続々・石原慎太郎「暴言」はなぜ非難されないか・その理由

 今生陛下を唯一の例外として、この60年間の、わが国のメディアの第一線に常に立ち続けてきたただ一人の男、石原慎太郎が、手に入れたキャラが<やんちゃなガキ大将>。
 そして、左翼ババア諸君に代表される、石原「暴言」に抗議する人たちが、自然に体現してしまうキャラが、<くそマジメな学級委員長>タイプ。
 石原慎太郎VS左翼ババア諸君
 この対立の中で、一般論として、権力者はどちらか、というと、疑いもなく、慎太郎のほうだろう。
 ところが、これが、
 <やんちゃなガキ大将>VS<くそマジメな学級委員長>
という、<キャラ対決>に<窯変>すると、あら不思議(笑)。<くそマジメな学級委員長>のほうが、体制守旧派の、権力側に、見えてしまうのよ。慎太郎のほうが、<既成権力に対抗するキャラ>に、見えてしまうのよ。
 慎太郎のデヴュー作、芥川賞の「太陽の季節」は、既成文壇人、PTA、社会の権威者たちが、みないっせいに非難した。社会中のおとな側からの、抗議、非難の嵐。
 東宝で監督になる際も、東宝助監督部から、大抗議。
 石原慎太郎は、常にマスメディアの第一線に立ち続けていたが、同時に、少なくとも前半部分は、常に、批判、抗議を受けてきた。
 批判には、完全に場慣れしているのだ、慎太郎は。
 それなのに、左翼ババア諸君たち、左翼の側からの慎太郎「暴言」批判者たちは、何の戦略も戦術もなく、ただただ、フラットに、慎太郎批判を繰り返す。マスコミや、慎太郎本人が、てんで相手にしないのも当然ではないか。
 左翼ババア諸君、市民運動家菅直人(笑)などは、常に、より弱い側に批判を繰り返し、そして成功してきた。その成功体験に乗っかって、慎太郎を批判しても、無駄なのにね。そして、護憲、九条死守、戦後レジームの堅持、など、この数十年間、左翼諸君は、完全に守旧派になっている現状の中で、自分たちが、実は、<体制側>であることを、よく自覚していないのではないか。
 <価値紊乱者>としての<やんちゃなガキ大将>VS<体制側>の<くそマジメな学級委員長>
 慎太郎と、左翼ババア諸君の関係性は、ここまで、価値転倒してしまうのだ。
 だから、これは慎太郎の「暴言」ではなく、都の政策なので、若干色合いが違うが、漫画・アニメの性的表現過剰の規制問題が、わりあい都の旗色が悪いのは、慎太郎側が、規制する側だからだろう。
 だから、国が規制する、放射線危惧の水道水、「んなことねぇだろ、ちゃんと飲めるぜ」と、飲み干すパフォーマンス、規制に対する抗議こそ、慎太郎のキャラ。
 ここで面白いのは、最近の、いわゆる同性愛者批判の「暴言」後の、現象。
 日本の同性愛者が、組織だっていないということもあるが、やはり<差別される側>にいるから、自分の言動が<世間様>から、どう見られるか、空気を読むのに、敏感というか、しょうがなく長けている面もあるのだろう。
 慎太郎「暴言」に、批判の声を上げる自分が、どう見られるか。
 本当は、左翼ババア諸君のように、そんなことなんか考えないで、批判すべき対象は批判すべきなのだが。

 しかし、慎太郎「暴言」は、本当に「暴言」なのだろうか。
 いや、当然「暴言」として感じて、批判するものたちは、いるわけで。
 しかし、いわゆるサイレント・マジョリティーの何割かは、「慎太郎、良くぞ言った」と、思っているのも事実だろう。そういう人たちは、慎太郎「暴言」に、心の中で喝采を送っている。
 なぜ慎太郎が、メディアで人気があるかというと、いわゆる「公人」の中で、ただひとり「本音」を発し続けているからだ。いい悪いを別にして、生の声を発している。そういう「公人」は、慎太郎以外、いない。
 なぜか。
 キャラが世間に確立していない、天性の愛嬌がない、ごくふつうの「公人」が、公の場で、「ぶっちゃけ」話をしても、無視されるか、大部分は「失言・暴言」として、非難の嵐、たちまち辞任、解任、「公人」として失職の憂き目に会う。
 だから、慎太郎以外の「公人」は、おおむね、タテマエしか、口にしない。
 公人の中で、ひとり慎太郎のみが、平然とホンネの「暴言」を発し続けている。
 サイレント・マジョリティーは、だから、心の中で、自分は何にも言わないけれど、慎太郎を支持し続けているのだ。
 都知事選での、慎太郎への大量投票は、そういうわけなのだ。
 サイレント・マジョリティーの支持がなぜかくも大量なのか、左翼諸君は、何にも、わかっていない。
 単に衆愚、愚民の類が、おろかにも慎太郎にだまされて、目くらましされて、唯々諾々と、慎太郎に投票しているのだろう、くらいにしか、考えていないのだろう。
 というわけで、長くなったので、この続きは、後日。

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村 名作・なつかし映画
●ベストで4~7位くらい。


人気ブログランキング・日本映画
●20~30位台前後を行ったりきたり
[PR]

by mukashinoeiga | 2011-03-27 09:06 | うわごと | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/14500635
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード