高校野球か

 ほら、よくあるでしょ。大負けチームが、9回裏2アウトの段階で、万年補欠を打席に送る、って<思い出作り>の、試合起用。
 今の民主党の総理候補の有象無象がそれだよ。
 このままだと、次の選挙で、民主党は、大敗確実。民主党議員が総理になる、最後のチャンス。ここで、出なきゃ、と。
 監督が、ベンチ・ウォーマーたちに眼をやる。
「残念ながら、あと一打席だけだ。もう、あとは、ない。出たいやつ、いるか」
前原「監督ッ、これが最後のチャンスっす。へらへらっ」
監督「前原、へらへらするなっ」
前原「えっ? へらへらっまえへらっ」
監督「もういい。野田、お前はっ」
野田「もう、二度とッ甲子園にこられないんスから!」
馬渕「オレが、打ちたいッス」
鹿野「とにかく、出たいッス」
監督「お前ら、ヒット打てるのかっ」
海江田「ヒット打てないかも知んないんですけどぉ、とにかく、オレ、出たいっス(涙)」
樽床「いや、オレ、ヒット、打てる自信ないっす。でも、ここで出なきゃ、もう、出れないッすよね?」
小沢鋭仁「いやあ、みんな、オレたち、打てないよなっ、ヒット。ここに、ヒット、打てるやつ、いないだろ、はっきりいって。でも、出たい出たい。な、そうだろ、みんな」
全員「おうっ!!」
 ヒットを打つこと(国家・国民に資すること)などまったく考えずに、補欠レヴェルの奴らが、ただただ自分の思い出作り(「これが、オレが、総理になる、最後のチャンス??」)と、思っている手合いばかり、に感じられれるのは、まったく不幸なことだ。
 で、この監督ていうのが(笑)。刑事被告人・小沢一郎。さらに日本国民にとって、不幸な。国益より、党益、党益より私益、モチロンこの私益の中に、岩手益は、はいってないヨン、という小沢。
 小沢は冷徹に考えている。
 モチロン、こいつらは、ヒットを、打てない。
 ここで、俺たちの甲子園(日本国)は、終わる。それは、かまわない。
 オレの身分は、中国様に保証されているからな。国民の税金を流用した不動産も、あるし。
 で、より、情けなく日本国を終わらせるには。そう、考えている。それが、民主党。
[PR]

by mukashinoeiga | 2011-08-22 22:46 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/15315421
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード