民主党が日本に三年殺しを仕掛ける

 日本を貶める(落としめる)ことなら、なんでもする民主党が、とうとう、日本に対して「三年殺し」を、仕掛けた(苦笑)。 
 消費税増税案。
 2014年4月に8%に、そして2015年10月に10%に上げる案だ。
 本当に必要なら、さっさと上げるが、よろしい。なのに、ナニ、この、生殺しのような、モラトリアムは。しかも、日本経済の成長率が「ある程度」上向かない場合は、増税を、延期?すると言うエクスキューズも、入った。妥協の産物。しかし、これは、実は妥協案以上の意味を持つのでは、ないか。
 どんどん生産性を挙げて、収益を高めたい、と企業は、ふつう、そう考える。個人も、がんばって、仕事をして、給料上げて、生活のランクを上げたいかなー、と考える(かつての、高度成長期では、当たり前だった考え)。
 しかし、そういう、個々の企業努力、個人のがんばりで、生産性を上げたら、生活ランク上げる以前に、消費税が上がってしまう。 
 がんばればがんばるほど、負担が増えてしまう。
 努力したら、努力した分だけ、税が上がってしまう。
 じゃあ、努力するの、やめましょう、ということにならないか。
 少なくともこの、これからの三年前後は、努力したら、努力したブンだけ、負担が増える状況だ。じゃあ、止めた、と、モラルハザードということになるだろう?ふつうは。
 日本の力をそぐことに、ハンパない情熱を燃やすなあ、民主党。
 どうせ上がるものなら(その前に政治家・官僚・既得権益層・公務員の、いわゆる親方日の丸依存層の、メタボな贅肉体質を、絞ることが前提だが)モラトリアムを設けずに、すぐさま上げればよいものを。下手に先延ばしすることで、日本全体のモラルハザードを招くことは必定だろう。
 日本の国力を、如何に殺ぐか、が最大の目標であると思しい民主党諸君には、まさに渡りに舟だろうが・・・・。

 脱原発状況に伴う電力不足の果ての、日本社会不安定化。
 中国・北朝鮮・韓国・ロシアなどの、日本を取り囲む<遅れてきた帝国主義国>、このならず者国家らの、日本に対する圧は、今後ますます深まり、民主党は土下座外交ばかりを繰り返す。鳩山や菅など、顔からして<ネズミ男>そのものの、卑屈さ。その卑屈さを、友愛だ、と偽装する手合いばかりの、外交連戦連敗、が招く日本社会不安定化。
 その上に企業努力を否定するかのような、がんばればがんばるブンだけ増税しまっせ、という負のスパイラル。その日本社会不安定化。
 かつての民主党の選挙コピーは、「日本をあきらめない」。でも、これ誤植ね。 
 ほんとうは、「日本をあきらめな」、それが民主党だ。

★新・今、そこにある映画★新作の日本・外国映画感想駄文の兄弟ブログ
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

★人気ブログランキング・日本映画★
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
★にほんブログ村・名作なつかし映画★
[PR]

by mukashinoeiga | 2012-04-15 00:15 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/17776627
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード