猫にも劣る公明党(笑)

 公明党よ、これが集団的自衛権だ(笑)。
猫が猛犬に体当たり、飼い主の子ども救う CNN -CAT SAVES

 以下の無茶ぶり高橋洋一氏のコラムに大爆笑

>安倍晋三首相は15日に有識者懇談会(安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会)から提出された報告書を踏まえて、政府としての検討の進め方の基本的方向性を示した。集団的自衛権の行使に前向きだが、この方針に対して、護憲派のマスコミは、反発している。
 時を同じくして、米CNNで「猫が猛犬に体当たり、飼い主の子供救う」というニュースが流れ、日本のマスコミも報道した。幼い男の子を襲った犬に飼い猫が体当たりして撃退し、男の子を救ったのだ。現場の防犯カメラがその一部始終をとらえていた。
 この猫の行動は、集団的自衛権と本質的に同じである。猫は、自分に対してではなく、男の子に攻撃した犬を攻撃したのだ。猫を近所の住民、犬を暴漢と置き換えれば、人間社会での「正当防衛」にあたる。
★【日本の解き方】猫でも行使する集団的自衛権 国際社会は「個別」と違いなし (1/2ページ) - 政治社会ZAKZAK★

 うーむ、猫にも劣るか公明党(笑)。

 飼い猫が「近所の住民」という、高橋氏の表現は、ちと、疑問だが(笑)。
 しかし、防犯映像でここまでクオリティーの高い映像があるのか。せまい密度のところに、少なくとも3台のカメラ設置。
 あまりに画質、編集が、防犯カメラ風情には高度すぎて、やらせではないかと、も、疑う(笑)。まあ、編集はCNNのプロがしたのだろうが。
 日本のTVメディアに、防犯カメラ映像が流れるのは、
1 何らかの凶悪犯罪で、
2 夜間、しかも人通り、照明がほとんどない街路
3 アップなし
 という劣悪な映像だが、こちらは、ユーチューブの小さな映像で見る限り、ばっちり。
 小さな映像なら、金をかければ、ユーチューブのクオリティーに耐えられる程度は、防犯映像でも可能になってきたのね。
 まあ、「一般的な」街路を監視する防犯カメラに、ここまで高度なものは、ムリだわな。
 しかし、ネコ、単に自分の縄張りを守っただけだろうが、さすがチーターやライオンの仲間、素晴らしく俊敏すぎる。グッド。

飼い猫が男の子を救う!!CAT saves child from DOG!!


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2014-05-23 21:13 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/22042776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード