都知事選は相変わらず面白いなあ(笑)

 ぼくは選挙権がないので、傍観するのみだが、相変わらず、面白いキャラ満載。

 「私は根回しが下手で」と、言っているけど、政界渡り鳥といわれるくらい何党も何党も、その時々のボスを渡り歩く能力があるのに、どこが根回しが、下手なんだか(笑)。
 今回根回しをしなかったのは、官邸にも都連にも、自民党全体から嫌われていて、したくても出来なかったからじゃないの。
 それに加えて、前任のゲス添が、国民からの大批判の中、都連と根回しして、生き延びようとしたのを、さらに嘲笑されるのを目の当たりにして、ここは根回ししちゃまずいだろ、という真っ当な判断なんだろ。
e0178641_22213451.jpg

 「昭和15年の生まれ、終戦時には20歳でした」ゲス添の次は、ボケ越かい。年とガンのせいで、選挙演説は一日に一回のみの、まさにお大名選挙に。
 次のオリンピックまで持つかどうか以前に、炎暑の選挙演説に耐えられるのか、という揶揄までされる始末。

 総務相時代に、都民の血税を一兆円引っぺがして、地方にばらまいた、首都一極集中批判派が、都知事なんて、ギャグそのものだろう。反日派が、日本の総理になる?と同じか、あ、それは、鳩山や管や富市か。

 さて、今回注目したいのは、いや、別に支持はしていないっすよ(笑)。映像好きとして、単に面白い映像だからで。とんがったキャラの面白さ。

桜井誠「民団新聞の桜井誠への選挙妨害に猛抗議!一触即発!」東京都知事選挙街頭演説 せと弘幸熱血支援 韓国民団前於 平成28年7月15日


 だって、本人も、そもそも都知事になろうなんて、思っちゃいまいし、この機会を最大限に生かそうと、思ってるわけでしょ。
 映画だったら、間違いなく助演クラスの風情、主役ではない、脇役キャラ。いかに、とんがって、主役を食うか、それのみの個性派で。
 ただ、思うのは、これまで、有象無象の泡沫候補というのが都知事選にはバッコしていましたが、田母神さんもそうでしたが、その影響力、得票数で、泡沫とは言えない、いわば飛沫候補が出てくるのが、面白い。
 そういえば前回の都知事選も、ゲス添、左翼共産党、チョイ悪元総理、のちに逮捕されちゃうワキの甘いド素人、しかいなくて、全く不毛の選択肢でしたな。
 ここで消去法で、ゲス添が選ばれたのも、仕方ないっちゃ、仕方ない。
 そういえば、訛りが田母神さんみたいな、瀬戸さんという、ユーチューブのタイトルに出ていて、まあその世界では有名人なんだろうけど、よくわからないひとを、介添え人にしたのも、何だろう。最初は、田母神さんがスタッフしているのかと、思っちゃいましたぜ。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★

★にほんブログ村日本映画(邦画)★
[PR]

by mukashinoeiga | 2016-07-17 22:22 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/24534290
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード