ネット図書館、ネット名画座を、作るべきではないのか

 画像なしの無料ブログしか経験がないぼくが言うのはお門違いだが、当時「永遠の桑野通子」みたいな画像張りまくりサイトを作ろうと思ったら、容量を考えれば、あれは有料サイトだったのかもしれない。
 有料であるならば、管理人が何らかの理由でお金を払えない状態になれば、自然消滅しちゃうのかもしれない。いや、これは、あくまで推測の域ですが。
 内容の優劣はともかく、物理的にそれが残りやすいのは、有料より無料、無料サイトより、紙メディア、ということか。だから、今流行の電子ナンたらより、紙のほうがはるかに、後世に残りやすく、現に消滅したネット上の有料コンテンツである「永遠の桑野通子」は、見ることが出来ない。
 TV中葉期の、VTRが高額なため、何度も上書きして、貴重な初期番組を永遠に喪失した愚を、ネット・メディアも、また繰り返しつつあるということだろう。
 こりゃあ、なんでも保存しちゃうマニアの人たちを集めて、ネット運営会社も巻き込んで、ネット図書館、ネット名画座を、作るべきではないのか知らん

★そもそもの元記事★

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-07-28 07:24 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/20856917
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード