瑞穂春海「すれすれ」川口浩弓恵子川崎敬三春川ますみ宮川和子

期待外れの大凡作。60年、大映東京。
e0178641_2348866.jpg 神保町にて「生誕百五十年記念 文学を映画で愉しむ-夏目漱石と日本の文豪たち」特集。
 ハンカチ・タクシー(どうやら白タクのことらしい)という、なんだか確実性のない仕事で、それなりに日銭を稼ぐ川口浩と川崎敬三。
 ということで、イロイロな客との、細切れのエピソードが、団子状態で、展開する。
 このエピソードの、ほとんどが、詰まらない。ぬるい脚本に、だるい演出。

7. すれすれ (神保町シアターHPより)
S35('60)/大映東京/白黒/シネスコ/1時間31分
■監督:瑞穂春海■原作:吉行淳之介■脚本:長瀬喜伴、瑞穂春海■撮影:秋野友宏■音楽:池野成■美術:高橋康一■出演:川口浩、弓恵子、川崎敬三、宮川和子、三宅邦子、岸田今日子、東野英治郎
『原色の街』『砂の上の植物群』など、モダンな作風で人気だった吉行淳之介の同名小説を映画化。ドン・ファンだった亡き父に憧れながらも、もぐりのタクシーで生計を立てる冴えない男の恋愛修行。川口と川崎のコミカルな絡みは絶品!

 とはいえ、上の春川ますみは、かわいすぎないか。奇跡の一枚。
 川口浩が、春川とやっちゃって、春川が、「ねえ定期券買ってー。六か月分」と連呼するのが、可笑しい。川口は「せいぜい三か月分」と、値切るのも、可笑しい。
 逆に宮川和子を、川口が「結構いい女」というのは、納得いかないなあ(笑)。
 弓恵子は、潮万太郎の娘ということだが、逆に宮川和子のほうが、潮万太郎にクリソツで、ぼくはいつも宮川和子を見ると、ウシマンさんを思い出して、萎えてしまう(笑)。

 まだまだ若い川口浩は、笑顔がさわやかではない。後年のほうがさわやかって、どういうこと。
 白タクの川口、川崎が目星を付ける、歩道にたたずむ女たちの一人として、江波杏子が、10秒ほどのエキストラ。
 なお、この日は「すれすれ」を見て渋谷へ。感想駄文済みの「色事は俺にまかせろ」「地獄」。色事師(を志向する川口と、色事師そのものの上原)と、おまけに「地獄」という奇妙な因縁で。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。なお、現在は当ブログに吸収合併。過去ログは残してあります。
★映画流れ者★当ブログへのメモ帳、その他諸々

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2017-03-19 23:52 | 旧作日本映画感想文 | Comments(2)

Commented by お邪魔ビンラディン at 2017-03-20 12:38 x
これを見てから佐伯清の傑作「色事は俺にまかせろ」とハシゴをすると、この映画がいっそうツマらなかったという印象を強めてしまいますね。
川崎敬三が「或る夜の出来事」のクラーク・ゲーブルよろしく、しきりに生ニンジンをかじるのをはじめ、役者たちはそれなりに善戦しているし、個々のエピソードもそれなりに見せるものの、いかんせん全体の筋が面白くない。吉行淳之介の原作は未読ですが、こんなにツマらないものであるとも思えません。
「色事は俺にまかせろ」は、キャスト名に泉田洋志、江見俊太郎、川部修詩とあることから見て、昭和34年あたりの短縮版公開ということになるのでしょうが、30分カットでもこれだけ面白いのだから、完全版がどこかの倉庫から発見されることを祈るしかありません。あるいは、好事家が所有していたのが、遺族が遺品整理で発見したなどというゼロにちかい可能性に期待を寄せるとか。小津や溝口の映画の短縮編集版の改題公開がヒンシュクを買って、小津、溝口作品は原版が残ったものの、佐伯清レヴェルではそこまでの配慮が得られなかった。市川崑の「熱泥地」の短縮版の編集ぶりはもっとヒドかった。
それにしても、メロドラマならばまだ「あらすじの流れが分かれば良い」という短縮も、ある程度は許されるものの、エノケンのコメディでギャグをほとんどカットしてあらすじだけをつなげた原版しか残っていないというのは情状酌量の余地のない文化的犯罪行為です。
Commented by mukashinoeiga at 2017-03-21 00:25
瑞穂春海「すれすれ」へのコメント、お邪魔ビンラディンさん、ども。
>これを見てから佐伯清の傑作「色事は俺にまかせろ」とハシゴをすると、この映画がいっそうツマらなかったという印象を強めてしまいますね。

 いえいえ、渋谷に行く前に、神保町時点で、すでにだるだるオモオモでした(笑)。
 「色事は俺にまかせろ」は、まさにルビッチ級というべきで。超瑠級。 

>エノケンのコメディでギャグをほとんどカットしてあらすじだけをつなげた原版しか残っていないというのは情状酌量の余地のない文化的犯罪行為です。

 「二次利用」の考え方が、昔と今では全く違っていた、というしかありません。いまの視点から見れば悲劇ですが、日本人特有の、とりあえずの、やっつけ仕事の、喜劇なのかもしれません。  昔の映画
名前
URL
削除用パスワード