじさんだが。これに河村黎吉を加えれば、どんなに鈍な脚本・演出でも、必ず楽しめる(笑)。

 当ブログの清水宏特集に飛ぶには、 この記事の一番下の、赤字の「しぃみず学園 清水宏おぼえ書」を、クリックください。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-04-23 13:06 | しぃみず学園清水宏おぼえ書 | Trackback | Comments(6)

清水宏『唐招提寺にて お婆さんと子供たち』

清水宏監督幻の短編『唐招提寺にて お婆さんと子供たち』再現映像

2014/06/01 に公開 清水宏監督が『大仏様と子供たち』の撮影途中で撮ったものの、公開もされずフィルムも­現存していない幻の短編作品『唐招提寺にて お婆さんと子供たち』を現存スチールとナレーションで再現した映像。

shimomovさんのページは、右柱の関連映像も、毎度マニアックで。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2015-07-01 08:25 | しぃみず学園清水宏おぼえ書 | Trackback | Comments(0)

清水宏「暁の合唱」

 渋谷にて。「日本のオジサマⅡ 佐分利信の世界」特集。41年、松竹大船。
 かなりぼろぼろの、全篇コマが飛び飛び、ナンセ監督クレジットもない、ずたずたプリントだが、それでも廃棄されずに、上映されて、見られることのうれしさ。何度目かの再見作。
 戦後の妖艶派セクシー担当からは想像もつかない、さわやかティーンぶりの木暮実千代と、のほほん好青年のサブリンの、主演コンビの、愛らしさ。
 そして、これは原作どおりなのだが、この愛らしい主演コンビが、それぞれ別の人と結ばれ、コンビ同士は、ほのかに想い合いつつ、決して結ばれないシニカルさも、そこはかとなくいい。

『暁の合唱(16mm)』公開:1941年 <渋谷シネマヴェーラHPより>
監督:清水宏
主演:木暮実千代、佐分利信、坂本武、吉川満子、沖田儀一、川崎弘子、近衛敏明、日守新一
家族のため進学を諦めてバスの運転手になろうと決めた朋子。だが、会社の都合で車掌になることに…。むっつり運転手(佐分利)と朋子(木暮実千代)のやりとりも楽しく、当時の田舎の風景や人情も素晴らしい傑作。当時では珍しい職業婦人を描いた革新的な作品でもある。

 清水宏としては、定期バス運転手・上原謙主演の清水宏「有りがたうさん」36年、松竹で鳴らした。で、バスものは、任せておけ、ということか。
 なお、戦後59年には清水宏「母のおもかげ」大映で、水上バス運転手・根上淳を主人公にしたが、これはあまり関係がない(笑)。ただ、3作とも大快作なり。

 新人養成には厳しい上司でありつつ、基本のほほんな、のんきなサブリン。いざ仕事となると、厳しい目を木暮に向ける。
 清く、正しく、美しく、を体現する少女・木暮実千代の、好ましさ。ああ、ふたりとも、いいなあ(涙目)。
 戦後、大人の女として<熟した>木暮実千代と、サブリンは、いくつかのコラボの共演。その原点ともいうべき、好ましさ。
 かれ彼女を穏やかに見守るのが、川崎弘子。そのつつましさが、戦前松竹悲恋メロドラマ女優の華々しさよりも、いかにも彼女らしくて、いい。その義弟の映画館館主に、近衛敏明。

 なお、本原作はその後二度リメイクされている。
 63年東宝版、鈴木英夫監督、 星由里子、黒部進、宝田明版は、見ている。後半に嵐夜のバス決行アクション編があって、これを清水版がオミットしたのは、いかにものほほん清水宏らしい。
 未見の55年大映版は、枝川弘監督、香川京子、根上淳、高松英郎版。ヒロインの中学生の弟・銀次郎に、石橋蓮司。うーん、見てみたい(笑)。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-11-07 01:39 | しぃみず学園清水宏おぼえ書 | Trackback | Comments(2)

清水宏映画ベスト<オールタイム編>

 では、いったん作った、戦前版、戦後版を、統合してみよう。

1 按摩と女(戦前1位)
2 簪かんざし(戦前2位)
3 霧の音(戦後1位)
4 恋も忘れて(戦前5位)
5 家庭日記(戦前6位)
6 大仏さまと子供たち(戦後2位)
7 歌女おぼえ書(戦前7位)
8 母のおもかげ(戦後3位)
9 踊子(戦後5位)
10 母情(戦後4位)
次 有りがたうさん(戦前3位)花形選手(戦前4位)

 もちろん個人的かつあまりに恣意的なものであり、数時間後にさえ、順、作品は、変わってしまうだろう。
 その程度のものであるが、いまの気分は、こうだ。
 まあ、映画なんてしょせん嗜好品なのであり、科学的絶対基準など、ないもので(言い訳がましいな)。
 しかし、清水映画を特徴付ける華麗なメロドラマ、社会派コドモ映画のうち、前者が、より好きなものとしては、こんなところか。

最優秀主演女優 桑野通子(恋も忘れて 家庭日記 恋愛修学旅行 恋愛豪華版 彼と彼女と少年達 他多数)
最優秀主演男優 上原謙(霧の音 家庭日記 歌女おぼえ書 有りがたうさん 恋愛豪華版 彼と彼女と少年達 他多数)

 清水映画最強のふたりに。もちろん、いまだ見ることがかなわない「恋愛修学旅行」「恋愛豪華版」「彼と彼女と少年達」他への、期待も含めて。

最優秀助演女優 吉川満子(銀河 金環食 東京の英雄 金色夜叉 風の中の子供 家庭日記 他多数)

 このひとと、絶品な葛城文子は、戦前松竹が誇る鉄壁の母親・オバサン女優。そのコミカル版が飯田蝶子と岡村文子。
 
最優秀助演男優 佐分利信(按摩と女 女醫の記錄 金色夜叉 家庭日記)

 どうしても佐分利信の名前を残したくて。事実「家庭日記」「女醫の記録」以外は、助演だし。なら、なぜ、<戦前編>で主演扱い(笑)。それはサブリンの場合、助演でも、主演並みの圧倒的存在感があるから(笑)。ようは、好きだってことよ(笑)。

特  別  賞 日守新一 斎藤達雄 大山健二 坂本武

 清水、小津だけじゃなく、どんな作品でも大活躍の戦前松竹コミカル・ボーイズたちに。まあ、坂本武はおじさんだが。これに河村黎吉を加えれば、どんなに鈍な脚本・演出でも、必ず楽しめる(笑)。

★日本映画データベース/清水宏★
★日本映画データベース/出演者別・清水宏★
★日本映画データベース/吉川満子★
★日本映画データベース/葛城文子★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-24 09:02 | しぃみず学園清水宏おぼえ書 | Trackback | Comments(0)

清水宏映画ベスト<戦後編>

 ということで戦後編清水映画ベストなのだが、まず、その前に日本映画データベースの清水宏映画リストを見ていたら、木暮実千代、佐分利信主演の快作「暁の合唱」が、今回上映されていなかったことを発見。過去に見ており、上映プリントはあるはずだ。
 では、今回の特集上映は、すべての残存作品を吐き出しているわけでは、ないのだな!
 うーん。対象になっていたら、ベストテンのぼく的選考には、必ず絡んできたはずであり、残念かつ納得がいかない。(ということで、戦前版次点に追加)
 戦後映画でも、今回上映されなかった映画に「明日は日本晴れ」「娘十八嘘つき時代」(以上えんらく社)「都会の横顔」(東宝)「第二の接吻」(滝村プロ、配給東宝)などがあり、独立プロ系が多いが、東宝なんて、少なくともネガくらいは残っているのではないか。
 特に佐分利信、折原啓子主演の「娘十八嘘つき時代」なんて、激しく見たいぞ(笑)。「都会の横顔」なども、超豪華メンバー。

 「見れん」映画に対する「未練」は激しくつのりつつ、とりあえずは、見れた映画で、
戦後編清水宏ベスト
1 霧の音
2 大仏さまと子供たち
3 母のおもかげ
4 母情
5 踊子
6 もぐら横丁
7 小原庄助さん
8 桃の花の咲く下で
9 その後の蜂の巣の子供達
10 母の旅路

 特に6位までの絶品さは、素晴らしい。といって、7位以下も、大変楽しい。

最優秀主演女優 島崎雪子(もぐら横丁 しいのみ学園)
        京マチ子(踊子)

 ごく普通には香川京子(しいのみ学園)なんでしょうが(笑)。質素なまじめ映画より、華やかな清水映画こそが、見たい。

最優秀主演男優 上原謙(霧の音)
        大河内伝次郎(小原庄助さん)

 ともに素晴らしすぎる。戦前松竹から一貫継続しての二枚目上原と、戦前時代劇とは違う飄々とした面を見せた大河内。
 こうしてみると、戦後清水映画におけるサブリンの不在が悲しい。だからよけい「娘十八嘘つき時代」なのだよ(笑)。

最優秀助演女優 淡島千景(母のおもかげ 踊子)
        浪花千栄子(霧の音 人情馬鹿 何故彼女等はそうなったか)
最優秀助演男優 日守新一(桃の花の咲く下で もぐら横丁)
特 別 賞   清川虹子(母情 小原庄助さん)

 「桃の花の咲く下で」での、反則すれすれのヒモリンの楽しさよ。
 「小原庄助さん」での珍助演、その翌年の「母情」堂々の主演、まさか清川虹子が天晴れヒロイン、素晴らしい。

リベラルな人ほど本当は性格が悪いで賞 清水宏

 戦前は「有りがたうさん」「恋も忘れて」で、在日朝鮮・中国人への、暖かいまなざしを魅せた、本当に数少ない映画作家、戦後は戦災孤児を自らおおぜい面倒を見て、さらにもっと子供たちに愛情を、と数々の子供映画を監督制作。
 こういうリベラルな人が、実は助監督に対する暴力的暴君であり、先輩同僚区別なしに、有力監督たちを、撮影所幹部にあることないこと告げ口して追い出した、という。一党独裁、粛清(笑)。まさに左翼の本性そのものを体現した人だったのね(笑)。

では、そのうち、戦前・戦後統合版ベストを。

★日本映画データベース/清水宏★
★日本映画データベース/出演者別・清水宏★
★日本映画データベース/暁の合唱★
★日本映画データベース/娘十八嘘つき時代★
 日本映画情報システムのあらすじ紹介によれば「素人のど自慢に応募して上京するあんまさん」。これ絶対ヒモリンだろう(笑)。さらに激しく見たくなったではないか!

★日本映画データベース/明日は日本晴れ★
★日本映画データベース/★都会の横顔
★日本映画データベース/第二の接吻★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-17 07:06 | しぃみず学園清水宏おぼえ書 | Trackback | Comments(0)

清水宏映画ベスト<戦前編>

 というわけで、現存する清水宏作品は、ほぼ見てしまった ので、改めて、戦前編、戦後編、そして全作トータル編と、清水宏ベストを、選んでみたい。
 といっても、今回見られなかった、過去鑑賞作品のなかには、まったく記憶に残っていない作品もある。しかし、記憶に残っていないということは、自分的には、あまり印象のない作品だった、と見切ることにとした。ぼくの記憶力のなさ、という不安はあるが(笑)。
 さらに言えば、そもそも清水宏164作品中、現在残っているのは、わずか50作品、という大問題がある。
 ぼくたちは「恋愛修学旅行」「彼と彼女と少年達」「恋愛豪華版」も、その他多くの映画を見ることすらかなわず、清水宏ベストを選ばなければ、ならないのだ。

戦前編清水宏ベスト
1 按摩と女
2 簪かんざし
3 有りがたうさん
4 花形選手
5 恋も忘れて
6 家庭日記
7 歌女おぼえ書
8 女醫の記錄
9 金色夜叉
10 七つの海 處女篇/貞操篇
次 暁の合唱
◎追記◎次点に「暁の合唱」を追加します。

 とりあえず、短編、共同監督作品は除外した。それにしてもこの10作品の、なんという豊穣。しかし、現在見ることの出来ない114作品、悲しい。
 ベストテンの上記タイトルをコピペして完成させたあと、下位グループの順位を全部入れ替えた。まあ、それくらい、いい加減なものですが(笑)。

最優秀主演女優 桑野通子(有りがたうさん 恋も忘れて 家庭日記 金環食 東京の英雄)
最優秀主演男優 上原 謙(有りがたうさん 歌女おぼえ書 家庭日記 必勝歌)
         佐分利信(按摩と女 女醫の記錄 金色夜叉 家庭日記 暁の合唱

 一般的には?清水宏といえば、田中絹代、なんだろうが、清水宏絶対のエース・コンビは、「有りがたうさん」「恋愛豪華版」「彼と彼女と少年達」他多数の、桑野通子&上原謙だろう。残されている作品のほうが少ないのが、悲しすぎる。「有りがたうさん」「恋も忘れて」「家庭日記」のヤンキー系純情派クワミチ、特に絶品の「歌女おぼえ書」の、凛とした決断をただひとり体現できうる上原謙、すばらしい。
 もちろんどの映画に出てきても必ず素晴らしいサブリン佐分利信も、極上の俳優だ。

最優秀助演女優 吉川満子(銀河 金環食 東京の英雄 金色夜叉 風の中の子供 家庭日記 他多数)
 
 1920年代からの戦前松竹、絶対のオバサン・母親女優。悪役であろうと善玉であろうと微妙な善悪入り混じった役だろうと、彼女の額のほくろをみただけで(笑)安心できる菩薩?女優。遺作は1980年代の伊丹十三「お葬式」か。若いころがあんまりイメージできないが1927年重宗務「新婚者教育」の新妻役も、見てみたいぞ(笑)。

最優秀助演男優 日守新一(岐路に立ちて 按摩と女 簪 花形選手 他多数)
         斎藤達雄(銀河 港の日本娘 簪 必勝歌)

 清水宏のまじめな映画のほう(笑)つまり、おおむね子供映画の方面には、あんまり出てこない(笑)快優たち。特に「按摩と女」のヒモリン、「簪」の斎藤達雄は、絶の品。

特 別 賞   大山謙二(多数(笑)。 ま、大山健二の出演作品を上げても、あんまり意味が(笑))
映画はいいが性格はとってもわるかったで賞  清水宏

 では、のちほど戦後編ベストを。

★日本映画データベース/清水宏★
★日本映画データベース/出演者別・清水宏★
★日本映画情報システム/桑野通子&上原謙共演作★
★日本映画データベース/吉川満子★
★日本映画データベース/大山健二★
 特に大山健二出演リストの初期作品群のタイトルの珍妙さには、大笑い。しかし、ほとんどまったく見る可能性のないことも、悲しい。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-15 13:12 | しぃみず学園清水宏おぼえ書 | Trackback | Comments(2)

清水宏「不壊の白珠」「サヨンの鐘」

今回の京橋の特集では、見られず。いずれも、過去の京橋での既見作。
 そのときの感想駄文も、パソコン通信時代に書き散らかしたのだが、自分では保存していず、いずれネットの闇の中に消えたのみ。
不壊の白珠(1929) Eternal Heart 1/7

芒果日報--影音史料--映画「サヨンの鐘」 (1943年, 清水宏監督) より


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-09-01 09:56 | しぃみず学園清水宏おぼえ書 | Trackback | Comments(0)

清水宏マキノ溝口ほか「必勝歌」

 京橋にて。「生誕110年 映画監督 清水宏」特集。45年、松竹大船・松竹京都。
 いわゆるオムニバス映画である。当ブログでは、表題に三人のみの表記としたが、正確には、
清水宏・田坂具隆・マキノ正博・溝口健二・大曾根辰夫・高木孝一・市川哲夫「必勝歌」
 と、表記しなければならない。このうち、田坂は原作、清水は脚本とも、クレジットされている。
 松竹の大船、京都の、二大撮影所を総動員、日本必勝を期す、というと、なにやら壮大だが、ナニ、敗戦直前の資源不足、フィルム不足、しかし、スタッフ、俳優だけは余っている。ということで、大勢のヒマな監督、撮影監督以下のスタッフ、俳優を一本の映画に投入せざるを得ない、窮余の一策。
 これで、必勝歌といっても、もう、戦争には負けるに、決まっている。
 監督もスタッフも多いので、ここは、ひとつ、オムニバスで、ということだ。
 オムニバスだから、八つ程度の短編の寄せ集めだ。統一感など期待できない。しかも資源不足がたたり、全部あわせても80分程度。
 こんなんだから、たいしたことない映画しか出来ないと思うでしょ(笑)。
 しかし、思ったよりも、いいのだ(笑)。笑いあり泣かせありコントありミュージカルあり(当然マキノか)の、ヴァラエティー・ドラマ。どう見ても溝口がやったとしか思えないシリアスドラマ(雪の寒村パート)もあり。
 冒頭のバカドラマ(笑)も、これはこれで味わい?あり。
 ナンセ、冒頭に「紀元一年」と出て、数分後に、いきなり「紀元二千六百年」と出る「大胆さ」(笑)。
 この大胆さは、この特集で見た★清水宏ほか「勅諭下賜五十年記念 陸軍大行進」★の冒頭と、同じノリではある。

 確かにベストではない。しかし、きわめて水準的な、かつ豊穣なドラマとコメディーの数々。
 オムニバスに、ベストを求めては、いけない。プログラム・ピクチャアの手ダレたちが、軽く10分程度のドラマを、分担して、つむいでいくのに、何を求めているのだ(笑)。
 というのも、これを書く前に、今回ネットであさってみたら、本作に対して否定的な意見が多かったのだ。
 なかには、吐き気がする、こんなゴミ映画を作りやがって、という、そっちの意見のほうが、吐き気がする、バカブログの、アトランダムに見つけたバカ感想が、たとえば、次の二つ。

★映画音楽書物遊戯等断罪所 必勝歌★
★必勝歌 日本映画ブログー日本映画と時代の大切な記憶のために★

 まあ、自分を棚に上げて言うわけだが(笑)、したり顔で、左翼ズラを提げて、70年前の映画をバカだ、ちょんだ、言い募る、何様のつもりだ、バカブログが(笑)。あ、ちょんとは、朝鮮人が「俺のことか、差別だ」といって、放送禁止用語にした経緯があるが、もともとは、江戸時代からの、由緒ある?日本語。「半人前」「半端モノ」という意味だ。ヘイトスピーチじゃありませんよ(笑)。
 たまたま「半人前」「半端モノ」を意味する日本語が、「朝鮮人」を意味する言葉と同じだからこそ、「差別語」とみなされ、忌避されてしまう。日本語がナイスなのか、朝鮮人が「ナイス」なのか(笑)。閑話休題。
 上記二つのバカブログは、戦前日本の戦争礼賛、戦意高揚映画は、吐き気がする、失笑モノだ、ということを長々と書き続けている、バカブログだが、
 この映画を冷静に見れば、もちろんオムニバスゆえのいい加減さ、首尾一貫性のなさ、コクのなさ、物足りなさ、戦時中特有の説教クサさ、はありつつ、ごくごく水準的なプログラム・ピクチャアの集積であり、清水宏・田坂具隆・マキノ正博・溝口健二ら、日本映画の第一線級の俊英たちが、その才能を「軽く」発揮した名人芸、軽く楽しめるいわばショートショート集なのだ。それ以上でもそれ以下でもない。

★日本映画データベース/必勝歌★

 佐野周二のりりしさ、上原謙の清冽、高峰三枝子の可憐なる決意、つまり戦前松竹スタア映画の基本を抑えつつ、三井秀男&斎藤達雄の電車内コント(類似の映画を撮ったマキノのパートか)、河村黎吉&澤村アキヲ(長門裕之)父子の人情篇、小杉勇のコメディリリーフ、と、これはこれで、なかなか楽しい映画ではないか、と。
 まあクサい河村黎吉はいつものとおりだが、こんなくさい演技は、清水で、あっては、ほしくないな(笑)。
 戦前日本の軍国主義はすべて悪、というバカ左翼史観から、この映画を、見て、バカ扱いの上記バカブログ諸君には、映画ファンなら、まず、映画は、映画として見よ、といいたいですね。オムニバスとしては、上の中なのだから。
 なお、この映画、一番不思議なのは、当時、アレだけ俳優が余っていたのに、最初のころと最後に出てくる小杉勇が、まったく別の役。最初は町内の世話役、最後は軍の中堅幹部。まったく別の役と思われるのに、同じ小杉が演じ、演技も変わらず。いつもの豪快ガハハ小杉。それだけ、当時の彼のキャラが愛されていたのだろう。
 なお、言わずもがなだが、戦前日本の軍国主義を否定するバカ左翼諸君は、戦前日本の軍国主義は、実は左翼ご偏愛の社会主義と似ているという
★與那覇潤「中国化する日本/日中「文明の衝突」一千年史」★なども、オススメですよ。
 以上、あまりにひどいバカブログを読んじまったので、いささかアラレもなくて、失礼。
 「必勝歌」、バカどもに言われるほどはひどくなく、普通の、水準作の、佳作です。特に戦前松竹ファンにとっては、オールザット戦前松竹集大成のゴージャスさ。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-08-20 00:18 | しぃみず学園清水宏おぼえ書 | Trackback | Comments(0)

清水宏「しいのみ学園」

 京橋にて。「生誕110年 映画監督 清水宏」特集。55年、新東宝。
 自分の息子が小児麻痺で、歩行困難、同級生からのいじめも受けて、宇野重吉・花井蘭子の両親は、苦労の末、小児麻痺児童専門の学園を建てる。
 その息子には、少年時代の河原崎健三。実話の映画化である。
 その学園の、新人教師に、香川京子。清楚で誠実な女教師を演じて、右に出るもののない当時の香川、まさにベスト。
 河原崎少年の治療にかかわったことで、自分の幼い妹も小児麻痺だったことから、学園の嘱託医のような立場の、島崎雪子も、グッド。
 足の不具、その不具のサマを、子供たちに真似されること、そのリハビリ、清水映画で、時折繰り返されるテーマ。
 いかにも良心的な、佳作で。
 何も言うことなし(笑)。
 しかし、清水には、もっとノンシャランな、あるいは華麗なメロドラマこそ、撮ってほしかった。小児科専門ともみなされたことに、本人は満足だったかもしれないが、ぼくは不満である。ま、言ってもせん無いことながら。

★日本映画データベースしいのみ学園/★

清水宏『しいのみ学園』香川京子の歌声

◎追記◎しかし、これはこれで、見ようによっては(笑)歌の強制、一種のパワハラでは(笑)。これほど、楽しそうに見えない(笑)歌のシーンも珍しい(笑)。一種の共産主義か(笑)。
◎再追記◎改めてこのユーチューブを「聞いて」いたら、香川が「み・ん・なはしいのみ」と歌うところで、少年が、「ぼ・く(・ら・はしいのみ)」と、歌詞を誤記しているのでは、ないか。
 日教組香川の「みんな」と、それとは距離をおく「」
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-08-18 23:13 | しぃみず学園清水宏おぼえ書 | Trackback | Comments(7)

清水宏「有りがたうさん」「按摩と女」「港の日本娘」

 今回のフィルムセンターの清水宏特集で、過去に見ていて、パスしたもの。ただし「港の日本娘」のみは、未見。
 ユーチューブに、あがっているので、そのうち、見てみよう。って、いつのことになるのか。

清水宏「港の日本娘」

清水宏「有りがたうさん」

清水宏「按摩と女」


★日本映画データベース/清水宏★
★日本映画データベース/出演者別・清水宏★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-08-18 17:37 | しぃみず学園清水宏おぼえ書 | Trackback | Comments(0)