ミニシアターかんぺ祝創刊&いちゃもん

 都内6大名画座のスケジュールを、手書きコピー紙として、のむみちさんが自主発行する「名画座かんぺ」。これに便乗した姉妹紙「ミニシアターかんぺ」が、8月創刊号。ただし、発行は、のむみちさんではなく、「ミニシア映画班」を名乗る。
 フォーマットは「名画座かんぺ」を踏襲しているが、約20館の月刊スケジュールを乗せるため、手書きではなく、パソコン打ち。これはやむをえないが、いろいろ問題のある創刊号だ。

 まず、「二番館・ミニシアタースケジュール」の、人選ならぬ、館選が、おかしい。
 「浅草新劇場」「浅草名画座」は、二番館でもミニシアターでも、ないのに、掲載されている。掲載の「浅草中映劇場」は、二番館なので、オーケー。
 「ミニシアター・ブームの元祖」シネマスクエアとうきゅうや、銀座テアトルシネマ、銀座シネスイッチ、テアトル新宿、ヒューマントラスト渋谷・有楽町、ルシネマ、シネマライズ、日比谷シャンテなどの、ミニシアターが、ごっそり未掲載。
(ただしHT渋谷の特集「三大映画祭週間」は裏面で、掲載)
 ミニシアターの定義とは、つまり「単館ロードショー作品の公開」が主であり、特集上映などという、いってみれば、シネマテーク的、名画座的な展開は、従だと思う。
 特に、新宿武蔵野館が載っているのに、テアトル新宿未掲載とは、「差別」の意味すら、わからない。
 そのくせ、ぼくの認識では、二番館でもミニシアターでもない、アテネフランセ文化センターが(裏面の特集スペースとはいえ)掲載。どちらかというと、ぼく的には、シネマテークという位置づけで、会員登録をしなければならないんだから、二番館とか、ミニシアターとは、もっとも違うものだろう。会員制クラブを、居酒屋特集に載せるようなものだ。ちがうか。
 
 あと、これは「名画座かんぺ」にも共通する欠点だが、ぼくは「名画座かんぺ」「ミニシアターかんぺ」を、昨日8/3に入手。つまり、8/1~2の情報は、全く無意味、もっと、遅く手に入れる月もあった。
 このムダを避けるためにも、
1)8月号は、7/25発行(スケジュールは8/1~31分)
2)8月号は、8/1発行(スケジュールは8/1~9/5分)
 などの工夫を、すべき、かと。
 
 いずれにせよ、のむみちさんも、ミニシア映画班なる匿名集団も、まあ、映画館ファンの役に立ちたいという、いわばボランティア精神でやっているのだから、文句をいう筋合いはないかもしれんが。妄言多謝。
 しかし、「ミニシアターかんぺ」と名乗りつつ、「厳密に」ミニシアターと呼べるのは、「岩波ホール」「シアターN渋谷」「ユーロスペース」「シアター・イメージフォーラム」しかないとは、館選、おかしすぎ。わからないでもないが、厳密には「二番館」でも「ミニシアター」でもない、ポレポレ東中野、オーディトリウム渋谷が、テアトル新宿や、銀座テアトル西友、ルシネマ、シネマライズを、差し置いているのすら、不明だ(笑)。スペースの問題は別にして、どっちも載せるべき。
 それとも、メジャーな会社のミニシアターは「差別」しても、左翼の「岩波ホール」は、載せるぜー、ということか。
 うーん。館選の改善の余地、多すぎ。 

★新・今、そこにある映画★新作の日本・外国映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2012-08-04 02:23 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/18547057
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード