小沢の政治的功績って、あるの?

 小沢一味の元秘書たち、代貸しや若頭って言うところか、違うのか、その三人が、とりあえず、有罪判決。当初、小沢一味の側が、願望を込めて予想した、無罪判決では、なかった。
 これは、この三人の裁判だけではない。その先に、小沢「被告」の裁判がある。
 小沢はふつうの被告ではない。
 検察審査会という新しいシステムで、強制的に起訴された、ほぼ最初の大物である。
 この大物に対する、裁判をゆるめて、小沢に有利な裁判をしたら、今度は矛先が裁判所に向かう、と、裁判所は考えるに違いない。やっぱり、日本の裁判所は、<巨悪>には、からっきしダメだと国民からの批判を浴びるに違いない、と。
 だから、推測するに、多少、無理筋でも、小沢一味の子分は、とりあえずは、有罪にしたかったに違いない。でなければ、裁判所の、対小沢の腰の引け具合が、露呈してしまうもの。
 一審の地裁で、少しメーターを振った判決を出し、高裁、最高裁と、徐々に、軌道修正していく、という、お得意の手口だ? 
 もっとも、これにつき合わさせられる「被告」たちは、たまったものではないが。というのも、この三被告に関しては、最終的に、限りなく「無罪」に近い判決になるだろうと、わたしは予測する。

 しかし、たとえ「無罪」になったとしても、「無実」とは言いがたいのも、小沢一味の一味たるゆえんだろう。
 一味の首魁、小沢一郎被告の、ゆがんだ「性格」、キャラクターが全ての原因である。
 主犯である小沢、実行犯たる三被告秘書の、複雑な金のやり取り、移動、入金支出(出所、出した先)は、あまりに後ろめたくて、小沢も秘書たちも、うまく説明できない。
 それはそうだろう。複雑だから説明できないのではない。説明できないように、わざと複雑にしているからだ。
 政党を作っては壊しの、小沢の政局人生も、こういう言葉を出すのは恥じらいがあるが(笑)、<生一本な、男の生き様>とは、正反対のものでは、ないか。
 小沢の存在は、政局を、さらに混乱させる。
 政局屋たる小沢は、<政局を収拾>させることには、ことごとく失敗する。作った政党は解党に追い込まれ、今また、民主党政権の混乱の元凶である。
 代表時代の、大連立騒動の一連の混乱は、失態のきわみであった。
 寝業師、政局屋の小沢は、物事をストレートに考え、実行できない。あえて複雑な経路を好み、事態を混乱させることのみに、腐心する。
 だから、政党を作っては壊し、作っては壊し。
 だから、説明できない、複雑なカネの流れ。
 だから、民主党政権の混乱。

 いい悪いは別にして(もちろん悪いに決まっているが)仮に小沢マターがなかったら、鳩山・菅政権も、もっと仕事をしたに違いない。まあ、鳩山・菅が、小沢に輪をかけて、クズである、という要素も、あるのだが。
 この何十年間か、小沢は<日本の政局>を、支配し、混乱させてきた。
 小沢なかりせば、どの程度<日本の政治>が、ストレートかつ透明になったことか。歴史のイフでしかないが。
 政局でのみ動き、事態をさらに混乱させた小沢であるが、果たして、政局以外の、政治の場での、日本への貢献は、あったのか。わたしには、それが思いつかない。


人気ブログランキング・日本映画

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村・名作なつかし映画
[PR]

by mukashinoeiga | 2011-10-01 07:45 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/15669944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード