やっちまったな江田新党「結いの党」

 <みんなの党を離党した江田議員らは、新しい党の名前を「結いの党」とする方針を固めました。>って。
 やっちまったな(笑)。「出落ち」だろ(笑)。
 昨年12月に当ブログが書いたものを、ここに再掲載しよう。

3 「の」がつく政党は、だめだと思うの
 ふっと気づいたんだけど(笑)。
 最近の政党名は、「みんな党」あたりをはじめとして、
「日本維新会」「国民生活が第一」「みどり風」それからネットで調べてみたら「改革志士」(代表が横粂勝仁、菅直人の選挙区に立候補するやつか)というのも、あった。こんなの、しらねーよ。
 そして「国民生活が第一」「みどり風」は、「日本未来党」に、合併した。ああ、「太陽党」というのもありました(笑)。
 どうです、わかりやすいでしょ。
 腰がふらふらした、風任せの、うわついた政党ほど、のの字を、つけるんですよ、どうやら(笑)。

 数年前までは、「国民新党」「新党大地」「新党改革」「新党日本」と、やたら党名にも「新党」ブーム。それも、「維新の会」やら「未来の党」やらが出てきて、すっかり「新党」たちも、色あせてきた。ちなみに、この「新党」グループは、今回の、第三極・四極と「野合」せず、時代から、取り残されていくのだろうか。

 たしかに、ひらがなの「のの字」をつけると、やさしいネーミングになる。しかし、やさしいイメージということは、同時に、あいまいになるということだ。「情緒」があいまいになるのはいいのだが、「政治主張」を簡潔に表すべき政党名を、やさしい、あいまいなイメージにしようというのは、まさしく詐欺師の手口では、ないか。
「のの字」がつく政党を、信用しては、ならない。日本共産党、幸福実現党などなど、「のの字」がつかない政党は、いい悪いは別にして、くっきりはっきりきっぱりでは、ないか(笑)。

 ナウな(死語)いまどきの時流に乗りたい、浮わついた、「ふわっとした民意」に頼りたい、自称政治家は、その時々の流行に、乗っちゃうんですよ。数年前のそれが「新党」。そして今年は「のの字」。
 流行や時代の風に乗ったネーミング、そんなふわついた政党に投票しても、数年後には、やはり、がっかりでは、ないですか。今の民主党みたいに。あるいは、いくつかの「新党」たちのように。おそらく、数年で、色あせたり、実態そのものがなくなっていく。
 そういう「自称政党」に投票したら、それこそ、死に票では、ないのか。

(ちょうど一年前の★今度の選挙、どこに投票すれば、いいの?(笑) : 昔の映画を見ています★より)

 「結いの党」は発足一年前の当ブログにおいて、すでに、見切られているのですね(笑)。
 確かに、もうひとつの候補「民権党」は、明治時代にありそうな古臭さで、これはないな、と思うけれども。そして、これだけ雑魚政党が林立すると、もうまともな党名は、すでにどこかが使っているのだろうけれど。
「みんなの党」分裂のはての「結いの党」またばらばらになったら「結えずの党」か。

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-12-17 12:54 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/21461282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード