これはひどい、安保国会

 民主党一味は、女性議員を動員して、昔懐かしいピンク鉢巻で、セクハラ作戦に出たが、
以下の証拠映像をまずは、ごらんあれ。

★【安保法案】自民・大沼瑞穂参院議員(36)が民主・津田議員に後ろから羽交い締めされた上、引き倒されるなどの暴行★
 17日夜の参院平和安全法制特別委員会での安全保障関連法案の採決の際、自民党の大沼瑞穂参院議員(36)が、民主党の津田弥太郎参院議員(63)に後ろから羽交い締めされた上、引き倒されるなどの暴行を受け、けがをしていたことが18日、分かった。
大沼氏が被害にあったのは、大混乱となった委員長席周辺ではなく、偶発的な暴行が起きる可能性は少ない。
大沼氏は産経新聞の取材に対し、「想像を絶する暴力的セクハラ行為に非常にショックを受けている。津田氏から何の謝罪もない」と話した。
 大沼氏によると、参院第1委員会室で採決が行われた際、委員席の間の通路に立っていた。すると突然、津田氏に背後から羽交い締めにされて後ろに引き倒された。さらに両脇の下に腕を入れられ、後方の椅子に引きずられた。この後、津田氏は、大沼氏をいったん膝の上に乗せた上で床に投げ飛ばしたという。
 大沼氏は右手を床についた際、薬指と小指を突き指した。すでに病院で治療を受け、診断書も作成してもらったという。
 自民党執行部は、事態を重く見て、津田氏の告訴を含めて対応を検討している。
 一方、産経新聞社は津田氏に取材を申し込んだが、17日午後4時までに回答しなかった。(産経新聞引用終わり)
 女性の権利を求めるリベラル左翼、民主党女性議員、自称平和派護憲主義者たちは、は、この民主党・津田弥太郎参院議員に、鉄槌を下すべきであろう。

民主党の津田弥太郎議員の自民党の大沼瑞穂議員に対する恐ろしい暴力

2015/09/18 に公開
民主党の津田弥太郎議員の自民党の大沼瑞穂議員への暴力は想像以上に恐ろしいものでし­た。さすがにこれは許されないのではないでしょうか。全然委員長席から離れた場所で、­何でそこまで圧倒的な暴力を振るうのかわかりません。ピンクの鉢巻きの野党の女性議員­はセクハラに関心があるようですが、ぜひ徹底的に真相を追及してくださ

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2015-09-18 23:51 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/23689391
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード