TV「運命の人」(第6回)で大笑い

 冒頭、西山太吉こと、本木雅弘が、妻・松たか子に、
「おまえ(妻)が納得できるように、彼女(愛人)のことを、説明しろというのか!」
と、激怒。
 そうなんだよ、そうなんだよ(笑)。
 戦争もしないのに、平時に、領土が、帰ってくるんだよ。
 世界情勢、厳しいよ。大きなギヴがあるときに、ささやかでも?テイクがないと、ふつう、そっちのほうが、おかしいでしょ。
 ところが、当時の日本国民は、ある意味温室の中(それは、今も、変わっていないか)。
 西山太吉こと、本木雅弘に、言いたい。
「おまえ(日本国民、またはマスゴミ)が納得できるように、彼女(対米密約)のことを、説明しろというのか!」
 まったくのただで、領土が帰ってくると、思っている、毎日新聞、西山太吉らマスゴミのほうが、圧倒的に、おかしい。そうじゃないの。でも、そう思っている、狂ったやつらがいるから、隠さざるをえない、<密約>にならざるをえないのだろう。
 ただじゃ済まないんだけど、毎日新聞をはじめとしたマスゴミは、日米は対等であるべきなんだから、沖縄は、ただで、返してもらうべきだと、言う、んだろう。でも、そりゃ、子供の理屈で、厳しい世界情勢のなかでは、まるきし通らないよ。
 そりゃ、アメリカも、カッコツケだから(当時は、超大国だから、そのカッコツケが、奇跡的に、奇跡的にだよ、通っちまった。これは、今でも、ホント、不思議)「いいよ、いいよ、預かっていた沖縄、ただで返してやるよ、オレって世界一の正義漢だからサー。ま、東西冷戦もあるから、そこんとこ、よろしくー。ソ連は、北方領土盗んだままだけど、おれっちは、沖縄、ちゃんと、返してやるんだからサー、ヨー、ホホホーイ」なんて、偽りのカッコつけ。でも、その裏で、「ちょっと色つけてよ」「あっ、そですね」と、阿吽の呼吸。ま、そんなもんだ。
 妻にも説明できない<浮気>もある、その時点で<密約>も、致し方ないこともある、と、気付けよ、西山太吉=本木雅弘。
 こうしたことで、<日米密約>を叩くくらいなら、ねー、毎日新聞よ、アメリカは、ともかくも、沖縄を返した。なら、ソ連は北方領土を返せ、韓国は竹島を返せ、そういうキャンペーン、すべきだったんじゃないの、ねー毎日新聞さんよ。
 まー、無理難題でしたか。<心の宗主国>ソ連や<からだの宗主国>韓国への、非難キャンペーンなんて、左翼の侮日新聞には。

★新・今、そこにある映画★あらたに開設しました。
★映画流れ者★当ブログへの感想・質問・指導・いちゃ問はこちらへ

人気ブログランキング・日本映画
↑↓クリックしていただければ、ランクが上がります(笑)。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
[PR]

by mukashinoeiga | 2012-02-20 01:21 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/17397396
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード