憲法学者には、国は守れない:最近の集団的自衛権論議

 憲法学者では、国や国民を守れない。 

★東京新聞:自民内部からも異論 憲法学者「違憲」「無視は傲慢」:政治(TOKYO Web)★
 自民党総務会で九日、衆院憲法審査会に参考人として出席した憲法学者三人がそろって他国を武力で守る集団的自衛権の行使容認を「憲法違反」と明言したことをめぐり、安全保障関連法案に対してあらためて疑問の声が上がった。谷垣禎一幹事長は、法案採決にあたっては党議拘束をかける意向を示した。
 総務会では、村上誠一郎衆院議員が「憲法学者の言うことを自民党だけは聞かなくていいという傲慢(ごうまん)な姿勢は改めるべきだ」と指摘。法案採決では党議拘束を外すよう、執行部に求めた。
 木村義雄参院議員は、砂川事件の最高裁判決を根拠に集団的自衛権の行使を認めるという憲法解釈に対して「短絡的すぎる。そういう主張をしていると傷口を広げるので、これ以上言わない方がいい」と忠告した。
 一方、谷垣氏は安保法案が国会提出に先立つ事前審査で了承されていることを踏まえ、「党としてばらばらの対応は取れない」と強調した。二階俊博総務会長はその後の記者会見で、党議拘束をかけるかどうかについて、「大きな問題でもあり、国会審議の状況を見ながら方向を定めていきたい」と述べるにとどめた。(引用終わり)

 つい、きのうおととい、誰かの発言を読んで、爆笑した。
 憲法学者の論は、畳水練だと。
 まあ、畳水練自体もはや死語だが、彼らが目指しているのは、極論すれば、国敗れて9条あり。
 9条憲法が残せるなら、日本国が消滅してもかまわない、というところか。
 彼らは、基本的に一国平和主義。
 日本が正当かつ倫理的に振る舞えば、世界はおのずと平和になり、戦争は、起きない、と。
 日本のみが、軍国主義を、起こしやすいのだから、これを抑えれば、世界は、平和、と。
 そこには、ナチュラルボーン帝国主義の、中共、ロシア、北朝鮮の存在は、及びも、つかない。
 いわゆるナチスドイツが、社会主義政党であったことを、想起すべきで、あろう。
 そして、彼らが忌み嫌う戦前日本帝国主義、軍事独裁体制こそ、食糧配給制、国民総動員体制の、文字通りの社会主義であることを思えば、彼ら憲法学者の戦前嫌悪は、一種の近親憎悪であり、日本の周囲に密集する、中共(その半万年属国たる韓国)、北朝鮮、ロシアに囲まれていることこそ、真の一国平和主義者の眼にも、入っていないことは、明らかか。

 学者バカに、国の将来を、論じさせては、それこそ、国敗れて9条ありで(笑)。

◎ご参考◎世界虐殺ランキング
■第1位 毛沢東 (中国共産党 1943~1976年) 7,800万人
■第2位 ヨシフ・スターリン(ソ連共産党 1922~1953年) 2,300万人
■第3位 アドルフ・ヒトラー(国家社会主義ドイツ労働者党1934~1945年)1,700万人

 ★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2015-06-11 10:33 | うわごと | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/23250591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by お邪魔ビンラディン at 2015-06-12 01:29 x
現行の憲法を字義どおりに解釈すれば、災害時の頼りの綱として国民にとって欠くべからざる存在である自衛隊だって違憲になるからこそ、「改憲」が自民党の半世紀来の党是であったわけで、防衛問題に関して「憲法学者に学問的な法解釈を求める」とすれば、「機械的に違憲と判断」されない方がオカしいと思います。もし、今回の「集団的自衛権」の問題がすんなり「合憲」でとおるのなら、わざわざ「憲法改正」を求める必要だってないじゃありませんか。
政策の是非はともかく、戦争が今日明日に迫っているという状況でもないのに、政府が意思決定に拙速を求める姿勢には、なにかウラがありそうに思います。妙な同調圧力と過剰忖度で、防衛に関わる政策を一気呵成に変更するというのは、ちょっと剣呑なはなしです。
それから、反戦の主張は、なにもサヨクの専売特許ではなく、戦後にレッドパージを断行した時の東宝の社長渡邊銕蔵が、社長退陣後の1956年に「反戦反共40年」という本を出していますね。この「反戦」に当たる部分は、のちに中公文庫から「自滅の戦い」というタイトルで出ています。(もと版も文庫版も、いまは入手困難かな?)再軍備論者でもあったこの渡邊氏、文章から見るかぎりでは、硬骨漢ながらも、なかなかの好人物のようです。
Commented by mukashinoeiga at 2015-06-13 23:37
憲法学者には、国は守れない:最近の集団的自衛権論議記事へのコメント、お邪魔ビンラディンさん、ども。

>自衛隊だって違憲になるからこそ、「改憲」が自民党の半世紀来の党是であったわけで、防衛問題に関して「憲法学者に学問的な法解釈を求める」とすれば、「機械的に違憲と判断」されない方がオカしいと思います

 まったく「正論」です。しかし自衛隊が「違憲」になるなら、それこそ、そちらのほうがおかしいと思いませんか。どうです(笑)。お邪魔さん、お答えあれ(笑)。

>もし、今回の「集団的自衛権」の問題がすんなり「合憲」でとおるのなら、わざわざ「憲法改正」を求める必要だってないじゃありませんか。

 まったく「正論」です。しかし、そこには、越えられない壁があります(笑)。
 現憲法がアンタッチャブルな存在となり、まるで天皇制のように(笑)変更不能な、さながら宗教上の教典と化している、という、世界の憲法でも、きわめてまれなシチュエーションに、押し込められている、という「異常」さを、「まったく考慮していない」論法だと思いますよ。
「憲法」が、どうしても、変えられないのならば、「法律」を変えなきゃ、先に進まないじゃ、ないてですか。
 つまり、そういうことです。
 ご反論、切にお待ちしております(笑)。 昔の映画
Commented by お邪魔ビンラディン at 2015-06-14 02:56 x
まず、小生は自衛隊の存在を「違憲にして合法」としているところに、「日本人の知恵」というものを認めます。
しかし、「アメリカとの同盟のみを前提とした集団的自衛権」の導入を不必要に急ぐことには懐疑的です。中古のオスプレイを何台も新品より高い値段で買わされたり、自衛隊の作戦計画の机上演習で「アメリカが敵に回る場合は?」と質問をしただけで左遷されて帰り咲くことがなくなるという都市伝説があったり、という状況では、アメ公との共闘しか考えちゃいかんという法案であれば、ひっくり返したいと思います。
以下の八幡和郎さんのフェイスブックへの投稿(6月12日)に、ほぼ全面的に賛成です。
「戦後日本については、憲法第9条の世界史的な意義はいまのところ認めがたい。それがいかに素晴らしい理想であっても、70年近くたっても一国たりとも追随する国がないからだ」という一節を産経新聞のコラムで引用していただいている。
 ここのところは、たいへん大事なところだ。憲法九条が素晴らしいものだと世界から認められるとすれば、それを真似る国が続々とできたときであって、周辺の敵対的な国が喜んでくれることでも、ノーベル賞候補に推薦する人がいることでもない。
 私は憲法第九条改正に反対である。ただし、それが素晴らしいもので成功したからでなく、せっかく理想の旗を掲げたのを万策尽きて降ろすのは、もう少し我慢してからにしたいからだ。
第九条があるから戦争に巻き込まれていないのではない。短期的にはそうだとしても、将来、それが仇になってひどい目にあうのかもしれない。暴力を振る町の嫌われ者に反抗せず、かつ、誰かに金払って抑えてもらってるのがいまの状態だが、払う金がいつまであるか、金払えば抑えてくれる人がいつまでいるかはわからない。
 もし、第九条を守りたいなら、①経済力を向上させ、②あんまりいじめるなら軍事大国になることもありという恐れを周辺国にもたせ、③日本は世界で模範的な国だと世界に思ってもらえばよい。しかし、現実の護憲派は、しばしば、①経済に悪い政策ばかり主張するし、②軍事力を再起不能にするようなことをしたがるし、③日本は過去も今も悪い国だと宣伝したがる。さらには、④国際的な要請に控えめに応じることも違憲だからやりたければ改憲しろという。要するに、平和憲法を守れなくなる日が近づくように奉仕することに邁進しているのである。
Commented by mukashinoeiga at 2015-06-14 09:37
憲法学者には、国は守れない:最近の集団的自衛権論議記事へのコメント、お邪魔ビンラディンさん、ども。

>自衛隊の存在を「違憲にして合法」としているところに、「日本人の知恵」というものを認めます。

 うーん、よく言えば「知恵」でしょうが、悪く言えば「苦肉の策」「親父ギャグ」「すれっからしの便法」では、ないでしょうか・・・・と、書いたところで、この三つは、ぼくのたいへん好むところ(笑)で、あることに、気づきました(笑)

>しかし、「アメリカとの同盟のみを前提とした集団的自衛権」の導入~アメ公との共闘しか考えちゃいかんという法案であれば、ひっくり返したいと思います。

 ま、それはアメリカの「子分」としては、致し方ない(笑)。それを「ひっくり返したい」なら、外交防衛すべての面で「真の独立」をしてから、って、ことでは。現状では、9条護憲教並みの、お花畑かと。

>以下の八幡和郎さんのフェイスブックへの投稿
>せっかく理想の旗を掲げたのを万策尽きて降ろすのは、もう少し我慢してからにしたいからだ。

 我慢(笑)? 客観的には、意味不明な「感情論」じゃないですか(笑)。八幡和郎、高倉健か(笑)。

>もし、第九条を守りたいなら、経済力を向上させ、あんまりいじめるなら軍事大国になることもありという恐れを周辺国にもたせ

 これ、完全に矛盾していませんか。実際には軍事力を行使はしないけど、その「恐れ」は、相手に察知させるって。「恐れ」によって、相手を支配するというのは、テロリストの論理であり、そしてテロリストは、実際には、ちょろちょろっと、「暴力の行使」を実行しなければ、相手は「恐れ」ては、くれない。すくなくとも「局地戦」「小衝突」程度の実力行使をしないことには、誰も「恐れ」てはくれません。
 この「恐れ」誘発理論は、そもそも砂上の楼閣な論理で、実行すれば実行したで、9条に反するのでは(笑)。

>もし、第九条を守りたいなら~

9条狂は、単なる一国平和主義(日本が、もし倫理的に正しければ、どこも日本を攻めてこない)(世界平和? そんなの、カンケーねー。日本が、戦争に巻き込まれなければ、日本以外の全世界がセンソーしていても、そんなのカンケーねー。おっぱっぴー)の、非現実主義者、脳内お花畑ですから、その意見を聞くことすら、無駄ですか。   昔の映画
名前
URL
削除用パスワード