フィルムセンターの入場方式が変更されたが それってどうなの

いかにもお役所仕事らしい規制強化の方向だが。

e0178641_03052100.jpg(上映会)『入場整理券』導入のお知らせ(2017.11.24更新) (フィルムセンターHPより)
このたびフィルムセンターでは、上映会各回ごとの『入場整理券』を発券することといたしました。詳しくは下記のとおりです。
■開始日: 2017年10月7日(土)より
■発券場所:1階ロビー
■発券方法:●開館と同時に、当日上映される全ての回の入場整理券を発券します。
※10月7日(土)特別上映会『デルス・ウザーラ』については、11:00amの回は10:00amより、4:00pmの回は11:10amより、発券します。ご注意ください。
※『連合艦隊』振替上映日の10月15日(日)は、10:00am開館です。
※本上映会は終了しました。
●入場整理券は、お一人様各回1枚のみの発券です。
■入場方法:●各回の上映開始時間40分前→30分前*に1階ロビーへ集合してください。
*11月28日(火)より30分前に変更します。
※10月11日(水)より開催の「映画の教室2017 色彩の探求」は各回19:00までに1階ロビーへ集合してください。
●番号順にお呼出しし、入場を開始します。
●番号呼出し時に入場されなかった方の入場整理券は無効となります。
■その他:●入場整理券を紛失された場合、再発行はいたしません。
●入場整理券を紛失された方や無効の入場整理券をお持ちの方は、入場待ちの列最後尾にお並びください。(以上引用終わり)

 フィルムセンターの客筋には二種類あった。
 先の上映が終わると、とりあえず一目散に(笑)一階のソファに座り、次回の席順を確保。暇な老人が多い。
 ぼくは近場の八重洲ブックセンターかイナックス?の本屋に行ったり、近場飯とか近場コーヒーだったり。
 とにかく二時間近くあのソファにいる神経が理解できない(笑)。
 で、おそらく事情は知らないが、何らかのトラブルが、二時間ソファ待機組にあったのだろう。それは、よく、ワカラナイ。で、規制が厳しくなった、と。
 で、二時間ソファ待機組にはゆるやかになったとはいえ、どうせそんなに客は来ない番組だから、ぎりぎりに行ってもいいや、というぼくにはかえって拘束時間が増える、という官僚的規制に感じる。
 まあ客足の少ない平日の番組に関しては、実質変わらないだろうが、土日の人気番組に関しては、チョイ厳しくなりそうか。
 いままでは、お役所仕事の割には(のゆえには)管理がゆるゆるなのが、フィルセンのいいところだったのに(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-12-08 00:33 | うわごと | Trackback | Comments(7)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/26242791
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by yazaki at 2017-12-11 14:40 x
整理券方式でないときと比べて拘束が厳しくなった?
別に,開映30分前に集合しないといけないわけではないし,自分の番号が呼ばれた時にいないと,入れないわけでもない.(無効になります,というのは誤解を招く表現.)
当日のすべての整理券が開館時に手に入るので,
超人気プログラムが遅い時間にある場合は,開館まもなく満席になってしまい,クソ!ということがありえなくはないが,...
Commented by mukashinoeiga at 2017-12-11 19:35
フィルムセンターの入場方式が変更されたが それってどうなのへのコメント、 yazakiさん、ども。

>整理券方式でないときと比べて拘束が厳しくなった?

 実際の温度と体感温度は、違います。そういう意味で「ぼくにはかえって拘束時間が増える、という官僚的規制に(感じる)」「ぎりぎりに行ってもいいや、というぼくにはかえって拘束時間が増える、という官僚的規制に(感じる)」ということでございます。実際の温度と体感温度では、常に体感温度を重視する軟弱なブログとお思いください(笑)。

>(無効になります,というのは誤解を招く表現.)

 これ言ったのは、ぼくではなくてフィルセンですが無効は無効でしょう。
 というのもこのシステムは完全ではなくて、いわゆる「開映時間ぎりぎりの攻防戦」を防ぐことができない(笑)。ましてやフィルセンのツイッターなどがあるとして「この回は整理券が満席に達しましたので、もう見れねーよ、へっへっへ」と言うことも出来ない。
 というのも整理券ゲットした人の1~数人が遅刻して、あるいは油断して遅れて、整理券が「無効」になって、その間に素早く別人が整理券をゲットすれば、席に滑りこめれるわけです。
 まあそんな満席状態は年に数回でしょうが(笑)。ということで、このシステム、観客側には、全くメリットなしで、別に前と変わらねーや、とは「体感温度」では、あんまり感じられません(笑)。妄言多謝(笑)。昔の映画
Commented by yazaki at 2017-12-12 16:55 x
1.このシステムは,映画を見る前に,近くで買い物・食事などすませておきたい,という人には便利なシステムです.重宝しています.
2.自分の番号が呼ばれた時にいなくても,席が空いていれば入れるのは体験済み.何をもってセンターは「無効」というのか.一つ考えられるケースがありますが,...
3.整理券配布は開場前(開映30分以上前)のようで,既に開場していて(さらに上への誘導も一段落している?)ときは,上へ直接行ってください,と言われます.
4.話がかみ合ってない気もしますが,鈍感なのか,このシステム何も気になりません.それより,ここに至るまで9月以降の「映画の広場(1階のロビー)の利用方法の変更」の方がセンターの常識を疑うものでした.

Commented by mukashinoeiga at 2017-12-12 19:41
フィルムセンターの入場方式が変更されたが それってどうなのへのコメント、 yazakiさん、ども。

>2.自分の番号が呼ばれた時にいなくても,席が空いていれば入れるのは体験済み.何をもってセンターは「無効」というのか

 実際無効は無効でしょう。

>席が空いていれば入れるのは体験済み
 それはぼくも同じです。ガラガラ空き空きならば何にも問題ないわけで。

>鈍感なのか,このシステム何も気になりません.

 まあ私は典型的なB型ですのでマニュアルが増えるベクトルは好みません(笑)。ルーティンワークならマニュアル減らせよ、と思うタイプで、しかし現実ではコンプライアンス重視とかヒヤリハット対策で、ルーティンワークのマニュアルは、どんどん増えていく(笑)。

>それより,ここに至るまで9月以降の「映画の広場(1階のロビー)の利用方法の変更」の方がセンターの常識を疑うものでした.

 それは知りませんので、どういう風にひどいのか教えていただけませんか。 昔の映画
Commented by お邪魔ビンラディン at 2017-12-13 00:16 x
このシステム導入によって、確実に数名分の仕事が増えました。あわせて観客のわずらわしさも、確実に増えています。
これは「パーキンソンの法則」の具体例のひとつです。
この法則を非常に大ざっぱに要約してしまうと、「役人の数は、仕事の量とは無関係に増え続ける」ということで、さらに「パーキンソンの凡俗法則」というのもあって、それは「組織は些細な物事に対して、不釣り合いなほど重点を置く」ということです。
以前は、1階に受付嬢1名、2階に2名の受付嬢とそれぞれほぼ同数の守衛さんが基本で、満員が見込まれる人気プログラムのときやゲストを招いたときだけ若干の増員とともに、事務方や学芸員が助っ人で馳せ参ずるというような印象でした。(これに交代要員が加わるでしょうが)
しかし、昨年あたりから受付でも守衛でもなく、観客でもない背広を着た中年紳士が何名か常駐するようになり、彼らが上映前の時間帯に、ロビー受付近くでなにやら手持ち無沙汰にしているんですね。おそらく、文化庁あたりのノンキャリアでそれなりに功績があったけれども行政改革で然るべきポストがなくなったという理由ではクビにするわけにもいかないから、ぶらぶらさせているのだと邪推されるような方々だと思います。かれらに「仕事をしているフリをさせる」ためには、今回のシステム導入は非常によろしい。
そういえば、5〜6年前に「上映開始後の入館お断りの是非」を問うアンケートが実施されたけれども、その結果は観客に向けて公表されなかったですね。(「機関誌NFCの片隅に目立たないように載せていた」かどうかは未確認) まぁ、おエラ方の意に添わないアンケート結果は、ちゃんと黙殺するというのが役所の不文律というものでありますから、これもしょうがないでしょう。
Commented by mukashinoeiga at 2017-12-13 01:53
フィルムセンターの入場方式が変更されたが それってどうなのへのコメント、 yazakiさん、ども。

>1.このシステムは,映画を見る前に,近くで買い物・食事などすませておきたい,という人には便利なシステムです.重宝しています.

 でも、それって「前のシステム」でも、ちゃんと出来てたことでは、ありませんか(笑)。  昔の映画
Commented by mukashinoeiga at 2017-12-13 08:57
フィルムセンターの入場方式が変更されたが それってどうなのへのコメント、お邪魔ビンラディンさん、ども。
 基本的にルーティンワークは、いかに手間数を減らすかが、効率化と思いますが、公務員さんたちは、逆に手間数を増やして、予算拡大ゲット、既得権益拡大が目的。
 たいした効果はないないのに、今回の「改編」で、どのくらいの予算を獲得したのか(笑)。フィルセンへの天下りはどうなんでしょうね。

>しかし、昨年あたりから受付でも守衛でもなく、観客でもない背広を着た中年紳士が何名か常駐するようになり、彼らが上映前の時間帯に、ロビー受付近くでなにやら手持ち無沙汰にしているんですね。おそらく、文化庁あたりのノンキャリアでそれなりに功績があったけれども行政改革で然るべきポストがなくなったという理由ではクビにするわけにもいかないから、ぶらぶらさせているのだと邪推されるような方々だと思います。かれらに「仕事をしているフリをさせる」ためには、今回のシステム導入は非常によろしい。

 そういうフィルセンで、ソ連式官僚機構をおちょくるチェコ映画が多々上映されているわけです(笑)。ギャグですな。  昔の映画

名前
URL
削除用パスワード