恐怖!今も民主党政権だったら

↓ まったく注目されなかった小さな記事だが、よく読んでみると、ホントウにぞっとする。
◎民主政権下の修学旅行先調査 台湾渡航「中国」に合算 文科省訂正
 文部科学省が平成23年度に実施した高校の海外への修学旅行実態調査で、渡航先の「台湾」を「中国」と合算していたことが13日、わかった。同省は今年4月、合算により中国への渡航者数は2万2千人に達し、米国の2万6千人に次ぐ2位とする結果を公表。ところが、自民党国会議員の指摘を受けて台湾を別に算出したところ、台湾は1万2千人、中国は9千人と逆転していたことが判明した。

 文科省は昭和61年度から2年に1回、「高校等における国際交流等の状況について」として海外修学旅行の渡航先をまとめている。従来は台湾と中国を分けて集計、公表していた。過去の渡航者数をみると、平成16年度は中国が1万4千人に対し、台湾が1千人で中国が上回っていた。

 その後、中国における反日運動の高まりや、悪化する大気汚染などを背景に、渡航先を台湾に選ぶ学校が相次いだ。20年度は中国1万1千人、台湾8千人と差が縮まった。

 ところが、東日本大震災で1年延期し、民主党政権下の23年度に実施した調査では、中国が2万2千人に倍増し、台湾は渡航先リストから姿を消した。

 調査結果に疑問を抱いた自民党の木原稔衆院議員が同省側に指摘すると、台湾の集計を中国に合算していたことが判明。同省は今年10月、台湾と中国を分けた正しいデータをホームページ上で公表した。同省国際教育課の担当者は「単純な処理ミス。通知上のミスで合算したようだ」と説明している。(2013.11.14 08:12産経新聞より)

 大は中国船船長無罪釈放から、小は、こんな統計詐欺まで(笑)。
 こんな、細かい、セコい、書き換えをして、何が楽しいのか民主党政権は。
いったいヤツらは、どこまで中国様に媚びまくっていたのか。
 いま現在も民主党政権だったら、どこまで中韓に土下座していたのか。ゾッとする。
 まさに、冬の怪談。
 まずは、韓国の女の浅知恵大統領と、ニコニコ首脳会談は、確実に、していただろう。戦時徴用企業への賠償も、前向きに検討、なんて言っていたかもしれない。
 尖閣への不法上陸も、確実にあっただろう。

◎ついでの、おまけ◎
1/3【女性大討論】安倍否定はもういい!じゃあどうする日本

2/3【女性大討論】安倍否定はもういい!じゃあどうする日本


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-11-26 07:40 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/21376334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード