カテゴリ:うわごと( 277 )

70年代女優はなぜ脱ぎまくる:今の女優は脱ぎ惜しみ

渡辺邦彦「阿寒に果つ」を何個か前の感想駄文したが、そこでの五十嵐じゅんの、堂々とした脱ぎに、改めて思った。
 なぜ70年代女優は、バンバン脱ぎまくり、現代の女優は、綾瀬はるかも石原さとみも長沢まさみも、なぜ脱ぎ惜しむのか(笑)。

e0178641_1524370.jpg ぼくなりに時系列で検証したい(笑)。

1 1960年代前期まで
 明治時代以降の禁欲的な時代風潮のせいで、公的な性的表現は、かなり抑圧されていた。明治以前の、日本の性的志向は、かなりあからさまだったと思うが、目指せ西洋文明で、抑制されたと思う。
 女優の脱ぎは、かなり抑制されていた。というか、ほとんど不可。
 例外的に、豊田四郎「雁」53年で浦辺粂子が、山村總「沙羅の花の峠」55年で東山千栄子が、成澤昌茂「裸体」62年で浪花千栄子が、バストトップまでさらけ出したが、失礼ながら、明らかに意味が違うだろう。
 
2 1960年代後半
 そうしたそれまでの倫理観が崩壊して、五社体制もぐだぐだになり、いわゆるひとつのヌーヴェルヴァーグ、アヴァンギャルド映画、ヨーロッパ映画などの影響もあって、脱ぐことが、先端的で、かっこいいんだ、という風潮を生んでいく。


e0178641_1922407.jpg3 1970年代
 ピンク映画、日活ロマンポルノ、東映ポルノ、ATG映画、各種アヴァンギャルド映画、そして何よりTVの11PMなどのピンク番組、週刊プレイボーイなどの青年誌グラビアの大流行などで、脱ぐことが、ますますかっこよくなっていく。
 映画業界的には、没落の一途の中、低予算映画の必要性が高まり、そうなると若い新人男女優を主演にした、低予算青春映画が人気を博すことになる。
 そういう低予算映画の青春映画では、新人女優のヌードが唯一の売りとなっていく。
 ここで、秋吉久美子、桃井かおり、芹明香などの、先端的な「とんがった」女優が、クローズアップされていく。、
 脱ぐことが、トレンドと、なった。
 ジュスト・ジャカン「エマニエル夫人」74年の大ヒットも、忘れてはいけない。ヌードがファッション化した。
 70年代は、発情していたのだ。

4 1980年代
 1940年代~現代にいたるまでで、カルチャー的には、もっともダメな年代だと思う。経済的には、バブルの時代。ふはふはして、軽佻浮薄で、結果は、そんなに、残せなかった、と思う。
 時代はさらに発情していく。
 いわゆるアダルトビデオが勃興し、脱ぐ人脱がない人の、「壁」が顕在化していく。
 それに加えて、五月みどり、畑中葉子や天地真理など落ち目の女優、アイドルの起死回生策という、街金ローン感が、漂って、脱ぐことが、やはりあんまりかっこよくなくなった。
◎追記◎そういえば、80年代の終わりの数年間に、TVのヴァラエティー番組で引っ張りだこだったのが、現役国立大学の女子大学生というのが売りの、AV女優、黒木香。
 完全にヴァラエティー向きの、お笑い芸人として、一世を風靡した。
 もし彼女が二枚目的に人気を博したのなら、また違っただろうが、完全なお笑い汚れキャラに徹したため、脱ぐ人に対する評価は、低下したと思う。完全にお笑いのオンナ芸人を、本人は得意げに演じたのかもしれないが、ぎこちなく(結果的に浮き上がっているという意味で)演じた。
 結果的に「脱ぐこと」の三枚目感、ダサさを、強調することになる。また、その相方、村西とおる監督の、ダサさも、女性をげんなりさせたかもしれない。
 さらに言えば、同じく一世を風靡した代々木忠も、その名前から察せられるとおりの、日本共産党的冷徹さ(笑)が、女性受けの悪さゆえ、ダメージだったかもしれない。ここは、まあ、指田さん的ホラに近いかもしれませんが(笑)。

黒木香

 オトコ受けはしているかもしれませんが、女性出演者は、ドン引きだよね(笑)。この空気感が、脱ぐことのカッコ悪さに、つながっていく?
◎追記◎哲学的対談 「黒木香(当時22歳)vsキダ・タロー」 1987年6月

 この程度を哲学的って(笑)。全ベクトルで規範を追及したら(あらゆる逸脱を禁欲的に否定)、いわゆる八方美人にならざるを得ず、まあ人格は崩壊するわなあ。

5 1990年代
 現在の「脱がない女優たち」を決定化した時代かと、思う。
 アダルトビデオの大流行が、脱ぐ女優は「本番女優」なのだと、「差別化」していく。
 そして二つの「事件」が決定的な役割を果たしたと、思うのは、ぼくだけか。
 宮沢りえ。写真集『Santa Fe』91年(篠山紀信撮影)は人気絶頂時のヌード写真集で大ヒットし、150万部のベストセラーとなる。
 これがあまりにヒットしたため、次にだれが脱いでも、これを超えるインパクトは、期待できなくなった。いわば、脱ぎ損な訳で、脱いだら負け感が、あるのではないか。
 りえ前、りえ後だ。

「サンタフェの未公開写真」


 もう一つは、高岡早紀。
 深作欣二「忠臣蔵外伝 四谷怪談」94年で、脱いだのはいいが、あまりの巨乳が唐突に映されたショットの超絶衝撃。
 あまりに唐突過ぎて、映画のすべてをぶち壊す衝撃。わざわざ脱いだのに、嘲笑の的になってしまった。この衝撃は、大きいと思うよ。
 結果的に脱ぐことが、ダサくなってしまい、アダルトビデオ女優と「一般」女優が「一線を画す」こととあいまり、脱ぐことが人気女優のトレンドと、外れてしまったのだと思う。

6 2000年代 
 映画に出ることより、TVに出ることの方が、女優たちのステータスに、完全になってしまった時代。
 特に、短時間撮影で稼げるTVCMこそが、女優の事務所にとっては、最優先。でCM契約にあたっては、スキャンダルはご法度。
 ヌードになるのは、お茶の間(そんなの、今あるのか、実態も不明だが)の女性層(同上)の不興を買うレヴェルに。
 さらに映画的に言えば、製作委員会方式が、主流に。
 十社(以上)の会社が、それぞれ少額の投資をして、堅実なノーリスクローリターンなのか、あわよくば高配当を狙う。
 しかしいずれも映画の素人で、ベストセラーの原作で、人気アイドルを使い、土地で儲けるより映画なんてはるかに文化の香り、わが社の知名度向上にも最適、なんて、出来る映画は、とにかく無難な造り、とにかくいかなるところからもクレームが来ないような(詰まらねー、とか駄作とか、というような「映画批評」は、クレームのうちには、入らない)無難な無難な、まるでコンビニ弁当みたいな映画を作って、まあ一定程度の投資回収ができれば、御の字、みたいな。

 そう、映画は柳川慶子の時代に、なってしまったのだ。
 鈴木英夫の傑作「その場所に女ありて」で、ヒロイン司葉子の後輩を演じた柳川慶子は、同僚の男性社員どもに、少額の金を融資し、その利息で稼いでいる。
「われわれ貸金をサイドビジネスにする者」に、日本映画は、半ば乗っ取られてしまっているのだ。
 映画をサイドビジネスにする奴らが、映画について真剣に考えるはずもなかろう。
 そういう映画で、女優のヌード、なんて、まず最初の選択肢には、入りませんね。どこそこの女性団体(的なところ?)から、理不尽なクレームが来るかわからないし、第一お子さん向けの映画じゃなくなってしまうじゃないですか。 

 かくて映画で脱ぐ女優は、単館映画の、独立プロの、新人女優に、限られるような事態に。
 まあ、元に戻ったわけですな。
 ぼくとしては、映画女優として、綾瀬はるかも石原さとみも長沢まさみも、脱いでほしいが、まあ、かなわぬ夢かしら(笑)。

 ああ、一番大事なことを書き漏らしていました(笑)。
 70年代までは、明らかに文化的にも、男性優位社会でした。
 しかし、80年代以降、日本でも世界でも、「女性の視点」が、徐々に重要視されるように。
 70年代こそ、文化的には最後の「男の楽園」だったのかもしれませんな。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-12-10 01:55 | うわごと | Trackback | Comments(3)

パク・クネ韓国と民進党は、なぜ失敗し続けるのか理由

 パク・クネと、彼女を弾劾する韓国国民は、全く正反対の立場にいるが、実は近親憎悪というか、同族嫌悪というべきで、実態は同じである。
 日本の民進党も、所属する議員たちの主張はてんでんばらばらで、まとまりがなく、常に失敗を繰り返している。
 しーるずや、沖縄の反日左翼も、鳥越もご同様で。

渡辺真知子 / 迷い道

 クネクネのテーマソング(笑)。何年か前に反日、反安倍ソングとして引用したときは、ピンとこなかった「いかさま占いはつづく」という歌詞が、今になっては、利いてきました(笑)。

e0178641_0233523.jpge0178641_62325.jpg 結果オーライという言葉がある。
 動機が多少いい加減でも、途中に多少の不正があっても、結果が良ければ、いいじゃないか、と。おそらく安倍自民党は、それを目指している。
 まあ能力に欠けるか、日本の政治体制にかなりの不備(憲法9条をはじめとして)があるので、打つ手が極めて限られるとか、時の運に難があり、結果は限定されているか、紆余曲折や試行錯誤があるが、
少なくとも安倍晋三には「政治は結果を出してなんぼ」という、発想が、あるだろう。
 これを結果オーライ主義というとすると、その反対語は何か、というと、動機オーライ主義という。

 動機オーライ主義とは、動機が純粋で、動機が正義に由来するものであれば、途中に多少の不正があろうとも、結果を出せなくても、オーケー、というものだ。
 むしろ、結果を出せないのは、動機がより純粋で、より正義であることの証明になるくらいだとも、思っていよう。
 だって、純粋な動機を全うしたら、この汚濁に満ちた現生の社会で、純粋な動機に見合った、純粋な結果が、出せますか(笑)。
 だって動機が百パーセント純粋なら、百パーセント純粋な現実を達成できますか。

 左翼リベラルな方々が、脳内お花畑と揶揄されるのは、百パーセント現実ではありえない、現実化できない脳内妄想を、まず頭の中に描き、しかしそれはまず百パーセント現実化は出来ず、ゆえに途中経過はぐちゃぐちゃになり、しかも結果は満足できるものでは、ない。
 現実の政治というのは、妥協に妥協を重ねたものであり、純粋な動機に見合う果実は、ほとんど得られない。
 TPPは、日本に不利な対米追従ものだと、国内の農家はいい、トランプはアメリカに不利な日本を利するものだ、という。
 パク・クネは、即退陣せよ、というが、ふつうは、弾劾の先頭に立つ重要人物がいて、そいつが次期大統領になる、と宣言すべきだろう。
 次期大統領有力候補がいないのに、現大統領の退陣を要求する、韓国国民も、大概なもので、まさに結果はどうなったっていいという、動機オーライ主義そのもの。
 聞けば、韓国の大統領が任期一年を残して退陣すれば、次期大統領の任期はそれを引き継ぎ一年のみの、消化試合だという。そして、二期目はありえないから、一年のみの任期で、おそらく混乱は続き、何の結果も出せないだろう、と。
 そんな半端仕事、だれも引き受けまい。むしろ能力があると思っている自称有力候補ほど、やりたがらないだろう。

 常に、後先考えずに、失敗してしまう。
 北はなんちゃって共産主義、南はなんちゃって民主主義、一つの民族国家が、分断された結果、2ウェイで国家を運営して、どちらも失敗している。
 分断されたのも、日本や米ソなど他人のせいにしているが、常に対立に走る自国民の性癖のゆえであろうね。
 そうして、南では、通常の民主主義国家なら、どこでも通常に行われている、通常の政権交代が、絶対にできない。
 常に前政権の大統領が、国外逃亡、銃殺、自殺、裁判で有罪に、なっている。
 パク・クネも、退任後の選択肢は、非常に、限られているよね(笑)。
 自業自得でもあるのだが、韓国の政権交代というのが、現代の通常の民主主義国家の政権交代ではなくて、あれは単なる易姓革命だから、ということだろう。
 易姓革命だから、前政権(前王朝)の関係者は、徹底的に排除される運命にある。
 西朝鮮、北朝鮮、南朝鮮は、ことごとく現代に、生きている政治体制ではなく、清朝、李朝の後継ゾンビ国家として、生きている。
 つまり前前前世紀の遺物国家三国が、東アジアで唯一、というか一応近代的な統治体制となった日本(及び台湾と香港)を、異物として憎むのも、当たり前だのクラッカーなのですね。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-12-07 06:02 | うわごと | Trackback | Comments(0)

韓国:泥沼国家の混迷迷走不可解

 その歴史の大部分を西朝鮮(笑)の属国として過ごし、時々大日本帝国、時々米帝の属国として国をやりくりし、半万年(笑)の歴史の中で、一度も独立国であったためしがない朝鮮が、またぞろといっていいのか、政治経済軍事ともに、もろもろ泥沼化してきたようで。
 ちなみに、朝鮮は、歴史の大部分を西朝鮮(笑)の属国として過ごし、時々ソ連、というわけで。
e0178641_444066.jpg ちなみに、翁長県政の沖縄は、朝鮮化していますな。

★早読み 深読み 朝鮮半島/朴槿恵の下野か、戒厳令か★

 こんな漫画みたいな国が、隣国になければ、まあ程度の低い「バナナ共和国」コメディーとして、そこそこは楽しめたのだろうが、この南の迷走に乗じて、北もやけっぱちの暴挙に出るやも知れず、あいにく隣の国なので、どんなとばっちり、ミサイル核爆弾の流れ弾が飛んでくるかもしれず、例によって日本海を横断して難民が押し寄せて来るやも知れず。いかなるシチュ的にも、うっとうしい民族による、うっとうしい、嫌がらせじみた事態しか、想像がつかぬ。
 例によって(というのが、かの国には多すぎる)自ら難民として日本に渡って来ても、そして上陸の際に日本人に危害を加えても、強制連行されたニダ、と喚き散らす。
e0178641_45236.jpg この辺のキビについては、感想駄文済みの大島渚「帰って来たヨッパライ」および小栗康平「伽倻子のために」に、垣間見えるわけだが。
 そうして、そういう事態になるや、待ってましたとばかりに、民進党、社民党、共産党、朝日毎日東京などの中共御用メディア、左翼リベラルお花畑連中が、サカった猫のように、ここを先途と、売国するのだろう。
 ああ、これが単なる妄想であってほしいのだが(笑)。


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-11-01 04:06 | うわごと | Trackback | Comments(0)

狐女VS狸女わかったぞ自民党民進党の違い(笑)

 次の動画をユーチューブで見ていて、とつぜん、ひらめいた(笑)。

山尾志桜里(民進党)が開始1分で出したグラフに国会炎上!安倍晋三にフルボッコ論破されファビョる!最新面白国会中継2016


e0178641_1372385.jpg 民進党の、山尾志桜里、レンホー、辻元清美は、いずれもキツネ顔。声も、割と耳障りなキイキイ声(個人の感想です)。
 一方、自民党の、高市早苗、稲田朋美、扇千景、小池百合子、舛添の元嫁は、そうじて狸顔。声ものほほん系(個人の感想です)。
 いやー、きれいに別れましたなあ(笑)(個人の感想です)。ま、マルタマという名前に反したキツネ顔の丸川珠代、ってのも、いますが(笑)。
 狐女と狸女、どっちが好みか、と言ったら、ぼくは、狸かなあ(個人の感想です)。
 ちなみに10/20付け夕刊フジの新潟知事選記事にあった、蓮舫写真はひどかった。顔面崩壊のひょっとこ顔。夕刊フジの悪意を感じるが、さすがにネット検索したら、この写真見つからず。
 おお、そうか、キツネ顔VSタヌキ顔は、ひょっとこVSおかめでも、あったか。
 女で、ひょっとこ顔は、さっつい(笑)(個人の感想です)。

↓こういう「うわさ」なども次々出てきますなあ。

蓮舫の母親は日本人ではなかった!両方とも中国人と判明キタ━(°∀°)━!

e0178641_1391939.jpg


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-10-21 01:39 | うわごと | Trackback | Comments(0)

レンホー問題:傑作かつ不快な映像

 自分に甘く、他人に厳しいレンホー。
 攻めには強いが、守りには弱いレンホー。
 爆笑しつつ、攻めのレンホーも、守りのレンホーも、まったく不愉快きわまる。

もしも蓮舫議員の二重国籍問題を蓮舫議員が追及したとしたら(笑)-ブーメランの女王はガソリーヌでなく私よ!


e0178641_23481011.jpg しかし、民主党=民進党は、ルーピー、小沢、管直人、まあ野だめは笑えるので許すが、岡田、レンホー、と、人を不快にするようなキャラが、なぜ続出するのか。
 ここはひとつ、香山リカ嬢を含めて(笑)精神科医の皆さんに、診断してほしいところだ。 

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-09-29 23:48 | うわごと | Trackback | Comments(0)

蓮舫のあだ名は舛添3号で決まり(笑)

 実はいじられやすいキャラだったのか、ネットでは、レンホーのあだ名が、氾濫している(笑)。
e0178641_23215479.jpg いわく、言いわけ番長、嘘つき番長、脱法ハーフ、のらりクラリオンガール、ええい、めんどくさい。
 このさい、鳥越さんをあいだに挟んで舛添3号では、どうだ(笑)。
 舛添1号は、都知事をやめさせられ、舛添2号は、都知事の後釜を狙い、落選。
 舛添3号は、その落選したセクハラ男・鳥越を応援した、と。どうです、見事に、つながっているじゃあありませんか。

 誰か、あるいはどこか、「第一回輝け!ゲスの極み大賞2016」なんて、作らないかな。ノミネートされる人数には事欠かないし、多士済々じゃないのかな(笑)。
 大会メインテーマ、および当日の演奏、第一回プレゼンターは、もちろん、あのゲスの極み、乙女。か。
 予想される男子金メダルは、舛添1号で、女子金メダルは、レンホーか。
 うーん。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-09-23 23:22 | うわごと | Trackback | Comments(0)

蓮舫の闇:民進党は、二度死ぬか?

 民進党代表戦が、終わった。
e0178641_1143239.jpg 「嘘つき番長」が予想通り勝ち、咬ませ犬の「言うだけ番長」「泣き虫番長」が、予定通り、負けた。何の面白みも、ない。
 そもそも「番長」なんて、政界のみだろう。死語が堂々通用するのは、旧弊たる政治の世界だけだ。
 レンホー新代表が、幹事長に「野だめ」やら「野ブタ」を、指名(プロデュース)。かつて「マニュフェストに書かれていないことは、やらないんです」といいつつ、書いていない消費税を上げた張本人だ。
 二重国籍だの二重嘘つきだの、二番がいいだの、民進党は二の字がお好きなようだから、やはり二度死ぬのだろうか。
 その場限りの、テキトーな言いっぱなし=結果的に嘘つきのレンホーだが、「私は、野田元総理と同じ、バリバリの保守」発言には仰天した(笑)。
 ある意見では、昔っから「保守」は「反動」とセットな言葉で、左翼的言説が日本を完全支配していた時代(長かった)には、嘲笑の対象だった。
 それが「保守」が、良い意味合いを持ちだした今日、軽薄なレンホーが時代の波に乗って、さして保守でもないのに、自分を保守とカテゴライズする、常に時代の気分に乗りつつ、対応する、軽佻浮薄さ。エートスに合った、ええトスしますなあ(笑)。
 もっとも「九条死守」のレンホーこそ、真の保守派、と、本人は、そう、思っているのだろう。
 九条死守、戦後レジーム墨守、しかしそれらのそもそもの担保元であるアメリカには、沖縄の基地問題で反米。
 
 しかし、蓮舫で、もっとも問題にすべきは、祖母の存在だろう。
 以下は、「アゴラ 言論プラットフォーム」からの、部分引用。

石井孝明「蓮舫問題、謎の「家系」「生活」の説明も必要」2016年09月17日 11:28
 蓮舫氏の回りは、彼女本人も含めて「よく分からないこと」が多すぎる。私は彼女を自己愛から、場面によってカメレオンのように姿を変える「境界性人格」と指摘した。(「国家意識のない蓮舫代表は危険だ」)しかし、もしかしたら、隠すことがあるから、姿を場面によって変えるのかもしれない。

 蓮舫氏の家系にも、不思議さがある。
 彼女の祖母の陳杏村は、台湾出身で日本に留学した後、日中戦争中の上海で英米のタバコの販売の代理店になり、その後に日本海軍に戦闘機2機を献納。戦後は漢奸(日本軍の協力者)として裁判にかけられたが助かった。

 戦後は日本と台湾のバナナ貿易で財を成したが、彼女の祖母と父は1966年に、自民党議員に賄賂を送ったのではないかと、国会で追及されている。また彼女はヤフーニュースのインタビューで、「父親は台湾に遺産がなかった」「父親の国籍は分からない」と、不思議な発言をしている。

 日本は日中戦争(1937−45)当時、軍需物資を英米から禁輸された。また中国は当時から現在まで、レアメタルのタングステンの生産国だ。日本海軍は直接、物資を調達できないので、児玉誉士夫(1911−1984)という政商に、上海を拠点に、中国政府、他国と密貿易をさせた。資金源は当時、中国で流通していた阿片やヘロインなどの麻薬からの収益だった。当時の中国で阿片吸引は好ましいものとされなかったが、タバコのように吸われ、小売りされていた。当時はタバコと同じように、中国式のキセル(煙管)で吸われていた。日本は植民地の台湾で阿片吸引の習慣を撲滅。統一後の中国政府も厳しく取り締まって1950年代にその風習は消えた。

 今の戦闘機の最新鋭F35は1機210億円だが、当時は数億円程度の感覚だ。そうであっても、当時の台湾人が日本軍に戦闘機を献納した例は聞いたことがない。軍と陳氏の関係の深さがうかがえる。国民党政権の秘密警察が暗躍し、戦中から戦後まで数万人が殺害された漢奸の摘発を生き残ったのも謎だ。

 児玉機関の運営では、海軍と児玉に中国で商売できるほどの人脈があるわけがなく、中国人を間に挟んだだろう。情報が少なすぎるが、彼女の祖母は日本軍協力者で、もしかしたら、かなり危ないビジネスをしていたのではないかというのが、筆者の推測だ。児玉は戦後、自民党の政治家のスポンサーになった。陳という女性は日本側の記録にはないようだが、こうした情報は当然隠される。上記報道では国民党の地下組織に関係し、これを理由に漢奸裁判を生き残ったという。これは二重スパイということかもしれない。

 また台湾の法人税率、相続税率は、アジアで最も重税とされる日本より低いはずだ。父親が日本で税務処理するとは考えづらい。台湾の富豪は、さらに税率の低い香港で脱税する例が伝えられる。また蓮舫によれば、彼女の一家は台北円山大飯店で過ごしたという。同地の最高級ホテルで、かなり豊かな一家と分かる。父親の財産が台湾でないとは、税務処理の細工があるのだろうか。(以上引用終わり)

 民主党政権時代、レンホーは大臣になっており、それ以前に国会議員として、資産を「公開」している。しかし、その資産は「日本人としての資産」であり、実は「台湾籍のほう」に、公にはしていない資産を隠しているのでは、ないか、それが「二重国籍」の真の理由では、ないのか。
 戦前に戦闘機を二機献納するほどの「政商」であり、戦後は自民党議員にわいろを贈る、そういう祖母の孫が、レンホーなのだ。
 常識的に考えて、国会議員としてはあるまじき、隠し財産があるはずだ、と考えるべきだろう。
 安倍晋三を「A級戦犯の孫」と揶揄する左翼民進党の党首に、「軍と結託した悪徳政商の孫」が、就任するという落ち。
 家系(家計)を考えると「バリバリの保守」というのも、案外自虐的なギャグ的真実なのかも。
 キャンギャル出身の、初の政党党首。自民党でいえば、三原じゅん子の立ち位置か。三原じゅん子が自民党総裁になるなんて、あまり想像できまへんやろ。所詮レンホーなんて、そんなものなのに。
 それが公党の党首。さすが層が薄い民進党だわ。
 そして、まだまだ知られてはいない「闇」があるはずの、レンホー。うーん。

そこまで言って委員会NP 2016年9月18日 160918 あの元首相も緊急参戦!民進党が委員会を占拠!?

そこまで言って委員会NP 9月18日 160918
あの元首相も緊急参戦!民進党が委員会を占拠!?ニッポンをどうする?大激論SP!!蓮舫新代表の”二重国籍”問題&原発再稼働&配偶者控除&皇室&共産党との共闘・・・

 しかし菅直人の、さわやかな笑顔には、腹立つなあ(笑)。
 鳥越以上に、甘いマスク、甘い声で人気を取ってきた、能無し野郎だったんだよねー。女性有権者は、管の「見た目」で、イチコロだったんだろう、というのが、まるわかり。

映画『太陽の蓋』劇場予告編

 本来話題になるべきテーマの映画なのに、まったく話題になっていない(笑)。自称(笑)映画好きのぼくも、今回の上記言って委員会で言及されているのを見て、初めて知った。
 しかし菅直人役が三田村邦彦なんて、かっこよすぎ。もっと吉本の芸人でいいのはいなかったのか。雨上がりの蛍原じゃないほう(笑)では、若すぎるか。
 しかし上映館のユーロスペースも、場所をラブホ街の一角に変えてから、落ち目だなあ(笑)。昔は、もっと話題になっていたのに。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-09-20 11:04 | うわごと | Trackback | Comments(2)

蓮舫への「女性差別」をやめようぜ

 民進党の党首選が話題になっているなか、もっとも注目を集めているのは、蓮舫候補の、二重国籍問題だ。
 要するに、日本国籍を取得して「法律上の日本人」になった蓮舫が、元の「台湾籍」を抜いていない可能性「も」ある、という一部の指摘だ。
e0178641_932633.jpg 日本は、国民に二重国籍を(少なくとも「22才後」には)認めていない。(22とは単なる駄洒落か)
 いっぽう台湾は、二重国籍を認めている。
 日本に国籍を移した台湾人の多くは、台湾籍も、残している、というか、放棄していない、という話もある。
 まあ、一般人ならさほど問題はないだろうが、少なくとも国会議員、あるいは公党の党首、あるいは自衛隊の最高責任者でもある日本国総理を目指す、と公言している人物としては、実に、問題があるであろう。
 二重国籍の問題点は、それが発覚すれば、日本では、国籍はく奪、公民権停止(選挙にも出れない)という、国会議員としては最悪の結果になるからである。

 しかし、仮に国籍がはく奪されても、それは法律上適切な事務処理を怠っただけの話であり、適切な国籍離脱書類を台湾政府に申請すれば、日本国籍は回復するとのことだ。
 ただし蓮舫(というより、おそらく親が)が、すでに国籍離脱書類を提出済みであれば、何の問題もないことで。

 ということで、二重国籍疑惑の蓮舫と、在日焼肉屋のおばちゃんから違法献金を受けた故に、外務大臣を辞任した「言うだけ番長」前原某との対決、と一気に茶番劇と化した民進党党首選だが、当ブログは、別の側面に注目している(笑)。

 村田某と結婚したゆえに、蓮舫の(法律上の)本名は、村田蓮舫ということらしい。
 その村田蓮舫を、公的人物でありながら、レンホー、レンホー、と「下の名前」で呼ぶのは、いかがな、ものか。
 小池百合子都知事、小池都知事を、公の場で、百合子都知事と、呼ぶか。呼ばんでしょ。
 では、かなりの確率で、民進党党首になり、やがて、かなりの確率ではないが(笑)日本国総理を目指す人物を、蓮舫党首、蓮舫総理と、「公の場」では、呼ばないでしょ。

 確かに私的会話の部分では、日本では、男性は「高畑さん」「高畑君」と呼ばれ、女性は「淳子さん」「淳子君」と呼ばれる「慣例」があるが、それはあくまで私的会話に限られ、公の場には、なじまない。
 で、あれば、今後は、レンホー、レンホー連呼するでなく、村田党首、村田蓮舫党首、と、呼ぶべきでは、ないか。

 ただし、結婚後の改姓も、また、女性差別であるだろう、という意見もある。であるならば、レンホー党首も、国会質疑で、例えば「稲田大臣」と呼ばず、「トモミ大臣」と、呼ぶべきであろう。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-09-03 09:32 | うわごと | Trackback | Comments(1)

日本のいちばん長い日 俳優名鑑大百科

日本のいちばん長い日 俳優名鑑大百科

日本のいちばん長い日(1967年 岡本喜八監督)のキャスト紹介。88人+ノンクレジット俳優46人の全134人で、全て静止画です。その他の作品はこちら mylist/8035754

 うーん。どうなのかな大村仙吉(笑)。 
★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-08-15 21:43 | うわごと | Trackback | Comments(0)

数秒ごとの美女図鑑~欽どこ 美女100人

欽どこ 美女100人


 数秒ごとの美女図鑑。
 ぼくみたいな老人には、頭の体操にもなる(笑)。
 夏目雅子には、心配。闘病中か。
 浜木綿子の東大入学のお子さんは香川照之か。 

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-08-15 00:09 | うわごと | Trackback | Comments(0)