小沢一郎待望論って

 月刊文芸春秋の今月号で、「次期首相にだれがいいか」著名人にアンケートしている。
 1位に、小沢一郎、2位に、安倍晋三。
 何をいまさら小沢だか、この手の最近のアンケートでは、民主党にほかにタマがないせいか、やたらと小沢がのしている。
 今はまるきり報道されないが、小沢といえば、医者の勧めで、毎日2時間の昼寝を取っているという。逆に、「体調もよくなったので、昼寝しなくてもよくなりました」という報道はないから、今でも、毎日2時間、きちんきちんと昼寝しているんだろう。
 おそらく、クールビズ全盛のこんにちでも、きちんとスーツ、ネクタイ、一年ごとに向きを変える(笑)7・3わけ、一度決めたことは守り通す几帳面な性格と思われるので、きちんきちんと日課を守っているだろう。
 そういう、民主党に不利なことを、マスコミは一切報道しない。
 この昼寝の一件ひとつで、小沢は、総理には、なれない。なれるわけがない。
 新聞各紙に載る「首相動静」に、毎日毎日、載るんだぞ。

  1時13分、寝室へ。
  3時25分、寝室出た。

 書く記者も、書かれる本人も、読む読者も、毎日毎日これでは、やってらんないだろう。
 小沢一郎には、平時の総理も、務まらない。ましてや、非常時になど。

 小沢一郎は、地元・岩手での評判は、がた落ちだという。被災地には、地元なのに、たった一回、瞬殺で行って、県庁のみ訪問して、瞬殺で帰京したとか。
 小沢一郎・震災復興待望論というのが、少し前、あった。
 菅直人の復興遅滞ぶりを口で批判するくらいなら、いっそ、地元岩手に復興本部を立ち上げて、小沢が岩手復興本部長になって、復興の手本を見せる、というような。
 そんな、バカなこと、小沢に期待しても。
 みんなが、ガレキ撤去に汗を流しているときに、空調の利いたホテルで、昼寝してるヤツなんだぜ!
 総理になっても、自衛隊や消防や警察や原発決死隊に、しっかりやれ、死ぬ気でやれ、骨は俺が拾う、と命令しながら、自分は空調の利いたホテルで、毎日昼寝だぜ。

 かつて総理時の、安部を、下痢だ何だと、さんざんおちょくっていたマスコミが、この小沢の昼寝を、なぜ、見逃す。民主党政権を批判しても、いまいちネコパンチだからねー。
 その安倍晋三が、このアンケートの2位。少し前の「正論」アンケートでは、ダントツの1位だった。安倍は、治療が成功し、今現在は、人生で一番体調がいいそうだ。この数十年の総理たちのなかでは、これまたダントツな政策実行率を誇る総理だった。菅、鳩山など、論外で。
 あの、一見豪放そうな小泉でさえ、髪が真っ白になり、安倍も体調を崩す。そういう激務でも、菅、鳩山は、衰えの気配さえない。もともと、神経がぶっ壊れているせいか。

 とにかく、小沢一郎待望論なんて、論外だ。
[PR]

by mukashinoeiga | 2011-06-10 22:30 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/14932044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード