E・グールディング「グランド・ホテル」グレタ・ガルボジョーン・クロフォードバリモア兄弟

グランド・ホテル形式というジャンル呼称は知っているが、その本家は未見だった。
e0178641_324630.jpg 京橋にて「ジョージ・イーストマン博物館 映画コレクション」特集。32年、メトロゴールデンメイヤー。
 うーん。やはり先発者の栄光と悲劇を感じる。
 ある意味天然のオリジナルを、後発者が散々研究しつくして、先達を楽々のりこえる典型かと。
 ごく少数の主要登場人物たちをクローズアップするのみで、後発組のシステムとしてのホテル感が、ほぼほぼ抜け落ちている。この監督は聞いたことがないが、ルビッチなら間違いなく傑作にしたであろう素材で。

e0178641_3243577.jpg4グランド・ホテル(112分・35mm・白黒) (フィルムセンターHPより)
GRAND HOTEL 1932(MGM)(監)エドマンド・グールディング(原)ヴィキ・バウム(脚)ウィリアム・A・ドレイク(撮)ウィリアム・ダニエルズ(美)セドリック・ギボンズ(出)グレタ・ガルボ、ジョン・バリモア、ジョーン・クロフォード、ウォーレス・ビアリー、ライオネル・バリモア
ヴィキ・バウムの小説を原作としたウィリアム・ドレイクの戯曲の映画化。ベルリンのグランド・ホテルを舞台に、人生の岐路に立つ宿泊者5名の1日半の人間模様を描く。監督のエドマンド・グールディングは、流麗なリズムでグレタ・ガルボを筆頭に大スターの競演を捉え、ジョーン・クロフォードは本作で大スターの仲間入りをした。第5回アカデミー作品賞受賞。

 システムとしてのホテルということであれば、客というべルトコンベアに乗った日替わり商品は実はそんなに重要ではない、ということに気づいてしまった後発作品に分があるのに、先駆者は先駆者であるがゆえに、そこまで気が回らない。
 本作の従業員エピソードは、たった一つ。産科に入院している妻をやきもきする男。これか全くシマラない話で、発展性もない。ホテルのシステムとも絡まないし、無くてもいいくらいだ。
 男前のジョン・バリモア男爵や、さえなくしょぼいライオネル・バリモア帳簿係のリーマンが盛んに飲むバーにも、バーテンダーは影もない。
e0178641_325675.jpg ここはハリウッド映画の定番、気の利いた一言のバーテンダー、シニカルな顔芸のバーテンダーが、抜け落ちている。
 客の噂をはやし立てる客室係もいない。小津「東京物語」にさえ援用されているのに。
 システムとしてのホテルの擬人化が、ほぼほぼないのだ。
 ルビッチ映画なら必ずついてくる二段構えのびっくり男E・E・ホートンなどの不在も惜しい限り。

 その中で、この種のグランド・ホテルもののド定番、貴族泥棒ジョンバリの存在は、やはりさすが。窓から窓へ侵入し、宝石などを頂戴する紳士泥棒、ホテルのシステムを裏から横断する横紙破り。
 最低資本家ウォーレス・ビアリーを除き、他の登場人物は、ほぼほぼ善人。ダブルヒロインも善人なのはいかがなものか、と、ちとは、思うが。
 落ち目のダンサー、グレタ・ガルボ、タイピストのジョーン・クロフォードもそれぞれいいのだが、イマイチ大味すぎて、というか曲がなさ過ぎて、今の感覚では物足りないが。

Grand Hotel..trailer (1932).

Greta Garbo I want to be alone Grand Hotel

Grand Hotel (1932) opening scene

グランド・ホテル (プレビュー)


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-11-07 03:25 | ルビルビルビッチ淑女超特急 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/26158819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by taisukez1962 at 2017-11-11 01:59
バーテンダーとかボーイさんにアクセントを付ける名人はルビッチ門下?のビリビリビリーワイルダーじゃないでしょうか。
「あなただけ〜」「お暑い夜を〜」は楽しかったなぁ・・・

「情婦」はガルボの方が良かったんじゃないかな。ディートリッヒじゃネタバレしそうで。

神保町で来月「ひき裂かれた盛装」が掛かりますが小生見逃せないのに見逃しちゃうのです。
志保ちゃまの悪女?観たかったなぁ・・・。
Commented by mukashinoeiga at 2017-11-12 12:58
E・グールディング「グランド・ホテル」へのコメント、taisukez1962さん、ども。
 お上品なルビルビルビッチも、庶民派のビリビリビリーワイルダーも、どちらもいいですな。
 ガルボもディートリッヒも立派過ぎてちと苦手。

>「あなただけ〜」「お暑い夜を〜」は楽しかったなぁ・・・

 ビリビリビリーワイルダーは至福の映画ですよねー。 

>神保町で来月「ひき裂かれた盛装」

 見たい映画が見れない、もう二度と見れないかも、というのはOLDモノとしてはつらいですな。 昔の映画
名前
URL
削除用パスワード