鈴木英夫「その場所に女ありて」司葉子

2009年に、以下のように、書いた。最近渋谷あたりで話題になっているので、再説しよう。

e0178641_4162588.jpg 京橋にて。「逝ける映画人を偲んで 2007-2008」特集。62年・東宝。
 製作・金子正旦の追悼。
 快作「南極料理人」を見たあと、暇だったので、夜の回は何か知らずに、ぶらぶらフィルムセンターのほうに歩いていったら、これがかかっていた。
 もう何度も見ているので、見る必要はないのだが、まあ頃合もちょうど良し、と入ったら、やっぱり傑作でしたね、これは。
 北川れい子さんも見に来ていて、その連れの男性いわく「見るたびによくなっていく映画だね」に、まったく同感。恐るべき<成長を続ける映画> 、腸内で乳酸菌が増え続けるとは、このことか。違うか。 
 司葉子、幹事長・大塚道子、原知佐子、そのライヴァルの「われわれ貸し金をサイドビジネスに営むものは」の柳川慶子、「お前、ほんとに美術学校出てんのかい?」の北あけみ、コマンチこと拾い屋・水野久美、「化粧品だけが便りよ」の姉・森光、そのだめ夫・児玉清、やはりみんなすばらしい。
 いつもは駄目男専門の織田政雄、浜村純のカッコよさ。
 最後、夜の銀座の街に消えていく司、大塚、原の、ただ横断歩道の信号待ちをしているだけのシーンの、その緊張感
 当時の夜の銀座が、また、現在の煌々とまぶしい銀座でなくて、かなり暗い。そして、舞台となった西銀広告、<明るく楽しい東宝映画>のサラリーマンものなのに、社内照明の暗さよ。
 この暗さを求めて、わざと退社時間ばかり選んでいる気がしてくる。
 顧客である、スカル目薬、難波製薬の社内は普通の明るさなんだから。
 撮影・逢沢譲、最近この人の映画ばかり見ているようなのは、気のせいか。(以上旧記事引用)

 森繁の社長シリーズのような、明るく楽しい東宝サラリーマンものに、竿を差すように、暗い色調、暗い音楽、そのクールさに、公開当時は、評価も低く、埋没してしまった。
 鈴木英夫映画は、ハードボイルドだという。
 事実、東宝調明朗喜劇も何本か撮ったが、いささか、シマラない出来なのも事実なのだ。

 しかし、この「その場所に女ありて」の暗さ、クールさには、何かしらの甘い感触があって、暗さ一方にはなっていない。
 それは一つには、サスペンス映画としての面白さであり、ヒロイン司葉子の、ヒロイン女優としての華なのだろう。
 ある種のリリシズムが漂うサスペンスタッチが、他の鈴木英夫映画から、離れて、屹立している感じがする。
 当時、南米かどこかの映画祭で、本作は主演女優賞を得ている。それ自体の慧眼も素晴らしいが、大映だったら、さっそく凱旋興行と銘打ち、再映しただろう。
 東宝はタマが豊富なので、そして映画に興味がない映画会社なので、さらに、東宝主流の映画でも監督でもないので、無視した、というところか。
 鈴木清順映画がそうであるように、鈴木英夫の本作も、「見るたびによくなっていく映画」「恐るべき成長を続ける映画」、その素晴らしさ。
 まあ、本作以降の、約60年間、これを超えるワーキング女子映画がない、というだらしなさも、あるんですがね。

 それにしても、見るたびに感嘆するのは、司葉子の甘いクールさもさることながら、若い未婚の女性が、中高年男性向けの精力剤の仕事をするのに、男性社員の誰一人として、それを揶揄したり、セクハラめいた発言をしない点だ。これが約60年前の映画とは、信じられない。
 この西銀広告に、もし森繁がいたら、鼻の下を伸ばして、
「精力剤の仕事をしてるそうじゃないか。まだ、君には、どんな薬かも、わからんだろ。中身も知らんで、コンペ勝てるか。どうだね、今晩、一つ、僕と試してみんか」
ぐらいのことは言うだろう(笑)。
 取引先・難波製薬の課長部長だって、
「若い君にはこの仕事は無理無理、どうしても取りたかったら、今晩ぼくと」以下略。
 そんな影を、半世紀以上前の本作は、みじんも感じさせない。
 そもそも若い女性に、男性向け精力剤の仕事を振る、という設定自体が、すでにハードボイルドだ(笑)。
 そしてよく言われるのが、司葉子に比べて、男たちはことごとくダメ、というこの映画の評価だが。
 直属上司の頼もしい課長・織田政雄、他社からこっそり引き抜かれるほどの有能デザイナー・浜村純など、普段ダメ男専門の感があるふたりを、それなりにかっこよく描く、このどこがダメ男映画なのか(笑)。
 ナチュラルボーンダメ男を演じる児玉清と、その相方・モリミツは、晩年は、なんだか名優扱いなのだが、堂に入ったダメカップルを、がらにあって好演。児玉は、散々しごいた鈴木英夫を、エッセイなどて罵倒していたように聞くが、鈴木英夫にとって、児玉は、いかにもいびりそうだったろうなあ(笑)。
 若いころの東宝時代の児玉は、いかにもダメ男専門で。
 山崎努は、相変わらず下手なので、なんだか卑劣感も、おざなりなのが、この映画の瑕瑾で。
 男言葉の大塚道子は、今の映画だったら、明らかにレズっ気があって、そういう目で水野久美に同情している、という設定になるだろう。
 同僚の男どもに、金貸しをしている、ハラチサ、柳川慶子、こんなこと、昔は結構あったのだろうか。この二人に、ねちねち利子を督促されるのも、いいかもしれない(笑)。
 この映画は、司葉子のヒロイン映画であると同時に、西銀広告の社員たちの、群像映画としても、優れている。奇跡の傑作だ。

★Movie Walker★に、タイトル検索で詳細な作品情報あり。簡単な作品解説、あらすじ紹介(企画書レヴェルの初期情報の孫引きゆえ、しばしば実際とは違うが)。
 
★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-07-20 04:16 | 傑作・快作の森 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/24539513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by PineWood at 2016-07-21 08:47 x
傑広告業界が絡む点で開高健・原作の映画(巨人と玩具)なども思い出した…。司葉子の魅力を怖いほど引き出した名篇♪
Commented by mukashinoeiga at 2016-07-22 02:58
鈴木英夫「その場所に女ありて」へのコメント、PineWoodさん、ども。
増村の(巨人と玩具)の、ますますムラムラな狂騒ぶりも、鈴木英夫のクール&スタイリッシュも、どちらもいいですなぁ。
 司葉子のベストな一本で。怖い?(笑)  昔の映画
名前
URL
削除用パスワード