橋下「慰安婦妄言」と、飯島氏訪朝

 橋下「慰安婦妄言」と、飯島氏訪朝。ともに韓国が非難していることから見ると(笑)おおむねにおいて、正しいことなんだと、わかる(笑)。
 しかし、今回の橋下発言、おおむね「正論」だからといって、それが「邪論」渦巻く外国、国内反日メディア、左翼諸君にそのまま、受け入れられるかは、別問題だった。
 何の戦略も工夫もないまま、思いつきでぺらぺらしゃべって(ただしぶら下がり取材で、例によって朝日新聞記者の「誘導尋問」に引っかかったものだとは、容易に推測できる)、特定外国、メディア、左翼諸君から、総突っ込みを受ける羽目になるのだから、脇が甘すぎる。
 一年前くらいには、<国民が期待する次期総理ナンバーワン>と、メディアに喧伝された橋下だが、こんなに脇が甘すぎるのは、とても総理としては、持つまい。大坂市長であってさえ、この有様なのだから、総理の器では、ない。ぺらっぺらっ。
 身もフタもないブッチャケの本音発言は、地位が上がるにつれて、上品にシュガー・コーティングしなければならないことを、地位を上げたいのであれば、橋下は、学ばなければならないのに。
 あるいは、共同代表・石原慎太郎のように、<独自の立ち位置>を獲得すればいいのだが、それは並大抵のことでは出来ないキャラ立ちだから、余人には、まねできない。
 対比するのもナニだが、橋下に比べて、安倍晋三総理のスキのなさが、逆に浮かび上がってしまう。磐石の安定感すら漂う。
 その安倍も、第一次政権では、メディアの総攻撃を受けて、沈没した。良くぞ、立ち直って、第二次政権を手に入れたと思う。だから、橋下徹も、その可能性がないとはいえない。ただし、それは、即製されるものではない。

 この騒動(まさしく、騒動としかいえないような、お粗末さ)の、結果は、どう影響を与えるのか。共同代表・石原慎太郎独特の優位性・愛嬌もなく(当ブログの★石原慎太郎「暴言」はなぜ非難されないか★を参照あれ)、橋下は、このまま、支持を落とすのか。 
 特定外国、メディア、左翼諸君、理想を追いがちな若年層からは、支持を失うだろう。いや、すでに、そうなっているだろう。
 しかし今回の発言が身もフタもないブッチャケの本音発言だけに、関西人、理想なんてもののメッキがすっかりはげ落ちた(笑)老年層には、支持されるかもしれない。
 特に参院選では。やはり、維新の会は、支持を落とすだろう。だからといって、維新決別宣言の、みんなの党も、浮かび上がりは、しないだろう。
 とばっちりが飛んでこないように(笑)自民党は静観している。これはこれで正しい。
 維新、みんなの第三勢力が沈むと、相対的に、民主党が浮上するのは、避けたいところだが。
 これは、しょせん橋下が言う<ふわっとした風・民意>しだいだから、なんともいえない。しかも、まだ二ヶ月もあるのだ。この先、どんな「騒動」が勃発するやも知れない。とくに朝日新聞などは、虎視眈々と、橋下外しを「社是」として、画策していくだろう。

 飯島氏訪朝を非難する韓国の論調が、もうギャグの世界。
 「韓米日の協力体制から離脱するかのような動きを示した」と不信感をあらわにした。→このところ盛んに、「韓米中」の連帯のみ強調して、日本外しを画策している韓国が、どの口で言うか。
 韓国政府は今回の訪朝を強く批判していて、説明を受けた際、改めて日本側に「突出した行動は望ましくない」と釘を刺したということです。→常に「突出した行動」ばかりとっている韓国が言うべきではないぞ(笑)。
 このように、日本以外の韓国、アメリカなど諸国は、自分たちもしている、従軍慰安制度、現地女性レイプには、一切口をつぐみ、高尚な建前論に終始して、日本だけを非難している。
 世界でただ一国だけ、バカ正直な日本は、安易に謝り続け、自己批判して、世界から「総括」され続けている。
 この点で、橋下の発言は、正しい。ただし、繰り返すが、「邪論」渦巻く特定外国、国内反日メディア、左翼諸君に、「バカ正直なブッチャケ発言」そのままでは、通用しない。
 自己正当化の達人である韓国、中国、アメリカには、バカ正直では、対抗できない。
 国内反日メディア、左翼諸君の頭の中には、清く正しく美しいお花畑があるから、暗くよどんだ現実世界の「ブッチャケ発言」そのままでは、単に反感を買うだけである。

 きわめて解決の難しい連立方程式を突きつけられで、橋下徹は、今は、立ちすくんでいるかに見える。第一次安倍政権にも、そういう趣はあったが、今回の安倍晋三は一味もフタ味も違う。
 飯島氏訪朝をきっかけに、半歩でも進んでみて、解決困難な拉致被害者開放という連立方程式を解こうと、試みている。
 すぐは、解決しない。しかし、韓国が韓米中の日本外しをするなら、逆に韓米中外しをしてみよう、という試みは、悪くないように思う。
 北朝鮮としても、日韓米中の連帯を弱め、お互いを疑心暗鬼にすることは、まずは得策だから、付き合ってみているというところだろう。
 連立方程式を、解こうともしなかった民主党政権とは、やはり、大違いなのだ。
◎関連映像◎
★安倍首相「拉致問題は日本が主導的に解決する」★
★「日本だけ批判は違う」 橋下氏が真意説明★
朝日新聞とテレビ朝日の自作自演「橋下慰安婦発言」批判捏造報道

韓国視点で訪朝批判の民主議員に国益外交の常識を説く安倍総理


★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-05-21 09:58 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/20525240
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード