土居通芳「汚れた肉体聖女」高倉みゆき大空眞弓高田稔魚住純子江見俊太郎原知佐子矢代京子

正統で異色なレズビアンメロウ(女郎)メロドラマ。
 渋谷にて「玉石混淆!? 秘宝発掘! 新東宝のもっとディープな世界」特集。58年、新東宝。
e0178641_23513589.jpg まず初めに、本作の5年前に、同じ新東宝で★野村浩将「野戦看護婦」日本メジャー映画初のレズビアン映画!?折原啓子鶴田浩二宮城千賀子★があり、「汚れた肉体聖女」が上映されるのなら、「野戦看護婦」もやってもいいじゃないの、と本特集の企画協力のシモケンさんに問い合わせたら、「野戦看護婦」も候補ではあったが、すでにDVDが出ているので、よりディープなものを、という趣旨から外れた、と。
 うーん。ディープが命なのね(笑)。

e0178641_23525918.jpg『汚れた肉体聖女(デジタル)(78分)』公開:1958年 (渋谷シネマヴェーラHPより)
監督:土居通芳
出演:高倉みゆき、大空眞弓、高田稔、魚住純子、津路清子、江見俊太郎、三村俊夫、大原譲二、大江満彦、藤村昌子、城実穂、原知佐子、瀬戸麗子、水上恵子、朝倉彩子、勝又陽美、沢恵子、矢代京子
兄の友人にレイプされた過去を持つ修道女・高倉みゆきは新入生の世話係りになるが、「お姉さま、一緒に寝かせて」の言葉に抗えず…。魔性の美少女・大空真弓に翻弄され次から次に罪を犯すはめになる高倉。その転落人生の急展開ぶりが凄すぎる禁断のダーク・ロマンス!
上映作品のクレジットデータサイト http://nipponeiga.com/vera/shintoho02/

 学園型修道院に、大空眞弓ら新入生がやってくるが、最初に告げられるのが、華美なアクセサリーや女の子らしいクマのぬいぐるみ禁止。
 なのに彼女らが着ているパジャマはファンシーな模様。ネグリジェ!にいたっては、まるでスケベおやじの妾のものみたい(笑)。昼は淑女、夜は娼婦、という本音そのもののダブスタこそ、新東宝調文芸映画の真骨頂か(笑)。
 そして高倉大空の恋愛だけでなく、三角四角五角のレズ愛欲の関係のぐずぐずメロになる(笑)。清楚禁欲の昼間と、隠微愛欲の夜と。
 まさにメロウ(女郎)たちによるメロドラマだ。
 ただしファムファタルというべき高倉の不穏な顔は、メロドラマヒロインの繊細メロウな顔とは水と油で、全く場違いで、浮いている。

汚れた肉体聖女

 Dailymotionというサイトの「汚れた肉体聖女」大空真弓と高倉みゆきの修道女同士のラブシーンは、貼り付けられず。

 本作の5年前の野村浩将「野戦看護婦」との違いは、キス一つなかった「野戦看護婦」に比べ、本作では女性同士がキスしまくり、ペッティングしまくりというところか。ここに5年の差があるのか。
 ただし「野戦看護婦」は、一方の女からもう一方の女への壮絶な片思い、本作では女同士の両想いということで、一概に比較できないのだが。
 
e0178641_2017628.jpg 鐘塔への四角いらせん?階段にヒッチコックへの誠実なオマージュを、感じる。
 最初チンピラたちにレイプされようとした高倉みゆきが、兄の友人・村上不二夫のヒーロー張りの格闘で救われるが、その直後、村上は泣いて縋り付く高倉に欲情、二段構えでレイプされてしまう。
 自分を救った男にレイプされるというなかなか複雑なグッドな構成だ。
 最後にも、不穏な顔つきがいつもいつも、あるいいはいつも以上に不穏な江見俊太郎の、左右不対称な瞼がグッド。
 ◎追記◎なお大空真弓の、畑における讃美歌歌唱はグッド。聞けば東京音大の声楽科出身とのことだが、女優としてそのキャリアを生かしていないような。庶民的な顔だちのせいか。いずれにせよ、もったいない。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-10-19 00:00 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/26119245
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by お邪魔ビンラディン at 2017-10-21 00:41 x
まず、メロウと言うと、こんなのを思い出しちまいますな。
https://www.youtube.com/watch?v=SHArH4K_P9w

それはさて、この物語で最初に三村俊夫(村上不二夫)にヤられてしまうのは、「レイプ」と言えるのかな? ヒロイン本人は、その後も兄の友人を憎からず思っていて、上京して押し掛け女房になるつもりであったのを、両親が無理矢理引き裂いて中絶手術までさせた上で修道院に入れてしまうんですからね。
物語の終盤、大空真弓の兄の江見俊太郎にヤられてしまうのは、たしかにまぎれもなく「レイプ」に相当するんでしょうが。
この映画で何度も繰り返し出て来る鐘をつくシーンが印象的なのは、むかしの新東宝映画オープニングの鐘のマークに対するオマージュと拝察しました。
Commented by mukashinoeiga at 2017-10-22 06:16
土居通芳「汚れた肉体聖女」へのコメント、お邪魔ビンラディンさん、ども。
 ビリホリでしたか。ファインとメロウは相いれないとは思いますが、感情ポルノとしてはオーケーなのかな。

>この映画で何度も繰り返し出て来る鐘をつくシーンが印象的

 あるネット情報によれば、この鐘の音、新東宝のカンパニーロゴのサウンドロゴの使いまわしらしいです。
 まあ当然でしょうね。  昔の映画
名前
URL
削除用パスワード