12・14どこに投票すべきか

 先日事前投票を済ませてきました。
 選挙区は自民、比例は次世代。
こういうことを書くと、ネトウヨとか自民信者とか「揶揄」される(左翼諸君や中韓諸君にね)わけだが、もちろん自民や次世代の党を、「無条件に信奉」しているわけではない。
 各政党をかんがみるに、
 最低と最悪と論外と問題外と門外しか、いない。
 そのなかで「唯一」の「部分的にかろうじて、合格点」に、投票せざるを得ないではないか。

 特にぼくの選挙区では、野田佳彦を、落としたい(笑)。そのための唯一の「可能性」が自民党だが、もちろん野田の当選は、絶対確実とのことで、ぼくの「一票」は死票となる。残念だ。
 比例区の次世代も「死票」になりそうだが、他の選択肢がないのだから、仕方がない。

 「一強多弱」の現在であれば、次世代も含め、弱小野党に投票することは「広義の死票」だ。
 弱小野党は、結局政治はできない。
 弱小野党は、政局しか出来ない。しかも、まったく役に立たないような。
 政策論争など影もなし、ウチワがどうの観劇費がどうの。
 そういうのって、せいぜいマスコミや、市民オンブズマン団体程度の領域ではないか。
 政治家が「一心に」追求すべきことか(泣)。
 レンホーさかしゅうして牛売りそこなう。あ、牛を売りそこなったのは海江田か。
 野党でも与党でも、すっかすっかな民主党。
 そうして弱小野党は「党の顔」に、オーラある人物をそろえなければいけないのだが、イロモノ海江田をのぞけば、見事にオーラなしばかり。社民党や江田や共産党、見事にオーラなし。
 考えてみれば、イロモノの鳩山、菅のあとの、一見誠実風な野田は、ずいぶん得をしていると思う。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-12-14 01:04 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/22647500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード