神保町シアターに猛省を促したい(怒)

 神保町シアターには、ほかの名画座と違って、会員制度がないかわり、ポイントカードがあり、5ポイントをためると、1回無料となる。
 昨日、二ヶ月有効のこの特典が失効した(笑)。
 この二ヶ月間、神保町で、特に見たい映画を、やっていなかったのだ。
 これは、神保町に関しては、確か三度目だ。つまり、通算六ヶ月、同シアターでは、(ぼくにとって)見たい映画を、やっていなかったことになる。時間に限りがあるので、タダですら見たい映画がなく、ほかの名画座を優先しているがゆえの、失効である。
 これは、ほかの名画座では、ありえないことで。
 むろん、ひとによっては、神保町シアター最高! というひともいるであろうし、これは、あくまでぼくの個人的見解に過ぎないのでは、あるが。
 さらに期間限定のポイント特典が失効するのは、まさに個人であるぼくの責任では、あるが。

 ほかの名画座、特に阿佐ヶ谷、そして渋谷、京橋、たまに池袋では、万難を排してでも、これは見たい、という映画が、各特集のうち、1~数本は、あるのが、普通。特集によっては、多数のキャッチーな映画を、織り込んでいる。
 これを、希望としては、もれなく見るために、休日調整をする(笑)。時には、休日では処理しきれず、有給を使ったり、仕事帰りの最終回に、飛び込む。
 今月の渋谷の佐分利信特集などは、スケジュール調整が、困難であった(笑)。
 そういう万難を排してでも、これは見たい、という映画が、神保町シアターには、欠けている、というのは、ぼくにとっての、事実で、ある。
 ほかの人には、他の好みがあるので、ぼくには、わからないし、言及するつもりも、ない。
 
 まあ、まず、ぼくの映画選択基準が、おかしいだろうというは、事実だろう(笑)。
 名画座の、新たな特集チラシを手にしたら、まずは既見作を外して、未見作にチェックを入れる。
 未見のものは、どんなものでも、とりあえず全部見たいと、思う。何せ旧作邦画ジャンキーですからね(笑)。
 既見作でも、何せ記憶力に絶大な欠陥があるので、ほとんど、覚えていないものもあるので、これにも、準チェック(笑)。
 特に大映プログラム・ピクチャアには、タイトル、作品解説、主要役者一覧、を見ても、まぎらわしく、実際見たら、既見作であった、という危険なことが多発する(笑)。
 最近は、既見作を外すと、残り本数少なし、ということが、神保町シアターには、多い。ほかの名画座は、おいおいこんなに未見作があったら、スケジュール調整は、クローするぞ、ということが多いのとは、対照的で(笑)。
 結局、時間に限りはあるので、積み残しの山、というのも多い。
 そういうことが神保町シアターには、あまり、ない、と思う。
がんばれ(笑)神保町。

余談 イオンシネマには、六回見たら無料のポイントカードがある。
 ただしポイントカード自体は有料(笑)。200円。
 紙のポイントカードが有料なんて初めてじゃない(笑)。
 ワオン、ナナコなど、プラスティックのポイントカードの有料というのは、あるが。
 ま、有料でも、一回無料なら、お得だろう、という発想か。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-10-01 11:39 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/22434656
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード