菅原文太もまた死す

 高倉健に続いて。
 東映で一時代を築いた健さんに続いて、その次の時代をになった文太までもが。
 東映関係者、映画ファンにとっては、盆と暮れがいっぺんに来たようなものか。
 ぼくには健さんほど、思い入れがない。
 代表作「仁義なき戦い」シリーズは、実は主演作は、少ない。集団ドラマの、代表者の一人といった趣き。もちろん映画は、傑作であった。
 「トラック野郎」シリーズも、数本しか見ていない。
 文太の、いわゆるパブリック・イメージ、短髪、浅黒い精悍な顔をてらてら光らせて、額に青筋立てて、男を殺(ヤ)ったり、女をヤったり、そういうのが、あまり好きではないせいだろうか。
 若いころの、新東宝、松竹などでの、<雑味ある二枚目>も、イマイチで。
 俳優を離れてからは、世に左翼崩れと言う言葉があるが、このひとは左翼上がり、というべきか。

 個人的には、健さんの陰に隠れて、片山明彦の死が気にかかる。役者を辞めてだいぶたつし、もう忘れられた人なので、世間の話題にもならないのは、仕方がないが。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-12-02 08:22 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/22616847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード