鬼怒川決壊、救助活動で自衛隊は“神判断”なのか

 今、ネットで話題に。

★鬼怒川決壊、救助活動で自衛隊が見せた“神判断”に中台ネットも称賛続々「スゴイ!訓練だけではムリ」「どうしたらこんなことが…」★
台湾紙・蘋果日報は11日、鬼怒川の堤防決壊によって10日に茨城県常総市で起きた大規模な洪水の現場で、自衛隊の救助ヘリが見せた“神判断”について伝えた。台湾のインターネット・ユーザーたちから称賛の声が続々と寄せられ、中国本土でも同様の声が上がっている。
日本のテレビは当時、洪水の現場を空からの映像で生中継していた。テレビ画面に映し出されたのは猛烈に流れる水の中、電柱のそばで救助を待つ男性と、付近の家の2階部分で救助を待つ人の姿。普通なら水の中に取り残された男性の方が危険で、早く助けるべきだと思うだろう。
しかし自衛隊のヘリは先に家の2階に残された人を救助した。テレビの前で現場の様子を見守っていた人々が「え? なぜ?」と思った直後、その家は倒壊し流された。自衛隊はその後、電柱にしがみついていた男性を救助し、無事に双方を助けた。
日本のあるメディアは自衛隊が家の中の人を先に助けた理由について、「家は木造で流される危険性が大きかったが、電柱は土台がコンクリートで固められ、水の圧力を受ける面積も小さいと判断したためではないか」と分析している。
この報道に対する台湾ネットユーザーたちのコメントを拾ってみた。

「この判断はスゴい! 訓練だけではムリそう」
「これが日本人のスゴいところ」
「敬服」
「すばらしい!」
「プロの判断だね。どうやったらこんなことができるのか」(引用終わり)

 賞賛に水をさすわけでもないし(やや不謹慎な駄洒落)、TV生中継や動画を一切見ず、文章だけの報道で判断するのだが、この自衛隊へりの判断には、別の要素があるのではないか、という推理。
 電柱には電線が、ある。ちょっとでも接触したら、救助どころか、ヘリ自体がダメージを受ける、難しい作業。
 ならば、さくっとできる比較的易しい救助を優先する。
 時間をかけてやる難しい作業を最初にやったら、二兎を逃がすかも知れない、ということではないかな。
 直後に家が流された、というのは、あくまで偶然の「結果論」で。
 にしても、この判断は、まさしく「神判断」といってもいいわけで、まさに「二兎」を救ったわけだ。
(以下、一枚目は産経新聞の報道写真より)
e0178641_14573099.jpg

e0178641_14575732.jpg


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2015-09-13 15:01 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/23669355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード