谷口千吉「嵐の中の男」

 阿佐ヶ谷にて。「東宝娯楽アクションの雄 谷口千吉監督の仕事」特集。57年、東宝。
 「黒帯三国志」の、好評を、受けてなのか、同じ監督、主演で描く。明治末の青年柔道家に、三船。老道場主に柳永二郎。その娘に香川。香川を狙う、不肖の道場師範代に小堀明男、前作の正義派刑事から、一転す。今回の琉球唐手使いには、田崎潤。どう見ても病弱に見えない田崎ゆえ、今回は結核というオプションは、はずす。平田は、惜しいことに、小さな役にもどる。
 政府高官の馬車が、反政府派テロリストに襲われる。車中の令嬢を助けた三船は、暴漢の銃で負傷。屋敷に担ぎこまれ、令嬢から手厚い看護。それを助ける女中が、なんと香川。東京に三船を追って上京、紹介でここに住み込んでいるのだ。
 柳道場のお嬢さんが、なぜ女中に。香川を「お嬢さん」と呼ぶと、この家の令嬢が「ハイ、なにか」
 あれ、このエピソード、既視感が?
 「姿三四郎」富田常雄の、「姿三四郎」ほど有名でない、明治を舞台の柔道小説で、読んだ記憶がある。本作に原作はクレジットされていない。脚本は、松浦健郎&タニセン、さては、パクったか。
 まあ、二番煎じ三番煎じだけに、品はくだるが、この手の娯楽小説の定番的展開は、嫌いではない。

 なおこの政府高官は小村寿太郎という設定。いまや父親の借金で超貧乏ということが知られているが、本作では、金持ちの高官のようだ。
[PR]

by mukashinoeiga | 2010-07-08 07:11 | 旧作日本映画感想文 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://mukasieiga.exblog.jp/tb/12919676
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
名前
URL
削除用パスワード