いろいろ

●精神障害のルーピー鳩山が、人格障害のスーピー菅を批判しているのを見ると、なんと、鳩山がまともなやつに見えてしまうという不思議。こういうのを、菅の、<現役の強み>というのだろうか(笑)。
野党時代の民主党のころは、そういうことがわからなかったので、鳩山らが自民党を批判しても、それはそれなりに、もっともなことだと、みんなは、思ったんだよね。
●ところが、ダメガキ自民党総裁が菅を批判しても、いっこうにダメガキが、よく見えない。弱い犬ほど良く吠える、というが、ダメガキ、吠えてすらいないからなあ。迫力障害。
●菅民主党が、選挙で負けても、震災対策に不手際でも、一向に反省しないし(むしろよくやっていると、自画自賛)一向に辞めない。
これは、世界の左翼政権のセオリーからすれば当たり前。左翼政権は絶対に責任は取らない。左翼政権に、潔さを求めては、ならない。左翼政権に羞恥心は、ない。責任はむしろ下のものに押し付けて<粛清>し、トップは誤謬を絶対に認めず自画自賛、情報閉鎖して、軍事独裁、長期政権を目指す。ソ連しかり、中国しかり、キューバしかり、北朝鮮しかり、チャウシェスクのルーマニアしかり、その末席に菅民主党も、連なっている。
そういう左翼政権の絶対的欠陥から逃れられる左翼政権はないので(少なくとも歴史上、存在しない)、<人権、民主、情報公開>を求める、左翼リベラル諸君は、むしろ、けっして左翼政権を支持してはいけないのだが。左翼リベラル諸君は、頭の中にお花畑があるから、求めるんだよねえ、最悪の選択を、左翼政権を。
●だから、大幹部・小沢を道連れにして、総理の座を潔く(当時はそう思わなかった。不明を恥じる)退いたルーピーは、当時はそう思わなかったけれど、けっして左翼ではなかったのだろう。
左翼も、ルーピー鳩山も、頭の中には、お花畑が、あった。それで、ルーピーを左翼と思い込んでいた。いまさらだけど、左翼扱いしてごめんね、ルーピー。単なる精神障害に過ぎなかったんだよね。
●石原慎太郎が、電力問題で、自販機のバッコを批判。自販機が売っているのは、菅ガンス、もとい缶ジュースだからね。冗談だよ、左翼諸君。
●現代日本の、便利さ最優先の象徴として、自販機に目をつけた石原の嗅覚は鋭い。ひょっとすると、自販機と同等の非難を受けていたかもしれないコンビニは、なんせコンビニエンスという名前が便利さ最優先の名前だし、しかし、コンビニは、ライフライン最前線に立っているんだ、という覚悟を、今回も、見せた。被災地でも、首都圏でも、存在感を示した。
●石原は菅ジュースだけではなく、パチンコ業界も、不要と。これ、15年ほど前の三池崇史なら、さっそく<朝鮮・韓国系の、パチンコ業界闇の裏組織が、都知事暗殺に動き出す>なんてVシネを作っていたことだろう。
石原は、これを言ったらヤバイんじゃないか、下手したら奴らに暗殺されるんじゃないか、ということを平気で言いかねない。<日本の公人>としては、ほとんど稀有な御仁。そういうことが、石原を批判する左翼諸君には、わからない。
 そういえば、三池の「ゼブラーマン2」では、ガダルカナルタカが、都知事の役だった。あの映画で、そのまんまは、都知事立候補を思いついたのかな(笑)。
●都知事暗殺といえば、いま上映中の「名探偵コナン」も、それを扱ったものらしい。アメリカ映画なら、大統領暗殺を扱ったものはいくつもあるが、単なる知事暗殺なんて聞いたことない。日本では、それだけ都知事のほうが、総理よりインパクト大なのか。これは、ひとえに石原のカリスマ効果か。
●しかし、四選後の石原「暴言」(自販機、パチンコ)を、左翼諸君はなぜ「暴言」と批判しないのか。少なくともパチンコに関しては、れっきとした「民族差別」???だろうに。
●その石原は、東京都知事選、圧勝で四選。しかし、よく数字を見てみると、2位・そのまんま、3位・ワタミの得票を足すと、1位・石原にほぼ等しい。であるならば、石原が出馬宣言した時点で、ワタミが<我欲>を捨てて、都知事選出馬辞退、<そのまんま都知事選立候補、ワタミは副知事予定>というタッグを組めば、あるいは石原に勝てたかもしれない。惜しいことをした。
●もっとも、ある分析によれば、青島都知事当選得票≒レンホー参院選最高得票≒今回のそのまんま得票、とほぼニアイコールなので、それなりの知名度があるタレント候補が出馬すれば、東京では170万票くらいは取れるんだ、というシニカルな見方が、面白い。そのまんまの、実力ではなかった、という。
●ただし、仮にレンホーが都知事選に出たとしても、
 <価値紊乱者>としての<やんちゃなガキ大将>VS<体制側>の<くそマジメな学級委員長>
という、おなじみの構図の再現だから、絶対にレンホーは、勝てなかっただろう。
そのまんまも、昔のたけし軍団時代は<価値紊乱者としてのやんちゃなガキ>だったが、最近では<そつのない官僚風答弁>だものなあ。
●それにしても、左翼諸君、民主党諸君は、何でみんな、<愛嬌>がないんだろう。
●総理、閣僚、国会議員、知事、すべからく行政、立法のトップに立つものは、政策能力だけではなく、天性の愛嬌というか、カリスマ性というか、少なくとも選挙で選ばれる以上、<人間的な魅力>、この人にだったら、ついていきたい、そう思わせるチャームが必要なのだ。民主主義ではね。
なぜ、アホなタレント議員が、大量得票するか、みんな、ほとんど、その理由を考えてないよね。有権者が、付和雷同の、ちゃらちゃらしたいい加減な政治意識しかないから、知名度の高い、バカなタレントに、人気投票みたいに、ふわふわと投票すると思っている。
違うの。
ぼくたち、アホな有権者が、議員、知事、総理に求めているのは、
1)政策遂行能力
2)この人になら、ついていきたい、と思う人間的魅力
この2点。
人気のあるタレントは、1は未知数かもしれないけれど、2については、抜群に、持っている。だから、タレント候補は、バカバカ当選する。
●菅。鳩山。小沢。仙谷。岡田。枝野。前原。レンホー。みんな、愛嬌、ないよね。なぜ、左翼は、民主党は、人間的なチャームが、ないの。ついていきたい、とは思わないよね。
この人たちも、いっときは<愛嬌>あるように見えたりするんだけど、残念ながら、それは<天性><天然>のものじゃ、ない。付け焼刃。
<目は、笑ってない>。襟は、立ってる。
襟が立ってるレンホーと、寝癖の髪が立ってる亀井静香、人間的に信用できるのは、どっち?
いざとなったら、みんな、仲間を裏切るような人たちでないの。粛清とか、総括とか。左翼特有の病理。
日本国民という<仲間>を裏切り続ける人たち。
●でも、ま、あの顔で、寝癖の髪が立っていて、静香、そりゃ、ないわな。すき、ありすぎ。天然過ぎる。
●まだ、いいたいことはあるんだけど、長くなったので、また後日。

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村 名作・なつかし映画


人気ブログランキング・日本映画
[PR]

by mukashinoeiga | 2011-04-30 08:43 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/14693336
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード