市川崑記念室和田夏十有馬稲子本妻と愛人がビミョーに似ている?

本妻と愛人がビミョーに似ている?
e0178641_2562190.jpg ラピュタ阿佐ヶ谷で見つけた「市川崑記念室」案内チラシだが。
 で「市川崑記念室」公式ホームページではぼくのパソコン力では、コピペ出来なかったので、ネット検索で当てた夕刊フジから引用すると、

e0178641_2572186.jpg大監督による代表的7作品の貴重な資料を展示「市川崑記念室」2016.08.16
 東京・渋谷の道玄坂を登り切った南平台は昭和の日々の高級住宅街。鬱蒼(うっそう)と生い茂る樹木に囲まれた邸宅の表札には今も「三木武夫」と記されていたりする。その先を曲がると、かつて大監督が暮らした住まいを建て替え、昨年オープンした「市川崑記念室」に行きつく。
 現在は代表的な7作品「ビルマの竪琴」「炎上」「おとうと」「黒い十人の女」「東京オリンピック」「犬神家の一族」「細雪」を取り上げ、製作過程の貴重な資料を展示している。
 「犬神家の一族」では、シナリオ原稿や当時の広告のみならず、監督自筆、細かい字で記した全204シーンの場面一覧表など、ここでしか見られない資料も飾られている。
 監督の書斎机も置かれ、引き出しには毎年使っていたエルメスの手帳が残されている。白紙頁に、日付は毎年自ら数字の判子を1日分ずつ手押ししていたというそのきちょうめんさに驚く。
 机上には市川組の忘年会に提供すべく、監督が手書きした景品一覧表もある。人を楽しませることに生涯を費やしたそのキャラクターがしのばれる。 (矢吹博志)
 ■市川崑記念室(東京都渋谷区南平台町18の4、(電)03・3461・5541)JR渋谷駅から徒歩15分 事前電話予約制で入場料500円 毎週火・水・金曜、第2土曜日(祝日を除く)の11時、13時30分、15時30分から各1時間開室 年末年始、祝日など休室 (以上引用終わり)

e0178641_2581360.jpg で問題は阿佐ヶ谷にあったチラシの夫妻写真。和田夏十脚本の映画は何本も楽しませてもらったが、写真を見たのはほぼ初めてかな。
 そしたら驚き(笑)。ビミョーに夫の愛人に似ていて。別の写真では、そうでもないが。
 本妻にとって、夫の愛人に似ていて、しかも自分のほうがブス、というのと、全く似ていないというのは、どっちがストレスフルなのか、ちらっと思ってしまいました(笑)。
 もっともコメディタッチの「黒い十人の女」の脚本家だから、愛人の一人や二人には、動じないか(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-05-28 02:58 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/25804959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード