大林宣彦「異人たちとの夏」風間杜夫秋吉久美子片岡鶴太郎名取裕子永島敏行

郷愁絶品、強襲オノミチ、もといイマイチ。そもそもやさしさファンタジーの善人大林が、鶴太郎・秋吉パートは絶品ながら、悪意満載のホラーを撮れる体質ではまるでなく、まあ幼児向けお花畑ホラー「HOUSE」は成功させても、本作のアダルトホラーの名取裕子パートの失速はやむを得まいて。
 水と油映画祭てなものがあったら、本作は真っ先に選ばれよう。
e0178641_945516.jpg 池袋にて「新作『花筐/HANAGATAMI』完成記念! ワンダーランドの映画作家 大林宣彦映画祭2017」特集。88年、松竹配給。

 ロードショー時には、地元映画館の映写だったので、場内見回りと称して、何十回となく、特に鶴太郎・秋吉パートを、立ち寄り観察しておりました。でも名取パートには、一回も入らなかったな(笑)。
 なとりの珍味は、大好きだけど、当時のぼくには、名取裕子は珍味過ぎて良さがわからなかった。ジジイになった今見ると、結構セクシーでいい女じゃん、とも思う。でも、まあ、やはり、顔が好みではない(笑)。演技は認める。て、完全に上から目線やね。

e0178641_94645100.jpg異人たちとの夏 監督:大林宣彦 (Movie Walker HPより)
1988年 松竹 108分
原作:山田太一 脚色:市川森一 出演:風間杜夫 秋吉久美子 片岡鶴太郎 名取裕子 永島敏行 ベンガル 笹野高史
原田英雄(風間杜夫)は40歳のシナリオ・ライター。妻子と別れ、今はマンションに一人暮らしをしていた。ある日、原田は幼い頃に住んでいた浅草に出かけ、偶然、死んだはずの両親に会ってしまう。二人は原田が12歳の時に交通事故で死亡したが、なぜかその時の年齢のまま、浅草に住んでいた。原田は懐かしさのあまり、浅草の両親の家へたびたび通うようになる。一方で、原田は同じマンションに住む桂(名取裕子)という女性と、愛し合うようになっていた。

 映画初出演の、柄にあった鶴太郎の絶品。
 ヤンキーな下町のお母ちゃんを、これまた絶品の品の良さで演じる、離れ業の秋吉久美子。
 大林監督トークによれば、
「当初は、久美子ちゃんは、名取裕子さんの役にキャスティングされていた。それをぼくがこれはちがう、と風間杜夫のおかあさんの役に変更した」
 というが大正解。
 そして年下の両親と「再会」して、驚きつつ甘える風間杜夫も、素晴らしい。

 ただ本作の瑕疵は、やはり名取パート。しかしその原因は名取裕子では、ない。いつも演技が不安定かつ、なんでこんなに風間を助けるんだ、と意味不明な存在の、永島敏行だ(笑)。これぞご都合主義の最たるキャラだ。まあ、そういっちゃうと、両親との再会もご都合主義なんだけども(笑)。
 無いものねだりでいえば、浅草パートは大林でも、名取パートは、他の監督にしてもらいたかった。清順?中川?テリー石井?池田敏春?石井隆?

異人たちとの夏-予告編-

 ユーチューブのコメント欄にもあったが、ほんとに下手な予告。二つもネタバレと、いう(笑)。松竹が本当に映画を理解していなかったのが、バレバレ。
水野晴郎 解説 "異人たちとの夏"

 地上波TVでの映画放映最後の輝きか。とはいいながらヴィデオ勃興の影響避けられず、あまり意味なさそうな番宣パンフの配布という。
「異人たちとの夏」ー回想

「異人たちとの夏」ー不思議なひと夏のすべての始まり

異人たちとの夏


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-09-07 09:47 | いつか見た時をかける大林宣彦 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/26030902
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by mukashinoeiga at 2017-09-08 01:24
大林宣彦「麗猫伝説」昨日上映でも、その主演女優・入江若葉が予定外で登壇した。予定外ゆえ短く10分程度の舞台あいさつ。
 やはり今度は立って、大林監督が最後列から短いあいさつ。ただ声の張りは、日曜日ほどないのが気にかかる。
 たぶん入院中だろうに、こうたびたび外出する重篤患者って(笑)。 昔の映画
Commented by mukashinoeiga at 2017-09-16 04:31
大林宣彦「HOUSE」をみた侘助氏ツイッターによれば、

本日の新文芸坐の大林宣彦特集では、HOUSEでファンタという少女役を演じていた大場久美子がトークショーに登壇し、劇中で見せる印象的な寄り目やキャーッという驚愕の喚声を生で再現しつつ、ファンタ役が己の原点だと語っていると、マイクは客席にいた監督大林に渡り、彼の声が聞けたのが僥幸です

今回の新文芸坐での大林宣彦特集では、12月に公開される彼の新作、花篋(はながたみ)の宣伝を兼ねているのですが、大場久美子のトークショーをカットインする形でマイクで語った大林によれば、この原作の映画化はHOUSE当時から企画しながら機が熟するのに40年掛かったとのことで、期待大映画

大林宣彦の新作、花篋(字が違うようですが、正しい字がスマホで見つかりません)という映画は、檀一雄の原作の映画化ですが、つい先日観た女ざかりの中で、ヒロイン吉永小百合が冒頭近くの娘との会話場面で手にしていた本がこの檀一雄本でしたから、以前から映画化を意図していたことは事実でしょう。(以上引用終わり)

 監督、トークゲストのいる日には必ず来ているようですな。なお「筐」という字は「きょうたい」(筐体)と打ち込めば、比較的楽に変換できます。 昔の映画
名前
URL
削除用パスワード