BlendyのCMが炎上中?

 今日のネットの話題で、あっと驚く(笑)。

(ネットニュースより)AGF(味の素ゼネラルフーヅ)が昨年11月に公開したブレンディのCM「挽きたてカフェオレ『旅立ち』篇」が、現在になって物議を醸しています。
 こちらは、特濃牛乳を使用した同商品の魅力を“卒牛式”(擬人化した牛たちの進路発表会)で表現したというもの。そこでは校長先生の卒牛証書授与の声とともに生徒たちの進路が次々と発表されていきます。農場、動物園、ロデオパーク……希望通りの道へ歩める者がいる一方で、製肉メーカーらしきところを告げられ絶叫する子の姿も。
 そして、最後に告げられたのが主人公のウシ子。彼女は特別な存在になるために誰よりも努力をしてきたという設定で、その進路こそがブレンディ。夢を叶え涙ぐむウシ子に「濃い牛乳を出し続けるんだよ」と校長がエールをおくり、会場が拍手と歓声に包まれたところで幕が下ります。
 こうしたストーリーに加え、「生徒全員が鼻輪をつけている」「名前ではなく番号で呼ばれる」「主人公の胸が大きいことを強調している」などの演出があることから、「マジでヤバい」「相当キテいる」「日本社会のパロディだとしても、風刺効き過ぎで見ていて辛いレベル」など批判するユーザーが続出。一方で「アートとして優れている」「クオリティは高い」といった意見もあり、かんかんがくがくの議論となっています。
 同CMは電通とワサビが制作。今年9月に開催された大手広告賞「スパイクスアジア 2015」のフィルム部門では銅賞を獲得しました。昨年の発表時は特設サイトでしか視聴できなかったせいか、今のような反響はなかったのですが、スパイクスアジアへのエントリーに伴い英語字幕版が公開。それにより海外で話題になり、逆輸入するかたちで9月末から国内でも注目を集めています。なお、続編にウシ子の社会人生活を描いた「出会い編」があります。(引用終わり)

Blendy 特濃ムービーシアター「旅立ち」篇


 いやあ、これはヤバいっしょ(笑)。
 二つの考え方があろう。
 海外欧米CMには、ブラックジョークの伝統があり、その基準では、これは「秀作」かもしれない。
 しかし、同時に人種差別、動物虐待などに対する規制も厳しい。これは、その点で、欧米でも、確実にアウトだろう。いや、欧米こそ、牛さんたち大量虐殺の本家本元だから、この点はビミョーか(笑)。欧米でこそ、許容範囲かもしれん(笑)。
 ヒロイン→「成分」?が「薄い」からブレンディ就職はムリ?→特訓?→巨乳化→合格、というのも、なんだかなあ(笑)。
 しかも「濃い牛乳を出し続けるんだよ」なんて、セクハラの極致では、ないですか(笑)。

 これが、いっこのアート作品としては、ブラックユーモアとしてOKかもしれんが、CMとしては、果たしていかがなものか、という。これ見て、買う気に慣れるのか、ブレンディ。
 むしろブラックユーモアだけに、ミルク抜きコーヒーのCMでこそ、こういう展開を見てみたかった(笑)。
 しかし、こういうCMをあえて出した以上、ブレンディも、ぶれずに、撤回なぞしないでほしいな。
 ブレンディは、(方針)ぶれんでぃ、てなことで(笑)。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2015-10-02 22:26 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/23735026
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード