2017年 10月 05日 ( 1 )

文春安倍VS小池「総理にふさわしいのは?」1600人アンケート

いやアひどいなあ(笑)。
BLOGOSより引用。(以下ネットニュースより)
文春オンライン2017年10月04日 16:00安倍VS小池 「総理にふさわしいのは?」1600人アンケート - 「週刊文春」編集部
e0178641_3535068.jpg 安倍首相の「国難突破解散」を受けて、第48回衆議院議員総選挙(10月10日告示・22日投開票)の火ぶたがまもなく切られようとしている。
「今回は、つまるところ日本のリーダーとして、安倍晋三と小池百合子のどちらがふさわしいかを問う選挙、といえます」(政治部デスク)
 そこで小誌はメルマガ読者を対象に「小池百合子と安倍晋三、どちらが総理にふさわしいか」を尋ねるアンケートを実施し、実に1596人から回答が寄せられた。
 結果は、小池氏が807票に対して、安倍氏が789票という稀に見る僅差で「小池総理」が上回った。
 小池氏支持の理由としては、「リーダーシップや行動力や発言力や即断力など総理の資質がある。初の女性総理大臣の筆頭候補だと思う」(57歳・女性)という「女性初の総理」を待望する声も目立ったが、その大半は“アンチ安倍”票。
「安倍氏は今回の解散にしても、政策も、自分の都合の良いようにしか解釈しない人だと思います」(36歳・女性)
 一方の安倍氏を支持した読者は、「外交の現場においてはリーダーシップを発揮し日本の国際的地位を高からしめている」(66歳・男性)と外交面を評価する声が多い。
 当然、次のような“アンチ小池”票も入っている。
「都政を軽んじて国政に関与するような動きをしている人は信頼に値しません。築地市場、オリンピックの問題など、知事が遅延させた問題も多く、まずそちらを優先的に解決すべき」(56歳・男性)
 全289選挙区の当落の最新予測を含めて、詳細は、10月5日(木)発売の「週刊文春」10月12日号で報じている。(以上引用終わり)

 これに対するセキイさんという方のBLOGOSでのコメントは、

せっかくなので、この類のアンケートの信頼性について、実例を紹介しながら見ていきたいと思います。
2007年の文化放送の「今、総理大臣をやってもらいたい人」アンケートです。

1位:舛添
2位:田中真紀子
3位:田中康夫
4位:小沢一郎
5位:菅直人

次、鳩山が辞めた後、日経が行った「次の首相にふさわしいのは?」アンケート結果
1位:前原誠司
2位;菅直人
あとはリンク見て なかなかの信頼性ですねえ(笑)
e0178641_414424.png











      岡田 小沢  菅  仙谷  田中 長妻  野田 前原 その他 民主以外
https://www.nikkei.com/news/survey/vote/result/?uah=DF020620104710
緊急調査 次期首相にふさわしいのは誰?(クイックVote緊急調査)
受付終了(2010/6/2 13:07)
あなたは鳩山由紀夫首相の退陣表明を受けて民主党内で次期首相にふさわしいのは誰だと思いますか。=敬称略

1.岡田克也 2.小沢一郎 3.菅直人 4.仙谷由人 5.田中真紀子 6.長妻昭 7.野田佳彦 8.前原誠司 9.その他 10.民主以外
(「その他」「民主以外」を選ばれた方はコメント欄に名前を書き込んでください)
一言コメント
「前原」を選択
イギリスのように、清新な40代に日本をまかせてみたい、小沢氏の系譜から最も遠い立ち位置に居ることも首相にふさわしいことの一つ。
「前原」を選択
菅副総理は鳩山首相を補佐する立場、迷走混乱の責任がある。
「その他」を選択
亀井静香氏。周りを気にせず強引なところが今の日本には必要。
「前原」を選択
脱小沢の一番候補で顔も女性受けが良い。
「前原」を選択
若さと実行力が決め手
「前原」を選択
世界的にも若い世代がいい。いま民主を見放したら、国民は選択肢をなくしてしまう。4年間はガマン。口蹄疫が未だ収束しないのに、選挙なんてもってのほか。解散を口にするなんて無責任。
「その他」を選択
福田衣里子氏ら女性議員が良い。現在の民主党で総理になる準備の出来ている人はいない。女性の力を借りて次世代の設計を行なうのが望ましい。
「その他」を選択
残念ながら誰がやっても同じ。短期政権に終わりそう。
「民主以外」を選択
民主党には国政を任せられる議員が見当たりません。現下の中国や北朝鮮の軍事的脅威が増しつつある状況にあって、安全保障、国益からその任に最もふさわしいと思われるのが石破茂議員です。
「岡田」を選択
条件として菅、前原、枝野各氏は留任で。まだ道半ば。もう少し民主党政治を見てみたい。(以上引用終わり)

 いやー大爆笑。この種のアンケートは、必ず間違うのね(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟(以下ネットニュースより)ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-10-05 03:55 | うわごと | Trackback | Comments(0)