この政権は長期化する?

 菅直人政権は長期化する。だんだんそんな気がしてきた。
 なぜなら、世界中の過去・現在の左翼政権の、ゆいいつの目的が、政権の長期化で、それには、どんなバカ左翼政権でも、おおむね成功しているからである。
 左翼政権は、国をよくしようだとか、国民を富ませようなんて、これっぽっちも、思わない。ただただ、自らの権力の、ひたすらの維持、ひたすらの延命しか、考えていない。したがって、左翼政権は、実は民主主義の敵である。かなりの左翼政権が、軍事独裁化、情報統制、新しい階級の固定化に、汲々とするようになるのは、そのためである。
 菅直人の、ここへ来ての<日本人離れした>粘り腰は、ひたすら迷走していた民主党政権が、左翼本来の自己目的、つまり政権長期化に、目的を一本に絞ったからである。
 これまで、利害の対立をあおってきた民主党(野党時代の左翼)に、ベクトルが180度違う、アメリカと沖縄の利害の調整など、出来るわけがなかった。
 これまで、資本の増大を批判してきた民主党(野党時代の左翼)に、経済成長、経済の活性化、など望むべくもなかった。
 これまで、体制の破壊を旨としてきた民主党(野党時代の左翼)に、震災復興など、もともと無理なのだ。
 そういう、民主党が不得意とした分野の、政策が、ことごとく無策、先送り、失敗してきたのは、もともと民主党の不得意科目だったからである。当たり前の話だ。
 ところが、最近、菅直人政権は、腹を、くくった。俺たち左翼お得意の、政権長期化、自己延命化、一本に絞ったら、なんと、菅直人政権、締まってきたのである(笑)。
 震災復興、日本経済の底上げ、みんな失敗したが、それは震災復興、日本経済の底上げを、目的としていたからである。自己保身、政権長期化を目的とした、震災復興、日本経済の底上げの政策・法案なら、ばんばん出せるようになるのだ(笑)。

 菅直人内閣の支持率が、約30パーセント。これは、もちろん、菅直人内閣の能力を評価しての数字では、ないはずだ。
 菅直人および現在の内閣は、無能で、どうしようもないだろうが、<しかし、自民党に政権が戻ったら、嫌だ>と、考える、民主党、社民党、国民新党、それぞれの支持者が、これだけはいる、ということだろう。反自民系・反創価系無党派層も含め、今の政権はどうしようもないが、これがコケたら、また自民党だ、という層が、一定数いるわけだ。
 これは強いよ。
 どんなに菅直人が失政を重ねても、自動的に民主党政権を支持する層だから。
 1パーセントの支持率でも、辞めないという、反民主主義の菅直人が、30パーの支持率を貰っている。 辞めたいと、思うわけが、ない。

    馬鹿は馬鹿なりに一途菅直人
[PR]

by mukashinoeiga | 2011-06-22 07:41 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/14994944
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード