中韓が外道の本性をあらわに

 昨日3月11日の、東日本大震災の二周年追悼式典には、政府は、150以上の国・国際機関に対して招待状を送り、120以上の国・国際機関の代表が、式典に出席したという。
 ところが、一番お隣の国・中国と韓国の代表(駐日大使)が、おそろいで(笑)欠席。
 中国は。まだ、わかる。理不尽ではあるが「盗人にも五分の魂」が、感じられる(笑)。
 昨年の民主党売国政権が、台湾代表を一般席に座らせ、指名献花もさせなかった、その中国様オモネリから一転して、安倍自民党政権が、台湾代表に正式に指名献花してもらうようにした。
 「台湾とは席を同じうせず」が中国の理不尽な「国是」だから、まあ、馬鹿げているが、「仕方はない」。
 しかし韓国は。
 「冠婚葬祭」は、外交の、「オモテの基本」だろう。ウラでは、どんなバトルを繰り広げていても、「完全な敵国」でない限り、「冠婚葬祭」は、とりあえず出席するのが、外交官の基本だろう。
 中国は、日本政府からの「出欠確認案内FAX」に出席と「マルをし」て、しかし、台湾マターで、ドタキャン。
 韓国は、「出欠確認案内」に「欠席」と通知して、そのとおり「欠席」。あとで、駐日韓国大使は、事務的ミスで、「出欠通知を捨てた」というが、では「欠席」通知は、どうなるの。

 おそらく、こういうことだろう。
 中国は欠席を確信犯的に決めた後、「おいらは欠席するけど、お前は、どうする?出るのか?」と、韓国に打診。日本統治時代を除いて、半万年にわたり中国の属国であった韓国は、「もちろん、中国様が欠席するなら、あたくしどもも、欠席いたします」と、叩頭したのか。
 あるいは、韓国が、属国根性で、「どうやら宗主国サマの中国様は、欠席するらしい。ならば、ここは、うちも<忖度>して、欠席するかぁ」。しかも、最近はアベノミクスによるウォン高、WBS予選で、韓国罵倒&韓国予選敗退の直接原因となった台湾と、日本は、異常に仲がよい(笑)。さらに、韓国完敗のオランダに、侍ジャパンは、完全勝利。そういった、もろもろの要因が、重なっての、韓国欠席では、ないか知らん。
 え?そんなせこい理由で、一国の外交が決められるの?と、思われた方々、韓国は、もともとそういうコンマい、いんちきな国なのよ(笑)。
 台湾の名産品であるバナナを、ここで出すのは、いささか気が引けるが、朝鮮半島の二つの国は、所詮東アジアの<バナナ共和国>なのよね。

 もともと「相思相愛」の台湾と仲良くすることは、とてもいいことなのかもしれない。台湾と仲良くすることによって、中韓なる「悪友を謝絶」することが、出来るようだから。「自然と」中韓と、遠ざかっていけるなら、これほど、心安らぐことはない。
 もちろん「謝絶」と「敬遠」は違う。民主党政権が、中韓を「敬遠」し続けたことによって、竹島と尖閣、その他その他問題では、驚くほど、中韓に「出塁」を許してしまったからだ。

 つい最近の韓国は、まともな国としての体をなしていない。まあ、昔から、そうなんだが。
 その前任者のバカっぷりは、言うを待たず、新韓国大統領の「パクねえ」も、「千年たっても、加害者は加害者、被害者は被害者」(大意)といい、韓国地方裁判所は、対馬の寺から、韓国人強盗が盗んだ仏像を、「千年位前に韓国の寺から盗まれた仏像かもしれないから、対馬の所有者たる寺には、返還しない」(大意)と、戯言。
 いや、おそらく日本人のことだから、対馬の寺も「正当な手段」で譲渡してもらったものだと思うが、もし万が一、仮に、日本人が、その仏像を盗んだとしても、とっくに時効だろうが。
 何世紀も前の「盗難事件」が、そんなのあるかどうかも、わからない、証拠もとっくに消滅、関係者も現存しない、「時効」がどうとかこうとか言うも愚かなレヴェル、そんな「案件」を、裁判所が云々するも愚か。法律的にも、審理不可能の、ブラック案件を問題にし、しかも、韓国大統領という、国の「最高指導者」ことパクねえが、千年たっても、云々と、ボンクラ発言。
 「千年」というレヴェルの時間レンジは、大統領とか裁判官とかの「専権」事項でもないし、公務員ごときの「職務」範囲を超えている、もはや歴史家か思想家か宗教家の領域であることは、素人目にも、明らか。
 そんなことを本気でいい、しかも訂正されることもない。
 断言しよう。国家レヴェルでの、馬鹿。 

★新・今、そこにある映画★日本映画・外国映画の、新作感想兄弟ブログ。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2013-03-12 23:31 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/19934472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード