2017年 10月 04日 ( 2 )

これが小池百合子希望の党の踏み絵(笑)だ

うーん面白い(笑)。踏み絵といいながら字だけ。嘘つき(笑)。
e0178641_9577.jpgBLOGOSより引用。
田中龍作2017年10月03日 09:42「排除します」小池新党の踏み絵に枝野立つ
 5項目めの「外国人に対する地方参政権の付与に反対すること」は、小池氏の持論である国際化と矛盾する。レイシストと受け取られても仕方がない。
 7項目めの「党の指示する金額を党に提供すること」は、金で公認を左右するとしてヒンシュクを買っている。
 立候補希望者に、供託金600万円(小選挙区300万円、比例300万円)と寄付金100万円を指定された口座に振り込むよう、迫るのである。寄付金は上納金とも呼ばれる。
 8項目すべてに納得したうえで署名しなければならない。署名してしまえば、まっとうな政治家としての生命を失ってしまう。
 民進党の立候補予定者たちは、前原代表が一括して名簿を出してくれるものと信じていた。一人ひとり踏み絵を踏まされなくて済むと理解していたのである。
 ところが実態は180度違った。踏み絵を踏めない、つまり署名できない立候補予定者たちが、続出して大量に弾かれているのである。50人を超える民進党前職の名前が、排除リストにあがっているのは、このためだ。(以上引用終わり)

 小池氏の持論である国際化反日中韓勢力の日本弱体化への対策は、何ら矛盾しませんね。日本と仲良くしたいという国とお付き合いしたいだけ。テロリストと付き合いたいのは、テロリストだけでしょう。
 金のない、自腹を切れる者もいない希望の党が、民進党出身者に、民進党の百億以上ため込んでいる政党助成金(もともと国税)の少々を持参金に持ってこさせるのは、当然ではないか。
 それは前原も了承していなくては、おかしい。明らかな印象操作だ。
 署名してしまえば、まっとうな政治家としての生命を失ってしまうって、民進党にまっとうな政治家が、一人でもいたのか(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟(以下ネットニュースより)ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-10-04 09:05 | うわごと | Trackback | Comments(0)

「左残オールスターズ」立憲民主党立ち上げと都民ファーストの乱

乱戦に次ぐ乱戦混戦で、ますます面白くなってきた(笑)。結果が読めない(笑)。
 日々情勢が変わっていく。

e0178641_521598.jpg●『希望の党落ちた、日本死ね』(以下ネットニュースより)
『希望の党』に落ちた民進党の枝野らが極左政党『立憲民主党』立ち上げへ
安保法案賛成・改憲賛成・外国人参政権反対に合意できない者は、政党理念が違うとして希望の党に入れず落選したが、反日左翼議員の互助会として立憲民主党を設立した。当選者は数十人程度だろう。

希望の党の入党条件
https://pbs.twimg.com/media/DLHrZPEUQAAgDdI.jpg
2.安保法制容認
3.憲法改正支持
5.外国人地方参政権反対

民進党は韓国や中国の二重国籍がたくさんいる政党ですから二重党籍も得意なんでしょう。
マスコミが半年以上も森友加計で毎日偏向報道しまくり自民党叩きをしてきたのは民進党浮上のためだったが、希望の党、立憲民主党、無所属と分割されてしまった。 (以上引用終わり)

 反日左翼がある程度まとまりそうなのでこれは小池の功績か。いかにこいつらをディレイト出来るかが、今回の選挙の醍醐味だろう(笑)。それにしても不可解なのは、前原が民進党公認候補を全取り消し、それに全議員がしゃんしゃん了承、と不思議な、ダブルでの無茶ぶり展開は、いったい何だったのか(笑)。なぜ前原はそんな無茶ぶりしたのか。なぜ民進党議員はそれを是としたのか。うーん、左翼の心情は、よくわからん(笑)。

e0178641_524176.jpg都民ファーストの会 2都議が離党へ 小池氏手法に反発 (以下ネットニュースより)
東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」に所属し、昨年7月の都知事選から小池氏を支援してきた音喜多駿(おときた・しゅん)、上田令子両都議が離党を検討していることが3日、関係者への取材で分かった。
国政政党「希望の党」代表に就任した小池氏の政治姿勢などに反発する動きで、5日にも離党届を提出する方向で調整しているという。小池氏に対する造反行動は、衆院選にも影響を与える可能性がある。
関係者によると、両都議は「東京大改革」を掲げて当選した小池氏が国政政党を設立したことや9月に荒木千陽(ちはる)都議を代表に選出した際、所属議員に諮らずに小池氏を含む執行部3人だけで決定したことなどを問題視。
「小池氏の政治姿勢や都民ファーストの会の方向性、運営体制に疑問があり、これ以上は一緒にできない」などと説明しているという。音喜多氏は、荒木氏の代表就任が報告された議員総会でも「自民党よりひどい『ブラックボックス』だ」と異議を唱えるなど反発を見せていた。
両都議は、都知事選で早い段階から小池氏を支援。小池氏は両都議を群れの中で最初に海に飛び込む「ファーストペンギン」と称し、音喜多氏には今年7月まで都議団幹事長を任せるなど、一時は重用した。
両都議は5日閉会の都議会定例会後に離党し、別の会派を結成するとみられる。
都民ファーストは今年7月の都議選で55議席を獲得して第1党に躍進したが、わずか3カ月で分裂することになった。
http://mainichi.jp/senkyo/articles/20171003/k00/00e/010/223000c

小池代表、若狭氏に“TV出ないで” 三都物語構想に不協和音 2017年10月3日 05:30
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2017/10/03/kiji/20171002s00042000394000c.html
 小池氏が希望の党の側近、若狭勝前衆院議員のテレビ出演に待ったを掛けた。「もうテレビに出ないで、と申し渡したと聞いている」と政界関係者が話した。
 若狭氏は1日放送のNHK「日曜討論」に出演し「(政権交代を目指すのは)今回ではなく次の選挙」などと話し、政権奪取に必要な過半数(233議席)の候補者擁立はないのではとの見方を示した。
 小池氏はこれらが気に入らなかったもよう。2日、共同通信のインタビューで若狭氏の発言を「そんなことはない」と否定した上で、衆院選で政権交代を狙い過半数以上の候補者の擁立を目指すと語った。
 若狭氏の発言については、希望との選挙協力を行う日本維新の会の松井一郎代表(大阪府知事)も苦言を呈した。大阪府庁内で記者団に「(若狭氏は)政治家としての発言は未熟なところがある」「有権者は何言ってるのとなる。有権者を混乱させる」などとこき下ろした。(以上引用終わり)

 都民ファーストは所属都議の不満を抑圧するために、都議同士の飲み会を禁止したらしい(笑)。飲み会を名目に都議らが分派活動をすることを警戒したらしい。すでに決まっていた飲み会も中止に追い込まれたとか。飲み会も自由にできない小池新党って(笑)。共産党以下じゃないのか(笑)
 しかしこういう都議の締め付けして、都民ファーストの不和を招いて、大丈夫なのか希望の党(笑)。
 希望の党の選挙活動の下支えをすべき都民ファーストの、飲み会を禁止するなんて、やる気を無くすだろう、都民ファーストも(笑)。
 そもそも都政に専念するため都民ファーストの代表を退いたはずの小池が、その舌の根が乾かないうちに、希望の党の代表になるって、さすが緑のたぬきだわ(笑)。
◎追記◎「自民党よりひどい『ブラックボックス』だ」と異議とあるが、独断で解党を決めた前原民進党こそ、最悪のブラックボックスではないか。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟(以下ネットニュースより)ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-10-04 05:02 | うわごと | Trackback | Comments(0)